実録!包茎手術・治療日記

包茎に悩み、包茎手術を決心してから、実際にクリニックで包茎手術を受け、そして完治するまでの真実の記録です。
包茎治療を考えていらっしゃる方には必見です。


テーマ:
包茎手術後1ヶ月が無事に経過しました。

ここから、ブログを読み始めた方のために手術後1ヶ月たった現在の状態を簡単にお知らせします。

1、傷跡・・傷は少し硬く盛り上がり、幅1mm程度で1周あります。
  少し赤みを帯びていますが、まだ治りかけのようです。勃起させると
  硬い傷跡によって締め付けられるのか、少し違和感がありますが
  あまり気にならない程度です。

2、縫合糸・・8割ぐらい糸は取れています。結構中々取れないものです。
  お風呂に入った時に、かるく指でこすっていると少し盛り上がった
  傷跡に埋もれていただけの糸が取れました。
  残っている糸も、かなり頼りなく残っている感じで、体内に入っている
  糸の部分はかなり溶けてしまっている様子です。
  あと数日で全部とれるところまできている気がします。

3、見た感じ・・勃起した時のことを考えてか、陰茎部の皮は少し余裕を
  もたせている感じです。
  ですから、萎んだ状態のときには亀頭のカリの部分まで皮がきます。
  傷跡が皮によって上から覆われているので、萎んだ時には
  傷跡は隠れています。
  包茎だったせいか亀頭部がピンク色で、陰茎部の皮膚が少し黒いので
  色の違いが少し目立ちます。これは個人差ですかね。
  ピンク色が肌色に近くなれば、自然な感じになりそうなんですが…。
  切除ラインをはさんで色が急に変わるので勃起させると切除ラインが
  出てくるので少し不自然ではあります。
  これは包茎手術をしていると仕方のないものなのかもしれません。
  亀頭の裏側の小帯の周りが少し膨らんでいます。
  正面からみれば目立ちませんが、横から見るとふくらみがわかります。
  気にするほどではないのかもしれませんが、
  できればもう少しおさまれば言うことなしの仕上がりです。

4、亀頭の敏感さ・・包茎でつねに皮がかぶった状態だったせいか
  亀頭が少し敏感です。
  手術直後は、包帯で亀頭部の半分くらい覆われているので、
  先端部がパンツにこすれくすぐったい感じで、包帯を取ってからは
  全体がパンツにこすれるので最初は落ち着きません。
  3週間もすれば、かなり慣れますが、真性包茎の人は
  かなり大変だと思います。

包茎手術を受けてアッと言う間に1ヶ月が経過してしまいました。
途中出血したりして術後にヒヤっとしたこともありましたが、なんとか
ここまできました。
禁欲生活も1ヶ月たち、なんとか我慢できるものだと自分でも感心しました。

糸がとれて機能面に問題がなければ包茎手術…成功といって良いかと思います。
それではまた報告します。


別のサイトを立ち上げました。僕の受けた包茎治療クリニックの詳細と候補クリニックについて考察しています。


実録!包茎手術・治療日記のアイコン2 NEW SITE OPEN !!
 包茎手術・治療専門クリニックを検討してみよう!」を見てみる。


糸色 海さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります