かっこ悪い理由は…

テーマ:
自分レッスンに行って来ました音譜

自分のピアノがかっこ悪い理由が段々明らかになって来ましたガーンあせる

何が悪いって

イントネーションだったんですキョロキョロ

なんと言うか訛ってるんですよね。


今弾いているのは発表会で講師演奏として弾く曲なのでまだ公表出来ないのですが、、
私にとっては昔かじっただけのほぼ初めての言葉。

もう一度じっくりイントネーションを勉強したいと思いましたビックリマーク

チャイコフスキーは合格点?を頂きました合格
忘れないように、維持したいです。

レッスンを受けるようになって、思いもしない自分の癖を知る事ができて本当に良かったにひひ
人が同じように弾けば気がつくのに、自分では気がついていないんです…汗
歌い方、響かせ方、音の向き、身体の使い方、情景やイメージする音を奏でる方法…

なぜ弾けていないのか?という部分を徹底的に先生が洗い出して下さるので、勉強が足りていない部分がよく分かります。だからどう勉強していけば良いのかが分かります。

教室の生徒さん達を導く方法そのものです。

今日もたくさん収穫がありましたが、新しいタッチの仕方も覚えました!これは本当に使えるアップ

まだまだ知らないピアノの世界にワクワクします、
ロシアの先生方の練習の仕方や考え方に触れる事ができて楽しくて仕方ないですラブラブ

さて、かっこよく仕上げる為に練習あるのみ!
あと1カ月、子どもたちも私も頑張りどころですチューメラメラ

AD
自分レッスンに行って来ました音譜
先月はレッスンに行けなかったので、遅れをとっていますが今回は3月の『ひばり』です。

毎度ながら自分の甘々さが露呈してしまう内容で、惨敗感が半端なく、、

それでも弾きながらチャイコフスキーの音楽の美しさに感心するばかりです。
内声の動きがなんて美しいのだろう。涙が出そうになる。
その美しい内声が本当に無防備すぎて…ガーン

様々な和声や音符が「ひばり」の鳴き方を変化させていくのですがその変化がとても素敵なんですよね。


音楽が深い。風景が浮かぶ。



音楽の流れから指づかいやペダリングの対策を練る。



自然なフレージングと、最後の処理の仕方

「フレーズの終わりにもっと愛を込めて」

音の響きをもっとよく聴くには
思っているより座る位置は遠い。


先生の前に座ると
何だか音楽が縮こまり、小さくなってしまいます。

これはきっと教室の生徒さんも同じなんですよね。
生徒さんの気持ちを痛いほど感じたレッスンでした。



さて、今回のキーワードは

『自然』

弾き方も考えながら…ではなく


もっとイメージ、映像を思い浮かべて
(もちろん考えながら弾く事は大事だけど)


音楽が不自然になってしまわないように…




今回も色んなテクニックを教わりました。また一からおさらいしたいと思います。。





AD
自分レッスンに行って来ました音譜
今月はチャイコフスキーの『四季』から2月の謝肉祭です。冬を送り春を迎える感謝祭→マースレニツァとも記載があります。
先生は感謝祭の時に食べるブリヌイ(ロシア風クレープ)
が大好きなのだそうですが、食いしん坊な私は早速ググってみました
{E09BC7D3-877F-4487-BA21-0668123C1636}

美味しそうです…

今まで弾いたことがないというよりは、避けていた感じの曲で弾きにくくて、どんなに弾いても全然カッコ良くならないガーン
子どもの時にロンド系が苦手で当時の先生になかなか合格させてもらえなかった記憶が蘇りました。
そんな行き詰まった感満載で臨んだレッスンでしたあせる

私の演奏を聴いてすぐに"カッコ良くならない"原因を見抜いた先生に今回も多くの事に気づかされました。


身体の使い方と、上手く使う為の空間を意識すること。弾きにくいと無意識に前のめりになって力づくに弾いてしまう…だから上手く身体が使えていないの悪循環ダウン

重心移動が上手く行かないのは、身体が固いからだろうかキョロキョロぎこちなくなってしまうのは、リトミックのステップを踏んでいる時にも感じています。手の動きに身体がついていっていないのが良くわかります。
軸をしっかりさせて、もっとしなやかに動けるようになりたいです…最近エレクトーンを弾いていないからかしら。。体幹を鍛えてストレッチもしなくちゃ。やっぱりヨガ??


さらい方もしっかり教わったので忘れる前に1秒でも早くピアノに触りたいですDASH!DASH!DASH!


ボロボロだけど、楽しいチュー
本当に楽しいレッスンでした、なんだか童心に返った気持ちです。

先生がピアノを弾いていて、すごく良い意味での重みを感じます。ピアノの響きがすごいのです。
アレクサンダーテクニークの事がすぐに浮かびました。それはまた改めて書きたいと思います。



いつかプロコフィエフのトッカータを弾いてみたいという夢があります。
絶対に苦手だという意識が強くて手を出せないのですが、久しぶりに楽譜を開いてみたくなりましたニコニコ






AD