自信はゆれないメッセージ

自信は、ゆれない。想いを、ひとつに。


テーマ:
「復興へ-。」
1億2千分の1のグランドデザイン・Dream of TOHOKU
2011年5月25日
寄稿ブログ:自信はゆれないメッセージ活動を支援するNeoより


東日本大震災と大津波から2ヶ月半。未だ多くの瓦礫に覆われたままの被災地。まだほんの一部しか被災者の手元に届かない義捐金。今なお捜索の続く9千人近い行方不明者・・・。まだまだ行き届かない支援の手と、家も家族も失い、生活の見通しも立たない多くの被災者の心を思うと、かける言葉などとても見つけられないけれど、日本中、そして世界中の人たちが寄せる温かな思いが被災された皆さんに届き、明日への希望を見出していただけることを心から願うばかりだ。
 それでもようやく復興ビジョンが示され、復興へ向けた動きが見えてきた。東北は、そして日本は必ず復興できると信じる。そして現在の苦難は、百年先の未来を見据えた、世界の先がけとなる新しい社会の礎を築くターニングポイントになるのだと信じたい。
 復興へ向けたさまざまな施策が、現在、示されつつあるが、それがそこに暮らす人々のコミュニティや生業を守るものであるよう、地域住民の実情や心を尊重したものとして策定されることを切に願う。三陸の海の風景は、日本のアイデンティティーのひとつ。そこに暮らす人々のコミュニティは、日本の宝だ。一日も早く、あの美しい海の景色が、海とともに生きる人々の暮らしが、取り戻される日が訪れますように・・・。なんの力もないけれど、東北に暮らす日本人の一人として、つたない思いを綴ってみたい。そしてこれをきっかけに、このサイトが、これを読む人々からのさまざまな意見が寄せられる場になればと思う。

<東日本グリーンベルト構想>
 宮城県南部の沿岸地域に、高く盛土した幹線道路や線路を築き、沿岸部に植林をして森をつくる構想が発表された。岩手から宮城までの沿岸に、津波を防ぐ緑の森が創られたら、その景観はひとつの観光資源にもなるだろう。「鎮魂の森」や津波災害を記録するモニュメントを築き、後世に語り伝えていくことは、現代を生きる私達の役目のひとつだと思う。もし可能であれば、そこに津波で失われる以前の街のミニチュア模型を作り、展示する場を造ることができたら、それはここに暮らした人々の、心の拠り処にもなるかもしれない。
今回の津波で家や家族を失った人々の中には、また元の海辺で暮らしたいと願う人も多いという。海産業に携わっていた人々にとって、海は生活の糧を得る生業の場でもある。安全の面から住居はすべて高台に、という行政的指導も理解できるけれど、海辺に暮らしたいと願う人々の自由まで制限するのはどうかと思う。海辺の集落から幹線道路までは緊急避難や物資の移動に備えた幅10メートル以上の広大な道路を築き、また、居住区域を限定してその区域の中心に、津波に耐えうる強固な避難塔や地下シェルターを作ることはできないのだろうか。それらの避難施設に緊急時のための自家発電機や水、食料、衣料、衣料品などを備蓄すれば、将来の災害に備えることができるし、また、国内や海外で災害が起きた際に、いち早くそれらを届けることも可能になると思う。

<コミュニティ・ヴィレッジ構想>
 今回の東日本大震災と津波で、沿岸部に暮らす多くの人が家族や家、仕事を失った。20代、30代の人なら、新たに就職先を見つけ、生活を再建することも可能だろう。けれど、50代や60代以上の人達はどうするのだろうか。そうした人達が、これからの暮らしを再建していく手立てが、ぜひとも必要だと思う。
 唐突かもしれないけれど、被災者向けの集合住宅地を建設したらどうだろう。共同のロビーとリビングを備えた大きな集合住宅を中心とした居住区だ。居住者のためのコミュニケーションの場として、広い共同の食堂や公園施設も備えたい。また、10人程度の人が一緒に働ける調理場では、担当者が交代で食事作りを行う。居住者の運営する日用品等の売店や、小規模の医療施設など、生活に必要な物をすべてそろえ、さらに、中心部までは共有の交通機関として施設専用バスも走らせられればと思う。
施設の立地に合わせて、すぐ近くに地域特産農産物のハウス栽培農場や海産物の養殖場を作る。これらの農産品や海産物を活かした加工作業場はじめ、高齢者でも働ける小規模工場など、さまざまな仕事の場も用意する。農産物や特産加工品等は被災ビレッジのブランド商品として、販路を開拓。マーケティングや販路開発の担当者が必要になれば、若い人達の仕事の需要も生まれるだろう。
施設に必要な電力は、太陽光発電や風力発電、バイオマスなどの自然エネルギーを総合的に活用して発電してまかなうエコタウンとし、売電事業も行う。沿岸部なら洋上風力発電や波力発電の可能性も見いだせるだろう。福島原発の事故によって、エネルギー政策の大きな転換が迫られている日本で、こうした小規模のエコタウンが実現し、日本中、そして世界中にそのノウハウを提供することができれば、未来に向けた、新たなエネルギー社会を構築していく源泉となることもできそうだ。
コミュニティ・ヴィレッジから産出される物品の売上や売電事業の収入は、居住者に配分するとともにビレッジの運営資金に充て、経済的にも自立した共同体の構築を目指す。住民のニーズや特性等によって、それぞれが自分のできる仕事を分担。廉価で入居でき、またお互いにビレッジに必要な役割を持って暮らせる小さな集合住宅地としたい。人はいくつになっても、人と関わり合い、他人から必要とされる存在でいたいものだと、私は思う。そんな場を、特にこの災害によって多くのものを失った人々に提供できるプラン、そして、被災した人たちが共に、日本中や世界中の人達とも手を取り合って暮らすことができる社会づくり。そんなプランが数多く生まれ、実現していくことを願ってやまない。
いいね!した人  |  コメント(0)
PR

テーマ:
「宮城県内でのボランティア希望の方へ・連休編」
2011年4月27日
寄稿ブログ:自信はゆれないメッセージ活動を支援するNeoより

先般、宮城県内でボランティア活動をする方へのメッセージを載せましたが、4月末から5月の連休にかけての最新情報をまとめてみました。
現地のニーズが刻々と変化することや連休の混雑が予想されるので、必ず事前に災害ボランティアセンターのホームページ情報を確認し、大体の見込みをつけて出掛けて下さい。
また、ボランティアをするにあたり、最低限、下記の準備が必要です。
○事前に自分の居住地域の社会福祉協議会で、災害ボランティア保険に加入しておく。
○宿泊、アクセス、食事等、すべて自己負担。事前にきちんと準備をする。
○どこでどんなボランティアをするか、大体の予測を立てて出掛ける。
○天候(雨天の場合は中止など)やその日の状況で、ボランティア活動ができなくなる場合もあるので、その心づもりをしていくこと。
○長袖、長ズボン、軍手、長靴はもちろん、粉じんマスクやヘルメット、ゴーグル、厚手のゴム手袋、タオル、ティッシュ、雨カッパ(上下)の準備もできるだけしていく。

また、万一ボランティアができなくても、仙台に来ていただくだけで経済効果が発生し、被災地の支援につながります。今年は青葉まつりが中止となり、とても残念ですが、仙台の街で遊び、また、緑豊かな温泉でのんびりするなど、心のリフレッシュをしていただければと思います。

<宮城県内ボランティア情報>
・仙台駅 助けあいジャパン ボランティア情報ステーション
※連休にかけて仙台駅2階に窓口が設置されており、各災害ボランティアセンターの状況を聞くことができます。
・東北自動車道 ボランティア・インフォメーションセンター開設
※泉PAスマートIC ゲート前に設置。「東北自動車道ボランティア・インフォメーションセンター」でネット検索すると様々な情報を見ることができます。

<宮城県・県外ボランティア受入れ状況>
・気仙沼市、石巻市、岩沼市、亘理町に南三陸町他が加わりました。
○南三陸町災害ボランティアセンター:TEL.080-2055-1066・TEL.080-2055-0878
※家屋のドロだし等、個別支援の活動が少なく、ニーズが多数あり。
※炊き出しボランティアについては、実施予定日の10日前頃にボランティアセンターへ連絡の必要あり。
○石巻災害ボランティアセンターからの情報
※連休の混雑が予想されるので、事前に問い合わせのこと:TEL.0225-23-6015
○岩沼市災害ボランティアセンター
住所:岩沼市里の杜3-4-15 岩沼市総合福祉センターiプラザ
※ボランティア受入れ状況が改善されつつあり、送迎及び個人宅片付け、避難所支援の活動が多数あり。問い合わせの電話が混雑しているので、仙台駅ボランティア情報ステーション、東北自動車道ボランティア・インフォメーションセンターにて、情報確認のこと。
○亘理町災害ボランティアセンター
※県外からのボランティア受入れは5月1日より中止
○七ヶ浜町災害ボランティアセンター、塩釜市災害ボランティアセンターでも募集しているが、詳細はホームページ等で確認のこと。
○登米市災害ボランティアセンター
 住所:登米市迫町北方字大洞45-3 迫老人福祉センター 
TEL.0220-21-6310 ・090-6853-3247
受付時間:9:00~16:00 土日祝も含む。
 ※南三陸町など、近隣市町村の被災地へのボランティア活動の受付も行っているので、要問い合わせ。

<各災害ボランティアセンターへの交通アクセス>
・岩沼・亘理:
※JR東北本線、国道4号、仙台東部道路(今泉ICより岩沼IC及び亘理IC)いずれもスムーズ。但し連休は混雑も予想されるので注意。
・石巻、南三陸町、気仙沼:
※三陸自動車道は平日も混雑状態が続いており、特に連休は臨時バス等の利用が望ましい。

○南三陸町へのアクセス:
車:三陸自動車道登米東和IC、もしくは築館ICより国道398号経由で南三陸町へ
臨時バス:宮城県庁~気仙沼まで1日6便あり
JR:東北新幹線古川駅より石巻線で涌谷駅まで。涌谷駅から柳津駅まで代行バス運行。柳津駅からはタクシー等で約20キロ。

○気仙沼へのアクセス:
車:東北自動車道一関ICより284号経由で気仙沼まで。
臨時バス:宮城県の県庁市役所前15:10発
JR:東北新幹線一関駅より気仙沼まで代行バス運行中。

○石巻へのアクセス:
車:仙台駅より三陸自動車道石巻河南ICより石巻専修大学・石巻災害ボランティアセンターへ。但し、三陸自動車道路が復旧・復興関連の車で混雑しているとの情報あり。国道45号や県道仙台松島線への迂回が呼びかけられている(4月25日現在)。
JR:東北新幹線古川駅より石巻線で涌谷駅まで。涌谷駅から石巻まで代行バス運行。
臨時バス:仙台駅前8:52、0:07、17:37発の他、臨時直行バスが5本運行。※ミヤコーバスTEL.0225-22-4161に確認のこと

<宮城県内で宿泊可能な施設一覧>
※但し、連休中の宿泊状況等、各自確認のこと。(下記情報は4月25日現在)
(中心部)
・仙台市中心部:ホテルメトロポリタン仙台
(南部)
・作並温泉:作並温泉ホテル一の坊、鷹泉閣岩松旅館、仙台リゾートホテルグリーングリーン
・秋保温泉:ホテルニュー水戸屋、ホテル佐勘、ホテルきよ水、秋保リゾートホテルクレセント、ホテル華乃湯、篝火の宿緑水亭、奥州秋保温泉蘭亭、岩沼屋
・白石市:旅館かつらや
・蔵王町:宮城蔵王ロイヤルホテル、遠刈田ホテルさんさ亭
(北部)
・大崎市:ホテルルートイン古川駅前 
・松島町:ホテル大観荘、花ごころの湯新富亭
・塩釜市:ホテルグランドパレス塩釜
※大崎市、松島町、塩釜市は石巻、気仙沼、南三陸町に近く、移動に便利。
・石巻市:石巻グランドホテル、ホテルルートイン石巻
・気仙沼市:ホテルパールシティ気仙沼
・栗原市:ホテルグランドプラザ浦島
・鳴子町:リゾートパークホテルオニコウベ、鳴子ホテル、鳴子観光ホテル、仙庄館、名湯秘湯うなぎ湯の宿宅琢秀、鳴子湯乃里幸雲閣、鳴子天鳳(旧本陣横屋)

※尚、山形市から仙台市までは、高速バスで約60分。山形市内のホテルに宿泊し、高速バスで仙台に出て、各被災地のボランティアに向かうのもひとつの手段です。

いいね!した人  |  コメント(0)
PR

テーマ:
「宮城県内でのボランティア希望の方へ」
2011年4月19日
寄稿ブログ:自信はゆれないメッセージ活動を支援するNeoより

$自信はゆれないメッセージ
日就館前に貼られていた災害ボランティア募集の貼り紙(4月15日現在)

 東日本大震災による宮城県内の死者は4月15日現在で、8,304人。行方不明者数は7,918人。この大震災で避難所生活を続けている人は、全国で13万人以上にのぼる。メディアでは気仙沼市や南三陸町(旧志津川)、石巻市が大きく取り上げられているが、仙台市の宮城野区、若林区、その南に位置する名取市、岩沼市、亘理町、山元町の太平洋沿岸部の被害もかなり大きく、未だに多くの被災者が避難所での不自由な生活を強いられている。
 仙台市中心部は地震の影響で閉鎖されていた施設や店舗も復旧が進み、ライフラインも整って、復興へ向けて力強く歩みはじめた。仙台駅構内には「助け合いジャパン ボランティア情報ステーション」の窓口が4月23日から通常開設され、県内のボランティア情報を聞くことが出来る。

 プロ?のボランティアの人達はテントや寝袋、食料を持って遠く九州からも集まって来ているというが、そこまで本格的ではなくても、ボランティアをしたいという人も多いと思う。実は自分もボランティア体験はゼロ。大きなボランティア団体に加入すればいいのだが、仕事の関係もあり、それも尻込みしてしまう。そこで個人でも比較的参加しやすいボランティアがあるようなので、情報収集をしてみた。以下、その情報をまとめてみたので、参考にしてもらえればと思う。

<ボランティアの基本情報>
○基本的には大きなボランティア団体を通しての支援が望ましい。
・助け合いジャパン 
※助け合いジャパンでネット検索。さまざまな被災地情報を得ることが可能。
○宿泊先・交通手段・食事は各自で確保。すべて自己負担。
○服装は長そで、長ズボン、荷物はリュック1つにまとめ、動きやすい服装で。防塵マスク、運動靴、軍手を準備。状況に応じて長靴やヘルメットが必要となることもある。
○朝9時前後から受付開始(各ボランティアセンターHPにて確認のこと)。10時前後には各ボランティアの役割が割り振られ、がれき撤去や浸水家屋の掃除など、数人のグループに分かれての活動となる。
※仙台駅周辺の営業しているホテルに宿泊できるが、休業中のホテルも多いので事前に調べること。ホテルメトロポリタン仙台は4月1日より営業中。秋保温泉、作並温泉、鳴子温泉等の旅館も大体営業しているので、こちらへの宿泊も可能。
(東北運輸局管内 政府登録ホテル・旅館の営業状況 参照※4月15日現在)
※車であればガソリン代、高速代等、すべて自己負担。仙台市中心部のスタンドはほぼ通常営業しているので、給油の心配はないが、連休等は高速道路などかなりの混雑が予想される。
※JR関係は三陸沿岸を除き、ほぼ営業(間引き運転あり)。東北新幹線も4月27日頃には東京-仙台間の営業が再開予定。バスもほぼ通常運行。
※食事については仙台駅及び市内飲食店やスーパーが営業しているので、そこで入手可能。ボランティア先へはコンビニのおにぎりやお弁当などを持参。被災地周辺では入手出来ない場合もあるので注意が必要。

$自信はゆれないメッセージ
亘理町中央公民館前にある日就館が、亘理町の災害ボランティアセンターになっている。

<4月19日現在の各災害ボランティアセンター情報>

○仙台市宮城野区・若林区・・・・仙台市内在住の方のみボランティア可能
・宮城野区災害ボランティアセンター TEL.022-231-1320
・若林区災害ボランティアセンター TEL.022-282-0067(希望)

○塩釜市(事前登録)、名取市、多賀城市、東松島市、山元町、南三陸市・・・宮城県内在住の方のみボランティア可能
※宿泊施設が確保できないという理由から、仙台市内及び宮城県内在住者のみのボランティアとなっているが、実情は行政や各施設の対応が追いつかないもよう。また連休などは大型のボランティア団体から多数の派遣が予測されるため、逆に連休や土日は人がすぐに足りてしまう可能性も大きい。但しニーズに応じて、ボランティアが可能となっていくと思われるので、HPなどで情報を確認、また、電話連絡等をしてみてほしい。

◎岩沼市、亘理町、石巻市、気仙沼市・・・県外在住者もボランティア可能
・岩沼市:岩沼市災害ボランティアセンター
     岩沼市総合福祉センターiプラザ 岩沼市里の杜3-4-15
  TEL.080-5949-7541・080-5949-7542
     ※団体8名以上の団体で参加の場合は、事前連絡が必要。
・亘理町:5月1日からは、県外からの新規ボランティアは受け入れ中止しているが、
     必要となり次第、再度募集する。
     宮城県内在住者のボランティアは随時受入れ中。
     亘理町災害ボランティアセンター
     亘理町中央公民館敷地内武道館 亘理郡亘理町字旧館62-1
     TEL.080-4076-1906
※岩沼市・亘理町:比較的中心部や行政の被害が少なく、県外在住者のボランティア受入れ体制が整っている。アクセスも車、JR等、比較的容易。

・石巻市:被害が甚大で、ボランティアをするにあたって保険加入などの準備が必要。
     ボランティアのニーズが高まっており、受入れ体制も整ってきた。アクセスについては仙石     線の復旧見通しが立っていない(4月18日現在)ため、仙台駅さくら野百貨店33番のりばよ     り出ている臨時運行バスを利用のこと(所要時間は1時間30分程度)。もしくは車。宿泊施     設については、石巻グランドホテル、ホテルルートイン石巻が営業。
     石巻市災害ボランティアセンター
     石巻市南境新水戸1 石巻専修大学5号館
     TEL.0225-23-6011・0225-23-6012

※天候等によって屋外でのボランティア活動ができない場合があるので注意が必要。
※県外からの新規ボランティア受入れは随時状況が変わっていくので、事前に最新情報をチェックのこと。
※気仙沼市は仙台から移動に車でも4時間以上かかる。JR気仙沼線、大船渡線とも不通。古川からJRと臨時代行バスを利用するか、一関から岩手交通バスを利用することが可能。池袋から出ている夜行高速バスけせんライナー(一関4:49発・気仙沼駅6:07着)を利用することも可能。宿泊はホテルパールシティ気仙沼が宿泊可能。

$自信はゆれないメッセージ
亘理町中央公民館敷地内の佐藤記念体育館

<亘理町災害ボランティアセンターの状況>
(4月15日現在)
 国道6号沿い、亘理町警察署の向かいにある中央公民館敷地内に佐藤記念体育館と日就館があり、日就館が災害ボランティアセンター(TEL.080-4076-1906)になっている。
 基本的には個人からの支援物資受付はしていない。受付は8時30分~午後3時までとなっているが、午前中にはほぼ受付が終了するとのこと。受付後、その日に必要なボランティアに応じて、被災家屋のがれき撤去や掃除、支援物資の仕分けなどの活動が割り当てられ、グループに分かれての活動となる。町内には津波で外構だけが残り、押し流された家具やがれきが散乱している家屋が多く、そうした家屋に行って浸水した畳や家具を運び出し、屋内を整理、きれいに掃除をする仕事がある。

$自信はゆれないメッセージ
亘理町中央公民館向かいに設営されたテント。野菜などの支援物資が届けられている。


追記:
4月19日現在の亘理町災害ボランティアセンターのHPによると、5月1日からの県外からの新規ボランティアの受け入れは中止で、不足次第、再度募集するとのこと。いずれにしても、自分のできることを明確にし、宿泊・交通・食事などの体制をきっちり整え、各災害ボランティアセンターのニーズを確認した上でのボランティアが求められる。
また、全国から被災地を見にくる人が増えてきて、交通渋滞による支援物資の運搬や物流、がれき撤去等に支障をきたしているとのこと。ぜひぜひ、聡明な自己判断に基づいた行動を心がけてほしい。
いいね!した人  |  コメント(0)
PR

テーマ:
「宮城県・亘理町・鳥の海周辺の被災状況」
2011年4月18日
寄稿ブログ:自信はゆれない活動を支援するNeoより

$自信はゆれないメッセージ
東日本大震災の津波によって、一面、がれきの山と化した亘理町・鳥の海周辺。

  東日本大震災から1ヶ月が過ぎた。自分に何ができるだろう?と思いつつ、まずは被災地の情報発信をしようと思い立ち、亘理町へ。仙台市中心部から車で亘理町に向かう。国道4号、国道6号までの交通網は、平日ということもあってスムーズ。50分ほどで亘理町に到着。国道6号の左、亘理警察署の向かいに中央公民館がある。その敷地内にある日就館が、亘 理町の災害ボランティアセンターだ。わずかな支援物資を届けて、町の中へ。中心部ではライフラインも復旧しており、商店やスーパーも 営業を再開。人々の生活も震災当時よりは落ち着きを取り戻しているように見えるが、町内の死者数は247人、行方不明者は41人。4月11日現在で1,483人の避難者が、町内5箇所の避難所で暮らしている。

$自信はゆれないメッセージ
阿武隈川河口付近。
高さ約6メートルの堤防を超えて、津波は近隣の集落を破壊した。


 COOPを過ぎ、常磐自動車道の先まで車を走らせると、周囲の状況は一変。津波で浸水した家屋や畑、津波で大きく折れ 曲がった電柱、押し流された廃車の山。かろうじて外構を保っている家では、ボランティアの人たちが家屋内のがれき撤去をしている姿が 見受けられる。

$自信はゆれないメッセージ
阿武隈川河口と鳥の海の間の区域には、未だに水没したままの家屋が残る。

$自信はゆれないメッセージ
阿武隈川河口付近。なぎ倒された電柱が、津波の猛威を伝えている。

阿武隈川河口、太平洋に面して設けられた堤防をやすやすと乗り越えて、津波は人々の暮らしを破壊していった。それでも この辺りはまだましなほう。その先にある鳥の海周辺は、まさに悪夢の世界。全壊した家々の、一面のがれきの原は、まるで映画を見るよ うだ。周囲には路上で懸命に復旧作業をする人々やがれきを撤去する自衛隊の車が行きかっているが、この地域が整地され、ライフライン が復旧して、人々がまたここで再び暮らせる日が来るのは、いつになるのだろう。

$自信はゆれないメッセージ
大きく崩れた家屋に乗り上げたままの車。

$自信はゆれないメッセージ
浸水した地域のがれきの海に取り残されたままの車。

  古来、私達日本人は海に囲まれた日本という小さな国土で、美しく豊かな自然に囲まれ、その恩恵を享受しながら生きてきた。そして、その同じ自然は時に地震、津波、火山の噴火となって人々に牙をむき、生命を奪う。今回の東日本大震災は、その最たるものとして後世に語り継がれることだろう。三陸沿岸に築かれた世界有数の防波堤は破壊されたが、観光名所であった松島は、津波の被害をある程度食い止めてくれたという。

$自信はゆれないメッセージ
ここで生命を落とした人々の鎮魂と、復興への願いを込めて、鳥の海周辺に供えられた仏像。

$自信はゆれないメッセージ
常磐自動車道のすぐ西側にあるコンビニ。津波で床上まで浸水していたが、現在は営業が再開されている。

また亘理町でも、常磐自動車道内陸側の被害は比較的少なかった。すでに三陸沿岸の町では復興が始まっている。自然災 害に強い、新たな都市計画に基づいたグランドデザインは、これから形になっていくのだろうが、研究者や行政関係者にはこれまでとは違 う、自然を抑え込むのではなく、何かもっと自然のありようを熟慮した自然災害対策を考えて欲しいと思う。それを実現し、原発への対応 も含めて、新たな文明を築いていくことが、この震災をともに体験した私達一人ひとりに遺された課題なのではないだろうか。そしてこの 震災と津波で家族や家、財産を奪われた人々の痛みを共有し、自分にできる何かをひとつずつ形にしていこうと改めて強く感じた。
いいね!した人  |  コメント(0)
PR

[PR]気になるキーワード