6月の戦略

テーマ:

以前報告したとおり、5月は100万の利益を達成し、好成績で終わることができました。


とはいっても、この利益は相場観の読みがたまたま当たったことによって達成されたものであり、投資戦略的にはまだまだ危ういものがあります。また、ここまでは失うものがなかったので含み損が増えてもあまり気にならなかったのですが、これから含み損が増えると、これまでの右肩上がりの結果に縛られて精神的なダメージが増えるかもしれません。


そこで6月から投資戦略を少し変えてみたいと思います。


①まず、これまでの相場観に基づいた投資(主としてドル円かドルユーロ)への投下資金を当初資金に落とし、累計確定利益分は除外します。この資金はキャピタルゲインを狙い、ロング、ショートとも行います。


②そしてこれまで確定利益として上がっている累計300万円を、高金利通貨(ポンド、オージー、キウイ)でロングのみでスワップ狙いをします。レートの上下による含み差損をヘッジするために、ドルコスト平均法のようなやり方で、小ロットづつ積み立てるように買い続けます。


①は引き続き相場観を養い、1週間ー1ヶ月程度でゲインを取るという目論見で運用するとともに、含み損のダメージを最小化する(投資金額が加速度的に拡大しないから)という目的があります。


②は”当初資金には存在しなかった”利益をもとに投下するので、スワップゲインだけを利益の源泉とするという目的で運用します。


①で利益が上がった場合、翌月②の投下資金に回します。



利益報告はこれまでどおり週次にて行います。







↓外為ランキングに参加開始しました


rank







AD

事件

テーマ:

7歳の娘が、塀から落ちてアキレス腱を切ってしまいました。


アキレス腱って、普通運動中にかかとを伸ばしたりして切るものですが、娘の場合は塀から落ちたところに上から石が落ちてきて外側からざっくり。。。もう、親、大パニックでした。


しかし我が娘、涙ひとつこぼさず、三日間の入院にも文句ひとつ言わず、全身麻酔の手術にも恐怖の表情ひとつ見せず、今日から松葉杖で元気に学校に行きました。


むむむ我が娘、大物かもしれぬ、、、、









↓外為ランキングに参加開始しました


rank


AD

月次報告 5月の成績

テーマ:

5月の確定利益です。(実際はあと2日ありますが、週で区切って月曜からの結果は6月に繰り入れます。)


1,148,495円でした。


1月 302,615円

2月 304,797円

3月 619,381円

4月 686,411円

5月 1,148,495円


年間累計 3,061,699円




先週もう5月は打ち止めで、最終週は仕込みに徹するなんてことを書いていたのに、キウイが77円をあっさり超えてしまったので少しだけ残して飲んでしまいました。情けない。


それにしても今月は目標を大幅に上回っています。ポジションの取りどころはほとんどはずしているし、華麗なデイトレができる技量もないので、単なるビギナーズラックでしょう。


この利益額には確かに大満足なのですが、これまで長年サラリーマンしてきた月収をこうも簡単に超えてしまうと、自分の企業での付加価値はいったい何だったのかと投げやりな気持ちになってしまいます。


6月もこのペースが続けられるように頑張ります。










↓外為ランキングに参加開始しました


rank


AD

長年の夢だったローランギャロ。ついに全仏オープンを観ることができました!


僕は学生時代からテニスをやっていて、大学の時は週5日テニスをやってました。やるのももちろん好きですが、見るのも大好き。何せテニス歴だけは長いので、ヒーローもコナーズ、ボルグ、マッケンロー、チャン、サンプラス、アガシ、ヘンマンと応援してきました。ウインブルドンでのマッケンロー対ボルグの死闘のタイブレーク。17歳で衝撃的なデビュー優勝をしたベッカー。小柄な東洋人体格で世界の頂点に上り詰めたチャン。日没サスペンドさえなければ、、と今でも悔やまれるウインブルドンでの伊達グラフ戦など、、、あああ語りつくせないこの魅力は。。


というわけで四大大会の中で唯一クレーコートで行われるフレンチオープン。パリの高級住宅地パッシーの豪華なアパルトマンが立ち並ぶ森にある美しいテニスコートで、2週間の熱戦が展開されます。昨日は第二日で、女子男子シングルスの1回戦が行われました。


僕は残念ながら2つあるセンターコートのチケットは手が届かず、日本でも大人気のシャラポア、老雄アガシ、復活するかエナン、などスーパースターは観ることができませんでしたが、それでも世界のトッププレーが手の届くところで繰り広げられる一般コートでの観戦に興奮していました。


3番コートでは怪我から復調しつつある杉山愛のゲームを見ました。23シードを貰ってますがやはりブランクは大きく、動きもショットも今ひとつでした。相手はスペインの名前もしらないストロークのハードヒッターでしたが、フォアハンドに角度がついていてコーナーにエースをびしびし決められていました。ゲーム巧者の杉山も頑張ってフルセットの持ち込みましたが、最後は足がついていけず敗戦。追い込まれた時にあげるロブが浅すぎて、スマッシュの餌食になっていて、ううんこれではまだ復活は遠いかなと思いました。


1番コートの第四試合ではアルゼンチンのギレルモコリアの試合。アルゼンチンはこれまでもビラス、クレルク(古いなあ)を先駆者にクレーコートでは数々のタイトリストを輩出するテニス王国。昨年の決勝はこのコリアとローランギャロで突然強くなったガウディオの同国人対決でした。僕にとってこれまでコリアはファンのヘンマンを去年の全仏で破ったにっくきやつだったのですが、昨日の試合でテンポの速い試合運び、プレースメントの効いたサービス、クレバーなトップスピンロブ、閃光のようなサービスリターンとすっかり虜になってしまいました。相手はデンマークのビッグサーバーしかない巨大な選手でしたが、なんだか動きがぴょこぴょこ人形のようで、コリアに完全に翻弄されてかわいそうでした。



やはりテレビではわからない独特の雰囲気が感じられて最高の一日でした。









↓外為ランキングに参加開始しました


rank


含み損の考え方

テーマ:

ご覧の通り、僕の成績公開は週次ベースで確定利益を金額で示しています。投資成績に対する自己評価も、この確定利益でしています。


当然のことながら、そこには含み損、や含み益(になっていることはほとんどないのですがが、、)、が隠れており、実際の可処分利益とは異なっています。


実際に”設けた""損した”状況を見るには、含み差損を加味した金額で評価した方が良いのかもしれませんが、僕は含み損はあえて短期評価からはずしています。


ポジションのポートフォリオは、企業会計でいうバランスシートのようなものだと思います。ポジションが拡大していく局面では単純に含み益がマイナスになっていても、必ずしもパフォーマンスが悪化しているとは言えないと思いますし、逆に本日この瞬間での僕のポートフォリオは含み損ゼロで含み益が出ていますが、将来拡大していくポジションがあまりないことから、今良い投資状態とは言えないと思っています。


また、含み損の動きは保有ポジション全ての瞬間的な値動きを反映するので、1日単位でも何十万と動きがあることがあり、この数字では判断できないことが沢山あると思います。


もちろん、含み損はないにこしたことはないのですが、自分のポートフォリオは、投資余力や日毎スワップ率などを重視して見ていきたいと思っています。









↓外為ランキングに参加開始しました


rank


中間報告 5月の成績

テーマ:

5月第三週までの利益報告です。


793,878円でした。


ほとんどの利益は、先週の利益報告をした金曜のアメリカ時間でのものなので、実質今週はゼロです。(まあ、本日の欧米時間は残ってますが、、、)


あと一週間ですが、目標利益50万円は大幅に上回ったので、仕込みに徹したいと思います。キウイ円を主軸にできるといいのですが、、ポンド円やユーロドルに浮気しそうで怖い。









↓外為ランキングに参加開始しました


rank


現在のポジション

テーマ:

今のポジションと目標です


ドル円ロング109円目標

ポンド円ロング201円目標

キウイ円ロング77円目標


ユーロドルショートは全て決済しました。今月はもう利益確定できる余地はあまりないかもしれません。ポンド円はスワップで追いついて利益ゼロでもいいかな。やはりポンドは不得意な通貨なようです。


キウイ円は取引なしのスワップ生活への実験のようなもの。じっくり寝かせて味わいたいと思います。











↓外為ランキングに参加開始しました


rank


新しいビジネス?

テーマ:

毎日外為ソルジャーの方々のサイトを巡回しています。ふと、こんなことを考えてしまいました。


素晴らしい才能と綿密な分析手法をお持ちの方が数多くいらっしゃります。(私は一見着々と成功しているように見えますが、テクニカルもわからず、経済動向は皆様のブログで勉強させてもらっているくらいで、短期の読みはほとんどはずしているへっぽこです)


月間数十パーセントのリターンを達成している才覚を持ちながら、資金が少ないために絶対額としてのリターンが結局それほどでもないようなサイトを見るにつけ、残念だなあと思います。(もちろん絶対額のリターンが全て、とは思っていらっしゃらないとは思いますが、、、、、)


片や、日本国内に眠る1400兆円の個人資産は、恐らくネットトレードにはあまり関わりを持たない高齢者に偏り、資産もスローな投資にまわされるか、全く動かない貯金などで溜まっているのでしょう。


”資産はある、銀行預金よりは高いリターンで運用したい、でもリスクは最小限に抑えたい。”という年配の資産家と、



”実力はある。1年で資産を倍にする自信もある。でも惜しむらくは資金がない”という若き投資運用者を、




うまくマッチングさせるようなビジネスはできないでしょうか?所謂、結婚支援ビジネスの投資版みたいなものです。


資産家と運用者にそれぞれ登録してもらい、仲介にたってある程度のリスクヘッジをとってあげる。本人同士の希望によって、(元本保証か?ミニマムリターン率は?未達成時のペナルティは?)など契約を仲介し、ビジネスそのものはマッチングの登録手数料や契約達成手数料などで利益を得る。。。



僕自身も、信用できる優秀な運用者がいれば、個人的に契約して資産を任せても良いかなと思いました。自分でやるよりよっぽどリスク少なそうだ、、、、












↓外為ランキングに参加開始しました


rank


中間報告 5月の成績

テーマ:

5月第二週までの確定利益です。


483,848円でした。


寝かしたドル円、ユーロドルをだいぶ飲んでしまいました。


とりあえず目標は月50万円なので、後半は利食いは小さくして来月にむけてのポジション仕込みをしようと思っています。






↓外為ランキングに参加開始しました


rank

人民元と米国経済

テーマ:

昨日の人民元騒ぎで目を白黒しているうちに、一日が終わりましたが、アメリカの貿易収支と財政収支の指標のインパクトが抑えられたような気がしました。それにしても人民元切り上げ観測が円買いを誘う理由がいまいちわかりません。”同じアジアということでの連想買い”って何ですか?世界の投資家は日本が中国の一部だと考えているわけではないでしょうし、、、、


アメリカの財政収支は単月で577億ドルも黒字を出せるようですし、国債も償還が発行を上回って借金が減りつつあるので、米国経済とドルは未だに過小評価されているように思います。


ドル円のポジションはそれこそ色々なところに"散りばめて"じっくり熟成させてます。1週間もの、3週間もの、2ヶ月ものなど、、、コルクを抜いて勝利の美酒を飲める日が来ることを願ってセラーに入れときます。








↓外為ランキングに参加開始しました


rank