• 27 Jul
    • フィリピン留学新時代・〇〇ブーム到来?!

        皆様、お久しぶりです。フィルイングリッシュのアメブロ担当です。 最近リフレッシュをする機会に恵まれまして、気分一新これからも頑張っていきたいと思います! さて、仕切り直し1発目のお題は、  フィリピン留学に今後吹くかもしれない  新しい風 について!  それはずばり、  親子/ジュニア留学   です。  今までフィリピン留学の年齢層と言えば 大学生が一番の主流で、その次に20代の社会人くらいかなあ、、 と思っていた人も多いのではないかと思います。    確かにその「傾向程度」のものはありますが、  フィリピン留学には様々な年齢層、 種々のバックグラウンドを持った方が やってきます。    比較的年配の人が転職を視野に入れてフィリピン留学に来たり、 定年退職後に色んなフィリピン語学学校を回っているコアなファン もいらっしゃいます。   決して 「大学生のみ」 だとか 「英語が仕事で必要な人だけ」 なんてことはわかりません。    英語学習を兼ねたフィリピンでのリフレッシュを考える人など、 ちょびっとでも英語と海外旅行に興味がある人なら、 どんな人でも陽気で親切なフィリピン人講師が暖かく迎え入れてくれますよ!     一同「英語力をお安く高めたい人はこの指とーーまれ!!!」   なんたってフイリピン留学は もっともっと広くて奥深いものですからね。。   ---------------------------さて、、、 ここで話を戻して親子/ジュニア留学に関してですが、 最近少しずつではありますが、 フィリピン留学へ小学生のお子様を連れて行かれるご家族での留学スタイルや 単身でフィリピンに行かれる15歳以上のジュニア留学生も増加してきています。*一部学校では15歳未満でもジュニア単身留学が可能ですですが親御様ご自身でWEG申請手続きが必要ですので長期留学のみを推奨しております。   愛する我が子に英語の英才教育を施したい そう思うお母様、お父様は大注目ですね!!  -----少しでも子供達の拓けた未来を創造するために-----  この国際化時代、将来的に英語が必要になることは目に見えています! 現段階では全く親子留学の考えのない人も、 頭の隅にでも入れておけば、  いつか役に立つ日が来るかもしれませんよー。。。  それでは、これからも宜しくお願い致します。 フィルイングリッシュでした!                          

      NEW!

      テーマ:
  • 26 Jul
    • 半年~1年の長期留学について

      こんにちは フィルイングリッシュの住です 先日、フィリピンでの短期留学についての記事があったので、今回は半年以上の長期留学についてお話ししたいと思います! フィリピン留学が認知し始めたころは、オーストラリアやカナダへの留学前の基礎固めとしてフィリピン留学を選択する方や、初心者の方の短期留学のために留学する方がほとんどでした。 最近でもそのようなパターンが多いのも事実ですが、長期でフィリピンに留学される方も多いんです というのも、フィリピンの留学でIELTSやTOEICのコースを選択して留学するのが、欧米圏での留学よりスコアアップには効果があると言われているからです。 フィリピンでの留学では安価な価格でマンツーマン授業の受講が可能です。特に、IELTSのライティングやスピーキングはマンツーマン授業が効果的です。 自分で書いた分を添削してもらったり、発音を訂正してもらったりできるので、マンツーマンが効果的なのです。 また、フィリピンのほとんどの講師が母国語でない英語を第二言語ととして勉強してきたのでネイティブの先生より試験対策の指導がうまい方が多いのも事実です。 このような理由から最近、フィリピンでも長期で留学する方が多いのです 現に、オーストラリア等でワーキングホリーデーを終えたあとにブラッシュアップのためにフィリピンで数カ月勉強するという方もいます!! 他にも、フィリピン語学学校の中でも上級者向けの学校があります。2校目の学校としてこれらの学校を選択して、長期留学する方もいます。 入学するために、試験に合格しないといけません、基準としてはTOEIC680点以上などの基準が設けられています。 そのため、必然的に学生のレベルは高くなる傾向にあります。そのような環境+フィリピンの安価な授業料で留学ができるのでこちらのスタイルを選ぶ方も多くいます。 また、長期留学の注意点としては、モティベーションの維持がとても重要になってきます。 人間生活パターンが決まってくるとどうしてもモチベーションが落ちてくることがあります。 その時の対策として、定期的にTOEICの試験を受けたり、環境帰るという目的で学校を変えてみたりと対策をすることも大切だと思います 語学留学だけでなく、フィリピンでインターンをとして学校スタッフのお手伝いをしながら授業を受けて勉強するというスタイルもありますね!! その際は、学費等がかかりませんので、もっと安く勉強ができますね こちらのスタイルは学校側の空きがないとできませんので、倍率はすごく高めですね フィリピン留学も認知度が上がるにつれて、留学スタイルも少しずつ変化してきているのも事実です 是非、フィリピンでの長期での留学を挑戦してみるのはいかがでしょうか?? 今回はこの辺で終わりとしたいと思います それではまた~~

  • 25 Jul
    • 英語講師とルームシェア

      Helloフィルイングリッシュの中田です ただいまフィルイングリッシュでは留学最盛期真っ只中です!  みなさま夏休みの旅行のプランはもうたてましたか?夏はやっぱりちょっと贅沢して海外旅行の計画をたてている方も多いのではないでしょうか。  そんな中、  「海外旅行行くなら観光だけでは物足りない...どうせなら英語も学んで帰りたい!」  という方も近年は増えております。  そういう方に是非!今年の夏はフィリピン留学オススメします  7~8月空きがある学校もまだありますので留学をお考えの方はお早めに弊社フィルイングリッシュにご連絡・ご相談ください(^_^)   ――――――――――――――――   さて、本日は英語講師とルームシェア可能なフィリピン英語学校について紹介させて頂きます。  フィリピン語学学校の寮で、1人部屋を除く相部屋では通常学生同士が一緒に住むこととなります。 そんな中、弊社が紹介する以下の学校は英語講師と一緒に暮らすことが可能なのです↓↓  SMEAGスパルタC21Face to FaceMONOLHELPクラーク  講師と24時間一緒に住むことで、授業外でもず~っと英語に触れることができます   1日中、寮でも英語を使えば、授業で学ぶ英語に加えて日常でよく使う英語も自然と身に着けることができますよ  また自習の際に講師にいつでも質問することが可能ですし、放課後には講師と同室の生徒のための特別授業があります。  一般の寮に比べて、英語を使う機会が格段に増えるのでおすすめです  講師とルームシェアできる英語学校の詳細はコチラをチェック      

  • 23 Jul
    • 【フィルイングリシュ】超短期留学(1~3週間)について

      こんにちは♪フィルイングリシュの高居です(^◇^) 7~8月はフィリピン留学のピークシーズンの為に、多くの人気校がすでに満室もしくはほぼ満室状態になっています ただし 以下の点に気を付けて頂ければ7~8月の留学も可能です 1、,) 8月20日(土)以降でしたら学校にも寄りますが比較的に空きがあります。 2、)フィリピンの留学地域で最も認知度の高いセブではなく、 バギオ、マニラ、バコロド、イロイロ、ダバオ地域の学校でしたら 比較的に空き部屋に多少ですが余裕があります 3、)学校に寄ってはキャンセルが出るときもありますので、 そこを狙えば人気校への留学も出来ます フィリピン英語留学は統計的に見ても2010~2012年は、 年間約4000~5000人の留学生の人数でしたが… 2016年では約36,000人以上に増えているのです フィリピンでの英語留学が、 今ではめちゃめちゃブームしているのが分かりますね では、早速ですが今回の記事の本題に入らせて頂きますね 笑 今回、ご案内させて頂きたいのは1~3週間の超短期留学についてです。 語学留学って一言でいうと多くの方が長期の留学をイメージするかと思います。 だが、しかし!! 実は1~3週間の様な超短期での語学留学もフィリピンでは出来るんです 何故フィリピンでは気軽に1~3週間の超短期留学が可能なのか?? 簡単にですがいくつか理由を挙げさせて頂きます。 1、)ビザ取得必要なし!!! 日本国籍の方はフィリピン入国時に自動的に無料で4週間(30日)、 フィリピンに滞在可能な観光ビザが発行されます。その観光ビザに SSP

  • 18 Jul
    • 親子留学in クラーク

      こんにちは(^◇^)フィルイングリッシュのケンタです 今回、クラーク地域の3つの学校の親子留学の取材に行ってきました!最近は韓国人の親子留学の大人気です 日本人の親子留学も増えてきて、注目を集めています!! 弊社でも、親子留学のサポートができるように、力を入れ始めています 今回、訪問させていただいた3校の特徴をお伝えしたいと思います 今回訪問した学校は、CIP、AELC2、GSです。どれも。クラーク地域に位置していて、マニラやセブと比べると治安もいいため、親子での留学には最適な場所になります! ではでは、1校ずつ簡単に紹介していきますねー 詳細を知りたいときは、弊社公式ホームページもご参考にしてください!! AELC2 正直、自分が親だったらここに子どもと行ってみたいですね(笑) ジュニア留学に特化したこのキャンパスは、インターナショナル幼稚園があります。現地に住んでいる子とも交流をするチャンスがあるんです! 日本人比率も少ないので会話は必然的に英語になりますよね~  日本語を覚えたような感覚で英語を覚えて行くんです! 子どもは吸収が早いですからね! また、遊技場もあり子供に退屈させないような施しが多くみられました!! 一番印象に残っているのは、寮の部屋なんですよ!セキュリティー面は、各部屋にインターホンもあり、なかにはキッチンもあり自身で料理できるのも魅力ですよね!中の印象はというと、日本とさほど変わりはないほどの設備、むしろ日本でも同じクオリティーの部屋を探すと結構な値段行くのではないかというほどでした(*^▽^*)  次はCIPです。今年の春にCIPに留学されていた日本人親子の方の写真です!  フィリピン語学学校でトップレベルに入る人気校CIPはさすが親子留学のカリキュラムもしっかりしていますね~! テキストも授業にも子供たちが取り組みやすいような施しがたくさん見られました。楽しく英語を学んでいけるようにアクティビティーも多く取り入れられていました! 夜間の管理自習では保護者の方の参加は認められておらず、先生と子どものみでアクティビティーや自習をおこないます ご両親が一緒にいるとどうしてもお母さんや、お父さんに甘えてしまいますからね~ また、担当の先生が管理してくれて宿題を管理してくれます!毎日宿題が出て、楽しみながらもバランスの取れたカリキュラムになっています 学生に日本人が多いことからも、安心感が大きいのも魅力の一つですね!  最後はGS  子どものスパルタ学校ですね(笑)訪問時にも多くの韓国人親子が滞在しており、韓国人からとても人気のある学校です! 今回訪問させていただいた3校の中で一番授業数が多いのがこの学校です。 毎日のカリキュラムが他の2校と比べて断然多いんです もちろん子ども用ですのでその中にもアクティビティが多く含まれますが、毎日50分×11コマが提供されます。スポーツアクティビティー、ナイトアクティビティーが3コマありますがそれ以外は基本的にじゅぎょが提供されます! 特徴的だったのが、毎日10単語の単語テストと、毎日1コマ算数の授業も提供されます これだけの勉強量がありますと吸収の早い子供たちはすぐに英語身に着けそうですね! ざっと3校の特徴はこんな感じです!! 詳しくは弊社ホームページもしくは直接お問い合わせくださいそれではまた~     

      1
      テーマ:
  • 16 Jul
    • 円高キャンペーン!お得に留学できる今がチャンス!

      こんにちはフィルイングリッシュの中田です   最近はイギリスがEU抜けるとかどうとかでヨーロッパのあたりがごちゃごちゃしてますね。  そしてフィリピンに住んでいる私としてはその恩恵を直に受けています。  そう、  \(^_^)/\(^_^)/円高です\(^_^)/\(^_^)/イェーイ    今のうちに!と思ってATMでめっちゃペソおろしてきました  日本経済は円高で打撃をうけていますが私のお財布はおかげで潤っています。  そして円高の利益を受けれるのは何も私たちだけではありません!  フィリピン留学を考えているそこのあなたも、今なら超お得に留学することができちゃうのです  そう、フィルイングリッシュの円高キャンペーンなら!  ドル建ての料金でご案内している語学学校は、いま非常にオトクです。  例えばある学校の12週一人部屋ESLコースでは、1ドル120円だった数か月前に比べて10万円以上も安く留学できます!  さらに!  12週以上登録の方はピックアップ費用orSSP費用無料特典が付いてきます   2016年7月8日~8月31日までに対象学校に入学登録された方限定ですのでお早めにお申し込みください   詳細ページはこちら↓今です、円高キャンペーン   Bye             

  • 15 Jul
    • 【バギオ TALK アカデミー】 ☆BIGなキャンペーン☆

      皆さん、おはようございます。 待望の金曜日がやってきましたね! フィルイングリッシュアメブロ担当です。 本日はTALK校のBIGキャンペーンについてご紹介します!^^  TALK校はバギオにある著名な語学学校の1つで、 TALK ENE とTALK Yangcoの二つのキャンパスを持っています。 平日外出の可否は自分が申し込んだコースやオプションに応じて変わります。    TALK ENEはTOEIC点数向上実績に関してはNo.1です。 勿論、人によって合う合わないがありますから、 何が一番か一概には言えませんが、   過去の実績を他校と比較すれば、その実績はNo.1となっています ^O^  TOEICコースを選択した方は夜の模擬テストがあるため、 平日外出禁止のスパルタ式になります。    TALK YangcoはTALKブランドの標準ESLコースを提供してくれるキャンパスです。   Yangcoでは夜のオプション授業を選択するかどうかで平日外出の可否が変わります。 多くの学生がオプション授業を選択しますので、 実質的にはスパルタ学校と言えるでしょう。   バギオの学校は授業密度の濃いスパルタ式学校が多いです。 それに比べるとTALK校は一応スパルタながらも 比較的落ち着いた印象の学校です。    引き締まった緊張感もいいですが、自分のペースで勉強できる雰囲気も魅力的です。 人には向き不向き、合う合わないがありますので、 自分のペースでマイペースな勉強が合っている人には TALK Yangco校がいいでしょう。    それでもセブの学校に比べたら、厳し目ですから 「丁度いいぐらいの厳しさ」 を求める人に一番おすすめの学校です。     ではキャンペーン内容の再確認です!     内容:1)4週間から7週間でお申し込みしていただいたお客様 → ピックアップ費用免除!   2)8週間以上でお申し込みしていただいたお客様 →SSPの費用免除!! となっています!  ピックアップ費用はおよそ2,100円位(為替レートによって変動有り) SSP費用はなんと15,000円位です。 お申込期限は8月末までです!  まだ迷っている人はお部屋が埋まらない内に急ぎましょう  それではまた明日~   

      1
      テーマ:
  • 14 Jul
    • 英語文章の末尾のトーン後編 & earとyearの発音の違い。

      皆様、おはようございます。 フィルイングリッシュアメブロ担当の阿部です。 それでは本日は昨日に引き続き、 クラークGS校での体験授業レポート からいってみましょう。 後編はこちらです! --------------------------------------------- 講師:Steve Johnson先生(オーストラリア)グループ授業:1:6科目:Speakingテーマ:Intonation 早速、本日の講義のプリント教材が配られ、授業が始まりました。最初にIntonationの定義から説明されます。授業で教わった定義をまとめてみました。・会話では声の音程も表現の一つである。・音程の上げ下げで意味が決まることがある。・音程の変化にはパターンがある。・母国語のイントネーションは赤ん坊のころ、会話を覚える前から身につく。  (配られIntonationのプリント①、② Intonationの定義について) 日本人の話す英語は平坦で、感情がこもっていないといわれることがあります。それは、英語のイントネーションの使い方を知らないので、そう聞こえてしまうんですね。定義の一つにもありますが、音程の変化にはパターンがあるので、それさえマスターすれば感情豊かな英会話をすることができるということです! 早速、パターンを覚えるための授業が始まりました。 ①    文末の音程が下がるパターンEx.) Linda is my sister.⤵   He is not going.⤵つまり、普通の文、平叙文ですね。 Ex.) Where is my book?⤵   When did you leave?⤵1H6Wの疑問文でも文末の音程は下がります。 ②    文末の音程が上がるパターンEx.) Will you stay?⤴   Do you like school?⤴Yes/Noの答えを期待する疑問文は文末の音程が上がります。 Ex.) I’m not positive.⤴   I think he’s coming.⤴半信半疑な気持ちがある場合は疑問文でなくても文末の音程が上がります。 基本のパターンは以上です。後はひたすら練習です! 最初は4~5単語程度の短文から音程が上がるか下がるかを確認していきます。次に、少し長い文章で音程の確認をします。このとき、文の切れ目でも音程の変化がある場合があるのですが、上がるのか下がるのか、はたまた変わらないのかもチェックします。Ex.) I must buy coffee⤴ tea→ , and milk.⤵ 最後は150~200単語ほどの文章でイントネーションの確認です。短文なら比較的簡単にできるのですが、文章になるとあっという間にこんがらがってしまいます。 (配られIntonationのプリント③ 最後の問題) 特に、平叙文で文末が上がるパターンの場合は、文章の意味も分かっていないと音程を上げるのを忘れがちです。 比較的英文をすらすらと読めるレベルの学生グループだったのですが、イントネーションについては先生によく指導をされていました。 (全員でイントネーションの確認) 細かい部分のイントネーションはフィリピン人講師だと、どうしてもカバーしきれない部分が出てきます。英語を、勉強して習得したフィリピン人講師たちは文法やリーディングにおいては、ネイティブ講師より優れている部分があります。しかし、微妙なニュアンスや日常的な表現などはネイティブ講師が得意としている部分です。 また、Steve先生がオーストラリアネイティブという事にも注目するべきだと思います。やはり、アメリカ英語とは発音が違います。使う単語も違います。英語を勉強される方は、将来様々な国籍の方と関わりを持つことがあるかと思います。英語を勉強する上で、様々なタイプの英語に触れることができるのは、とっておきのチャンスだと思います。 アメリカ西海岸のような雰囲気のある街で、自分のペースを保ちながらに日本人の少ないサバイバルな環境で英語学習をされたい方は、ぜひ一度、Global Standardをご検討ください。 ---------------------------------------------  英語の発音というのは日本人にとってマスターするのに非常に高い壁の1つかもしれません。 でも、難しいとは分かっていながらも、憧れてしまうんですよね。 あの耽美で、カッコいいネイティブ発音に♫ どうも地道に直していくしかなさそうです。   昨日の答え:year を発音する際は(y)の音を加えるために、 イの発音をする時に下顎をスライドさせながら突き出す動きを加えます。 これがないとearになってしまいますので、注意!    次回は singer (歌手) の発音方法について。 筆者が叱られた出来ていない発音パート2がこちらです。 カタカナ読みは全然違いますよー   

  • 13 Jul
    • 英語文章の末尾のトーン、上げますか?下げますか?前編

      皆様、こんにちは。 子供達がいるご家庭では夏休みが近づいてきた頃合いかと思います。 いかがお過ごしでしょうか?  本日は英語の勉強で、 文末のイントネーションに関しての弊社社員取材記をご紹介します。 訪問校は クラークGS校。 日本人比率が非常に低いため常に英語を使用できる環境に身を投じることが出来ます。 また定員500人の大型校で、いろいろな人に出会えることも特徴の1つです。 IELTSの公認試験会場であり、クラーク地区でIELTSを受験する場合にはこちらにお世話になるでしょう。 GSではIELTSコース受講者にはネイティブグループ授業が提供されます。 早速体験授業内容報告を読んでみましょう^^ --------------------------------------------- GS (Global Standard) 訪問記 ■オーストラリアネイティブ講師グループ授業体験 クラーク地区はフィリピンの経済特別地区に指定されています。かつて、アメリカ空軍基地があった街で、生い茂る木々と、どこまでも続く緑の芝生が作る景観から、「リトルカリフォルニア」とも呼ばれています。 みなさん、こんにちはフィルイングリッシュの名取です。 2016年7月6日、そんなクラーク地区にある、GS (Global Standard)に、フィルイングリッシュの日本人とベトナム人スタッフが訪問させていただきました。GSはフィリピンの学園都市バギオで設立され、2007年にクラークへ移転、現在では学生定員が500人のクラークで最も大規模な英語学校です。   (GS校舎の入り口とメインエントランス) 運営コースは、一般英語のESLコースとIELTSコース。ESLコースの最も一般的なコースは、マンツーマン4時間+グループ2時間+義務自習2時間のカリキュラムです。マンツーマンの科目選択には自由度があり、自分の学びたいことを中心に勉強することができます。また、希望すればネイティブ講師のグループクラスを受けることが可能です。現在は、アメリカ人講師2人、オーストラリア人講師1人が在籍しています。 (ESL科目の教科書と先生の使い込まれた教科書) IELTSコースでは基礎入門のPre IELTSコースと点数保障のコースを運営しています。ともに、マンツーマン4時間+グループ2時間+義務自習2時間のカリキュラムですが、点数保障コースでは2週に1度、金曜日にIELTSの模擬テストを行います。合計4時間の本格的な模擬テストを受けることになります。また、BRITISH COUNCILから公式認定されたIELTS教育機関ですので、IELTSに関する情報が多く、また、GSの校舎内でIELTSの公式試験を受けることができます。 (フィリピン人講師のマンツーマンクラスとネイティブ講師のグループクラス) 訪問時の国籍比率は韓国が87%、中国・台湾が11%、日本が2%です。日本人にとってはサバイバルな環境ですので、日本語から切り離された環境に身を置きたい方におすすめです。 今回の訪問では、オーストラリアネイティブ講師、Steve先生のグループ授業に参加させていただくことができましたので、ご報告いたします。  (明日へ続く)--------------------------------------------- レポートが長めになっていますので今日はこの辺で。 明日は実際に受けた授業内容をチェックしてみましょう! ちなみに日本人の中には、 自分の英語の発音を気にされている方も比較的多いかと思います。   もし自分の英語の発音を本当に直したいと思ったら、 ネイティブから正確な発音方法の授業を受ける そして 1対1で口の適切な動かし方を学ぶ必要があります。   正確な「音」をネイティブから聞いて、 マンツーマン授業で口の動かしかたを出来るまで矯正してもらう、 フィリピン留学のマンツーマン授業にはこんな使い方もあるんですよ!  ちなみに筆者が先生に大変注意された発音法は2つあります。 一つ目は ear と year の違いです。 簡単に説明すると ear は自然な発音で大丈夫なんですが、 year は (y) の発音を加える必要があります。 当然ここを読んでいる皆さんはどうやればいいか既にお分かりですよね? フフフ、、、、、  それではまた明日ここでお会いしましょう! ありがとうございました。  

      1
      テーマ:
  • 12 Jul
    • TOEICハイスコア絶対至上主義!

      こんにちは! 最近フィリピンでは雨の日が続いていまして何かと傘が入用です。 実は先日傘が無くて家に帰れなくなってしまい、 サリサリでスコールが止むのを待っていたのですが、 雨季のため意外にもなかなか止まず、結局トライシクルに乗って帰宅しました。   ーーーーーで、  よく見たら後ろのバッグに自分の折りたたみ傘が刺さっているじゃありませんか! 間抜けなことをしてしまったとつくづく感じる瞬間でした。  さて本日紹介するのは、TALK ENE!! この学校は何と言っても最強のTOEIC超専門集団です。 まずは、スコアアップに大成功した学生体験談の一部抜粋を見てみましょうか    バギオTALK E&Eアカデミー TOEICコース留学レポート初めてのフィリピン留学、期待と不安が交じる気持ちでマニラ空港に到着しました。驚いたことはマニラ空港からバギオの学校までの距離です。個人送迎で車をお願いしていましたが、揺られ振られて約7時間。バギオに到着しました。学校に居る日本人マネージャーが温かく迎えて下さり安心しました。本当に彼女にはお世話になりました。 ここはマニラと違い、山の頂上、雲が近い涼しい地域です夜は毛布に長袖を着込みます。同じ入学日の日本人生徒が4人いずれもオーストラリア、セブ、アメリカなど留学経験豊富な顔ぶれでした。入学時点でTOEICすら一度も受験したことがない私には、驚愕のハイレベルでした。4人中2人はすでにスコア800 over保持で900overを目標に留学されていました。私は入学時、実力判定模試にてスコア300もう泣きたい気持ちで授業が始まりました。朝は8時から18時まで授業、19時から単語テスト20時から2時間の模試、私が一番この学校の魅力だと思ったのは、この 夜TOEIC模試です。かなりの量の模試を用意しているので、毎晩受けることで①   2時間のTOEIC試験への集中力の慣れ、②   必須単語の重複使用による常用化③   本番試験の約1.5倍程に感じられる早いリスニングテストによる耳の鍛錬が簡単にできます。 なお、スコアは300点から730点まで上昇しました!!  ----------------------------- --------------------------------------------- ---------------以下、体験談報告、一部抜粋となります。 レポート提出どうもありがとうございました。   ですがここで一点バギオ地区のTOEICテストについてご案内があります。 我々にとってはあまり嬉しくない事ですが、 主催者であるETSの判断でバギオ地区でのTOEIC試験が今後中止となりました。 従いまして、今後公式テスト受けるには 車で4時間位かけてアンヘレス市まで移動しなければならないようです。   TALK ENEのTOEIC実績は抜群ですが、 フィリピン国内で試験を受ける予定の方は、 残念だけど少し不便になってしまったことを 予め頭に入れておいて下さいましたら幸いです。  それでもTALK ENEのTOEIC対策授業はあかあかと光り輝いていますけどね! それではまた明日!  

AD

テーマ

一覧を見る

プロフィール

フィリピン留学フィルイングリッシュ

お住まいの地域:
東京都
自己紹介:
フィリピン留学エージェント「フィルイングリッシュ」スタッフのブログです。公式HPではお伝えしない、フ...

続きを見る >

読者になる

ランキング

このブログはランキングに参加していません。

カレンダー

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。