ノボノルディスクファーマの新規性の高い2型糖尿病治療薬ビクトーザ皮下注(成分名=リラグルチド)の4月の薬価収載(保険適用)が見送られた。3月31日の中医協総会では、厚生労働省が1月20日付で正式承認した新薬の薬価を決めたが、この中にビクトーザは含まれていなかった。厚労省の担当者は「企業と薬価で合意できなかったため」と説明している。

 厚労省の担当者によると、「企業からは、日本と海外では1日投与量が異なり、日本は海外の半分と少ないので、もう少し高い薬価にしてほしいと求められた。最終的に合意に至らなかった」という。一方、ノボノルディスクは「不服ということではないが、厚労省と前向きに話し合いを続けている」(広報部)としている。

 ビクトーザは、膵β細胞上のGLP-1受容体に作用してインスリン分泌を促進する国内初のGLP-1受容体作動薬で、1月20日に正式承認された。


【関連記事】
「新しい2型糖尿病治療薬に期待」
インクレチン関連の2型糖尿病治療薬が続々と承認へ
日本イーライリリー、新規糖尿病治療薬を申請
日本イーライリリー、売上高1千億円突破
糖尿病治療薬市場に本格参入へ―中外製薬

看護管理学会が都内で緊急フォーラム(下)(医療介護CBニュース)
【科学】野口さん、のびのび宇宙生活3カ月(産経新聞)
<事業仕分け>当選1回の衆参議員95人が「調査員」に(毎日新聞)
混沌の時代が求める快男児 4日、「龍馬の世界」スタート(産経新聞)
小沢氏が資産等報告書訂正…ホテルの土地など(読売新聞)
AD