帰国します

テーマ:

一部の方にはコメントの返信等でお知らせしていましたが、10年の海外生活にとりあえずピリオドを打って帰国いたします。


まだ住む家も見つけていないのでしばらくはばたばたすることになり、このブログの更新も滞ることになると思いますが、どうぞご勘弁願います。7月からは時差もなくなりますので、皆様と同時間帯での取引やコメント発信になります。今まで欧州時間やNY時間が結構取引ポイントだったので今後この時間帯のずれが不安なのですが、今までどおりの戦略で頑張っていきたいと思います。


それでは、しばし休みますが、近いうちにお逢いいたしましょう。



ぴあの



↓外為ランキングに参加開始しました


rank







AD

中間報告 6月の成績

テーマ:

6月第四週までの利益報告です。


1,588,729円でした。


今週できるだけポジションを取ろうとしましたが、ユーロドルの方向がつかめなかったこと、キウイ円が77円をはるかに超えてポジションどりができなかったことにより、ポジションの拡大は40程度までしかできませんでした。デイトレの苦手な僕にとっては難しい週だったと言えます。デイトレでユーロドルを正しい方向に仕掛けた方にとっては、大きな利幅があった週ではなかったかと思います。


来週は金曜日が7月に入りますが、6月換算で報告に組み入れたいと思います。もう1週間あるので、何とか利益を200万に近づけたいと思います。キウイとオージーがうまく下がってくれれば参戦したいと思います。


先週の結果はこちら


今年度の実績はこちら








↓外為ランキングに参加開始しました


rank









AD

ガレージセール

テーマ:

週末はとってもいい天気、というか30度を越す猛暑でした。我が家ではこの炎天下、ガレージセールをしました。そろそろ帰国なので日本にはとても収まらない大物の家具、電気製品、自転車、小物などなど、、、


大して広告も出していなかったのですが、近所にビラ配りをしたのが良かったのか、なかなか盛況で、出品したものの8割程度は売りさばくことができました。


暗い部屋でPCに向かってFXで稼ぐのとは全く違うやりかたで、ほんとに僅かな金額しか手にすることはできませんだしたが、お客さんに売り込みをしたり、世間話をしながらのんびり商売するのはとっても楽しく、物を売ってお金を稼ぐ純粋な喜びを感じました。機会があったら是非またやってみたいです。


しかし最後に売れ残ったテーブル、どうしてくれよう、、、








↓外為ランキングに参加開始しました


rank




AD

中間報告 6月の成績

テーマ:

6月第三週までの利益報告です。


1,377,584円でした


自分でも驚くほどの成績となりました。先週の戦略 に基づき、持ちポジションの値幅を大きくとるつもりでホールドの姿勢をとっていましたが、6月10日のドル暴騰により目標としていた値幅をどんどん上回ってしまったため、持ちポジションを全て利益確定させました。6月の戦略 に基づいたスワップ狙いのキウイ円も同様に目標の値幅を超えてしまったため、同様に利益確定させました。このため6月13日には一日で60万円を超える利益を確定させました。


しかしながら、先日の記事 にしたように火曜日以降のポジション取りがほとんどできず、本日時点でも総ポジションは11、含み損も6万円程度に縮小しています。キウイ円は決済後も上昇を続け、新規ポジ取りもできず、泣く泣く苦手のポン円に手をだして早速読み違えています。


来週は再びポジを拡大できるようにしていきたいと思っています。



今年度の利益状況はこちら












↓外為ランキングに参加開始しました


rank




ジャズが好き

テーマ:

もやもや相場ももうすぐ方向が見えるのでしょうか。相変わらず積極的にポジがとれないぴあのです。

というわけでまた個人ネタでご勘弁願います。


今日はジャズの話。


僕はジャズを聴くのが大好き。といってもブルーノートに通いつめたり、”ジャズとは人生である”なんて哲学をぶったりすることは全くなく、ジャズのCDを流してリラックスするのが好き、と言うべきでしょうか。中学の時、キースジャレットの”ケルンコンサート”というレコード(CDなんてなかったですから)を友達から借りて、涙が出るほど感動したのがきっかけです。ちなみにこのアルバムはCDで買いなおして今でも月1回は聴いてますから、20年以上のつきあいってことですね。


ジャズで演奏される楽器と言えば、ピアノ、サックス、トランペット、ドラム、ベース、あたりがメジャーどころでしょうか。でもどういうわけか僕はジャズの中では”マイナーな楽器”が好きなのです。


例えばフルート。これまた中学の時に、ハービーマン、ヒューバートロウズなどを聴いて感激。サックス奏者の持ち替えでも良く使われ、(渡辺貞夫は下手ですけど)ジョンファレルというプレーヤーも大好き。


例えばビブラフォン。ジャズではマイナーではないかもしれませんが、これってなんちゅーか”鉄琴”ですよね。これがどうしてジャズに使われるようになったのか謎です。ミルトジャクソンのMJQなどが超有名ですが僕はゲイリーバートンというプレーヤーがいちおし。大ピアニストのチックコリアとのデュエットはライブまで聴きにいきました。


例えばバイオリン。クラシック音楽を演奏する代表的なこの楽器も、ジャズでは違った味付けとなり、夢見るような心地よさです。ステファングラッペリに心酔してます。


梅雨のうっとおしい夜、ジャズとワインで俗世間を忘れるのもお勧めです。










↓外為ランキングに参加開始しました


rank




投資ができない相場

テーマ:

今回のドル暴騰で相場が大荒れして以来、ほとんど取引できてません。

巡回させていただいている為替戦士の皆様も、この相場をいささかもてあましているご様子。

投資する通貨もわからない。ショートかロングかもわかない。値幅のターゲットも、リミットも、ストップも、何もかもがわからない。そんな感じですね。”あらゆる可能性が同程度に存在する相場”とでもいうのでしょうか。火曜の僕のポートフォリオは、”持ちポジション僅か2”でした。(通常いつも80-100くらいはあります)


今週後半、休むしかないのでしょうか。






↓外為ランキングに参加開始しました


rank






若者 ”あの、僕、レーサーになってサーキットをすごいスピードで走りたいんです”


男 ”なるほど、で、レーシングカーを運転したことはありますか?”


若者 ”ありませんが、結局車でしょ、車の運転はできますよ。さあ、僕にレーシングカーを運転させてください。一番速いF1がいいな”


男 ”それではこの車はどうですか。FXっていうんです”


若者 ”F1じゃないんですか”


男 ”F1なんかよりずっと速いですよ。ではまずこのヘルメットをかぶってください。これがいざというとき、あなたの命を救ってくれますよ。で、アクセルペダルはこれ、一踏みで時速300kmです。”


若者 ”ありがとう。じゃ行って来ます!”


男 ”あっ、ちょっと待って、、、普通の車じゃないんですよ。ステアリングやブレーキ、普通の車と全然違うんですから、、、、あーあ、行ってしまった。”




ガシャ-ン!FXは最初のコーナーで壁にぶつかり、若者は大怪我をしました。



病院にて



男 ”無茶ですよ。いきなり直線で300km出すなんて、、止まり方も曲がり方も知らないのに、、”


若者 ”ひどいじゃないですか。ブレーキをかけるのがあんなに難しいなんて、ステアリングのタッチがあんなに繊細だなんて、何も言ってくれなかったじゃないですか。”


男 ”いきなり私の制止を無視して車を走らせたのはあなたですよ。それに私のあげたロスカット、、失礼、、ヘルメットがなければ、あなた死んでいたんですよ。感謝されこそすれ、文句を言われるいわれは全くありません。”


若者 ”わかりましたよ。よし、それでは今度はちゃんと運転してみせるぞ。ブレーキとハンドル操作、ちゃんと教えてださいね。”


男 ”あなたまだわからないんですか。もうあなたはレーシングカーはおろか、普通の車さえ運転できない体になってしまったんですよ。命が助かっただけでも幸運だったと思いなさい”







↓外為ランキングに参加開始しました


rank






Happy Dad   幸せ父さん

テーマ:

昨日は父の日。


朝一番で娘二人が手づくりのプレゼントをくれました。(こっちの学校でやらされるようです。)


上の娘(7歳)はなんと学校で作ったというサングリアと自分で作った詩の朗読。

下の娘(2歳)は自分の写真を入れた写真立てとこれまた詩の朗読。(詩の朗読って父の日、母の日の定番みたいです)


ううう、ちょっと涙がでそうになりました。夕食に娘のサングリアをいただきました。ちゃんと輪切りにしたオレンジが瓶に漬けてあって、味もなかなかのものでした。結構ワインが強くて、酔っ払っちゃうほど、、


ロバートよ(ってあんた勝手に呼び捨てるな)、金持ち父さんもいいが、幸せ父さんもいいもんだぞ。と父親である喜びにひたった一日でした。


今週もパパ、がんばるぜい。








↓外為ランキングに参加開始しました


rank






中間報告 6月の成績

テーマ:

6月第二週までの利益報告です


530,280円でした。


新投資戦略 に基づき、①300万までを高金利通貨ロングに、②オリジナルの原資を相場観に基づくショートロングに投資しています。


今週は①と②からほぼ半々で利益がでました。キウイ円ロングは76.5程度までキウイ高が進んだため、ポジションをほとんど崩してしまいました。ドル円ロングは主に9日の高騰で利益確定、その他、ユーロドルショートで利益確定。201円を目指して仕込んだポンド円ロングは長期ホールドに入っています。


今月の利益目標は達成しました。利益目標を引き上げるべきなのかもしれませんが、もう暫くは50万円達成時点で利益確定の値幅を上げてホールドを長くし、スワップ益を最大化する戦略にしてみたいと思います。


先週の利益状況はこちら

今年度の利益状況はこちら









↓外為ランキングに参加開始しました


rank






不労所得って、、、

テーマ:

ブームですよね。この言葉。ブログのテーマでも百花繚乱。”不労所得目標xx万円”、”働かずに手にいれる快適生活”etc,etc,,,


投資活動のイメージって、”働かないで儲かる仕事”の大きな柱に位置づけられているようですね。逆に、企業に勤めたり、お店を営むのは、”働く”という位置づけ。


しかし本当に投資活動によるリターンは”不労所得”でサラリーマンの給与などは”労働所得”なのでしょうか。


例えば僕は今会社員ですが、給料を貰っている仕事を超簡潔に箇条書きすると、、


①企業の業務プロセスを理解する

②①のプロセスに内在する問題点を発見する

③それに対する問題解決方法を立案する

④を実行する

⑤ ①-④に対する個人的付加価値が上部組織によって評価され、給与という対価が支払われる。


となると思います。一方例えば為替投資では、


①経済構造や市場心理が作り出すトレンドを理解する

②①の状況下で、最適なアウトプットを得られる戦略を立案する

③それを実行する

④①-③に対するアウトプットが利益という形でもたらされる。


ということで両者の活動内容にほとんど違いがないように見えます。


しかしながら企業での労働には、①から④までの間に内外のコミュニケーションスキル、必要な知識の専門性、組織内でのマネージメント能力、などが求められるがために、ほとんどの人はそのようなスキルを伸ばすために数多くの時間を費やされます。


実際個人が”労働”と感じているのはそのようなスキルアップを図るために費やしている時間と労力のような気が個人的にはします。企業としてのアウトプットを総合力で出していくには単純に”付加価値を作って売る”ことが最終目的であるにも関わらず、間にはさまる業務があまりにも膨大なので、実際に自分の付加価値が本当の企業のアウトプットに直接貢献している部分はごく僅かではないのかと、、


言葉を変えて言えば、サラリーマンの労働は、”超非効率な”付加価値しか作らないのではないか?


そう考えてみると、投資活動は立派な労働であり、ただ”その労働に対するアウトプットがサラリーマンに比べてはるかに効率的にもたらされる。”ために能力に対するアウトプットの割合が大きいのではないか?という仮説も成り立つような気がします。



5月の収益が100万円を超えた時に書いたように、この金額があっけなく達成されたときに感じたのは達成感というよりも現在のサラリーマンの付加価値っていったいナンなんだろう?というやるせなさでした。上記のように考えれば、この利益が決して”不労所得によるあぶく銭”ではないことを自分に納得させることができるような気がしました。







↓外為ランキングに参加開始しました


rank