2009年に交通事故で死亡した4914人のうち、65歳以上の高齢者が2452人で49.9%を占めたことが28日、警察庁のまとめで分かった。高齢者の割合は年々上昇し続けており、過去最高を更新した。
 シートベルトの着用率向上などの影響で、自動車乗車中やベルト非着用の死者数が大幅に減った。
 状態別では、歩行中が4人減の1717人だったのに対し、乗車中は1600人で110人減少。歩行中は08年、34年ぶりに乗車中を上回って最多となったが、差が広がった。 

【関連ニュース】
交通死5000人下回る=57年ぶり、昨年4914人-9年連続減・警察庁
パトカー追跡、電柱に衝突=乗用車の3人重傷
全日空、7機中3機で整備不良=海外委託B777の酸素マスク
後部席の着用率、伸び鈍化=高い致死率、投げ出されも
芦森工業、9月中間純損益3億2700万円の赤字

暴力団組長が「特別席」で相撲観戦(産経新聞)
<通貨偽造>金庫の1万円札抜き取り、コピーを戻す 孫逮捕(毎日新聞)
渋滞の車列に大型バイク追突、男性死亡 大阪中央環状線で(産経新聞)
統合医療でPT設置の意向―長妻厚労相(医療介護CBニュース)
閣僚好き勝手…答弁拒否したりヤジったり(読売新聞)
AD