大西明美Ameba公式ブログ

Facebook、LINE、Twitterなどリアルな人間関係がネットでつながらざるをえない現代。そんな時代に生き抜く恋愛の知恵をご紹介します。


テーマ:

私が書いている小説が、KADOKAWA運営のカクヨムで注目作品に選ばれましたーm(._.)m\(//∇//)\ #カクヨム #小説

男子禁制 大西 明美さん(@akemiohnishi)がシェアした投稿 -

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

朝型は万能だと思っていたが・・・

この仕事を初めてもう8年目に突入しています。その中でもかなり驚くこと。
それは、朝型女子のほうが、ねぼすけ女子よりも婚活が長期化しやすいということです。
 
朝からシャキシャキと動けて、身支度をし、さっさと会社に行って、さっさと仕事を終らせる。本当に素敵な人が多いんですね。
でも、こと婚活になると、そういった女性はなぜか婚活が長期化しやすい。
 
私、この謎を美紀さんの本から発見してしまったのです・・・

段取りがちゃんとできる女子は、できない男子が目につく

朝早く起きるというのは、気持ち良い朝日を浴びる以上の意味があります。
 
早起きをすれば、朝食をゆっくりとりながら、ニュース番組や新聞を見て必要な情報をチェックできます。
 (中略)
電車の遅延情報に気づけば、家を少し早くできることもできるでしょう。
 (中略)
その日の予定に会う洋服を選び、メイクをする時間もあります。気分よく出かけることができますよね。
 
そうなんです。早く起きれば、時間を効率的に、無駄を省き、そして気持よく出かけることができるんです。
 
早く出社すれば、その分だけ仕事も早く終わり(ブラックでなければ)、アフター5も充実できるというわけです。
 
で、ですね・・・
これサラッと書きましたけど、、、早起きに必要なものは何かわかりますか。
早く起きるという自制心です。
 
自制心一つでこんなに素敵な24時間が過ごせるわけです。
慣れてしまうと、そんなに辛くなくなりますよね。
 
私は、恥ずかしながら結婚前までは朝8時起床でしたorz
ところが、結婚後は6時から6時30分の間の起床です。
最初は辛かったのですが、だんだん体に身についてきて普通になっています。
 
となるとですね、、、
今度8時まで眠ってダラダラしている人、寝坊して何もかもグダグダになる人に対してイライラし始めるのです。
 
自分が8時まで寝ていた時にはなんともなかったことが、人がやると気になりだす。これが人間の罪深いところというか・・・
 
 
で、話を戻します。
早起きする人は、ちゃんとしている人が多い。ということは、人のアラがその分目についてしまうのです。
 
特に、段取り。
 
早起きは段取り良く24時間を過ごすためにやりますよね。だから、早起きをすると気がついたらチャキチャキとテキパキと動けるようになるわけです。
 
これがどんどん派生していくと、
デートをうまく段取りできない男性に対して、
「なんでこの人の段取りは悪いんだろう」
「なんでこの人はこんな効率の悪い話し方をするのだろう」
「なんでこの人はこんなにリードする力がないんだろう」
 
自分が出来ているもんだから、めちゃくちゃ気になり始めるんですね。
これが、早起き習慣のある女性の婚活の落とし穴だったりします。
 

早起きを婚活に活かすためには

早起きの能力を、男性のアラ探しに使うのではなくて、出会いの場を広げるのに使う、これが早起きにおすすめなのです。
 
みきさんの本から抜粋します。大きなヒントが隠されていました。
 
平日の夜にゴルフを習いに行ったり、友達に合ったり、勉強会に通ったりして、趣味やスキルアップをする時間を持てるようになりました。
 
つまり、会社以外の人間関係を広げることによって出会いの場を広げるということが可能になるのです。
 
そのうえに、趣味やスキルアップというのは、自分がやりたいことをする時間になるので、自分自身がキラキラする時間になります。この時間が増えていくに連れて、每日が楽しくなります。楽しくなれば、その人自身から輝きが出てくるんですね。
 
私は婚活のアドバイスをするときに、「自分の好きなことをする時間を作ってください」とよく言います。これはまさに自分のキラキラを取り戻すためだったりするのです。
 
ただし、こういったことをするためにはお金が必要になります。
みきさんの本の中には、何気ない日常の過ごし方でお金が貯まる「体質」を作る技術がたくさん書かれていますので、ぜひ読んでみてくださいね〜\(^o^)/
 
 
 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)