つののぶろぐ

岩手県盛岡市で開催している、子育ての自助グループに通っています。アドラー心理学を学んでいます。アドレリアンへの道のりは長くて、遠くて、険しすぎます‼Twitter、mixi、Facebookやってます。


テーマ:
私にとって、3回目となる、パセージが、
今日、スタートしました!
(水曜日、9:30~12:00、一章ずつ、8週間)


今日、心に残ったのは、
私がいかに普段、テキストを見ていないか、ということです。
ここ数日、下の子を叱ってばかりいて、
これじゃいけないと、のたうち回っていたけれど。
のたうち回るんじゃなくて、
パセージテキストに戻れば良かったのです。

基本中の基本、第1章に書いてありました。

どんな場合にも適切な側面はあるのです。

探してませんでした。
(探して、私が見つけれ保証はないけれど。(-_-;))

いかに、自分の気持ちをわかってもらうか、それだけ、考えていました。

↑はい、それも間違い。

まずは、子供の考えをじっくり聴いてみる、ことです。

orz



あと、思い出したことがありました。

朝起きない子供に、どういたら良いか?
という話をしていたときです。

自分の親は、いわゆる、放任主義で、
けっして、朝、起こしてはくれませんでした。

私が幼かった、その当時、私はその事で、すごく、悲しかった記憶があります。

そして、現在、私は母親になり、
私の母親は祖母になりました。
孫に当たる私の娘が、朝起きれず、
不登校になったとき、私の母は言いました。

『起こさなきゃいいんじゃない?』
『私は(子供の)誰も起こしたことないわよ。』
(だから、子供達は自分で起きれるようになったんだ。)


ものすごく、不快でした。
どれくらい不快かって、
説明できないくらい不快でした。
10段階だったら、100、と言うくらい?
思わず、殺したくなるくらい?
まぁ、とにかく、不快でした。


その方法は、私に、親は助けてくれないのだ、と言うことをわからせたに過ぎません。

『助けが来ないから、自分でなんとかするしかないんだぞ。』

孤独を感じました。
子供の頃、そんな感情を抱くことが多かったように思います。

お陰で、こんなひねくれて、自己肯定感マイナスな、色々と問題のある、かたわな人間に育ちました。



子供達には、そんな想いはしてほしくないな~、と思います。






AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
すみません。

教えて下さい。




よく、育児書的な書き物に、

『学校や先生の悪口を言ってはいけない』

みたいなことが書いてあります。



うんうん。なんとなく、うなづける~。

と思っているのですが。

しかーし。

現実はそう甘くないのでありまして(笑)



私は娘の担任がキライです。




忘れましたが、とある話の流れで、ついうっかり、


『私、いっちゃんの担任、キライなんだ~。』

と言ってしまいました。



はた、と思って、言い直そうと思いました。

(時すでに遅い感じですが。汗)

『私の中で、いっちゃんの担任は、A先生と対局の位置にいる感じ。』

(A先生とは、娘の中学時代の担任で、私の大好きな先生です。)

あまり、意味無いですね…。





この人、キライ、と思っていても、言わないほうがいいのかな?

苦手、くらいでぼかしたほうがいいのかな?

それとも、やはり、良い側面が大事だから、嫌でも『ここが素敵』とか言ったほうがいいのかな?


AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:
娘の友だちのことが心配です。

他所様のことまで心配している余裕はありませんが(笑)

人類皆兄弟。

あ、ちがうか(笑)



娘の友達のAちゃんは、娘と同じ中学校でした。

中学2年生になった時、クラス替えがあり、

それがきっかけで別室登校になりました。

とても真面目な子で、遅刻などせず、

必ずスクールバスに乗って登校し、

スクールバスで帰ります。

出来る限り、部活動にも参加し、

別室にいる時は必ず、ワークをやったり、まじめに勉強している子でした。

(別室にいる子はほとんど、あまり勉強しません。)



そんな彼女は、娘と同じ高校に入学しました。

残念なことに、クラスは別でしたが、

スクールバスが一緒なので、登下校はいっしょになることが多かったのです。




ここ最近、彼女が教室に居なかったり、

休んでいたり、保健室にいたり、スクールカウンセラーに面談していたり…。




そんなことを耳にするようになって、娘も私も心配していました。

そしたら、案の定、ここ数日は、教室にいないで、ずっと、別室で過ごしているとのこと。

彼女のことだから、まじめに勉強しているのでしょう。

しかし、もう、高校なのだから、中学と違って、それでは単位が取得できません…。



ああ…。

ふたりとも、仕切りなおして、新たなスクールライフをスタートできたと思ったのに…。




うまく行きませんね…。

私が介入することではないのでしょうが、

親御さんはどう感じているのでしょう…。



なにか、私にできることはあるのでしょうか…?






しっかし、自分の問題は解けないくせに、

よその子の心配とかw

目的によって使い分けてるってこと??

なんだろ?

なんか、こっちの問題のほうが前向きに取り組めるって、

不思議だわwww




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
土曜日、毎月恒例、多祥もりおかの、定例会がありました。

『多祥もりおか 5月定例会の報告』

子守りが見つからないので、小2男子を連れて行きました。

連れて行くのは2回めなので、どうせお勉強できないことは目に見えていました。

なので、顔出し程度に考えていました。

きっと、声を出したり、音を立てたり。

みんなのお勉強の迷惑になるようなことを、私が嫌がることを彼はやりだすだろう。

そうなっても良いように、あまり、期待しないでおこう。

きちんとした対応を心がける!



のはずでしたが。。。



私が部屋から退出して最初にやったことは、

息子を叱る、ということでした。




会が始まる時から、関心を引きたくて仕方のない息子。

声を出したり、音を立てたり。

イライラ、イライラ…。

数回注意し、ダメで、

とどめは退出する時でした。

『バイバイ』

と言って部屋を出た彼は、出入り口のドアを締めた後、

なぜか、ドアノブをガチャガチャガチャガチャガチャガチャガチャガチャ……。

音を立て続けます。

私は焦って、荷物をまとめ、忘れ物がないか確認し、

急いで、部屋を退出しました。

そして、『うるさい!すごく迷惑!!みんな、お勉強できません!!!』

はっきり覚えていないけれど、そんな感じのことを怒鳴りつけました。

その部屋を出てから、エレベーターにたどり着くまで、

『うるさい!すごく迷惑!!みんな、お勉強できません!!!』

『静かにするっていうから連れてきたんだよ。』

『どうしてそんなことするの?!』

『宿題も全然やらなかったよね!!』

『どうして約束破るの!!』

『もう連れてこないからね!!』

的なことを怒鳴り続けました。

たぶん、大して、耳には入ってないと思います。

そして、やはり、また連れて行った時に、同じことを繰り返すでしょう。。。





会の途中、音を立てたりする息子に、なんて言えば良いのか、

まったく思いつかなかったこと。

そして、帰りに、叱りつけたこと。

まったく成長の見られない自分に、がっかりです。




がっかりすればするほど、イライラは加速して、

家に帰ってからも、早く風呂にはいれ!!だの、早く寝ろ!!だの、

普段に増して、怒鳴り声が響き渡りました。




私の不適切な行動はそれだけにとどまらず、

娘にも飛び火し、あーだこーだと、

娘がやろうとしていることにケチを付け、

こうするべきだ!と私の意見を押し付けました。





家の中に逃げ場はないし、

私のイライラは常にあって、おさめることは難しいです。





どうしたら良いのか、自分ではわかりません。。。







いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
なぜか、引きこもり週間、継続中です。

調子が悪くなったのは、GWの少し前から。

なので、てっきり、『長期休暇キライ病』かと思ったのですが。

精神科では、春先の疲れが出たんでしょう、とのこと。

へ?

いつもどおり、ダラダラやってて、特に頑張ったこともなく。。。

あんまり、自覚ありませんが??(笑)

と、思ったものの、いざ書き出してみると…。



↓↓↓



つまり、私の場合で言うと、

新年度を迎え、お姉ちゃんは新しい高校という場所にデビューするわけですが、

中学での不登校のこともあり、毎日毎日、ちゃんと起きれているか、

決めたとおりにスクールバスに乗って登校できているか、

いけ好かない担任となんとかうまくやっていけてるか、

クラスメートとはお友達になれたか、

不登校でほぼ2年間勉強してないけど、ついていけているのか、

などなど。。。

息子について言えば、

今年度から、支援学級に所属することになったが、

そのことについて、嫌な思いをしていないか、

お友達と離れる時間が出来て、寂しい思いをしていないか、

支援学級の先生とはうまくやっていけているか、

支援学級で受ける授業は、国語と算数と書写だけど、それでいいのか、

普通級と支援級の行ったり来たりがうまくできているか、

などなど。。。

(支援級では先生と1対1です。落ち着いて、ひなたのペースで受けたほうが良いと思われる教科は支援学級で受けて、その他は普通級でみんなといっしょに受けることにしました。)



書き出して見ると、心配事って、たくさんあるんだな(笑)

あまり、自分としては意識していませんでしたが。

う~~ん。。。

コレってまずいんじゃないのかな???

心配のし過ぎで、自分が倒れていたら、何にもならないよね。

どうしたら、心配し過ぎをやめられるんだろう…。

アドラー心理学でなんとかなりそうだけど、

具体的には思いつきません。(T_T)

まだまだ未熟なもので。




何か良いアイデアあれば、教えてほしいです。(´;ω;`)


いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。