仙谷由人国家戦略担当相は22日、国際協力銀行(JBIC)が融資できる事業に、先進国での高効率石炭発電や水質処理に関する事業も加える方向で検討を始めた。17日に着手した新幹線の海外展開を追加する政令改正を終えた後に本格的な調整に入る。仙谷氏は6月にまとめる新成長戦略の策定を担当しており、日本の技術力を背景にした事業の海外展開を支援することで、経済成長の基盤を強化する方針だ。

 高効率石炭発電は、石炭をガス化してから発電するもので、従来よりも二酸化炭素の排出を抑制できる。水質処理も環境技術の一つとしてニーズが高く、国家戦略室はいずれも、環境事業で海外展開する日本企業の後押しにつながると見ている。

 仙谷氏はJBIC幹部や外務省の吉良州司政務官らと意見交換。従来の先進国向けの投資は原子力発電だけだったが、日本企業が優位にある新幹線技術を追加。さらに、高効率石炭発電、水質処理への融資が有効との判断にいたった。新幹線追加のための日本政策金融公庫法の施行令を改正した後、早急に残りの2事業の改正にも取りかかる。【小山由宇】

【関連ニュース】
国際協力銀行:先進国にも業務拡大 高速鉄道で意見募集
野田副財務相:政府系金融機関見直しの必要性を指摘
エコナビ2010:国際協力銀、機能強化 民間企業の海外プロジェクト受注、後押し
国際協力銀:先進国向け事業解禁 高速鉄道を追加--政府方針

狩野探幽 水墨画「雲竜図」の作者と判明 京都・興正寺(毎日新聞)
<訃報>清水一行さん79歳=作家、「小説・兜町」など(毎日新聞)
消防機関の新型インフル対策で報告書-消防庁(医療介護CBニュース)
嫡出子認定、判断先送り=性別変更者の人工授精-千葉法相(時事通信)
<雑記帳>「ぽん太」使って樹木内部簡単に診断 島根・出雲(毎日新聞)
AD