雨にも負けず (第二章)

„Allen Widrigkeiten zum Trotz“


テーマ:

1週間、お待たせしました。

 

これが、

 

 

町の名前の起源になった

「城砦」

です。

 

現在は博物館。

入場料が12,8ユーロ(2017/8年)とノイシュヴァインシュタイン城と同じ。

流石、観光地。

 

"Nein, danke."

 

ここは見晴らし台になっており、

 

 

ボーデン湖を一望できます。

 

 

対岸はコンスタンツです。

 

単焦点(50mm)で撮影。

家の屋根がキレキレ。

が、少し空の色がおかしい。

 

逆光だったのが原因です。

この単焦点、逆光には弱いみたい。

 

ここに建っているのが司祭様の御殿。

 

 

その御殿の前には、

 

 

司教様専用の茶室。

 

当時の司教様と言えば、

「暴君」

を絵に描いた存在。

 

「もっと権利を!」

と市民権を要求した町長を裁判もなしに処刑。

 

よかった~、当時に生まれなくて。

 

メーアスブルクはワインの産地です。

これが

 

 

"Staatsweingut"

と呼ばれるワインケラー。

 

レストランも併設。

 

 

勿論、ワインも飲めます。

港に入ってくる観光船を眺めながら。

 

 

でも車で来ているのに、

「一杯くらい。」

なんて油断厳禁。

 

狭い駐車場で車が凹みますよ。

 

下界も綺麗なので、次はプロメナードを見に行きましょう。

 

はい、ここが下界です。

観光客で一杯です。

 

 

今日も暑い日だったので、噴水で顔をぬぐって

 

 

いざ!

ここにはレストランが密集。

 

 

ここは裏通り。

プロメナードはこの建物後ろ(前)。

 

これがメーアスブルクの名高い並木道。

 

 

気持ちいい~。

なのにベンチに座って、和む時間なし。

 

絵になる角度を探しながら先に進むと、

 

 

港に来ました。

 

 

綺麗です~。

綺麗なだけじゃなく、風がガンガン吹いて心地いいです。

 

 

波止場のさきっぽには、シュールな芸術が。

 

 

芸術は一生理解できそうにない。

明らかに、

「歩き疲れた~。」

と観光客が、一休みしています。

 

が、(元)自衛隊員には休みなし。

ここから自宅まで車で3時間。

早く撮影しないと、帰宅が深夜になっちゃう。

 

それに、

「もう二度と来ない。」

と思うと、

「いとおかし」

で、足が進みます。

 

はい、これがボーデン湖。

杭で船の進入経路をマークしています。

 

 

港の内側はボートの停泊場。

 

 

この景色、心が和みます。

気がつけば、もう16時を回ってます。

 

4時間、休憩なしの強行軍。

今朝はフライブルクで撮影したのもお忘れなく。

 

めぼしいところは

"im Kasten."(撮影済み)。

 

"Time to say, "good-bye"

です。

 

プロメナードの景色を眺めながら、

 

 

帰路につきました。

ミュンヘン、アウグスブルク、どちらからでも車で3時間。

 

日帰りするにちと遠い。

でも綺麗な町なので、機会があれば行っても損はなし!、

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。