京都 山科 ピアノ教室 ハートフルピアノ教室 「あなたの好き♪」を大切に」Happyピアノライフを共に♪♪

【美しい音でピアノを♪ 美しい心で人生を♪ハッピーピアノライフを♪♪】をモットーにハートフルピアノ教室を主宰しています。

具体的なピアノレッスンのこと、ピアノの楽しさ、音色の美しさ、等々、日々お伝えてできたらいいなと思っています。


テーマ:





〜久しぶりのブログなので近況報告〜


前回ブログに
「先生自身が健康であることビックリマーク」と宣言していたのに、


その尻から自分が「声が出ない」不健康な状態に陥ってしまいました



かすれ声しか出ない日もあったので、静か〜なレッスンになりました

一番困ったのは、電話携帯
会話にならないので、メールしますねと、皆さん気遣っていただきました大泣きうさぎ



家では、声が出ないおかげで、誰とも喋らず一人時間を過ごせましたにひひ


だんだん普通に声が出るようになりましたが…マスクは必須パンチ!


クローバークローバーインフルエンザでお休みされる生徒さんもちらほら…まだまだ寒いので、皆さんもお気をつけてクローバークローバー



流れ星流れ星流れ星流れ星流れ星流れ星流れ星流れ星


今日は、幼児さんのレッスンにとても参考になる
ピアノ指導者でもあり、教育発達科学研究者でもある塚原利理先生のお話をご紹介




人には「最重要他者」という存在がいて、、


子供たちにとっての「最重要他者」は、
10歳前後までは「母親」(父親、保護者の方)であることがほとんど。


そして、10歳を超えて反抗期を迎えるころ、「最重要他者」
は、「尊敬する相手」に変わるので、
ここからは先生に認めてもらうことが大切になるビックリマークとのことです。




なので、幼児さん〜小学2.3年生くらいまでは、

ピアノの練習でも、先生よりもお母さんに認めもてもらい、褒めてもらうことが子供にとっては最重要だそうですビックリマーク




ピアノの先生は、

カナヘイ花全然ピアノに向かわない幼児さんでも

カナヘイ花全然練習してこないときでも、

カナヘイ花宿題ができていなくても、


どんな状態でも、一歩進んだところ、褒めるところをすぐみつけることができるので



褒めますとびだすうさぎ2



でも、

塚原先生や、教育発達科学によると、
「お母さんに喜ばれながら子どもは成長する」


ので、


先生  <   お母さん




毎日のお家でのお母さんとのやり取りがとっても大切なんですひらめき電球ひらめき電球ひらめき電球


具体的には、


楽しく取り組める「小さなこと」

気持ちがラクになる「簡単なこと」から



まずは、

合格ピアノの椅子に座れたこと→褒める


合格音符カードで遊べたこと→褒める


合格音符のお歌を歌えたこと→褒める




ピアノの本を開けた、ピアノの蓋を開けた、なんでも小さな一歩になるので、


そこから小さな目標を立てて、


ひとつひとつ目標をクリアし、お母さんに喜ばれながら子どもは成長し、ピアノを継続する力がついていくそうですカナヘイハート



お母さんに喜ばれながら…なるほどなぁと思いました



でも!



現場のご意見母さまの悩みは、


同じこと、単純なこと、なんでできないのか、何回やってもできなくて…

イライラカナヘイびっくりしてきます…

無理です…カナヘイびっくりカナヘイびっくり



よくわかります


例えば、5線の一番下の音が「ミ」とわかるようになったな〜と思っても、、、

ページが変わればわからなくなったり、
次の週にはわからなかったり、
楽譜に出てくると読めなくなったり、



こんなことの繰り返し…



それには理由があるようです





「保存概念」が、発達途中だからだそうです照れ


「保存概念」は、おはじきの並べ方や色が違っても、数は同じだと捉える、という感覚。
それが小さいほど未発達なので…



子どもたちにとったら、


音符、楽譜なんてちんぷんかんぷんで当たり前


この「保存概念」が作られるのも7〜11歳だそうです。


それまでは、しょーがないんですカナヘイうさぎ

このこと理解したら、イライラしても仕方ないかってなると思いますカナヘイハート





無理強いしないで、
「できることから何度でもすること」




まずは先生と


{E8C21819-F873-4D00-8FA1-9614F04B5BB9}



おててを持って…

あれっカナヘイ!?
今日は先生の手を振り払わないで、持たせてくれましたつながるうさぎ


{7B577B09-C494-45B6-BDCC-7678E7B39A81}



わぁ〜

一人でもできました拍手


{DDF39AF9-094A-49B5-B59C-67B0FFDE79B6}




今度はグランドピアノで、座って弾いてねカナヘイハート





お昼寝で起きたてでも、
泣いていても、

「ピアノは行くの?」とお母さまが聞くと、
「行くー!」と、おカバンを用意してくれるようですカナヘイきらきら




同じ3歳児さんのこの女の子も、
応援シール(プリンセス)を、ピアノにつけて
今日はグランドピアノで機嫌よく歌いながら弾いてくれましたカナヘイハート



{68D0E11E-91CD-4DC5-91D6-B1A6C4D70BDC}





1年生になれば、たくさんの曲をレッスンできますカナヘイきらきら


{E408B0FC-A943-42B9-96F9-3F4E56E1992E}



2年生になれば、
「ピアノ楽しい」と弾いてくれるときが来ます



{E209631F-63D4-49FA-BF7D-02F9A4BD9082}





無理強いしないで「できることから何度でもする♪」


教育発達科学という難しそうな分野のお話ですが、塚原先生のかみ砕いたわかりやすい説明に、
大納得いたしましたビックリマーク



ハートフルピアノ教室
太田直子



どのようなお問い合わせ、ご質問など、お気軽にメールかお電話でどうぞ



AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。