2006-09-28 23:57:54

頭痛習慣的憂鬱週間

テーマ:ブログ

あー・・・べー・・・どー・・・・・・っも、僕です
今日も相変わらず頭痛いDEATH・・・
毎日ですよもう・・・なんなんですか
あぁ・・・もう・・・どちくしょ・・・



なんだっけ・・・今日は・・・あ、特に何も無いかも





あぁ、そうそう、今日テレビで「ビリー・ミリガン」が取り上げられていたので見てました。
以前すこーし調べた事があって、興味あったので。
あ・・・一応言っておくと、「DID・MPDという病気自体を面白がっている」のとは違います。僕が興味を持つのは、それに関する事象―その中の更に一部・・・に対してです。もう少し違う言い方をすると・・・「病気ではないとして見た場合の事」・・・とでも言いましょうか・・・

例えば、ビリー・ミリガンを例にあげると、人格それぞれの年齢や性別、性格等が違っているのは当然として、国籍や言語的特徴(話し方や訛りどころではない)、才能にもはっきりとした違いがある・・・と。
彼の中のアーサーという人格は、イギリス訛りに加え、アラビア語を読み書きできたり、
レイゲンという人格は、ユーゴスラヴィア人で、スラブ訛りがあり、セルビア・クロアチア語を読み書きすることができ、通常(他の人格)では出し得ない力を発揮したり・・・
他にも、人格によって独自の特技があったり、芸術的スタイルが違ったり、外からは見えない事で言えば外見も異なったり(これは普通か)

注目すべきは(僕にとって)訛り程度はともかく、英語以外の言語を読み書きしたり、人格によって独自の特技等があったということ―まとめて言えば、人格それぞれの異なる学力的(?)能力の発揮・・・それと、レイゲンの限界突破のような身体的能力の発揮・・・である。
此処まできて今更、「演技では無いのか」なんてのは論外である。
当然、演技なんかではないと思うし、もし、仮に演技等であったとしても・・・だ、“問題”なのは“そこ”ではない。
―いや、寧ろ、演技であったらそれはそれで(もしくは、その方が)凄い事だ。(演技であったとしたら)常にそれぞれの人格の性質を保ち、性格を演じ分ける(しかも24という数である)・・・ということをずっとやっていたわけだから、ね。
そして、言語能力・・・―基本である英語以外に、地域ごと(?)の訛り、他国語の使用を違和感なくやってのけるという事は、一般に言う「天才」でも容易では無いことだ。



―ここからは「僕の興味」に焦点を絞ってみる・・・

ビリー・ミリガン・・・彼が、他国語の使用をどの程度できていたのか・・・又、それらを勉強する機会があったのかどうか(実際学習したのか)・・・ということは僕にはわからないのだけど、少なくとも、全ての人格分を総合したら、「天才」と言える程度には達していたようだし・・・それに、実は、“そういう話は彼の専売特許ではない”のだ。
世界には、多重人格とかではないが、“自国語以外の言語を、学習もしていないのに使用できる”人が居たり、ほんの小さな少年が(当然学習する機会も時間も無いような少年が)行ったこともない国の言語を使用できたり(4カ国語だか6ヶ国語だか10ヶ国語だか・・・忘れたけどw)・・・そういう信じられん話があるのですよ。
それらは、もはや、「天才」だとか、そういうんじゃなく、もっと、こう・・・霊的というかオカルトチックというか、神がかり的というか・・・そういう段階の話でしょう。でしょう?
ビリー・ミリガン(24の人格)が“それである”かどうかはわからないが、僕は、「そういう人達のその能力は、脳内だけのものでは無い・・・かもしれない」と、考えている。(なんかまどろっこしいな・・・すんません)
―あぁ・・・ちょっと・・・こっちにもっていくとまたかなり話拡大できてしまう・・・から、ちょっと簡単にまとめますが・・・

えーと、つまり、「彼らの能力は、精神世界(か、その他の何か)を介して、別の何処かとリンクすることによって引き出されている」のではないか・・・と。
その「別の何処か」というのは、天であるかもしれないし(天使のご加護?)、霊界等というものかもしれないし、別の人間の精神世界かもしれないし・・・別の自分(前世だとか、パラレルワールドの自分だとか)かもしれないし・・・色々と考えられるけれど、兎に角、「その時点での自己の脳内」からだけではないんじゃないか・・・とか、考えたりするわけです。
そういう考え方をすると、多重人格の人格というのも、脳内だけで動いているものではなく、本当に、全く別の何か・・・なのかもしれない、などと考えられるようになってくる。
―僕はそういう話が好きなのです・・・
精神世界というのは、本当にこの目に見えている世界とは全くの別の領域で、各々の脳内の中で展開されているものでは無くて、何かを介して初めてリンクできるものなのかもしれない・・・とか、色々考えてみるわけです。はい、そんなわけです。

―と、もうひとつ・・・
レイゲンという人格が発揮するような能力・・・の話。
今更ですが、さんざん非現実的話をしておいてですが・・・こっちは全然現実的、科学的?な話ですが。
こっちの事例は割りと珍しいものではないようですね。
多重人格者が、ある人格(暴力的、攻撃的人格)になると身体能力が異常に高まったり、そういうのは基本的とも言える話みたいですね。「エニグマ」とか・・・色々聞いたことありますし。
これは、もう、あれです・・・つまり、「リミッター解除」
ほら、自己催眠で能力を高めたりとか・・・そういうのもこれと同じでしょう。
「人間は本来持っている能力の内、ほんの数パーセントしか発揮していない」(10~15だとか70だとか・・・忘れたw脳力と身体能力でも違うだろうけど)という話もよく聞くけれど、脳内で自分の身体を壊さないようにとリミッターが働いているのだ。
それを催眠術等で解除する方法もあれば、死の淵に立たされた時に「生きようとする意志」によって解除されたり・・・又、別の人格というカタチで解除されたり・・・ということなのでしょう。
そして、それは身体的能力だけではなく、脳の中には使っていない部分がある―人間にはまだ隠された能力がある・・・という話もあります。
それらを、もっと、上手くコントロールできるようになったら・・・とか、そういう研究してる学者さんもいたり、僕も、その辺、ちょっと興味あったりするわけです。
ピラミッドの建造や、モアイ像等に関する話で、「古代人は、現代人が使えなくなった能力を使って偉業を成した」という説もあったりしますが、もしかしたら、人間は本来、一般的に「超能力」と言われるような力を持っているのかもしれません。進化しつつも退化した・・・のかもしれません。―そんなことも考えたり・・・



とかなんとか・・・
も、なんか、かなり話拡大されてるようにも思えますが、まぁ、僕が話したかったのはこういったことなわけでした。
人間の可能性・・・とか、なんか、そういうのを考えたりするわけですよ。
ね・・・もう、なんていうか、すぐオカルトテイストにしちゃったりとかね・・・もうね・・・あれですよ・・・そういう奴ですよ、実は・・・。



や・・・まぁ・・・しかし、ビリー・ミリガン、MPD・DIDに話を戻してみましょうか・・・?
それだけを、現実的に見て話をするとなると・・・また違う話になってきますが。

彼、ビリー・ミリガンの事件によって(ジキルとハイドの話等も含め)、「多重人格」という言葉やその現象自体が、世の中に広まりました。
彼の事件以降、「多重人格者」(広く言えば精神病)を名乗る犯罪者が増えたことは、まぁ、当然とも言えるかもしれません。同時に、小説や映画・・・現代に至ってはマンガやドラマ等でも、結構見られるようになってきました。
そして、一般メディアで公開される・・・物語として色濃く演出される・・・その結果、「多重人格」というものをカッコイイと思う人や、神秘性を見出し憧れを抱く人等が増え、更に、その中で、「演技性多重人格障害」というものが生まれました。
この「演技性~」というのは、単に、多重人格者になりきったり・・・ということではなく(それはただの演技)、「自分は多重人格者だ」と思い込んでしまったり、無意識のうちの演技・・・真性の多重人格ではないが、意図的な演技等でも無い・・・という場合に定義される“病気”である。
DIDというのは、主に、幼少時に強いショックを受けたり、心的外傷から逃れようとした結果に現れる症状だと言われている。しかし、例えば、思春期等にそれらしい症状が出たとしたら・・・それは、真性ではなく演技性多重人格・・・となるのではないかと思われる。
どういうことか―思春期というのは、精神がまだ未熟な上に、環境の変化やストレス等、精神的に参りやすい時期であり・・・又、「DIDというものを十分知り得る(尚且つ浸透しやすい)」時期でもある。・・・というか、そうして生まれたのが「演技性~」と言えるだろう。
リストカット等でも似た事が言える。リストカットというのは、1960年代にアメリカで広まり社会問題になったらしいが・・・これも、そうして「広まる」ものだ。
特に、現代社会においては、ネットの普及が大きく作用し、更に「広まる」度合いが強まっている。“そういう事を知らない”少年少女が“そういう行為”に及ぶ確立はどれ程だろうか・・・(僕は「リストカット」というものを知らない頃に、近いことをやっていた時期があるが、程度等を考えると、やはり今とは―「リストカット」等というものとは全然違うものだと思う。つまり、多少は近い行為に及ぶことはあっても、深刻なレベルに達する事は“そういう知識”がなければ、やはり少ないはずだ・・・と)―まさに、これは、流行現象とも言えるものなのじゃないだろうか・・・。
つまり、現代社会では、「知識」が深刻な原因になり得る・・・ということだ。
特に、日本人というのは、周りに同調しやすい・・・何かと取り入れやすい性質が強いらしく、その影響はかなり強いんじゃないかと思う。
もっと飛び出た事を言えば、犯罪だってそうだ。というか、今の日本なんてそれが物凄くわかりやすく出てるじゃないか・・・「影響」だ。今の日本を作っているのは、日本を構成する成分の多くを占めるのは・・・「影響」なんだ。―まさしく「情報社会」
そうだ・・・「マイナスの循環」だ。世の中じゃあ、良い事(と、一般的にされる事)は残ったとしても情報として・・・一部の記録、記憶として・・・だけだ。が、悪い事はどうだ・・・―良い事と同様に、情報、記録として残りつつ、更に、しっかりと社会に根付いていっている。「悪い事程残りやすいんだよ」・・・ということだ。
あぁ・・・なんてこった、この世は本当に「悪循環」に満ちているんじゃないか。
このままいくといったいどうなるんだ・・・同時に環境破壊だって進んでいくんだ・・・「順調に破滅に向かっている」・・・そう言える・・明らかだ。
―まぁ・・・「永遠なんてものは無い」とか「何にでも終わりはある」という言葉があるように、ながーく大きく考えれば、終わりに向かっていくのは当然なのかもしれないけど、そういう自然的なものとは明らかに違うし・・・「何やってんの人間?」・・・みたいな?
「終わりが来る頃にはもう生きてない」って言っちゃえばそれまでだけどさ・・・
「やはり勝つのは“破滅の精神”」・・・か?
ってか肩痛い・・・・・・い?・・・え・・・あ・・・あぁ・・・

―って、何の話してんだ!?w




あー・・・も、やめだやめw
っつかもう6時じゃん・・・何やってんのw
っつか、ほんと、すんごいめちゃくちゃだな・・・
我ながら愚かしく思うよ・・・うん








あーあ・・・なんか書くことあったような気もするのに、忘れたってか長くなりすぎたし疲れたし・・・もういーや、ほんと・・・
ってことで、はい、おバカさんでした、どうも
おかげで今日は寂しがる暇も無かった・・・w


―ってか、眠くないし・・・も、寝なくていーやw

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2006-09-27 23:54:10

今日もタバコの煙を眺め・・・

テーマ:ブログ
やぁ、さっきホスト部見ましたよ
環×鏡夜って結構イイですね、ええ
鏡夜のお姉さんも面白いですね、ええ
―え・・・いや、別に、なんでもないですよ

あ・・・あと、半ば仕方なく見ていたような「MONSTER」ですが
何気に、なんとなく面白い気がしてきたような気がします
―って、まだ半分も終わってない・・・
まぁ、あれだ、ニナの声がイイね、能登麻美子だものね





とかなんとか・・・
もう、ね、なんか、あれだよ
ふと状態がフリーになると、途端に色々入ってきますね
こう、なんか、ドドドドドドって
で、ついでに、急に寂しくなる・・・と
あぁ、もう、これ最強ですね、一人じゃ絶対勝てませんよ
なんでこんな寂しいんだろうなぁ・・・
昔ぁ一人好きだったのになぁ
ってか今だって一人は好きなんだ・・・
ただ・・・独りは嫌なんだ・・・どうしようもなく、嫌なんだ
かといって、誰でもいいってわけでもなく・・・
っつか、無理・・・無理なんだよ・・・何がだよ(お前だよ)
ま、いーや・・・も、寝るしかないし?・・・ねぇ
どーしようもないんですもの
あぁ・・・頭いててて・・・







あ・・・でもね、しかしね、凄いものを見つけたよ
動画なんですけどね、なんか、もう、凄いとしか言いようがないというか・・・人間を超越しているというか・・・信じられませんわよというか・・・
まぁ、心臓弱い人は見ない方がいいですね・・・
や、感動して涙してしまうやもしれません・・・
や、ってか、見て頭から離れなくなっても責任とれませんので、自己責任でw
ちなみに、僕はこれを見て食事が喉を通らなく・・・・・・いや、なんでも・・・
まぁ、気になるなら見るしかないでしょうよ・・・ええ・・・それじゃあ・・・

問題の動画
http://www.im.tv/VLOG/Personal.asp?Memid=321932&FID=531317

や・・・実はただ、変な(変態チックな)お兄やんがカッコイイ姿を披露してくれるだけですが・・・(半分嘘)
なんでこんなもん見つけてしまったのか・・・また、この映像が何者によって、どういう目的で作られたのかは知る由も無いw
―と、思ったけれど、再度見直してみたら、どうも他にも同じような映像が・・・(!w)
更に、どうやら「kiyoshi」という人物の仕業っぽい・・・
や・・・なんとも、キモいカッコイイ人が居たもんですね、やぁ恐ろしや・・・w

―ってか、この映像見てて、なんとも言えない気分になったのだけど・・・改めて見直して解かった。―爆笑したい気持ちと、殺意のようなものが入り混じっていたのだ・・・
「コ・・・コイツ・・・殴りてぇ(怒笑)」








って、またしてもこんな時間じゃあないか・・・あぁ・・・空腹感が・・・
まぁ、とりあえず・・・今日のところは寂しさ、なんとか誤魔化せそうだ
早いとこ何か解決策を考えねば・・・―そんなんあればいいのだけどね
―あぁ・・・最近喉変なの、タバコのせいかしら・・・
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-09-19 03:40:50

久し振りにいっぱい泣いた一日

テーマ:ブログ

今日はハチクロ⑩を読みました。(やっとです)
最初の2ページでいきなり泣かされました・・・
その後も、所々多少笑いつつ、吃驚しつつ、
いっぱい泣かされ、涙流しながら読みました。
今改めて考えてみると、ほんとにあのまま終わっちゃったんだ・・・ってちょっと思うけど、読んでる時はなんか、これで良いんだ・・・みたいな。や、今だって良くないとは思いませんけども
なんというか・・・終わってしまった事が信じられん―みたいなね。
やっぱり、終わりってのは寂しいものです。

「ウミノとゆかいななかまたち」(あとがきの様なもの)でまで泣かされるとは思いませんでした・・・。「あぁ、それなんですよ」みたいな・・・なんか、作者さんも近い寂しさを感じてるんだっていうのが伝わってきて・・・うん、少し寂しいですね。
ともあれ、ハチクロ・・・とっても良いお話でした。
「こんなにステキであったかい作品を生み出せるなんて、凄いし、羨ましいな」って思いました。

それから・・・いつか、ハチクロのみんなみたいに、綺麗な思い出ができたら良いな・・・と。僕は今まで、まともな生き方なんてとてもできてはいないし、綺麗な思い出どころか、振り返ってみたってあるのは嫌な記憶や後悔ばかりで・・・―でも、これから少しでもまともに、少しでも心が綺麗に出来たら、思い出も綺麗にできるのかな・・・とか、思ったり・・・。
いつか・・・少しでも、綺麗な人間になれたら良いな・・・―や、なれるように、頑張らなきゃ・・・
―と、そんなことを考えたりしました。



―それと、あと、他にも一緒にマンガ買ったのだけど、どれも気になってほぼ全部読んでしまいました・・・。や、いつも「楽しみにとっておいて少しずつ読もう」って思うのだけど、ついつい読んでしまうのですよ・・・。
「スティール・ボール・ラン」もどんどんイイ感じになってきてるし・・・遺体争奪戦始まってから凄いね・・・。遺体吸収してってどうなるか楽しみ過ぎる。ってか、ディオにもっととられちゃえばイイと思うよ。ってか、ルーシーもスタンド使いになっちゃえばイイと思うよ。や・・・しっかしあれだ、どっかで東方って名前あったし・・・そっちも気になるし・・・。やー・・・楽しみですねほんと。

しっかしあれだ・・・ハンターハンターってどうなったんですか・・・連載停止してるって噂を聞いたのだけど・・・止まっちゃってんですか・・・―や、いや、待ちますよ?楽しみに待ってますよ?ええ、はい。
あとラブレスも・・・早く出ないかなぁ・・・。ってか、立夏の戦闘機って絶対唯子だと思ってますよ僕は。ってか清明をもっと出しちゃえばイイと思うよ。特に電話してる姿でw(ステキ過ぎるし)
・・・とかなんとか、マンガってイイですね―というお話でした。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-09-12 23:42:34

9月9日・10日

テーマ:ブログ

あー・・・えー・・・

詳しく書くのは面倒だ・・・


060909


とりあえず、9日・10日は東京に行った

で、500gハンバーグを無理して無理矢理食べた

で、そのままカラオケ行って全然唄えず・・・

そして明け方から酒を飲み始め・・・

10日は二日酔いにやられたのでした


はい・・・あらすじです

もう他で書いたし・・・まぁ、いいかなと


結論―楽しかったけど頭の痛い2日間でした


                       以上


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-09-12 23:29:41

半ば仕方無さげに

テーマ:ブログ

再開


mixiでも少しは真面目に動いてみようかなとか

このブログと連動ということで・・・

これなら少しは動く気にもなるかなと

まぁ、面倒だということに変わりはないけれど

何かあるかもしれないし、まぁ、少しだけ・・・

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD







にほんブログ村 その他日記ブログ ダメ人間へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。