FPの知識を実務に生かすには

せっかく資格を取得しても、実務で生かす機会がない。資格保有者の中にはそのような方もおられると思います。でも、その機会がいつ訪れてもいいように準備は必要です。FPの知識を実務に生かすためのヒントをお伝えできればと考えています。


テーマ:
日本の総人口は2008年の1億2808万人をピークに人口減少が

始まっていますが、その一方で総世帯数はまだ増えているとされて

います。

人口が減っているにもかかわらず、世帯数が増えるのは、単身世帯や

夫婦のみ世帯(特に高齢者)の増加が理由の一つなのでしょう。


ただ、その総世帯数もやがて減少するといわれています。

少し前のものですが、国立社会保障・人口問題研究所のまとめによる、

2013年推計の「日本の世帯数の将来推計(全国推計)」では、

総世帯数が、2019年の5307万世帯をピークに2035年は4956万

世帯に減少すると推計されています。


では将来、総世帯数が減少することで、何に影響があるでしょうか。

その一つには、”空き家”の問題があると思います。


今現在でも、既に総住宅数の15%程度が”空き家”といわれている状況

ですが、(株)野村総合研究所の予測では、既存住宅の除却や、住宅

用途以外への有効活用が進まなければ、2033年には30.2%まで

上昇するといわれています。


人口減少だけでなく、世帯数減少も訪れるであろうこれからの時代、

住宅政策をどのように変えなければならないか、"2019年問題"が

これらを考えるきっかけになるのではと思います。








いいね!した人  |  リブログ(0)