身体(腕や指)が楽に動かせるようになる

ピアノを長く弾き続ける為に今1番勉強したい分野で、自分なりに本を読んだり、セミナーに参加しています。

アレクサンダーテクニークから学ぶというテーマでこれから時々思ったこと、感じたことをブログにも残していきたいと思っています。



まず始めに、アレクサンダーテクニークの本を読んで、高校の音楽の先生が教えてくれた脱力体操と、声楽の牧野先生の言葉を思い出しています。

年末の記事にも少し書きましたが、声楽を学ぶ事は自分の身体と向き合うことでもあるんだなぁーと改めて感じています。


さて、普段ピアノの練習をしたり、歌の練習をする中で自分の感覚そのままに練習していることはありませんか?

感覚はそれまでの経験や体験から"こうだろう"と身体をコントロールする上で大切なものには違いありませんが、実際とは異なっているかもしれませんカナヘイ!?

それはピアノや歌の練習に関わらず、普段の自分の感覚というものが、"いかに今の自分の身体の状態を無視しているものなのか"ということに気づかされましたあんぐりピスケ
完全に盲点でした。。

感覚に頼り過ぎると、今現在の自分というものが全く置き去りにされているのです。

私たちはいつまでも過去の自分ではないし

日々身体も心も変化していますよねやる気なしピスケカナヘイきらきら


これまでの経験を今の自分が活かす事で自分史上最高のパフォーマンスができるカナヘイきらきらカナヘイきらきらそう思うことにしましたカナヘイうさぎ


弾きづらいとか、間違いやすいとか
何かしらの原因があります。

ただ同じように練習することだけで解決しようとせず姿勢や指、手首の使い方など身体の使い方を見直してみよう。
常に今の自分と向き合いながら…



AD