Adobe Acrobat Professional というソフトウェアを使っている。最近、バージョンが 7.0 になったので、アップグレードすることにした。購入してあったのだが、原稿の〆切のタイミングがあったので、昨日まで手を付けられなかったのだ。インストールする暇もないというのではなく、インストールしたら動かなくなるというリスクを恐れたのである。

なお、Adobe Reader も 7.0 になっている。Adobe Readerのページにある Get Adobe Reader というイメージボタンをクリックすればダウンロードできる。

ただ、私は Adobe Reader は不要なので、まだインストールしていない。Adobe Acrobat があれば表示もできるので、Reader をインストールしなくても不都合ないのだ。もちろん、作成した PDF の表示確認のために Reader をインストールすべきだが、いまのところ、そう頻繁に PDF を作ることもないので、どちらかというと、そろそろディスクの残りが少ないというのが気になるのである。

さて、Adobe Acrobat を upgrade したときに、いろいろ面白いことが起きた。一番面白かったのが、インストール終了直後に、ライセンス認証という手順が必要になったときのことだ。「インターネットでライセンス認証をする」というダイアログの画面で、ライセンス認証する場合は「次へ」ボタンを押せというのだが、画面のどこを見ても「次へ」というボタンはないのである。

ないボタンを押すのは結構難しい。

ボタンの位置をまとめるというのはユーザーインターフェースとして重要だが、ダイアログの作り方によっては、文中に自由にボタンを配置できる。今回のダイアログも実はその種のものだと思われるが、それなら、文中に直にボタンを埋め込んでおけば、このようなミスは防げるものだ。ユーザーとしても、ボタンを押し間違えずに済む。ただし、その場合に、それがボタンとして押せることをうまく表現することが必要になるので、その点は設計時に注意が必要だ。

もう一つ面白かったのが、インストール中の画面である。プログレスバー表示の重要性と、いいかげんな残り時間予想の弊害について、以前このコラムでも書いたが、残り時間の予想が秒で表示されるというのは珍しいと思う。しかも、画面では分からないが、この秒表示は、刻々と表示される訳ではない。10秒程度そのままだったりすることもある。誤差が10秒もあるのなら、分単位でも構わないのだ。もちろん、誤差は10秒なんてものではなく、数分以上あるのだが。

439秒と言われても、普通はピンと来ないのである。7分なら、どの程度の時間なのか、日常生活的に、より分かりやすいはずだ。
AD
昨日の刺身事件の話の続きなのだが、実際にスーパーに行って質問してみた。こういうことはあるのかというと、たまにあるそうだ。刺身の場合、パックに入れてから上からシールを貼る。その時にミスが発生するらしい。

今後より一層注意して云々ということだったが、この手順ではミスを完全に根絶することはできない。あくまで、確率を下げるということになる。

ミスを減らすための工夫は、ない訳ではない。例えば、盛り付ける時点で、まぐろは一番左端、かつおは右端、のように場所を決めておく。この位置を間違えてしまったらどうしようもないが、ルーチンワークになってしまえば、場所を間違えるなんてミスはしなくなるものだ。というのは、いつもと違う場所に盛り付けると、その瞬間に何か違和感があるはずだからである。

そうやって場所が決まっていると、まぐろのシールを貼る位置、かつおのシールを貼る位置、というのが自然に決まるので、これもミスしにくくなる。

というか、シール貼らないというアイデアもない訳ではないと思う。見て分かれよ、みたいな。
AD
久しぶりに刺身を買ってみた。4点盛というもので、はまち、いか、あじ、まぐろ、というシールが張ってある。

話が逸れるが、TV番組で「からすみ」のクイズが出ていて、この魚は何でしょう、というのだが、ボラだというのは知っていたが、魚の写真を見ても全然イメージがわかなかった。というか、魚が並んでいたとして、ボラはどれですか、と言われても全然分からない。まあ私の魚の知識は、その程度のものなのだが。

で、食べてみるまで全然気付かなかったのだが、問題は「まぐろ」である。どう考えてもそれは「かつお」なのだ。

マグロとカツオの区別もできないのか、と言われそうだが、というか自分でもそう思ったのだが、切り身にしてあったら、色とか、まあ全然違うことはないし。じっくり観察すれば分かるだろうし、単に刺身を出されて「これ何?」と言われたら、まず8、9割の確率で「かつおだろ?」と答えるはずである。ところが、「マグロ」というシールがケースに張られていると、マグロだと信じてしまうのだ。

この刺身、透明のケースに入れてあって、その上から魚の名前を書いたシールを貼ってあるのだが、ということは、私はともかく、シールを張る人も間違ったのである。つまり、プロも間違えているのだ。見て分からんかというと、プロが間違える程度には似ていると考えていいのではないか。ちょっと違うような気もするが。

もう一つの原因がある。これがマグロの一点盛りだったら、多分間違わないのである。4点盛りなので間違えてしまったのだ。つまり、ターゲットが多いと、注意力が分散してしまうため、ミスが増えることがある。こういうときに「マグロ」というシールが張ってあるといった感じで付加情報があれば、書いてあることを信じやすくなるものだ。

ころがトロなら買った店に苦情を言いに行ったかもしれないが、マグロとカツオなら値段的にもまあいいか、ということで、こうやって話のネタにしてみたのでありました。
AD
探しやすいように並べるというコラムで切符の券売機の話を書いたが、最近の券売機は駅名を入力して切符を買うことができる、というご指摘をいただくかなと思ったのだが、とりあえず、その前にそういう券売機があることに気付いた。というか、いつも使っている券売機にそういう機能があったのだ。ということで、実際に使ってみた。

まず最初の画面に「路線検索」と「50音検索」というボタンがある。そういうボタンがあるのである。もしこれが「駅名を指定して購入」というような名前だったら、見過ごすことはなかったかもしれないが、「路線検索」や「50音検索」というのが何のボタンなのか、パッと見ても分からなかったのだ。せめて「路線で購入」「50音で購入」というような表示にした方がいいのではないか。まあ言い訳はおいといて、「50音検索」を押してみると、こんな画面になる。

20050208-01

例えば渋谷まで行きたいなら、ここで「し」を入力する。入力しても何も起こらないのだが、続いて「ふ」まで入力した所でいきなり検索が始まって、次の画面になった。なお、他の券売機でも試してみたが、その券売機は最初の1文字で候補が表示された。候補が多すぎると次の1文字を入れるという仕組みなのかもしれない。

ところで、この画面に何か違和感を感じないだろうか? 私の感覚では、左右が逆なのでちょっと面食らったのだが。五十音表というのは「あ」が右側にあるものだという先入観があるのだ。まあ確かに他の文章が全て横書きだから、右から左に並べることに抵抗があったのかもしれないが、例えば銀行のATMには右から「あ」で始めるような配置のものがあったと思う。こういうユーザーインターフェースは統一した方がいい

とにかく「しふ」まで入力したら、次のような画面になるので、ここで目的の駅名のボタンを押して、お金を入れたらいい。

20050208-02

手間としてはどうかというと、路線と金額が分かっていたら、2回ボタンを押すだけで済むが、50音検索で買う場合は、4回押さなければならない。しかも、途中の待ち時間が結構ある。ただし、路線も金額も分からない場合は、探す手間が省けるので楽だと思う。いずれにしても、こういう機能があることを知らなければ話にならない。
たくさんモノがあるときは、雑然と散らかしてあるよりも、並べてあった方が後で探すのに好都合である。もっとも、一見散らかっているように見えても、使っている人にとっては場所で記憶しているから触られると困る、ということもあるのだが。

割と困るのは、食券を買うときに探さなければならないような場合。牛丼店の食券自動販売機のボタンの順序について、以前どこかに書いたような記憶があるが、どこに「カルビ焼き定食」のボタンがあるか迷うのである。

同じような話で、立ち食いソバ屋に行って食券を買うときに、なぜかあまり迷わない。何でだろ、と思ったら、金額順にボタンを配置してあることが多いのだ。多少は前後するものがあるかもしれないが、かけそばや月見そばのような、安いものは、上の方にあるとか、そういう基準で選択していたようである。もちろん、そんなの全然無視して、別の思惑でボタンの配置を決めている店があるかもしれないが。

なぜ金額順だと探しやすいかというと、自分の買うものが、およそどの程度のものなのか分かっているからだろう。それはこの店の中では安いものか、高いものか、そういった情報が頭の中にインプットされているのである。食べ物の種類や意味で並べるよりは、金額という単純な値で並べた方が分かりやすいことがあるのだ。

切符の券売機の場合は、完全に金額順にボタンが並んでいる。切符の場合、距離が長くなると金額も高くなる。ボタンが多くても、この距離だとだいたいこのあたり、ということも選びやすさに影響しているかもしれない。もっとも、切符の場合は、駅名と金額との対応が問題になる。その図が、券売機の上の壁に書いてあることが多いのだ。そうしておけば、どの券売機から買う時にも同じ図を見ることができるので、確かに掲示する側も見る側もある意味便利なのだが、ボタンとは離れたところにある図を見ないと切符が買えないというのは欠点でもある。

銀行のATMで振り込むときに、振込先の頭文字を入力すれば一覧が出てくるようなものがあるが、券売機もタッチパネル方式なら、駅名の頭文字を入れたら一覧が出て、そこから選べば切符が買える、といった程度の工夫はあってもよいと思う。この場合、五十音という並び方にユーザーが慣れている、というのがミソなのである。
別のブログに昨日書いたのだが、TSUTAYA というレンタルビデオ店がある。ここでは、会員になっているとレンタルや購入の毎にポイントが加算され、ある程度貯まったら、クーポン券に交換してくれる。クーポン券は金券として使える。つまり、それで買い物ができるのだ。

このクーポン券は、どんな金額でも発券してくれる訳ではない。300円、500円、1000円の3種類しかない。1ポイントは1円に換算されるので、300ポイント以上貯めないと交換できないのである。

ちょっと買いたいDVDがあったので、ポイントをクーポン券に換えてもらうことにした。1750ポイント程度貯まっていたはずである。普段はあまり買い物をしないので、クーポン券に交換しないで貯めておいたのだ。というのは、クーポン券に交換してしまうと、3か月で有効期限が来るからである。一度、500円のクーポンを無効にしてしまって、残念な思いをしたことがあるのだ。だから、使う直前までクーポン券にせず、ポイントのまま置いてあるのだ。

何円分交換しますかと尋ねられたので、1500円と答えた。1000円+500円、ということしか頭になかったのである。ただ、すぐに気付いた。1000円+300円+300円で1600円分交換できたのでしょうか? それもできたという。さらに後で気付いたのだが、1700円分交換することもできたのだ。実は1000円以上なら、100円刻みで何円でも交換できるのだが。

こういうのは小学生レベルの算数の問題なのだが、日常生活で実際に問題が出てきたら対応できないものだ。もしかして、店員は 1700円交換できることを知っていたのかもしれないが、それなら「1700円交換できますが、どうしますか」と尋ねるのがよい。

発券システムにも問題がある。300円、500円、1000円、というのは、その3種類しかクーポン券が出せないのだが、例えば 300円以上、100円刻みで任意の金額のクーポン券を出せるようにしておけば分かりやすい。

あまり高額のクーポンを出したらお釣りが出ないから、場合によっては使い辛いことがあるが、逆に、PSPを買いたいのに1000円のクーポン20枚出してもらっても…というような場合もある。もちろん、客が 1000円と700円、のように指定したら、そのように出せばいいのであって、それは20000円のクーポンを出してはいけない理由にはならない。

まあいずれにしても、ポイントはまた使う機会があるから、どうでもいい話なのだが。
読み込み中であることをユーザーに知らせる」に PSP を get した話を書いたが、その後も順調に奇妙な現象が発生したりして非常に面白い。「フィンローダの裏の裏ページ」には、「□ボタンほが押した後に戻らなくなる現象について、画像付きで紹介した(折角PSPをgetしたというのにgatekeeperどころかコメントもトラックバックも皆無というのは一体どういうことだ)が、実はこの症状が最近発生しなくなった。1か月程度使っていたので、ひっかかる箇所が磨耗したのか、あるいは何か別の原因があるのかよく分からないが、とにかく、最近はこのボタンを押しても戻らなくなることはない。

ということは、慣らしプレイをすれば解決なのか。と思った方はちょっと甘い。もっと困った現象が発生しているのである。ボタンを押しているのに無視されることがあるのだ。

以前、SonyStyle というソニーの直販サイトから限定品のマウスを買ったら、物凄く使い勝手の悪いものが来て閉口したことがある。どう使い辛いかというと、クリックしても無視されてしまうのである。つまり、クリックしたにもかかわらず、それが認識されていないのだ。

その原因がどうとか細かいことは分からない。また、このマウス全てに言える問題なのか、たまたま私がgetしたものだけ故障していたのか、それも分からない。ただ、今回問題にしたいのは、なぜ私がマウスボタンをクリックしたと断定したかということだ。

ある種のボタンは、押した時にクリック感を発生するようになっている。カチッという感じが感触として指に伝わるとか、音がするとか、そういったフィードバックのことである。これによって、ユーザーは、画面を見なくてもマウスをクリックしたことを認識できる。もしクリック感がないと、ユーザーはどの程度の強さでボタンを押せば認識されるか分からない。そのため、ボタンを強く押しすぎることになる。これは健康にも悪いし、使い勝手という点でも最悪である。

問題のマウスの場合、押した時に「カチッ」という音がするのだ。それによって、ボタンを押したと判断すると、実は押されていない、ということがある。こんなマウスは使っていられない、ということで、すぐに使うのを止めてしまった。

さて、PSPである。これも「□ボタン」を押したら「カチッ」という音がする。また、指先に、何かに当たったという感覚がフィードバックされる。ということで、ボタンを押したと思っていたら、実は無視されていたりするのだ。こういうことがゲーム途中で起こると致命的、というか故障しているに等しい状態だと言って全然差し支えない。だったらすぐに修理に出せと言われそうなものだが、まあそれもそうだ。

この症状は「□ボタン」の特に左側を押した時に発生する。逆に、右側を押したときには、カチッという音がしないし、少し、押し込みの深さが深いような気がする。つまり、左側を押した時に、ボタンがスイッチ以外の何か(ケースとか?)に当たって、押されていない、といったような感じをイメージしてもらうと分かるかもしれない。そういう状況なのだ。

基本的に、ユーザーに何かフィードバックを与えたら、それに対応するアクションが必ず行われなければならない。ユーザーはボタンを押したつもりになっているから、待ってしまうのである。それができないなら、何もしない方がまだマシである。何もフィードバックがなければ、ユーザーは「ボタンが押せなかったのだろうか」と疑問を持つことができる。フィードバックがあると、それもできずに騙されてしまうのである。
しばらく連載中断していたが、流石にたかがブログに記事を投稿するのにあれだけ手間がかかると他の場所に書いたりしたくなるもので、ITビジネスに使い勝手がどれだけ重要になるか、というのを再認識した。もっとも、今回のケースは、ユーザーインターフェースの不備というよりも、システムの欠陥だと思われるため、論外と言ってもいいのだが。

TSUTAYA というビデオレンタルショップがあって、たまに DVD を借りて観ている。最近、なぜだか特に松田優作の出ているものを借りて観ているのだが、基本的にアニメを借りることが多い。なぜか知らないが、昔は、プログラマーはアニメが好きだという伝説があった。現実世界のオブジェクトを仮想化するというあたりがプログラミングに通じるところがあるのかもしれないが、よく分からない。

DVD の借り方をご存知ない方のために説明しておくと、DVD というのは CD と同様の円盤で、これがケースに入っている。DVDの入ったケースは、さらに外箱に入っている。この外箱というのは、DVD を買った時の外箱と同じで、作品タイトルとか、概説などがプリントされている。借りるときには、この外箱は棚に残しておいて、ケースだけをカウンターに持って行く。つまり、棚に外箱だけ残っている場合は、貸し出し中ということになる。

私がドジなのか、借りたつもりのないDVDを借りてしまうという事故が二、三度あった。どういうことかというと、借りる時には、外箱を見て、何を借りるかを判断する。その中にはお目当てのDVDが入っていると信じてカウンターに持っていくのだが、稀に、外箱と中のDVDが一致していないことがあるのだ。もちろんこれは店員のミスである。

例えばアニメの場合、放送時の評判がいいと、パート2みたいな感じでさらに四半期、続きの作品が放送されることがある。これがDVD化されるときに、「ホゲホゲ」というタイトルでVol.1~6が並んでいる横に、「ホゲホゲ2」のVol.1~6が並んだりする。これが紛らわしい。関連作品なので、とにかくパッケージも似ているし、間違っても不思議ではない訳だ。

実はTSUTAYAの場合、DVDメディア、ケース、外箱の3つに、ID番号のシールが貼ってある。この番号が全て一致していれば問題ない。間違いを防ぐには、借りる時に、番号を確認すればいいのだ。数桁の数字というのは、目視でも割と比較しやすいものである。特に、同じシリーズだと連番にしておくとか、よく似た作品でも違うシリーズなら番号をおもいっきり違うものにするとか、そのようになっているとなおよい。

TSUTAYAでDVDを借りるときに、店員から「タイトルは合ってますか」と言われることがある。つまり間違って借りる人が結構いるということだろう。客は、まず借りるDVDを選ぶ時点で、それが目的のものだと確認しているのだ。それでも間違えるということは、それなりの原因があるのだ。何度も確認させるよりも、なぜ間違えるかという所から考えて対策した方がいい。