リハビリの先生に、入院している患者さんで運転したいと思っている人が
いると、伺いました。私の経験談ですが、参考までにまとめてみました。

〈はじめに・・・〉
脳梗塞は、いろいろな後遺症があります。
自己判断ではなくドクター、リハビリの先生に相談する事をおすすめします。

主治医に車の運転を相談したら、
「奨励はしないけど、禁止ではないよ」
との診断してもらいました。

《運転免許センター(埼玉県は、鴻巣にあります)》
 電話番号;0485(43)2001
 運転免許試験課 適性相談室 
 受付日;月曜日~金曜日、第3日曜日 9:00~16:00

ここへ電話をして、相談日を予約して行きました。
片麻痺でも運転できるか認定してもらいました。
①ブレーキが踏み込めるチェック
 麻痺していない左足で思いっきりブレーキを踏みました。
②アクセルのチェック
 5分間、一定の力でアクセルが踏めるか
③注意力のチェック
 モニターの画面の運転席から見た風景の中の赤い点を押します。
対応してくれた警察官の方が、とても親切でした。
車の改造についてもパンフレットがあり、説明してくれました。


マニアルからAT車の限定になりました。
脳梗塞になり麻痺などがあると、免許更新時には認定が必要になってきます。
埼玉県は、鴻巣免許センターでしか認定ができないということです。

《車の改造》




ニッシン自動車工業 480(72)7221

アクセル 70,000円、左ウインカー 13,000円、ノブ 9,500円
取付工賃も含んで 92,500円

障害者手帳を持っていれば、助成金もあります。(前年の所得による)
福祉事務所に、改造する前に問い合わせたほうがいいです。
事前に、見積などの申請が必要です。

取付は、短時間で済みました。
この時、片麻痺の運転教習所を教えてもらいました。

《東園自動車教習所》 480(481)2711
 新座市堀ノ内 2-1-46 
 最寄り駅;武蔵野線 新座駅、東上線 志木駅

入所料;10,500円
教習料;はじめは、8,400円(2時間教習)
    見極めがもらえると
    1時間、4200円で教習できる。

私の場合は、運転が怖いと思っていたのです。
アクセエルを踏むのもこわごわでした。
2時間教習を4回受けました。週1回のペースでダンナさま付き添いで通いましました。
4回目で見極めをもらい、路上教習に出られました。

免許証は持っているのだから、自信がつけば運転できます。
教習所には行かず、自分で練習する方もいるようですが、
私は、教習所に通って良かったと思います。
そもそも、自己流になっていた運転でした。今まで無事だったのは、運が良かったようです。

参考になったかな。
あくまでも、私の場合です。
 


Android携帯からの投稿
AD

コメント(9)