Twitterボタン
2017年03月11日

CDが話題沸騰の谿博子さん コンサート開催します!!

テーマ:当店主催イベント

谿博子さんのCD録音で調律を担当させて頂いた横山は、

店に戻ってくるなり、興奮した様子で言いました。

「33年間の調律師人生で、こんな繊細なピアニッシモをコントロールできる

ピアニストに初めて出会った。すごいCDになる。」

 

実際に、お客様の反応は劇的なものでした。

当店でCDを聴いて頂くと、その場で感動の涙を流されるお客様。

「こんなドビュッシーを初めて聴きました」と、感動のお手紙を送ってくださったお客様。

クラシックでは珍しく、このCDは今もなお、飛ぶように売れ続けています。

 

(谿博子 Debussy with Bluthner)

 

ドビュッシーが活躍していたのと同じ時代に製造された、

1905年製ブリュートナー ジュビリーモデル(創業50周年記念モデル)を使用した本録音。

レコード芸術の特選盤として紹介されたのを皮切りに、新聞や雑誌など

様々なメディアでも取り上げられ、話題沸騰となりました。

 

このたび、録音で使われたのと同じピアノ(ブリュートナー1905年製ジュビリー)で

生の演奏を聴かせてくださることになりました。

会場は、当店ショールーム。

コンサートホールの環境とは程遠い、車道沿いの小さなお店ですが、

演奏者の息遣いまで聴こえる距離で聴く音楽は、格別です。

 

 

谿博子さんは、ドビュッシー演奏のスペシャリストとして数多くの演奏会を行われ、

長年の活躍で国内外からも高い評価を得られているピアニスト。

ドビュッシーといえば、絵画のように映像が浮かんでくる演奏には多く接することがありますが、谿さんの演奏は、情景描写にとどまりません。

そこで繰り広げられる人間模様や感情の動き、物語や出来事までもが感じられる、

生命に満ちたドビュッシーなのです。

大スクリーンで観る映画さながらに、音楽が深い感動を伴って押し寄せてくるのです。

 

谿博子さんの類まれなコントロールや表現によって引き出される

ブリュートナーの驚くべきピアニッシモや、降り注ぐ響き、

そして、とてつもなく色彩豊かな音色。

ブリュートナーの本来の音色に出会う、絶好の機会でもあります。

 

今回は、東京公演(会場:高輪AMBIENTE アンビエンテ(高輪プリンセスガルテン内))

に先立って特別プログラムで演奏してくださいます。

話題沸騰のCD『Debussy with Bluthner』に収録されている曲を同じピアノで

聴けるだけでなく、さらに版画まで演奏してくださいます。

 

息をのむような極上のドビュッシーを、

たくさんの皆様に、是非とも生で味わって頂ければと思います。

 

**************************************

谿博子ピアノリサイタル

 

2017年4月29日(土・祝)

15:00開演(14:30開場)

チケット¥2,500

会場:ピアノクリニックヨコヤマショールーム

(相鉄いずみ野線 南万騎が原駅より徒歩2分)

 

プログラム(オールドビュッシー)

アラベスク第1番

ベルガマスク組曲

版画

前奏曲集第2巻

※使用ピアノ:1905年製ブリュートナー ジュビリー

**************************************

お申込みフォームは⇒コチラ

ピアノクリニックヨコヤマWEB

いいね!した人  |  リブログ(0)

ピアノクリニックヨコヤマさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります