静養のため静岡県入りした天皇、皇后両陛下は6日午前、伊東市池の田園地帯を散策された。同地区は「池のさと」と呼ばれ、昔ながらの里山の風景を楽しむことができる場所で、地元住民が環境保全に取り組んでいる。
 両陛下は、用水路沿いの農道をゆっくりと歩き、メダカを保護する池などを見て回った。天皇陛下は帰り際、説明した担当者に「自然を大事にしてください」と語ったという。
 両陛下は7日、伊東市から下田市の須崎御用邸入りする。同御用邸での静養は2005年7月以来となる。 

政府・民主首脳会議、参院選・会期延長テーマに(読売新聞)
ヒト属祖先? 新種猿人 南アフリカ、190万年前の化石(産経新聞)
美しい花の“じゅうたん” 明石海峡公園(産経新聞)
ペット葬儀、トラブル多発「法規制必要」(産経新聞)
常務就任翌年から随意契約=14年、他社から見積もり取らず-家具厚生年金基金汚職(時事通信)
AD