月間報告 10月の成績

テーマ:

10月が終わりました


確定利益は1.384,774円でした。


1月 302,615円

2月 304,797円

3月 619,381円

4月 686,411円

5月 1,148,495円

6月 1,830,420円

7月 843,411円

8月 723,309円

9月 1,569,569円

10月 1,384,774円


2005年度累計 9,413,182円


10月頭に取引開始以来初の出金をして原資を三分の一にしたので、今月はリターン率では最高の成績となりました。税務面でコメント欄でアドバイスをいただいたので、くりっく365会員口座(INV@ST)を開設しました。貴重なアドバイス、ありがとうございました。今後は口座3本で運用を続けたいと思っています。


11月は、とりあえず累計確定利益が1000万円の大台に乗るまでがんばりたいと思います。


来週一週間海外出張のため、多分ネットアクセスはできないと思います。(上海のネットカフェ、挑戦できればやってみますが、、)更新が滞りますので、あらかじめお伝えしておきます。


では、今月もお疲れ様でした。



↓外為ランキングに参加開始しました

rank


AD

お休み

テーマ:

7月に帰国して夏は家探しや引越しや生活のセットアップで酷暑の中ばたばたしていたので、やっと1週間の休暇をとることができました。2泊3日で湯河原の温泉旅行を楽しんできました。


家族で温泉旅行なんてほんと久しぶり。次女は初めての日本なので大きなお風呂、定番のカラオケや卓球、てんこもりの夕食におおはしゃぎでしたが、僕と家内もそれ以上に楽しんでました。


仕事もしない、取引もしない、なーんにもしない日々が本当に貴重に感じられる秋の休日です。


でも来週は上海でタフなミーティング、、ふううう。




↓外為ランキングに参加開始しました

rank



AD

10月第三週までの利益報告です


1,269,836円でした。


今週はドル円、クロス円ともロングにいれておけばなんらかの利益がでた週だったと思います。僕はもう少しゆり戻しがあると思って取引はあまりしなかったので、相場の動きに比べて利益額は少ないほうだったと思います。


今月は目標を達成したので、月末まではトレードは控えめにゆっくり戦略を練ろうと思います。


11月の第一週に上海に出張します。一年半ぶりの上海は、またすごいスピードで変わっていることと思います。僕はこの町に行く度、子供のころ見た”銀河鉄道999”というアニメの社会を連想してしまいます。”ゆがめられた未来社会”とでも言うのでしょうか。貧富の差が極限まで広がった世界では、富める者が貧しい者の生殺与奪の権力まで持ち、生身の人間は機械の体を持った人間に奉仕する社会。上海の象徴であるタワーから、今にも機関車が空に向かって旅立つような幻想にとらわれてしまいます。




↓外為ランキングに参加開始しました

rank



AD

為替証拠金取引をはじめて10ヶ月程度経ちますが、幸いなことにこれまで順調に利益を伸ばすことができています。僕のトレードスタイルは、基本的に少品種大量栽培でスワップを狙いながらのキャリートレードが中心ですが、もちろんショートもするし、デイトレもします。ポジションも最低10万単位で張っていますが、必要に応じて40万程度一度に張ることもあります。


このところ、常々感じるのが、ポジをとるのがだんだん怖くなってくるということです。もちろん失敗が(僕の場合は含み損という形で)過去経験としてプレッシャーになってくることもあるのでしょうが、それにも増して、


*今のスタイルでよいのだろうか


*もっと良い戦略があるのではないか


*このままではジリ貧なのではないか


などという思いがどんどん強くなって常に新しい戦略を試したくなってしまうということがよくあるのです。”今のままでいいんだ。これまでもちゃんと利益がでているじゃないか。この方法を淡々と続けるだけで成功するんだよ”と自分に言い聞かせようとすればするほど、不安が募るというか、、、


僕はマーケットの動きは基本的にはどんな時も変わらないのだと思っています。ただその動きを捉える精神状態によってアクションが変わってしまうので、結果が変わってしまう。そこを”相場がこんなに変わってしまっては無理だ”と原因を外的要因に押し付けてしまう限り、たぶんそこから抜け出せないのではないかと。



常に自分を見失わずにトレードをしたいものです。




↓外為ランキングに参加開始しました

rank



10月第二週までの利益報告です。


1,047,089円でした。


ドル円は115円にタッチしてドル高がとまらない一週間でした。今月の目標は月初で早々に達成できました。今後は少しゆり戻しがあるような気がするので、基本的には下がったところでドル買いを続けたいと思っています。


昨日のWBSで村上世彰氏が出演していたのを見ましたが、”フェアな人だなあ”と思いました。言っていることはすべて正論だし、難解でもないわかりやすい言葉を使って説得力もある。あの人に”つっこめる”キャスターはそうはいないでしょう。小谷さんそれでもなかなか的確な質問をしていました。村上さんのような人が株主として企業にチェックをいれてくれれば、経営者はもっと緊張感を持って経営をするんでしょうね。


僕もどこかの株主になって、企業の経営チェックをしてみたくなりました(???)




↓外為ランキングに参加開始しました

rank




海外移住を無料査定してくれる機関に自分の職歴、英語力、資産状況などを送って可能性を査定してもらったところ、、、


NZの投資家部門ビザには200万NZドル程度の資産が必要だそうです。



。。。。。


1億5千万円だがや。


こりゃ無理だ。


ちなみにカナダだともう少しハードルが低いそうです。また、NZでも一般部門というのがあって、そちらだともう少し窓口が広いようですが、IELTSという英語の試験で一定のスコアを取る必要があるそうです。


よっしゃ、英語なら大丈夫そうだぞ。と思って調べてみると、


一回の受験料が、24,150円。


。。。。たけーよ!


こんなことで決意が揺れてしまうぴあのでした。




↓外為ランキングに参加開始しました

rank


3連休は雨ばかりで子供にはつまらない休日だったかもしれませんが、僕はこれ幸いとばかり、たっぷりと睡眠をとってました。おかげで体がすっかり元気になったような気がします。


”会社をつくろう”なんて意気込んでいるそばから、こんどはプチリタイアして海外移住の計画をたてようかなんて思ってきました。きっかけは何気なく海外永住のビザをとるノウハウのホームページを見ていたことなのですが、これまで僕にとっての将来の永住地はヨーロッパしかなくて、ご存知のとおり子供はフランス語での教育を帰国してまで無理やり続けているようなわけなのですが、ヨーロッパに永住となるとビザの取得や生活コストの点から、そう簡単なものではなく、せいぜい娘を中学くらいから寮制の学校に送るくらいかなと考えていました。しかしそのホームページを見て、ヨーロッパにこだわらなければもっと簡単に移住ができるところがあるのだということを知りまして、がぜんやる気になってきたというわけです。考えてみたら東京にフランス語の学校があるように、そこそこの都市にいけばフランス語教育を受けさせることもできるわけですし、英語圏となれば我々親の方も楽ですし、、、


というわけで今候補になっているのが、ニュージーランドとカナダです。NZは英国の文化を受け継いで平和でのんびりした雰囲気がよさそうですし、カナダはなんと言ってもケベックというフランス文化圏が存在する。両国ともいわゆる投資家部門でビザを発給する制度があるようで、まあそれなりの金融資産を持っていなければならないのですが、この為替取引で有限会社を経営し、実績を上げればその成果がビザ発給に有利に働くこともあるようなので、そのことも法人設立のモチベーションになってきました。




↓外為ランキングに参加開始しました

rank

10月第一週までの利益報告です。


237,656円でした。


今週は主にユーロ円に注目していました。下がりすぎたユーロドル、まだ強いだろうドル円、のコンビネーションでユーロ円が復活すると読んでいましたが、予想よりもはるかにユーロ円が強くなって決済後の未実現利益のほうがはるかに高かった!


こういう時、”あそこで決済しなければ、、、”と思うこともありますが、僕は ”あの時点で反転するかもしれないリスクを未然に食い止めた” と思うようにしています。例えば火災保険に入って、10年間火事がおこらなかったとして、”保険に入らなければ良かった”と思う人はほとんどいないと思います。保険に加入した時点で、”起こるかもしれない”リスクに対して未然の防止をとったことで精神的な安心感が生まれるわけですから、、


週末はまた三連休、秋には祝日が沢山あって良いですね。




↓外為ランキングに参加開始しました

rank

9月の総括と今後の戦略

テーマ:

前回の記事でご報告させていただいたとおり、9月はドルがものすごい勢いで高くなったため、ちりばめてあったポジションを全て決済してしまいました。僕のようにサラリーマンだと、9月末は半期の期末という意識がどうしても働いて、ポジションを処分してしまいたくなるという悲しい習性に縛られています。10月はポジションゼロで新たな気持ちで臨みたいと思います。


含み損600万円は未知の領域で、今回そこから反転できたのはほんとに”運がよかった”としかいいようのない状況でした。もちろん長期的にはこのドル復活を固く信じていたからこそのポジションホールドなのですが、といってもポジション構築時点でどこまで損を出せるかを全く考えていないというのはあまりにも考えが甘いので、猛省して10月からの戦略だてをしていきたいと思います。


このところ何度もコメントしていますが、目下の最大の関心事は税務面で、調べれば調べるほど来年3月の確定申告が悲惨なことになりそうです。僕が前働いていた国では、キャピタルゲインに対する税率は、為替であろうと株であろうと”ゼロ”でした。日本の税法の整備が完全に立ち遅れていることを示す良い例だと思います。いっそのこと再び日本を脱出して海外で法人を作ろうかしら?と思ってしまうほどです。


現実的には来年度からは法人組織を作る計画を進めていたいと思います。税理士さんの見解を聞いたところでは、個人事業主では個人の収入と事業体の収入が同じになるので節税は費用の項目がオフィスの家賃などしかなくて、僕のようにサラリーマンと二足のわらじでやっていくにはあまり有利な点がなく、設立の手続きが比較的簡単な有限会社が良いのではないかということでした。最低資本金の300万を取引口座において登記を行えば、30-40万程度の初期費用での設立ができるそうです。(全く素人なので言われたままの情報なのですが、、)ただ会社法が変わって有限会社の設立も、来年の3月が期限となるので、有限会社にするならば早くしないと、、、ということです。


ひとつ新しいテーマをこのブログに作って(”会社を作ろう!”)レポートしていきたいと思います。




↓外為ランキングに参加開始しました

rank