2014-12-01 12:05:00

PE'Z解散のお知らせ

テーマ:information
突然ですが、PE'Zは2015年の1年間の活動をもって解散します。



急にこのような発表で皆さんを困惑させてしまうのは、ぼくらとしても辛く、なるべく誰にとっても良いタイミングを、、と考えましたが答えは出ず、、、。
むしろその間に応援してくれている皆さんを欺き続けることの方が良くないという気持ちから、なるべく早く伝えようと言う事になりました。
結果”解散”という言葉がOhyamaさんから出てから3ヶ月足らず、
本当に急ですが今日こうして皆さんにお知らせするに至りました。


根は深い問題ですが、ぼくらにとっても、実際、急な決断でした。


PE'Zという集団は、スタッフも含め常に何か新しいものを作り出す事に挑戦して来たバンドでした。
それは結成当初から今まで15年間、ブレずに貫いてきた姿勢だと思っています。
それがPE'ZをPE'Zたらしめていた力の源であり、生き生きとした音楽を作って来られた理由であったとも思います。

ですが、今年に入り、新しいアルバムを作り終えて改めてこの先を考えた時に、
この時代の流れの中、これからもPE'Zとしてこの体制で生き生きとした音楽を作り出すことが難しいと感じ初めていました。

そんな中Ohyamaさんから出た”解散”という言葉。

もちろん「ここまでメンバー変わる事も無くやって来て、オリジナル曲も数多く有るのに勿体ない!」という気持ちは5人に共通してありました。

しかし過去の遺産が勿体ないから続ける、というのはPE'Zを続けていく理由としてはあまりに後ろ向きすぎる。
 
 
では今何が自分達には足りないのか?



メンバーそれぞれ、思った事は違うと思います。


しかし結果PE'Zとしてこの先、何をするべきなのか、
自分を含め、誰も指し示せませんでした。



ぼく個人としては、音楽性も人間性も、一度見つめ直し、自分の足でちゃんと立つということを真剣に考え直さなければならないと思っています。

良い音楽を作り、聴きたいと思ってくれる人に届ける。

協力してくれる人、応援してくれる人がいて、その人たちに感謝をして…。

その結果として自分は皆に生かされて、また新しい音楽を作ることが出来る。

とてもシンプルな循環なはずなのに、それら全てを感じきれていない自分が居る。

どこか、この循環の輪から自分が外れて他人事のように感じ、地に足がついていない感覚。

2002年にデビューしてすぐに全国区のバンドとして大きな力を得たことは、諸刃の剣であったと、今考えるとそう思います。



2015年、年明け早々に始まるツアーがPE'Zとしてはラストツアーとなり、その後は、思い出深い夏フェスへの参加、そして2015年末のエンムスビを活動の最後とする予定です。
そこから先、この5人が長い人生の中でどう繋がって行くのかは、今は分かりません。

”解散”とはせず”休止”として、バンドとして先の可能性を残した方が良いのでは?

という意見も出ましたが、今からそれでは乗り越えるべきものを前にして自分たちの為にならない、
何よりPE'Zらしくない、ということになりこの様な決断に至りました。


5人が音を出し合って音楽を奏でるのは2015年が最後となります。

それから先はメンバーそれぞれが、新たにそれぞれの想いを音楽で人に伝え、響き合える場所を探しに武者修行の旅に出ます。


寂しい気持ちが残るのはぼくらも一緒ですが、どうかこの5人が更にパワーアップする為の前向きな決断と捉えて下さい。


これまでPE'Zというバンドを応援してくれた皆さん、本当にありがとうございます!

PE'Zがここまでやってこられたのは、まぎれも無く皆さんの応援のおかげです。


これから5人最後の1年間の活動、そしてその先もどうか5人それぞれを、応援よろしくお願いします!!



Kadota"JAW”Kousuke

いいね!した人  |  コメント(27)  |  リブログ(0)

jawさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

コメント

[コメントをする]

27 ■"らしさ"も"らしくなさ"も含めての"PE'Z"やった

初見は、スペースシャワーTVで流れていた【HEY!JORDU!】のPVで、初めて聴いた時は『こんな暴力的なJAZZがあったんだ』という衝撃でした。あれから15年、よくぞ今まで頑張ってこれたと称賛したくなるばかりです。【Jazz】は元から総てがバラバラであり、誰かが先走り、誰かが引立て役を買って出る。それを繰り返し、いつの間にか統率されていて、最終的に一つの作品として仕上がる。意見が食い違うのは至極当然なのです。しかし、本物は本物にしか統率されない。いつかみなさんが本物になり、統率され、本物の【PE'Z】になって帰ってくるのを待っています。それまでは【しばしの別れ・・・】と言ふ事で・・・

26 ■無題

正直、さみしいです…
他になんていっていいのかわからないなぁ。
PE'Zの音が大好きです。JAWさんのサックスの音、本当に大好きです。
PE'Zが聞けるあと一年、一音一音をしっかり聴きます!
ありがとう、これからも色んなステージを楽しみにしてますね。

25 ■無題

今年の夏に産まれた息子とライブに行くのが夢でした。
彼がお腹にいる時から聞かせてたので。

メンバーみなさんの思いがあってのこと。
惰性で続けては欲しくありませんが、
まだファンになって1年半あまり、、早すぎるサヨナラにはさみしい思いでいっぱいです。

一回解散したから再結成なんて恥ずかしいことできない、とは思わずいつでも帰ってきてください!
ずっと待ってます!!



24 ■無題

PE'Zを初めて生の音で聴いたのは、Blue Noteです。

最初の第一音から心奪われました。
こんな恰好良い音楽があったのか。なんだこの5人組は、と。

最初から最後まで、本当に聴き漏らしたくない、全部心に吸収させたいと思いました。

そこからは、私の人生のBGMはほぼPE'Zです。今でもそうです。

ファンの反応も予想されていたとは思います。PE'Zのみなさんの決意も固いでしょう。けど、やはり解散して欲しくない気持ちが強いです。

正直、もったいないな。

イイね!じゃない!!
よくないね!のボタンが欲しい!

けれど、PE'Zにとって良い1年になりますように!

2

23 ■無題

今回の発表すごくショックでした。
PE'Zはいつまでも音楽を発信してくれると思っていたから。
そしてやはり気がかりです。
本当にメンバーの皆さん全員が納得した上で解散という道を選んだのでしょうか。
15年間やってきたことを3ヶ月という期間で、5人全員が心から納得したとはなんだか思えないのですが(・_・;

22 ■うーん

あーあ、こんな日が来てしまった!
精神的に不安定でもPE’Zのライブを観れば元気をもらえたし!
陣痛の時もPE’Zうを聞いて堪えて、出産してもライブを楽しみに子育てしてたのに!!
紆余曲折あったと思いますが、みなさんが残した音源は大事な人生の宝物です。
解散前にもミニアルバムでいいから新曲出してくださいー。
ベスト盤をだして場を濁すだけならゆるしません!w
最後まで駆け抜けてくださいー、もっともっと宝物を増やしてくださいー。

21 ■無題

昨日は驚きとショックのあまり、言葉も出ませんでしたが、一晩寝てちょっとスッキリして、事実を受け止めております。
この一年はおもいっきりPE’Zを楽しみたいと思います!!
そして、その後は門田さんの新たなスタートをずっと応援させていただきます!!
これからもいっぱい、聴かせて下さいね。

大切なお知らせをご自身の言葉で、丁寧にお伝えいただき、ありがとうございました。
今日もPE’Zを聴いてパワーもらいます!!

20 ■無題

やばいです。なんか、予感が当たってしまった、、、。でも、心臓バクバク‼今回のエンムスビ行ったら、もしかしたらラストのエンムスビまでライブ行けないかも知れないと考えるのが恐ろしい

19 ■無題

この記事を見たとき相当ショックでした。
"音楽"というものが何なのかそれが少し分かってきた気がするのはPE'Zの音楽に出会えたからです。
PE'Zを好きになってまた音楽を好きになれたし、ジャズに興味を持ち新たな世界を知ることができました。
そこでたくさん友達もできたし、ジョーさんを好きになってからは苦痛で仕方なかった大学生活も少し楽しくなった気がします。
たくさんのきっかけをもらえたし、たくさん力も与えてもらったと思います。
母と一緒にライブを見に行ったのもいい思い出です。
また一つ自分の居場所がなくなる気がして少し寂しいですね。
もう二度と後悔したくないから最後までPE'Zを応援します‼
悔いが残らないように最後まで駆け抜けてください。

18 ■無題

こちらにコメントするのはとっても久しぶりですが、こんな悲しいお知らせにコメントをするとは夢にも思っていませんでした。

かれこれ約13年PE'Zさんの音を聴き続け、どのアーティストよりも多くのライブに参加してきました。

あまりにも突然過ぎて思考停止しております。心に空いた穴は他の何でも埋めることはできません。

今は年末の縁結びにどういう気持ちで参加してよいのか悩んでいます。

前向きに状況を受け止められずすみません。何をしても悲しい気持ちを拭えません。

17 ■無題

こちらにコメントするのはとっても久しぶりですが、こんな悲しいお知らせにコメントをするとは夢にも思っていませんでした。

かれこれ約13年PE'Zさんの音を聴き続け、どのアーティストよりも多くのライブに参加してきました。

あまりにも突然過ぎて思考停止しております。心に空いた穴は他の何でも埋めることはできません。

今は年末の縁結びにどういう気持ちで参加してよいのか悩んでいます。

前向きに状況を受け止められずすみません。何をしても悲しい気持ちを拭えません。

16 ■悲しいよ~☆

鬼かこひの会に入会してまだ1年ちょっと
。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。
解散だなんて・・・

5人が奏でる音はとっても心地よくて、
ストレス解消はPE'ZのDVD鑑賞☆
WataruとJAWの掛け合いが大好きでした☆

リズム感の悪い私ですが、
2月のLIVEは一番前で聴きたい!いい?
最後の1年間たくさん聴かせてください☆

15 ■グットラック!

先日のパワーズのライブであったり
個々の活躍を見つめる中
こんな日が近いうちに来るのではと
心のどこかで覚悟決めてたせいか
さほど驚きはありませんでしたが
まさか年内とは、、ちょっと早かったなぁ…
ラストツアーに北海道がないのがなんとも残念
PE'Zに出会ったRSRにきてくれないかなぁ

たとえPE'Zは解散しても曲は残り続けます
私達が愛し、夢中になった曲達を
メンバーがそれぞれに育てていってください
機会があればぜひ演奏を!!

最後に
PE'Zは縁結びバンド☆
かけがえのない人々との出会い
再会ももたらしてくれました
いろんな土地を旅するきっかけにもなり
感謝という言葉しか見当たりません

ラスト1年☆
互いに後悔のないよう、存分に楽しみましょう♪

14 ■ありがとうございました

こんな日がくるなんて。
最後の瞬間まで応援します。

13 ■…

ブログのどこかに、解散はウソですって書いてあるんじゃないかと、何回も何回も読み直しました…

正直、まだ受け止められません…

年老いてもペズのLIVEに行きたかったし、ファンクラブイベントにもまだ参加できてないし…

来年は5人揃った最後の姿、音を頭にやきつけます…

12 ■さみしい…

私の青春とともに嬉しい時、悲しい時もいつも側に居てくれたのがPE'Zの音楽でした。
ライブもいっぱい観に行って、いつもいっぱいのエネルギーを貰いました。
前向きな決断と頭ではわかってても、やっぱり寂しいです…。

これからはまた大好きな門田さんや他のメンバーの皆さんのPE'Zとは違うPE'Zを超える音楽が聴けるのを楽しみにいつまでも応援し続けます。

11 ■無題

ショックです…けど、とりあえずお疲れ様でした。
デビューしてすぐからですから12年になりますか。嬉しい時も、哀しい時も、いつもPE'Zの曲がありましたし、ライブでは元気を頂きました。
来年で終わってしまうのですね。今後どうしましょう!
28日のEN-MUSUBIと来年の埼玉と横浜に行く予定ですので、お身体大切に。最高のサウンド待ってます!!

10 ■ありがとうございます。

私が初めて、PE'Zの皆さんを知ったのは、NHKの番組「真夜中の王国」でした。
その時、皆さんの曲を聴いてファンになりました。
その頃は、私もつらいことが多くて、PE'Zの音楽にずいぶん励まされました。
大好きな大好きなPE'Zの音楽が、これからも私を支えてくれると思います。
本当にありがとうございました。
ちなみに、私が1番好きな曲は、初めて聴いたPE'Zの曲の中から、選びました。
スピリットです☆

9 ■無題

メンバーみなさんのコメントを読んでも納得できないでいます。
ファンとしては休止してくれたほうがどんなに良かったか…。
いつかまたPE'Zをライブで観られる、聴けると思えるだけで気持ちの持ちようが全然違うのに。
JAW さんと大山さんの音の掛け合いが好きで聴いてるだけでワクワクして笑顔になれました。

言いたいことが山ほどあるのに動揺し過ぎて書くことができません。
来年いっぱいかけて納得していこうと思います。

8 ■無題

PE'Z大好きです。
でも、大事な記事だから、oyamaさんじゃなくて、ohyamaさんで!
こんな時も、jawさんらしいって…なんか笑えて泣けてくる。

7 ■武者修行

大好きな、大好きなPE'Zの音楽。
それを、今日まで作り続けてきてくれたこと、門田さん本当にありがとうございました。お一人お一人の、個性は違う音楽が大好きでした。そのなかでも、JAWさんのサックスを聴いて、サックスの音色って本当に美しくて魅力的なんだなと教えてもらいました。毎回毎回丁寧な音づくりをされるJAWさんの姿を客席からみると背筋か伸びました。解散,突然でまだびっくりしているのと、寂しい気もちでいっぱいです。しかし、理由が今後の武者修行のため。そう、みなさんは侍JAZZバンドと呼ばれていましたものね!人生で、音楽で、とびきり大粒の五粒になっていただいてほしいとおもいます。私は解散してもずっとPE'Zの音楽が大好きでしょうし、みなさんの暖かで真摯な人柄を尊敬しています。音楽家として、ジェントルマンとして、これからますますご活躍することを切に願います。時々はブログで近況を教えて下さいよ*\(^o^)/*
それと、私も大好きな珈琲のお話も。

ツアー、いける日は全ていく予定です。応援しています。

6 ■無題

泣きそうです…
泣きかけてマス…
23日、博多で待ってます!

5 ■無題

こんなに寂しい気持ちは久しぶりです(;_;)
私自身ブランクがあった楽器をまた始めるのに一歩踏み出せたのはPE'Zの音楽があったから。
皆さんのように音楽がしたい!と思えたから。
ありがとうと感謝の言葉しかいえませんが、これからも活躍を楽しみにしています。
そして過去のバンドになっても大好きなPE'Zを聴き続けます♪

4 ■無題

何が起こったのか、まだちゃんと理解できず…
うまい言葉が出てきませんが…

まずは、ショックです。
個人的に、PE'Zに支えられて生きていた、10年余りでした。

来年以降のことを考えるとものすごく苦しいですが…
好きなアーティストさんが5人に増える、と考えて良いのでしょうか。

どんな形であれ、JAWさん及びみなさんを、これからも応援していきたいです。
PE'Zとしては最後の一年、全力でついて行くので、しっかり先導してくださいね、会長殿。
m(_ _)m

3 ■無題

びっくりです・・。
残念です。
なんで?って解散される実感がわきません。
5人の音が好きでした。
気分を上げたい時、気を紛らわせたい時、ドライブする時、大好きな曲に包まれて自分らしくいられました。
悲しいことだけどもう決まったことなんですよね。

フアンの一人として、解散の日まで寄り添って楽しんでいこうと思います。
ソロとしても活動されるのかなぁ・・。

2 ■悲しすぎます。

ショック、衝撃しかなかったです。
メールでお知らせが来たとき、エイプリルフールか、今日は!?と思いたかった。
でもOfficialHPでも解散の文字。
PE'Zを聴き続けて15年、これからも聴けると思っていたのですが、本当に残念でなりません。受け入れることがなかなかできません。
が、誰よりも深く考え、誰よりも悩んだのはPE'Zのメンバーだと思います。
ブルーノートライブをもう一度行きたかった…。
2015年ラストPE'Z、ライブを名古屋でもぜひお願いします!
これからもPE'Zを聴き続けます!!
長々と失礼しました。

1 ■悲しい。

突然でビックリしてます。
毎回ライブに参加して元気をいただいてます。
勿論CDでも。
今度のクリスマスイブのライブもチケットを取りましたが、まさか解散するなんて。
かなりショックです。

でも、皆さんが前を向いての結論なので
受け止めて、最後の最後まで応援します。

コメント投稿

コメントは管理者により確認されています。
掲載されない場合もありますので、あらかじめご了承ください。

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み