公明党の山口那津男代表は3日、都内で街頭演説し、衆院の選挙制度について「小選挙区比例代表並立制は大きく根本から議論をし直すべきときに入った。民意を正しく反映できる制度をどう作るべきか、虚心坦懐(たんかい)に検討していくべきだ」と述べ、抜本的な見直しを訴えた。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設~5月中の決着は?~
【特集】「陸山会」土地購入事件~検察審、小沢氏「起訴相当」を議決~
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能~みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~

<訃報>安藤忠恕さん69歳=前宮崎県知事 汚職事件上告中(毎日新聞)
後半戦は5月20日から=事業仕分け(時事通信)
【私も言いたい】高校無償化 「法律は修正すべきだ」8割(産経新聞)
児童ポルノ誘導サイトも「有害」、削除要請へ(読売新聞)
マンション敷地内に女性の遺体 岡山、頭から血(産経新聞)
AD