先日紹介したブログ記事「頑固親爺の徒然手記(難問解決への道標) いじめ問題の論点は? 」の本文は現在参照できないようだ。リンク先のページは投稿、コメントともに空欄になっている。


インターネットというのは公開された場である。あくまで私見とさせていただくが、そこに文章を書く以上、それを削除しないというのは最低限のモラルであり、マナーであると思う。公の場に文章を公開するときには、多種多様な意見を受け止める覚悟を持つべきである。削除する位なら、自分だけが読めるノートに日記を書いておけばよいのだ。


もちろん、公の場という性質があるために逆に削除しなければならないようなケースもあるだろう。それに、投稿を削除するのは管理者の自由であり権利である、これもインターネットの常識の一つだ。しかし、それは削除が無責任な行為であることを打ち消すものではない。特に、大勢が見たことが分かっていて削除するのは、大勢に迷惑をかけることを自覚した上で行うべきであると思う。


なお、内容に問題がある場合の対応としては、該当ページを削除しないで、内容を他の文書に差し替えるのが望ましい。リンク先のページが消滅するのが最悪で、後から見ようとした人は何のことか分からないし、オリジナル不在のまま複製されたページが乱立して不必要な噂が拡散する原因にもなる。また、ページを更新すれば、Google のような検索サイトに対するキャッシュ対策にもなる。


今回のページは、リンク先は存在するが文章が見えないという状態だから、前述の望ましい状態になっている。ブログが炎上するとページごと削除するケースが多く、このように適切に処理されているというのは珍しいと思う。


さて、今回はその記事の後に書かれたブログ記事「頑固親爺の徒然手記(難問解決への道標) 報道の精神はどこにある 」に対する感想である。当のブログの筆者は「頑固親爺」と自称なさっているが、そうお呼びするのはいくら何でも失礼ではないかと考え、今回は「G氏」と書かせていただく。


まず反対意見を述べたい箇所がある。

遅ればせながら教育関係者が対策チームを編成して対策を協議し、警察も異例の強制捜査に着手したのだから、静観するのが常識だろう。

個人的には、とんでもない話だと思う。そんな常識は存在しないだろう。


先の投稿でも指摘させていただいた通り、今回の問題の本質は、教育関係者側が事実を隠蔽しようとした点にある。事実隠蔽を前提としている当事者が対策チームを編成したら、それはより巧妙に隠蔽するための集団となる危険がある。いや、むしろ必然的にそうなると考えるべきだ。


また、今回の自殺問題は、第三者が静観していたら「いじめと自殺の因果関係があるとはいえない」という結論で片付いていた可能性が極めて高い。


実際、警察は最初、被害者の親からの告発状を受理しなかった。態度を覆して警察が強制捜査に着手した原因の一つは明らかに世論だ。従って、ここで静観するのはむしろ非常識だ。教育関係者も警察も、第三者が騒ぎ立てないと動かなかったという事実を重視し、最後まで監視の目を光らせるべきではないかと思う。

毎日、重箱の隅をつつくような記事を掲載しないで、大局的な立場でいじめ問題に取り組むのが、マスコミの使命であると考える。

それも異論を述べたい。マスコミの最大の使命は事実の報道ではないか。


いじめ問題に取り組むべきなのは家庭であり、教育の現場であり、あるいは政治の仕事である。


マスコミが率先してすべき仕事ではない。いじめ問題、ましてやそれに伴う自殺のような問題は、未解決の部分が多い。それを解決するために必要なのは数多くの情報である。少しでも真実に近づくためには、重箱の隅にあるような事実を積み上げる必要があると思う。


(つづく)

AD

擁護はしないが批判はする!

テーマ:
既に見た方も多いのかもしれないが、「頑固親爺の徒然手記(難問解決への道標) いじめ問題の論点は? 」に対する雑記。先に宣言しておくが、今回はリンク先の本文のみに対する批判を書きたい。話がややこしくなるので、誰が書いたとか、余計な情報は知らない前提で書く。


まず言わせていただきたいが、本質の理解からして間違っているだろう。

この問題の本質は、学校における「いじめ」である。

冗談ではない。残念ながら「いじめ」は今の日本のどこにでもあるありふれた現象だ。実際、いじめによる自殺者だって、今までに何人も出ている。しかし、今回ほど大きな騒ぎになったことは記憶にない。


今回の事件の本質は、学校がいじめを隠蔽しようとしていることに他ならない。それ抜きではこの事件は語れない。

いじめを把握できなかった学校の責任

だが、報道を信じる限り、学校はいじめを把握している。教諭がいじめに加担していたのではないかと疑わせるような報道もあるのだ。学校の責任は、いじめを把握できなかったことではなく、いじめを把握しようとしなかったことではないか。


さらには、それを容認し、それを隠そうとしたところにあるのではないか。


さらに大きな問題がある。いじめた側の責任だ。驚くべきことに、このブログの記事にはいじめた側に責任があることについて一言も指摘していない。むしろ、いじめた側には責任がないとでも考えているようにも読める。擁護しないと書いてあるにも関わらず、いじめる側を擁護しているとしか読めない不思議な主張になっているのだ。

思春期にあける子供教育は、マスコミは学校の責任であるという論調であるが

冗談じゃない。どこにそんな論調があるのか。昔も今も、子供の教育の責任の殆どは親にある。むしろ、学校に責任を押し付けすぎるモンスターペアレントをマスコミは問題にしていないだろうか。


今回マスコミが問題にしているのは、いじめがあったことよりむしろ、いじめがあったという事実を学校が隠蔽しようとしていることなのだ。そこは誤解してはいけない。


しかも、なぜか分からないが、学校は特にいじめた側を隠蔽しようとしているのだ。


報道によく出てくる話題なので皆さんもご存知だと思うが、自殺した生徒は「自殺の練習」を強要させられていたという。アンケートで複数の回答があったそうだ。


そこまで調べたのなら、次にやることは誰が考えても明白だ。いじめの加害者に、そのような事実があったのか確認することだろう。


しかし、昨日の報道では、学校側はまだ加害者と思われる少年にそれを確認していないというのである。あまりにも不自然ではないか?


このように、不自然な対応があちらこちらに多数見られるのが、今回マスコミが飛びついている原因だ。その本質を見落としてはならない。

そのすべてを学校関係者に責任転嫁されては、教職員はたまらない。

必要最低限の常識的な調査さえしていれば、誰も学校を責めたりはしないのである。学校関係者が責められているのは、前述のような加害少年への確認すらしていない不可思議な対応をしているからだ。

さて、いじめが原因?かどうかは、死者に口がないから真実はわからないが

自殺の原因なんて、遺書があろうが死者が生き返ろうが真実は分からない。本人が嘘をついていないことを誰が保証できるんだ?


だから、できるのは、事実を元に第三者が客観的に考えて、自殺の原因として最も合理的な説明は何か、それを結論とすることだけである。


そして、誰がどう見ても今回の自殺の原因として最も合理的な理由は「いじめられたから」しかないだろう。前日に加害少年に明日死ぬという電話をかけているという報道もあったが、もしそれが事実なら、それだけで理由を確定してもいいところだ。いや、本人が真実を語っているとは限らないか…。


AD

自動車の前を歩かないこと

テーマ:
自動車から降りた女の子が運転しているママに怒られていた。降りた車の前を横切ったのだ。ママの言い分は「自動車から降りたら後ろを通りなさい」である。常識としてはこれで合っている。

さて、自動車から人が降りた後、車は前に進むのだろうか? その確率は高そうだ。しかし絶対とは限らない。もしバックしたら、後ろを通る方が危険ということになる。例えば自動車をバックしてガレージに入れる時は、そのような状況になる。 このときは前を横切った方が安全だろう。

また、一般に、運転手にとって、自動車の後方の方が、前方よりも見難いことが多い。前方を通るのは危険だが、運転手が気付く可能性は高い。運転手が気付けば、車は停止する。もともと停車していたのだから、それほど速度は出ていないはずだ。逆の考え方もある。運転手は前方を見ながら運転することに慣れているから油断するかもしれない。後方は見難いことを知っているから、慎重に運転するだろう。

もし子供にこのことを教える機会があったら、自動車が行くのを待って道を渡るように教えるのがよい。車がいなくなったら、その車に轢かれる心配はない。

AD

20051108-01

最後に、既出の内容から想像できる通りかもしれないが、私の考えるモバイルビデオのスタイルというのは、たとえばこんな感じである。

持ち歩くのは iPod ではなくて PSP だ。この程度の画面サイズは欲しいのだ。さらに、TSUTAYA のようなレンタルビデオショップの会員になる。あるいは、Gyao のようなインターネット動画配信サービスでもいい。

東京の地下は「東京メトロ」と「都営地下鉄」という2系統の地下鉄が走っている。このうち、東京メトロは、全駅に無線LANのスポットが設置されている。都営地下鉄も導入を進めているところだ。PSP は無線 LAN 機能を内蔵しているから、地下鉄の駅にPSP を持ち込めば、無線LAN を使った高速データ通信ができることになる。あとは、うまくシームレスにデータを取り扱うソフトがあれば、地下鉄でビデオをレンタルして見る、というビジネスモデルを構築できるはずだ。

ドラマの再放送を見る、なんてのもいいかもしれない。私は毎日30分×2回地下鉄に乗っているので、このサービスがあれば、毎日1時間をそのために使える。もっとも、最近は時間がないから、本当にビデオを見るときは1.3倍速で見たりしているのだが、そういう機能もあったらなお助かる。

ここでポイントになるのは、PSP のデータ容量である。PSP にはハードディスクが搭載されていない。つまり、大量のデータを保存できない。このことが逆に、現在、著作権にピリピリしている多くの団体に対してよい影響を与えるような気がする。つまり、一時的にしか保持できないから、大量にコピーしていつでも見る、というようなスタイルは無理だ、ということにしてしまうのだ。ダメ?

このソリューションのいい点は何か。原理上は、今ある技術だけで構築できるという所だ。ポイントは、ハードディスクにデータを保持するのではなく、ネットワークの先にあるどこかにデータを置く、ということ。これはネットワークの速度が上がるに従って常識になるだろう。

ただし現実は厳しいという事実も指摘しておく。地下鉄の駅で無線LANを使うことが、実際は難しいのだ。やってみればわかるが、すぐに切れてしまったり、電波が弱くて使えなかったり、とにかくまともに使えない。今、携帯電話を電車で使う人は非常に多い。地下鉄に乗ったら、各車両に10名程度は常にいるだろう。今この文章を地下鉄で書いているのだが、前の席7列に座っている人のうち2名、横に座っている6名のうち3名が携帯電話を使っている。このような人数で無線LAN を同時に使えるのか、という問題もある。

ということで、Michael Kanellos 氏の書いたコラム、携帯ビデオがパッとしない7つの理由に興味を持って、、逆の視点から見ると何がみえるだろうかと、、かなり強引な話を書いてみたのだが、総合すると、そうですね、やはりMichael Kanellos 氏の主張に軍配を上げるべきだろう。

それも大差で氏の勝ちである。結局、何に尽きるかというと、iPod で映画を見ることができても、さほどインパクトがないのだ。少し昔ならともかく、今は携帯電話でTVを観ることができる時代なのだ。となると、このアプローチに求められるのは、うわっと飛びつくような新しい機能ではなく、求められるのは実用性ではないかと思うのだ。

ちなみに、個人的にどうしても一番ひっかかるのは、画面サイズである。できればもうちょっと大きな画面で見たいのだ。音楽には画面というものがない。ウォークマンから始まった、アウトドアで音楽を聴こうという流れが支持された一つの理由がそこにある。どこで聴いても、音楽は音楽なのだ。もちろん、ヘッドホンで聴くという制約は、本物のオーディオマニアにとっては、かなり大きな制限になるかもしれない。しかし、それは映画を大画面で見る、というのと本質的に違った意味を持つ。強引にあてはめるとしたら、小さな画面で映画を見るというのは、音質がよくないオーディオプレーヤーを100円のヘッドホンで聴くようなものなのだ。

携帯でゲームをしている人は、極小画面に慣れていたりするかもしれない。知らない人は一度見てみると驚くと思う。携帯の画面の解像度は向上しつつあるが、画面サイズはそれほど大きくなっていない。つまり、画像が細かくなっているのである。そういう画面に慣れていたら、小さな画面で映像を見ることに、さほど抵抗がないかもしれない。

実は、私もそういう慣れを持つ人間の一人かもしれない。ノートパソコンでDVDを観ることが結構あるからだ。私の使っているノートパソコンは、多分、SXGA+ といわれているような画面を持っている。1400x1050 ドットの情報が画面に表示されるのだが、この画面を最初に見た人はよく「字が小さい」と文句を言う。もちろんフォントのサイズにも左右されるが、15インチにこのドット数を詰め込むと、かなり小さな字になるのである。

このパソコンでDVDを観るときに、全画面モードは使わない。普通に1つのウィンドウとして、ビデオプレイヤーを起動するのだ。640×480ドットとか、その程度の大きさで画面を表示するとすれば、実際の映像サイズは PSP よりも少し大きい程度だと思われる。このサイズは大きさとしては不満なのだが、パソコンで作業しながら、非常に近いところで表示できるという意味がある。iPodをパソコンの横に並べて置いたら、同じような環境になるだろう。

(つづく)

6. 簡単に解決できる問題がない

これは表題だけでは意味が分からないだろうから、説明しておくが、要するに、iPod が大流行した理由として、それまでのMP3プレイヤーが持っていた「128MB程度のデータしか保存できないという壁」を、iPodはハードディスクを使うというソリューションで打ち破った、ということ。

確かにコロンブスの卵的な新機能が携帯ビデオにあるわけではない。つまり、もし携帯ビデオが大ブレイクする要素を持っているのなら、既に既存の何かがそうなっているはずだ、と言いたいのではないか。まあそれはそうである。

ただ、物事にはタイミングというものがある。何ということのないものがいきなりブレイクすることもあるはずだ。また、何ということのない技術でも、組み合わせたら「おー」というものになるかもしれない訳で、…という程度の反論しか思いつかないです。すみません。

7. すでに代替品がある。

つまり、携帯DVDプレイヤーで見ろというのだ。確かにアメリカならそれで構わないかもしれない。日本で携帯DVDプレイヤーを持ち歩いている人は滅多にいない。日本人には大きすぎるのである。

日本人の持ち運べるのは、せいぜい200gの重さの携帯電話なのだ。それに、携帯DVDプレイヤーだけ持ち歩いても、何も見ることができない。DVDも持ち歩かなければいけないのだ。これが結構痛い。

実は私はノートパソコンでDVDを見ることが意外とある。ノートパソコンは普段持ち歩いているのだ。ということで、DVDを持ち歩くこともよくあることになる。どうやっているかというと、ケースに入れるのではなく、雑誌なんかの付録に付いているような袋に入れて、さらに書類を入れているハードケースの中に混ぜて持ち運ぶ。これならあまりかさばらない。いずれにしても、これは事実上の携帯DVDプレイヤーに他ならない。

代替品として一つ気になるのは、これである。ロケーションフリーベースステーション LF-PK1。いや、もちろん、これを持ち運べというのではありません。これを使うと、インターネットが使えるところで、PSP を端末にしてTV番組や、録画したビデオを見ることができるのだ。これなら、PSP持ち運べば、インターネットが使えるという条件付きで、どこでも自分の見たい番組を見ることができる。

(つづく)

5.繰り返して見たりしない

何度も見るに耐える映画は確かに少ない。Michael Kanellos 氏は「どれほどよくできた映画でも、何度か見た後では新鮮さが薄れる」と主張する。同感だ。ブレードランナーのディテールをコマ送りで再生してチェックしながら楽しむマニアなんてのはごく一部の人に限られているし、何十回もうる星やつらビューティフルドリーマーを見たくなるのは一部のおたくだけだし、TV放送版を何度も見る人はもっと少ない。ちなみに、自分的には「立ち食いウォーズ」あたりがおすすめだ。

# なにが?

しかし、映画というコンテンツは確かに実在する。なるほど「繰り返して見たりしない」というのは言い得て妙である。確かに世の中の殆どの人は映画を繰り返して見たりはしないのだが、実際、「一度は見たい」という人は非常に多いのである。だから、映画がビジネス的に成立しているのだ。

このことを暗示する内容は、実はMichael Kanellos 氏の書いた文章中にもある。ビデオ関連の新興企業で最も有望なのが、Peerflix という、中古 DVD の売買仲介企業らしい。氏はこれを一度見たら売ってしまうという視点から注目しているのだが、裏を返せば、つまり、中古DVDを買う人もたくさんいるということなのだ。

渋谷 TSUTAYA に行けば、レンタル DVD がどれだけの大人気を誇るか簡単に実感できるはずだ。では、TSUTAYA のようなビデオレンタルショップに置いてあるタイトルがすべて iPod で鑑賞できるようなサービスが始まったら、一体どんな世界になるだろうか。というか、渋谷の話ばかりですみません。

(つづく)

続きである。元ネタは、Michael Kanellos 氏の書いたコラム、携帯ビデオがパッとしない7つの理由 である。

4.どこにでもテレビがある

私はアメリカの最近の事情を知らない。アメリカなら、どこを歩いていようがどんな店に入ろうが、至る所にテレビがあるのかもしれない。日本では道を歩いていてテレビが見られるのは、渋谷の交差点前のような、駅前に大画面のテレビが設置してあるところに限られて…

とかいう話じゃなくて、やはりインドアの話なんでしょうね。ということで考えると、最近の家庭なら、トイレの中だって風呂場だってTVは付いている。chat で iPod の話題になって「どこで見るのか」という話が出たときに、私が真っ先に指摘したのが「トイレの中」だった。まあそれはおいといて、とりあえず決定的な問題は、そのテレビのチャンネル決定権が誰にあるのか、ということなのだ。特に日本の場合は、残念ながら、一家庭の中でさえチャンネル争奪戦が繰り広げられるもので、自由に使えるテレビは、なかなかないのである。

まあ今は流石にそういう話は少なくなったが。とかいう話でもなくて、要するに、本当にそのテレビのチャンネルを選択する権利があるようなシーンが、一体どの程度あるのか、という話なのだろう。まあどうでもいいか。

「ホテルの部屋にいるときに、自宅で観ているのと同じテレビ番組を見たくなったらどうしますか」という質問をよく口にする。

をを、まさにその質問は私が問いたいものなのだ。ちなみに、Michael Kanellos 氏によるソリューションはその部屋にあるテレビのスイッチを入れるだけだという期待はずれのもので、ちょっぴり残念な思いをしました。

現実はこうなのだ。例えば大阪に行っただけでもう、TVK で放送している「サクサク 」を毎日見ることができない。日本では、サクサクを毎日…といっても月曜から金曜までだが…見たければ、神奈川県かその近辺のTV神奈川が受信できるエリアにに行くか、もしくは当地で録画した番組を別の場所に転送してみるしかない。要するに、日本のTV系のシステムは、進化したITの現状に追いつけない時代遅れのものなのだ。だから、遠隔地で自宅に録画した番組を見ることのできる、Sony の某製品のようなものが出てくると、「をっ」と思ってしまうわけである。もしかして、今のアメリカは世界一情報が自由にアクセスできる国で、アルジャジーラだろうがTV神奈川だろうが、全世界で放送されているあらゆる番組が、何だっていつでも見ることができるのかもしれないが、

というのも冗談だが、いやまあ、もっとも、単に録画しておいて後で見ればいいのですけどね。ちなみに、私は最近、10日遅れで見ていたりする。サクサク。特に、カカオとオカカ【謎】とか。

# 腹巻と春巻き、なんてベタすぎてダメだろうな…

というか、何の番組、というのが口で説明し辛いので、こういう感じで何とか妄想してみてくださいな。



(つづく)

2.画面が小さ過ぎる

確かに迫力という意味では、小さい画面ということ自体が欠点である。ただし、小さいから雑だという訳ではない。最近のテクノロジをナメてはいけないのだ。PSP を実際に見たことのない人は、一度見てみるといい。その解像度は、あなたが普段見ているTVよりも高いかもしれない。

むしろ、小さい画面は視力の弱い人には厳しいものがあるという点が気になる。これだけはどうしようもないからだ。ポータブルという前提条件がある限り、小さい画面という制約から逃れることはできない。逆に考えてみるとどうだろうか。大きい画面が使えないような場所でも、小さい画面なら持ち運べるのである。電車の中という場所は前回指摘した通りだが、交通機関で移動中はそのような場所である。他には、喫茶店やレストラン、学校、銀行で順番を待つ間、実際にちょっとした空き時間は結構あるものだ。このような時間に映像を見たいと思っても、今までは難しかったのである。

3.動画は得てして長過ぎる

「Roundabout は3回聴いてもおつりが来る」とMichael Kanellos 氏は指摘している。Close to the Edge だともう少し厳しいかもしれない。まあ、それはそうとして、一つ目の反論は、短い動画もないわけではない、ということだ。たとえば音楽系のビデオクリップ、MTVのようなものはそうだし、アイドルのプロモ系の画像もそのようなものがある。放送大学のように、30分のビデオ講座、のようなものだと、より需要はあるような気もする。

30分といえば、お茶の間ショッピングの番組。30分というのはいい時間かもしれないし、15分あればかなりの情報を得ることができる。もしかして、カタログ番組というのは、ポータブル動画プレイヤーに向いているのかもしれない。

まあそれはともかく、長すぎるという特徴は、そっくりそのままポータブル動画プレイヤーの需要になる可能性でもある。ビデオがリビングでないと鑑賞できない場合は、それを見るためにリビングという場所に長時間束縛されているのである。ポータブルプレイヤーは、今のビデオがもっている「見る場所を束縛する」という制約を解除する性質を持っているのだ。

リビングでしかできなかったことを外に持ち出せたら、リビングにいなければならない時間を減らすこともできるし、リビングで別のことをすることもできる。ドラマを録画しておいて通勤途中の電車の中で見ることができたら、帰宅してから編み物をしたり、プログラムを書く時間が増えるというわけだ。

(つづく)

20051029-01

タイトルには別に深い意味はないのだが、CNET Japan に「携帯ビデオがパッとしない7つの理由 」というコラムがあったので、ちょっと逆の方向から見たら何かみえるだろうか、と考えてみたわけだ。ということで、7つの理由、ひとつずつ見ていこう。

1.「ながら観賞」ができない

道を歩きながらTVを見ることはできない、という。これは一見正論だ。うっかり同意してしまう人もいるかもしれないが、おそらく、コラムの著者、Michael Kanellos 氏は、最近の渋谷を歩いたことがないのだろう。人通りの多い所で少し観察しただけで、歩きながら携帯電話でメールを書いている人が大勢いることを発見して、度肝を抜かれるに違いない。こんなことは実際に渋谷に行けばすぐに分かる。もちろん、携帯電話を見ないで書いている人などいない。道を歩きながらメールを書けるのなら、道を歩きながらTVを見るというのは、もっと簡単なことだ。

もちろん、これが「ふつうの人」ではない可能性は、結構ある。何が「ふつう」なのか考えるときには、慎重になる必要があるものだ。

例外として、Michael 氏は巨大都市の例をあげている。電車で見るということを想定したらしい。この視点は流石である。確かに、電車の中で携帯電話を使っている人は非常に多い。最近の話だが、シルバーシートで老人が携帯電話を使っているのを見て、何と言っていいのか分からないという状況であったりしたわけで。

ただ、私がもし「ながら鑑賞」したい場合があるとしたら、ランチをたべる時間ではないかと思う。食べながらTVを見るのは消化によくないという説もあるらしいが、私の場合、ほとんどの時間は手元にパソコンがあるので、何か見たいと思ったら、パソコンに何かウィンドウを開いてそこで見ればいいのだ。

(つづく)