坂本龍一さんの映画

テーマ:
11月の「CODA」に続き、
今回観た「async」

昨年、8年ぶりに出た坂本龍一さんのアルバムのタイトルでもある。

「あまりに好きすぎて、誰にも聴かせたくなかった」

と映画のチラシに書いてあって、
観るのが楽しみでした。

いい作品できたなら、人に聴いてもらいたいと思うのではないかな?
そういうのを超えちゃうのかな?


全体の響きの中でところどころ、坂本さんが金属を擦る音に、私のお腹が反応して沢山鳴ってしまいました。身体が喜んでたのだと思います(^^)

流れの中で、坂本さんがピアノを弾き始めるととてつもない美しさ。

感動でした。
好きなものに没頭している人の様子を観るのは気持ちがいいです。


どんな音楽も、自分が思うがままに音を奏でている姿は、清々しい。

いい音楽を聴いて、いつも思うこと、

もっと、自分が思うがままに表現したい!
おそれずに、フラットに(^^)


雪かき姿のまま、映画へ
{CB199533-A18E-4451-A8F6-DF1FEE8BEED6}

{94BEC6B2-4FE5-4B1B-BC9B-F708ED5EEAAB}



AD