思えば遠くへ来たもんだ

日本を飛び出し、ザルツブルクへ! 思い切ってヨーロッパにダイブしたピアニスト&コレペティの、かなり破天荒な経験話をちらほらと書きとめてゆく・・・予定です。


テーマ:
先日、ハンブルクで2日間、日本から整体協会コンサルタント西森先生を招いて、活元運動、愉気の実習などを開催してくださる方がありました。活元運動についてわかりやすいページを見つけましたので、リンクを貼っておきます。

私、活元運動とのお付き合いは長く、かれこれゆうに30年(自分でビックリ!)は経過しています。とくに独りで外国暮らしをしていた時期は、自分で自分の身体のコンディションを直接に感じられる活元運動を習っていたことに、感謝しました。

活元運動のいいところは簡単なこと、一人でできること、奥が深いこと、頭も感情も経ずに身体に直接働きかけて、ストレスが勝手に解消されてしまうこと、などなどです。活元運動をやっていることで、未然に防げていたトラブルは数多いのではないかと思いますが、こればかりは経験しなくて済んでしまったのでわかりません。

2日間、朝と夕に活元会、合間に愉気の会、個人指導がありました。まるで、日本にいた頃、ン十年前に参加していた会のようで、先生とも参加者とも初対面なのですが、とても懐かしく感じました。

参加者は意外と遠方から来られた方が多く、ヘルシンキから参加なさったご夫妻、南ドイツから参加なさった方がありました。私もせっかくの貴重な機会なので、ハンブルクに宿泊してすべて参加しました。

1人でも狭い場所でも、合間時間にできてしまう手軽な活元運動ですが、他の人と集まってすると、その場の空気が生まれ、その時にしか出ないような運動の発展の仕方をします。この時の身体の状態も、運動も、まさに一期一会です。

10人にも満たない小さなグループでしたが、すべて参加した人たちの顔ぶれが決まっていたためか、まるで日本の本部道場で連続活元会に参加したような気分でした。回数を重ねるにしたがって、運動も雰囲気も練れてくる感じがあるのです。

西森先生は気さくな方で、今回子連れのお母さんが何人かいらしたのですが、子どもの叫び声が聞こえても気にせず、活元運動が終わって目を開けてみたら、西森先生の膝に女の子が座ってたりしました。

今回は子どもは隣の部屋で、シッターさんも時間帯によってはお願いしていましたが、日本で西森先生が開く活元会には、子どもも一緒に会場にいるそうです。小学生くらいの子は一緒に参加するし、先生が参加者の活元運動を誘導していると、2歳くらいの子が一緒についてきて、真似して参加者の背中に手を当てたりして、それがまた参加者に好評なのだそうです。

子どもは、身体も心も素直で敏感、変化も早いので、子どもがいるから参加できない、というのは、本当はもったいない話で、西森先生の話になるほど、と思いました。一方、子どもがうろちょろしていると、とくに親御さんは無心になりづらい、というのも事実ではあるんですが。

この2日間が楽しかったので、なんとか続けて、この会を発展させていきたいね、という話になり、宣伝も兼ねてこの記事を書いています。

西森先生は、アムステルダムで連続活元会によばれ、その機会を狙ってハンブルクもお願いしたとのことでした。次回の2月は、ハンブルクは開催できるかな? 



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今のおうちに引越してきて3年が過ぎ、庭に植えた木々の苗も、ようやく生長が感じられるようになってきました。

ここのところ、ブラックベリーが収穫時です。

お隣さんからもらった苺の苗は、今年実をたくさん付け、食べきれずにジャムにしました。苺ジャムは、そのまま煮れば良いので簡単で、たくさんできました。

それに比べて、ブラックベリーは種が大きめなので、食べると歯にはさまるし、ジャムにする時もちょっと面倒です。それに、美味しくて隙間があるので、いろんな虫さんが来ます。先日は、銅色に光るタマムシみたいな虫がじっと座って、もくもく食べてました。

うちには、刻む専門のフードプロセッサーしかありません。1回目は刻んで裏ごしする代わりにと、ブラックベリーを入れて回したら、蓋がゆるくなってきたこともあって、あちこちに果汁がついて、大変でした。ブラックベリーの果汁は、とてもよく染まります。

今回のレシピの方が簡単でした。ご紹介しますね。

1.ブラックベリーを洗い、鍋に入れて弱火にかける。
2.果汁が出てきたら、ざるで濾す。裏ごしすると、多少果肉も入れられる。
  さらしふきんで、絞ってもいいかも。
3.果汁の重さを測る。
4.果汁の重さに見合ったゼリーシュガー(Gelierzucker)を入れ、混ぜる。
5.沸騰させたら、やや強火で沸かしながら4分煮る。
6.小皿にたらしてみて、ジャムらしく固まったら出来上がり。
  固まらない場合は、レモン汁を足したり、さらに煮る時間を長くします。
7.煮沸消毒しておいたジャム用ガラス容器に、口までいっぱいに注ぎ、蓋をする。

ドイツではジャムを作るために、ペクチンやクエン酸の混ざったお砂糖を売っているので、簡単です。

煮たらビタミンCは多少壊れるかもしれないけど、生のブラックベリーを濾すより、煮て柔らかくしてから濾す方が簡単でした。

ブラックベリーは、けっこうそこらに雑草に混ざって生えているので、今どきは道端で収穫してる人たちも見かけます。

あ! まだ食べてないので、味はまだ保証できません。^^;



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
みつろうさんのブログのこの記事↓、ずーっと下まで下りていくと、平均律と純正律のピアノの弾き比べ動画が出てきます。

http://ameblo.jp/mitsulow/entry-12184717122.html

なんか、聴いていて自分の身体の響くところも、響き方も全然違う!

ショックだけど、平均律の方の響きは、普段「ああ、いい音だな~」ジーンと感じているほうの響きです。感情が動くというか、身体の胸から上がかき回される感じ。

それに比べて、純正律はストン!と身体に落ちる感じです。余計なドラマなし。
武術の身体の使い方を連想しました。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
おばさんデビュー(見知らぬ人から初めておばさんと呼ばれた日のこと)は、まだうら若き大学生の頃でした。

東京の、昭和の雰囲気残る団地で、エレベーターに男の子と一緒に乗りました。
背がまだ低いその子が私に言いました。
「おばさん、ボタン押して」

おばあさんデビューは、先日やって来ました。
ご近所でドイツ人の男の子から
「マイ君のおばあさん?」
と訊かれました。

マイ君はご近所に住む、中国人の幼稚園児です。
きっと同じ幼稚園の子で、マイ君とお母さんは知ってる、
なら残りはおばあさん?ということになったんだろうな。

ま、白髪だし、無理もないか・・・。( ´艸`)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
お天気の良い週末、散歩から戻ってきたら、二人の女の子が先になり後になり走り回っています。でも、なんだかちょっとようすが変わってるな。と思って眺めていました。

どうやら一人が犬の役、一人が飼い主役らしい。犬役の子は吠えながら四つ足で?走って行って、地面から木の枝をくわえてはまた落とします(衛生、大丈夫?)。それをもう一人の子が先へと投げると、犬役の子がまた吠えながら走っていきます。二人ともきゃっきゃっ大興奮で、遊びが気に入ったようす。

ここらへんは犬を飼っている人がけっこう多くて、週末はとくに広場や散歩道で、思いっきり駆け回る犬の姿がよく見られます。人も犬も、ものすごく楽しそう♪

それを見てきっと、真似したくなったんだろうなあ、というのは、私もよくわかります。σ(^_^;)

でもこれ、状況が違えばいじめにもなりうる光景だよね。

犬と言えば、おとなしく人に服従する動物のシンボル。
さげすむ表現にも使われる動物。

そんなシンボルなんかの先入観がなければ、こんな風に楽しく遊べるのか!
子どもってすごい! かる~くショックを受けたのでした。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。