ペットサロンラビンのブログ-ドッグフードブラックウッド正規販売店

大阪市生野区ペットサロンラビンの日々を綴ったブログです。
ドッグフードブラックウッド正規販売店です。オールドのさわちゃんと一緒に全国のドッグショーに参戦中!その模様や、オススメドッグフード・ペット用品情報を掲載しています♪


テーマ:

はじめに・・・



あまり有名ではないドッグフードのブラックウッドですが、当店では一番オススメしています。

まず、ブラックウッドは大手の量販店では置いていません。置けないのです。

専門店プロショップでしか取り扱いできず、更に割引販売不可となっています。

これは品質の維持や、販売店が値段だけで競争させるのを防ぐなど様々な目的があります。

当店は個人が営業している小さなトリミングショップです。

本当にわんちゃんに、お客様にオススメできる商品のみを取り扱うことができなければ信用を失いお店も存続することができなくなってしまいます。

お客様と同じ愛犬家の一人として、本当にオススメできる商品を吟味してご紹介させて頂く義務があると思っております。

ブラックウッドはCMや広告などの宣伝媒体を一切使わず口コミやこうしたご紹介だけで実績を伸ばし続けてきたドッグフードです。

様々な生活環境や状況により一頭一頭違うわんちゃん全てに合うパーフェクトなドッグフードは残念ながら存在しません。ですが、せめておいしい食事を楽しみにしてくれて健康で長生きしてくれるように考えることは私も全国の愛犬家の皆様も同じだと思います。

原料や素材が悪く、食い付きが悪いからドッグフードにおやつを足したり混ぜたりして無理に食べさせる必要の無いドッグフードを選んであげるというのは飼い主の義務なのではないでしょうか。

ドッグフードメーカー・ブランドも多数参入し、『無添加無着色』や『食い付き抜群!』や『アレルギー対策』など様々な言葉がペット用品店では躍っていますが、どのドッグフードが合うんだろう?と、ある意味飼い主にとっては永遠のテーマみたいな物になっています。

わんちゃんの小さな体を健康に維持するためには散歩や運動はもちろんですが、『食事』と『』というのは大きな要素です。人間がお菓子やファーストフードを好むのと同じように『食い付き』だけを見て判断することには疑問を感じます。

『食い付き』だけを重視して栄養が偏ってしまうと元も子もありません。

また、それが原因で動物病院に通うことになったとなればわんちゃんの食費を抑えて安いドッグフードを与えていたのに、保険証が使えない医療費で莫大なお金がかかったということも少なくなく、高価な療法食を薦められて病院で買い続けることになるケースも多々あります。


わんちゃんが体をかゆがることや嘔吐することなど原因が必ずあります。

病気や健康状態の悪化などであったとしてもその根本的な原因がドッグフードであることは絶対に避けたいですね。


『愛する家族に安心の毎日を・・・』ブラックウッド社のパンフレットの冒頭に書かれている言葉です。


「犬」という言葉はやめて、「家族」として

本当に安心できる物を与えてあげる愛情を向けることができるのは

飼い主様・オーナー様自身です。



前置きが長くなってしまいましたが、ブラックウッドをオススメできる理由についてご説明していきたいと思います。


①ブラックウッドは愛犬の対する愛情と熱意が生んだ、様々なテストをクリアしたドッグフードです。


まず、ブラックウッドをお薦めする理由としての基本となるのは、愛犬の為だけを考えて生み出されたドッグフードである。ということです。

ですが『愛犬の為に』や『愛犬の毎日を』などなど

決まり文句のように書かれています。

身元不明のトップブリーダーが推奨しちゃってるのもあります。


少し脱線しましたがブラックウッドは、ブラックウッド社の社長が『自分の家族に変なドッグフードを食べさせる訳にはいかない!』と、トム・ウィラードという動物栄養学の博士に特別に依頼し、ブラックウッドを犬舎で膨大なテストを行い、更にブリーダー間でのテストを繰り返し、ようやく作り上げられたのがブラックウッドの始まりです。

また、そのドッグフードの安全性を証明するためブラックウッドはAAFCO(米国飼料検査官協会)の給与基準をクリアしています。


※AAFCO(アフコ)とは、大きく分けて次の項目が提唱されています。

・栄養素に関するラベル表示や栄養基準が適正かどうか

・犬・猫の食事で何が必要か数値化されているか

・成長期や妊娠出産期、成犬用でしっかりと異なる基準が設けられているか

・給与試験の実施

・研究室での成分分析

世界で一番ドッグフードやペットフードに対しての規制が厳しいアメリカで設けられている機関です。AAFCOのテストを通過しているというのは『AAFCO(米国飼料検査官協会)の給与基準をクリア』と、大きく表示することができる安全性が証明されているという証拠です。

また、AAFCOの基本原則としてそのドッグフードの原料や素材は人間の食べ物の検査やテストとまったく同じレベルの物ということです。


また少し脱線してしまいますが、日本でもこういう機関はあります。

その名はペットフード公正取引協議会という機関です。

この機関は国の管轄ではなく民間の機関なのですが、この機関が取り締まってくれている内容は下記の通りです。

・ドッグフードなのかキャットフードなのかの表示

・主食なのかおやつなのか

・賞味期限の表示

・内容量

・成分

・原材料

・事業者の表示


え?たったこれだけ?

と思われた方も少なくないのではないでしょうか。

当たり前の内容すぎて度肝抜かれるのですが、たったこれだけのことでも規制しないと表示しない業者がいるということです。

実際ペット用のシャンプーやリンスで成分や原材料を全く記載していない公表していない物もあります。お手元にあるペット用シャンプーは記載がありますか?商品にはなくてもメーカーのHPに記載してある場合もあります。それもどうかなとは思いますが・・・

工業国の日本において機械や車や家電製品に関しては世界に自慢できる(ちょっと揺らぎつつあるけど)国ですが、ペット用品やドッグフードに関しては本当にゆるい国です。外国製品の車や家電って大丈夫?と思ってしまいますが、こうなってくるとドッグフードの国産って大丈夫?と思ってしまいますよね。
国産のドッグフードを叩くつもりは毛頭ありません。むしろ世界に誇れるドッグフードが国産で発売されたならば、お客様も安く高品質な物を買えるでしょうし多くのドッグフード販売店が在庫を抱え込む必要もなくなり、いい事尽くめです。是非日本の国産ドッグフードメーカーさんには頑張って頂きたいと思います。


こういった第三者機関での検査やドッグフードにうるさいアメリカのブリーダーからも高評価を受けているドッグフードがブラックウッドなのです。



②そもそも無添加のドッグフードって?


今や当たり前となりつつある「無添加無着色のドッグフードです!」という言葉ですが、この「添加」という言葉自体が非常に曖昧な部分があります。

例えば海外で自然原料のみを全て粉々にして焼き上げ、乾燥させて粒にするとします。

その状態で袋に詰めて船や飛行機に乗り、コンテナからトラックに乗り、お店に並びお客様の手に渡り開封され当然一度で使い切らないので開封口を縛り毎日与え続けることになります。

乾燥した冬はまだしも、夏や梅雨時期などではどうでしょうか。

空気中の水分を吸いベタベタになり、カビが生え異臭がただよい・・・

こんなドッグフードは与えることができません。あまり現実的ではないですよね。

ですので腐らないように水分を吸わないように「加工」する必要があります。

では、この「加工」はどのような方法で行われているのでしょうか

それは各ドッグフードメーカーが必死になって考える部分です。

大きい括りで言ってしまうと完全に自然原料のみの完全に「無添加」というわけにはいかないんですね。

もしそうだとすると、賞味期限1年なんか無理だし流通に載せられない。

家で魚や鶏肉やさつまいもをミキサーでかけて粒状にしてオーブンで焼いて乾燥させた物をずっと置いておくのと同じことなのですから。

じゃあドッグフードメーカーはどんな方法でその一年の賞味期限を確保してるんだろうか。

ブラックウッドは天然成分から抽出したビタミンEでコーティングして、保存料の代わりとしています。

しかも後から動物性油脂を加えることもしていません。

何故なら他のドッグフードメーカーでは、150℃~200℃前後で製造されることが多いのですがブラックウッドは135℃前後で製造されています。


ここで一つ。最近の人間用粉ミルクは最近注意事項に

【70℃以上で調乳して下さい】と書いています。

人間用の粉ミルクとドッグフードを同じに考えるのはちょっとどうかなとは思いますが、70℃『以上』?何故『以上』なのでしょう。

粉ミルクメーカーに確認してみたところ、返答はこうでした。

『粉ミルクは完全に無菌ではないので、殺菌効果も考えて70℃以上ということにしました。』

なるほど。

これはドッグフードも同じことで、あまりに低温で製造すると完全に生の状態が残ってしまう危険性があり、そうなると菌が繁殖し腐敗する可能性があるからです。

風味や栄養分をできる限り残したまま可能な限り加工できる温度がブラックウッドの製造される135℃前後ということです。

防腐剤の代わりにビタミンEって・・・ということですが、ビタミンEは抗酸化作用があり一番身近な物は、女性用のボディークリームに含まれていたり小麦胚芽油には豊富なビタミンEが含まれていますので小麦胚芽油自体を体に塗ったり石鹸に含まれていたりしますね。

この抗酸化作用のあるビタミンEを防腐剤代わりに使われております。

また、ブラックウッドを触ってみて下さい。

そして指先で潰してみて下さい。と、いいたいところでしたが硬くて指先では無理でしたのでパキっと割ってみて下さい。ブラックウッドの粒は手を洗う必要がないぐらいヌルヌルしません。是非他社のドッグフードと比べて頂きたいのです。

全くのノンオイルはドッグフードとしてありえないので、油分は入っていますが天然の肉のみを使っていますので後から動物性油脂を加える必要がないのです。余分な油脂が入っていない、入れる必要が無いことを証明しています。

この『動物性油脂』にドッグフードの闇が隠れています。

もしご興味がおありでしたら、『ドッグフード 動物性油脂』で検索してみて下さい。

ブラックウッドはこの動物性油脂が含まれていないのに天然原料のみを使用して愛犬の食いつきを確保しているという事が大きなお薦めポイントです。

また、ブラックウッドにはニンニクとビール酵母が含まれております。

これはわんちゃんの皮膚のコンディションを維持する目的なのですが、かゆがることが多いわんちゃんやノミなどが原因で肌の調子が悪くなったわんちゃんに是非お試し頂きたいと思います。


③宣伝しないドッグフードメーカー


宣伝しないことがお薦めの理由?と聞こえてきそうですが

その通りです。じゃあ宣伝するドッグフードメーカーは良くないのか?

いえ、それは違います。

『ドッグフード』と聞いてどのドッグフードブランドが思い浮かびますか?

最近もテレビでやってましたね~。『やわらかほぐ・・』

これぐらいにしときますが、TVで莫大なCMを放送して認知度を上げる。

当店でもあのCMから一気にその某ドッグフードのお問い合わせが増えました。

(当店では わんちゃん相談室 を設置してお気軽にお問い合わせ頂けるようにさせて頂いております。わんちゃんの事でお悩みでしたら是非ご利用下さい。当然無料です♪)

本当に、宣伝することは悪いと言ってるのではないですよ!

ただ、ブラックウッドはCMや広告の類、宣伝類は何一つしていません。

冒頭でも書いたように、私のような使ってみて本当に良かった!だからお薦めしたい!というユーザーの自主的な気持ちだけで販売してきたドッグフードなのです。

宣伝に費用をかけるのであれば品質を維持するために原料や機材に費用をかけるという硬派なメーカーなのです。

この、クチコミだけで広まったということに信用があるのです。

最近クチコミを悪用した飲食店の総合サイトがありましたが、ドッグフードのクチコミであのように悪用することはできません。

宣伝する必要がない品質の物を販売している自信がブラックウッドにはあるのでしょう。だから私もついていきますし、お客様も増え続けるのです。


④うんちはどうですか?食事中や食前の方ごめんなさい


わんちゃんのうんちはどうですか?って・・・

長く書きすぎて投げやりになってる?


いえ、そんなことは絶対にありません(笑)

わんちゃんの健康バロメーターとして人間もですがうんちは非常に大切な物です。

臭くないですか?量は多くないですか?なんだかゆるくないですか?

刺激臭がしたりひどく臭かったり・・・

例えばおしりを床にこすったりとか。

なんだか心配ですよね。

当店でもよくあるご質問なのですが、上にある通り

『きばったまま動いちゃう』とか『きばったまま固まっちゃう』とか『お尻を床によくこすりつけます』などなど・・・

様々な原因が考えられますので、一概には言えませんが

・うんちが硬くて出し切れない

・なんだか残っているような感じ

などが原因です。

また、臭いや量に関しても一概には言えませんが

・消化しきれていない

・消化できない成分が含まれている

・単純に給与量が多すぎる

・わんちゃんの体質にドッグフードが合っていない

などです。


うちではオールドとウェスティーとヨーキー×2頭飼っていますが全て上記のような症状はありません。

においもほぼありません。そして程よく(?)固く水分を含んでいます。

ちなみに4頭ともブラックウッド3000です。

全てのわんちゃんの全年齢に使えるお薦めできるドッグフードではないかもしれませんが、少なくともうちの4頭と当店でお買い上げ頂いたお客様や周りで使っているトリマー仲間のわんちゃんも問題なく健康に使い続けています。

うちではいつまでもお皿を舐めていますのでおいしいんだろうなと思っています。

ひどく臭い刺激臭がするうんちが出てくるドッグフードは与えたくありません。

刺激臭がせず臭いがあまりしない、程よく固く適量出るというのは非常に大切な事です。本来うんちはそういう物だと思います。

まず、ドッグフードに肉質が多く食物繊維が足りない場合、カチカチうんちになりやすくひっかかったり出にくかったりする場合がありますので、うんちが残ったような感じになり床にお尻をこすりつけたりすることが多いですね。

ブラックウッドはいたずらに肉質だけを多くして嗜好性を上げるようなことはせずにバランスよく配合していますのでそのようなことにはなりにくいです。

臭いや量に関しては消化しきれていないことや消化できない成分が含まれていたり・・・

ドッグフードそのままのにおいのうんちが出てたりしませんか?

それは香料や着色料や上で書いた動物性油脂がそのままでてきてたりすることが原因だったりします。

このドッグフードがそのままのにおいが付いたうんちが出るわんちゃんのブツは、砂みたいにボロボロっとしているのが多いような気がします。

適度な水分が含まれているのがやっぱり好ましいと思います。

動物病院の先生是非コメント欄に意見下さい。

ブラックウッドは香料・着色料・合成添加剤を一切含んでいませんのでドッグフードそのもののにおいは絶対に出ません。というかブラックウッドを嗅いでみるとお分かりになりますが匂いもほとんどありません。

何故こんなに匂いがしないドッグフードをわんちゃんはしっかり食べてくれるのだろう・・・?

それは、薬品でごまかす必要が無い原料を使い原料の風味を壊さないように低温処理されて味そのものの旨みで勝負しているということなのではないでしょうか。


⑤多種類ではなく的確なラインナップ


ブラックウッドの商品ラインナップは、ドライドッグフードは全部で8種類です。

ブリーダーがよく使用しているアデロンダック21とアデロンダック26を除くと

6種類で、プレミアムドッグフードにしては比較的少なめのラインナップです。

アデロンダックは18.14kgの大容量のみの設定となっています。

ラインナップは少なめですが、全犬種に対応できるように原料・成分調整されています。

また、目的別に合うように作られていますのでわんちゃんの状態を考えながらドッグフードをローテーションさせることも可能です。

チワワやトイプードルやうちにいるヨークシャテリア、ウェスティーにも。

はたまた、うちのような大型犬のオールドイングリッシュシープドッグなど

全犬種に対応できます。

犬種や体重や年齢などを教えて頂ければどの種類がお薦めなのかお答えできますので、是非お気軽にわんちゃんお悩み相談室 をご利用下さい。


当店では、多くのお客様にお試し頂きたいと思い

送料無料のドッグフードサンプルコーナー

初めて当店をご利用頂くお客様限定送料無料コーナー

を設けております。

まず、サンプルをお試し頂いてから初回送料無料コーナーをご利用下さい。

ブラックウッドをオススメする理由を記載させて頂いておりますので

ドッグフードを食べてくれない子や、どのドッグフードを与えればいいのか

お悩みの方は是非お読み下さい。


商品ラインナップのご説明をさせて頂きます。


・ブラックウッドpuppy(子犬用)


ペットサロンラビンのブログ

ブラックウッドpuppy

390.6kcal/100gで比較的高カロリーなドッグフードです。

七面鳥を原材料に使われています。

成長期の子犬や繁殖期・産後の母犬の体力回復などに最適です。
粒自体が小粒なので、puppyという表記となっていますが

成犬の中型犬~大型犬の小粒が好きな子にも是非お試し下さい。


・ブラックウッド1000


ペットサロンラビンのブログ

ブラックウッド1000

余分な脂肪分排除し、バランス良く配合された成犬用ドッグフードです。

チワワやトイプードル、ミニチュアダックス等の小型犬~大型犬まで

一般的な成犬に幅広くお使い頂けます。

よく運動する走り回る事が大好きな子やアジリティーなどスポーツをするわんちゃんにもお薦めしたいドッグフードです。


・ブラックウッド2000


ペットサロンラビンのブログ

ブラックウッド2000

超小型犬~大型犬まで全犬種の離乳後からすぐにお使い頂ける、ブラックウッド定番のドッグフードです。特に大型犬の子犬用フードとしても人気が高く、繁殖期の母犬に与えると母乳分泌量が増加するということもお客様からのお声として頂くこともあります。



・ブラックウッド3000


ペットサロンラビンのブログ

ブラックウッド3000

消化吸収に優れた配合でラムとライスをメインに原料として使用されています。

微生物工学を応用し、わんちゃんにとって有用なバクテリアを含有していますので腸内環境を整える効果があります。

また、ブラックウッド3000は低アレルゲンフードとなっておりますので、皮膚が赤くなってしまっているわんちゃんや原料の構成とバクテリアの効果で下痢、嘔吐などから起こるストレスを軽減することが期待できます。


・ブラックウッド4000


ペットサロンラビンのブログ

ブラックウッド4000

食欲が旺盛で適量では満足できないわんちゃんにお薦めしたい肥満対策食です。ですが、ただ食欲が旺盛なだけではなく去勢や卵巣摘出、6歳以上で活動量・運動量が減少しているのに食欲はそのままな子。その他様々な理由で運動できない子にお薦めのドッグフードです。

3177.93 kcal/kgなのでドッグフードの中で考えても低カロリーです。


・ブラックウッド5000


ペットサロンラビンのブログ

ブラックウッド5000

ブラックウッド3000でもアレルギー反応が出てしまう。

そんなわんちゃんの為に特別に開発された、アレルゲン対策ドッグフードです。

このブラックウッド5000のメインに使われている原料はナマズとポテトです。

ナマズが使われているドッグフードはこの5000以外勉強不足かもしれませんが知りません。

また、わんちゃんにとってアレルゲンとなりうる小麦やトウモロコシ、大豆を一切使っていません。厳選した原料のみを使用し、消化吸収にも優れていますので老犬・シニア犬にもお薦めのドッグフードです。


・ブラックウッド-アデロンダック21


ペットサロンラビンのブログ

ブラックウッド アデロンダック21

プロブリーダーやドッグショーに参加しているわんちゃん、アジリティードッグも食べている高エネルギードッグフードです。40ポンド(18.14kg)のみとなります。

繁殖期のわんちゃんや運動量の多い成犬にお薦めのドッグフードですが、量が多いので多頭飼いのお客様に。

ブラックウッドは無添加で保存料も入っていませんので、開封した状態で置いておくことはお薦めしません。


・ブラックウッド-アデロンダック26


ペットサロンラビンのブログ
ブラックウッド-アデロンダック26

たんぱく質が豊富で全犬種の離乳後からお使い頂けるドッグフードです。

ブラックウッド-アデロンダック21と同じく40ポンド(18.14kg)の設定となります。

鶏肉をベースに作られており4022.20 kcal/kgと、比較的高カロリーなので活発なわんちゃんや成長期の子犬に特にオススメです。


長々とご覧頂き本当にありがとうございます。

できるだけ良い物、オススメできる物だけを紹介したいという思いの中で

ブラックウッドをご紹介させて頂きました。

ご意見ご感想はコメント欄かもしくは、わんちゃんなんでも相談室 をご利用下さい。

オンラインショップでは掲載商品一つ一つに商品の特徴や注意点などを吹き出しで記載しております。

是非ご覧下さい。


ペットサロンラビン

ドッグフード&グッズラビン


06-6755-1200

大阪市生野区巽東2-9-29

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

PetSalonラビンさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。