本日6月12日(月)は事務所外活動のため、午後12:00以降は事務所に不在となります。ご不便をおかけいたしますが何卒よろしくお願い申し上げます。

AD

本年度も4月上旬に第35期研修生が来日しました。
現在、神戸YMCAとPHD協会事務所において、6週間の日本語研修に励んでおります。
6月からは保育や農業の現場研修が始まりますが、それに先立ち、研修生を皆様に紹介するための交流会を下記のとおり開催いたします。
皆様お誘い合わせの上、是非ご参加ください。

第35期研修生
タンタンミェ (ミャンマー、女性、20歳)
マリア・シルヴィアナ・デフィ (インドネシア、女性、28歳)
ミスラ・マヤ・タマン (ネパール、女性、18歳)

日時:2017年6月3日 (土) 14:00~16:00
場所:兵庫県立ひょうご女性交流館 501室
     神戸市中央区下山手通4丁目18-1 (県公社館東隣)
     Tel: 078-221-8031
参加費:300円
お問い合わせ:公益財団法人PHD協会
              Tel: 078-414-7750 / Fax:078-414-7611
             Email: maeda@phd-kobe.org

 

AD

はじめまして。

4月から新しく研修担当職員になりました、前田千春です。

 

出身は大阪ですが、大学進学のために沖縄に移住し、10年間沖縄でのんびりと暮らしていました。

趣味は森林散策とシュノーケリングで、最近では城や遺跡めぐりも好きです。

 

大学と大学院では農学部に在籍し、主に林学について勉強してきました。

インドネシア・ジャワ島の農山村の農林家経済や貧困対策について研究していたこともあり、PHD協会で研修担当として働くことになりました。

研修や講演を通して、研修生と一緒にたくさんのことを学びたいと思っています。

 

これからよろしくお願いします。

 

研修担当 前田千春

はじめまして!今年度の国内研修生の吉村芙優(ふゆ)です。

大阪市出身で出生地は明石市です。昨年度、国内研修生だった加藤さんの後輩にあたる大阪女学院大学4回生です。特技は書道で、少女漫画、寺社巡り、音楽を聴くこと、ジグソーパズルが大好きです!

 

大学では、国際法や国際政治学について研究しています。普段は国際関係や国際政治についてマクロな観点から学び、考えることが多いのですが、もっと国際協力についてミクロなことを知りたい、学びたいと思い国内研修生に応募しました。

PHD協会では研修担当として、研修生たちに寄り添いながら一緒に様々なことに挑戦して学んでいきたいと思っています。

 

1年間、どうぞ宜しくお願いします。

 

国内研修生  吉村芙優