皆さま、こんにちは。

小澤征爾音楽塾オペラ・プロジェクトに行ってきました。

沢山の若い音楽家を育てているオペラプロジェクトは、

2000年から始まっていて今回で15回目です。
素晴らしいです。

小澤さん指揮には波動があって、
その音楽を聴くことが、
年に一回の楽しみになっています。

演目は大好きな、ビゼー「カルメン」。
生で観たことがなかったので、
本当に楽しみでした。 

全四幕の長時間の公演。

今年は二階席の右側前列でした。

小澤さんが振られている手がひょいひょいと見えるのですが、
なんともいえない気持ちが込み上げてきて、涙が出てきました。

 

「今年もこの時間を過ごせている」

 



終演後には一階に降りて前に行き、オーケストラピットを拝見しました。
その後出口に向かう時、小澤征良さんが皆様に囲まれお話しされていたので、少しの間、通路で待っていました。

その時に、何となく、
どちらが話しかけたともなく、
素敵な女性とお話しをしました。

 


「官能的なオペラでしたね」

 


「本当ですね(笑)感動しました。
小澤さん3回目なんです」(私)

 


「小澤さんにインタビューさせて頂くんです」

 


「え?」(私)

 


「NHKで……
(薄々状況が分かってきてお話しを覚えていない)
……なんですよ」

 


「わ~!小澤さんのドキュメンタリー拝見しています!嬉しい!」(私)
 

 

という感じで、私は少し戸惑いながらしばらくお話しさせて頂きました。

その方はNHKの有働由美子さんでした。

自然で明るくて、
とても素敵でした。

「また小澤さんのオペラに是非いらしてくださいね」

と、小澤さんのご家族とご一緒に向こうに行かれました。

私も官能的なオペラは初めてで、
まさかの有働さん(笑)と共有できて、本当に嬉しい出来事でした。

前後しますが、
次回はもう少しビゼーのこととか、
音楽のお話ししますね(笑)

 

 

Piacere Music School

 

 

AD