ピアノ弾きの食楽日和♪♪

音楽大好き・食べるの大好きな、ピアノ弾きYou♪の音楽&食楽日記です★

ピアノ発表会準備・お薦めカフェなど色々書いています☆

女性アメブロガーの会員によるグループハートAmebaGG membersハートの会員になる事が出来ましたキラキラ


今後も、専門の音楽の話だけでなく、出来るだけ色々なジャンルのブログを書いていきたいと思います。

これからも宜しくお願い致しますラブラブ







テーマ:

皆さん、こんばんは。

今日は、スタインウェイの弾き方を習いに行ってきました。


来月私が受けるコンクールは、私が昔から苦手なスタインウェイで、こないだそのスタインウェイで本番弾く曲を弾いたら、やはりスタインの大音量&軽めのタッチが合わずに戸惑ってしまい、これはヤバいと思い、急遽レッスンを受ける事に。


そしたら、レッスンではやはり私の弾き方は完全なYAMAHAの弾き方になっていたらしく、普段YAMAHAに慣れてる人が弾くと、スタインウェイは暴走しがちなんだそうですw

そういうのは私だけだと思っていたのですが、結構そういう人は多いらしく、ちょっとホッとしましたえへへ…


スタインウェイは音の響きがすごく、大音量が出やすいため、基本的に鍵盤を下まで押さない方がいいらしいです。

下まで押すと大音量で音が割れるので、基本はハーフタッチ(鍵盤の半分位の深さ)で弾くのがいいのだとか。

(スタインは軽めのタッチという事もあり、今まで下まで押してましたあせる

そりゃ弾けないはずだわ・・・ガーン


あと、スタインウェイの場合、ペダルはYAMAHAと違って回転式(?)らしく、やはりちょっと触れただけでペダルが響くため、ペダルを踏む時もハーフペダルが基本らしいです。

(しっかり下までペダルを踏んでしまうとビャーと音が出るスタインウェイもあるとか・・・悲鳴みたいな感じ?)


そしてスタインウェイの場合、弾く準備をする時は、鍵盤から指を離さずに鍵盤にくっつけた状態にする。

鍵盤を手でさぐっている感じをイメージすると良いらしいです。


あと、これは私の弾き方の問題だと思うのですが、指だけで弾かずに、鍵盤を弾いた後のリバウンドを手の平で感じる事もスタインウェイでは特に大事だそうです。


やはり、こういった練習はYAMAHAだけでは限界があるので、スタインウェイをもっと弾くようにして下さいと言われてしまいました(苦笑)


今日、レッスンで色々教わって、改めてYAMAHAは人を選ばない良い楽器だなと思いましたアップ

最近、YAMAHAも世界の国際コンクールで選ばれる事が増えてますが、くせがなく弾きやすいという意味でこれからもどんどん浸透していくと思います。


ただ、スタインウェイの繊細な弾き方をマスターすれば、どのメーカーのピアノにも応用は効くという事、そして今後私もピアノを続ける上でスタインウェイは避けられないので、時間がかかってもスタインウェイとお友達になれるようにしないといけないですね。。ん~・・・。


慣れていないとスタインウェイは弾きづらいという感覚は当然だっていうのが分かって、安心しました。

長年感じていた違和感が今回のレッスンで分かったので、本番までに何回かまたスタインウェイの弾き方を教わって感覚を掴みたいです


ブログ村に参加しています。応援ポチッとよろしくお願いします♪

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ  にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:


皆さん、こんばんは。
ピアニストの中村紘子さんが、7月26日午後10時25分に、大腸がんのため亡くなりました。
72歳でした。

中村紘子さんは、日本のクラシックピアノ界の先駆者であり、リーダーというべき存在の方で、私も小学生の時から中村さんの演奏やレッスンなどを拝聴してきました。

NHKテレビでピアノのレッスンの講師をされていたり、N響アワーで司会をされていた時も拝見しましたし、多数の本も出版されてて、その本もどれも興味深い内容ばかりで全部読破しました。

個人的には、中村さんの演奏は、今より昔の若い時の演奏が好きですが(ごめんなさい・・)演奏活動以外にも色々活動されてて、国際ピアノコンクールの審査員もされたり、浜松国際ピアノアカデミー&コンクールも主催されたりと、後輩ピアニストを発掘するのに尽力した方でもありました。

私が最後に中村紘子さんにお会いしたのは、今年の2月8日の「浜松国際コンクール&アカデミー優秀生によるコンサート」でした。

その時の中村さんは、確かに痩せてたけど、声もしっかりしていて、何より思っていたよりお元気そうにお見受けしたので、私もホッとしたのですが・・・。
実際は、その時もかなり無理をしていらっしゃってたんですね。
でも、そんなそぶりを一切見せずにトークをなさり、その後私のすぐそばで一生懸命若手ピアニストの演奏を聴いて、演奏が終わったあと立ち上がって嬉しそうに拍手してらっしゃった姿が忘れられません。

その時に中村さんを間近で拝見して、「品がある綺麗な方だなぁ」という印象を持ちました。
小柄でしたが、とてもオーラがある方でした。

私にとって、小さい時から中村紘子さんはいて当たり前の環境でずっと育ってきたので、亡くなってしまったのがとてもショックで仕方ありません。

中村さんは父と同い年で、元夫と誕生日が一緒(←これはどうでもいい話題ですが、元夫が自慢してたので・・苦笑)でした。
父の年齢を数える時も「中村紘子さんと同い年だから父は●●歳だ」と、なぜか中村さんを基準にして父の年齢を数えてた位、私にとって大きな存在の方でした。
(父の年齢を忘れても、中村紘子さんの年齢は覚えてる私・・・汗)

本当に、日本のクラシックピアノ界に多大な貢献をして下さり、ありがとうございました。
とても寂しいですが、心よりご冥福をお祈りいたします。。。

こちらが中村紘子さんが16歳の時の演奏です。

さすが天才少女と言われていただけあって素晴らしいですね!
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。