民主党の枝野幹事長は14日の記者会見で、昨年11月の事業仕分けの際、小惑星探査機「はやぶさ」後継機開発などの衛星関連予算を「1割削減」と判定したことについて、開発の必要性は否定しなかったと釈明した。

 枝野氏は当時、仕分け人の統括役を務めていた。

 枝野氏は「もう少し工夫すれば、少ないお金で同じ効果を上げられるのではないかという議論だった」と強調。今後については「成果につながることを続けることは、決して否定していない」と述べた。

所信表明11日を与党が提案=野党、予算委確約が前提(時事通信)
<国民新党>社民党公認候補3人に推薦状 参院選(毎日新聞)
好立地の薬局確保、取引独占=高知の医薬品卸会社に警告―公取委(時事通信)
日本振興銀行を検査妨害の疑いで捜索…警視庁(読売新聞)
阪神・中村コーチの盗難ユニホーム、球団に届く(産経新聞)
AD
 冷たいものが歯にしみる「知覚過敏」。歯の象牙質が露出し刺激が伝わり、不快な症状が起こる。原因の一つに、食品や飲料の酸により歯のエナメル質が溶ける「酸蝕歯(さんしょくし)」がある。酸蝕歯は食生活を工夫することで予防できる。明日6月4日から歯の衛生週間。できることから、始めてみませんか?(津川綾子)

 「ビリッと歯がしみると、背筋までヒヤッとする」。東京都練馬区の女性会社員(29)は数年前から、好物のアイスや冷えたフルーツを慎重にほお張るようになった。常に痛いわけではなく治療はしていないが、「思い切り食べられないのがつらい」と話す。

 ◆健康飲料のはずが…

 「実は誰でも知覚過敏になる可能性がある」と、塚原デンタルクリニック(千代田区)の塚原宏泰院長は明かす。知覚過敏は歯の象牙質の露出によって起こるが、その原因はさまざまだ。まずは虫歯や歯周病などの病気がある。このほか、加齢で歯茎が下がったり、ストレスから歯をくいしばり、その力で歯の覆いとなっていたエナメル質が欠けたりして象牙質が露出し、そこから刺激が伝わってしみてしまう。

 中でも知覚過敏の原因として盲点なのが「酸蝕歯」だ。口の中は通常、中性(pH7)。だが、「清涼飲料水や健康ドリンクはpH3前後で酸性が強い。歯のエナメル質が溶けるのはpH5・4以下とされ、口の中が酸性のままだとエナメル質が溶け、象牙質の露出を招く」と塚原院長。特に最近は健康ブームで酢を常飲する人が増え、エナメル質を溶かし知覚過敏を訴える人もいるという。

 冒頭の女性のように酸っぱい柑橘(かんきつ)系の果物を好む場合も「知覚過敏に注意が必要。飲食の後は、水で口をすすぐようにしてほしい」という。

 ◆具材多め、大切りに

 知覚過敏の原因ともなる「酸蝕歯」の予防は、食事の工夫でも取り組むことができる。鍵となるのが、唾液(だえき)の分泌だ。唾液は安静時はほぼ中性(pH7前後)で、食事により酸性に傾いた口の中を中性に戻す働きがある。

 料理研究家で「高浜デンタルクリニック」(千葉市美浜区)の田沼敦子院長は「噛(か)むほど唾液の分泌が促される」として、噛む回数をおのずと増やすメニューを提案している。

 料理のポイントは、(1)具材を大ぶりに切る(2)食材を多めに組み合わせる(3)薄味にする(4)水分を減らす-など。「レトルトカレーでも、そのまま食べずにキノコや根菜、シーフード…と具を増やすほど、噛む回数が増える」。水分の多いものは噛まずに飲み込めるが、大きな具や水分が少なく繊維が多い乾物などは、自然とよく噛まなければならなくなる。

 これらを踏まえ、田沼院長から初夏に合うメニューを提案してもらった。

 乾物の車麩(くるまぶ)やゴーヤなど多様な食材を一度に口に含めば、噛むほどに味わいが変化し、噛む回数も増える。このほか、水菜やキュウリの細切りなどと、青ジソ、カニかまぼこを生湯葉(なまゆば)で巻く一品もおすすめだ。生野菜は噛む回数を増やすが、生湯葉巻きにすれば、よりおいしく食べることができるという。

 ■象牙質が露出し神経を刺激 虫歯や歯周病になりやすく

 歯がしみるような不快感は、なぜ起こるのか。

 歯は層をなし、外側のエナメル質が殻のように象牙質を守り、刺激が歯の内側に伝わらないようになっている。しかし、歯の根元のエナメル質は薄く、はがれたり溶けたりするほか、歯茎が下がることもある。こうして象牙質が露出し、象牙細管を通じて歯髄神経に刺激が伝わる。知覚過敏が歯の根元で起こりやすいのは、こうした理由からだ。

 知覚過敏になると歯磨きがしにくくなり、虫歯や歯周病になりやすい。最近は歯がしみるのを防ぐ硝酸カリウム配合の薬用はみがきもあり、利用するのも一手だ。

【関連記事】
あごのズレ 無意識に歯を食いしばりすぎて様々な症状が
人の見た目は歯が命? ライオンが意識調査
子供の口周りで気になるのは虫歯
コンビニより多い!? 歯医者さんはつらいよ
インプラント“使い回し”広がる波紋 問題医師は自殺未遂

乗用車転落、20代3人死亡=ガードパイプ突き破る―千葉(時事通信)
介護・福祉の振興事業を募集―福祉医療機構(医療介護CBニュース)
電気自動車「リーフ」の予約台数、2カ月で販売目標の6000台に(Business Media 誠)
<インドネシア>看護師ら115人 日本派遣へ研修開講式(毎日新聞)
菅首相会見速報(2)「財政再建は経済成長の必須要件」(産経新聞)
AD
 岡田克也外相は29日午後、三重県桑名市などで講演し、今夏の参院選について「民主党は大きな逆風の中にあり、かなり負ける可能性がある」との厳しい認識を明らかにした。この後、記者団に「鳩山由紀夫首相を先頭にどう盛り返すかを訴え、内閣として実績を上げたい」と述べ、鳩山首相の下で選挙を戦うべきだとの考えを示した。
 岡田氏は講演で、「逆風」の原因として、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題で地元沖縄の月内の合意取り付けに失敗したことなどを挙げ、「民主党は期待外れだとの声を全国で聞く。そういう面は率直に認める」と語った。
 また、「自民党が支持を失った理由の一つは、小泉政権の後、首相が1年ごとに交代したことだ。首相や外相が毎年代わっていてはきちんとした政治はできないし、外交で深い議論もできない」と訴えた。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦~米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで~
【特集】沖縄と米国海兵隊~ペリーと黒船でやって来た海兵隊~
【特集】迷走!普天間移設~鳩山首相、「県外」守れず陳謝~
【特集】米国海兵隊兵器総覧~沖縄に配備されているのは?~
【特集】「陸山会」土地購入事件~小沢氏、再び不起訴=検察審が再審査へ~

“幹部力”を磨こう――人を生かすための3つのコツ(Business Media 誠)
あなたが思う“クール・ジャパン”コンテンツは? 「ドラゴンボール」や「ジブリ作品」が上位に(Business Media 誠)
パー券を府工事受注業者が斡旋 橋下知事「小学以来の友人」(産経新聞)
全国知事会の欠席意向の群馬知事、一転出席へ(産経新聞)
日中韓首脳会談 共同記者会見の要旨(産経新聞)
AD