クッキーママさんのポツポツブログ

兵庫県宝塚市にある小さなペットサロンのママさんのブログです
ペットサロンクッキー0797743333

ラブラブ笑顔と心の絆深める

ハッピーケアサロンを目指していますラブラブ


リハビリトリミング・ごはん・マウスケア ご相談くださいね

ラブラブ一人で悩まず素敵な笑顔のワンコライフを~ラブラブ


テーマ:

こんにちは!

雨もやみ、いいお天気晴れになり

過ごしやすい気候の宝塚です

 

今月は、たくさんのトリマーさんと

お会いすることがあり、様々、お話をした中に

 

クッキーママと同い年

トリマー歴 25年のTくん、

 

美人トリマー

トリマー歴10年?Mちゃんと

 

3人で、スイーツ食べながら、、話題が出ました。

 

最近は、犬に優しいトリミングが、

意識の高いトリマーさんの中で、主流になってきていて

それ自体は喜ばしいことだけど、

 

「口輪や、エリザベスカラー使うのは、犬に優しくない」的な

空気が流れてるんじゃないだろうか??

 

「口輪使ったら極悪人みたいなさ~」

 

というお話でした。

 

「そうそう、わかるわかる。」

クッキーママもその感じは、、思っていました。

 

「でも、そうじゃないよね。

安全に安心してトリミングするためには、

必要な時もあるよね。」

 

「噛まれたら怖い子ならつけるよね」

「口輪つけたらおちつくっていう子もいるよね」

「うん。つけるつける。」という話で落ち着きました。

 

当たり前の話なのですが、、

 

私たち「トリマーの腕&指」は商売道具です。

噛まれて負傷しようもんなら、

仕事になりません&そしてトリマーと言えど痛いです。

 

ちょうど1年前のブログでも道具のことは、

書いていたのですが、

http://ameblo.jp/petsaloncookie/entry-12056546403.html#cbox

 

 

使い方を間違えれば、虐待の道具にもなるし、

きちんと使えば、人間も動物も安全に作業出来ます。

 

なので、必要であれば、口輪を使います。

 

しかし、今、現在、お店で、

クッキーママが

常時、口輪を使う子は、ワンコでは居ません。

 

それは、つける必要の無い子ばかりなので、、

使わないだけで、、もちろん必要なら使います。

 

でも、ちょびっと犬の扱いが下手なクッキーパパさんが、

触る時にだけ、口輪付ける子が居ます。

 

カーミングシグナルを、キャッチしきれなくて、

ワンコの怖さがマックスになり、

咬む行為に発展させてしまう時があるからです。

 

もちろん、つけても優しく作業してもらいますよ。

口輪をしていれば、クッキーパパさんもビクビクすることなく

優しさに重点を置いて作業できますからね。

 

だから、着けるから悪なのではなく、

つけたあとの作業を優しくするかどうかが

問題なのだと思っています。

 

トリマーさんの中には、

「毎回、噛まれながら頑張ってますっ。」てな、

 

ドMのトリマーさんが居ますが、、、

 

何のメリットがあるでしょうか??

(もしかしたら、、あるのか??

   クッキーママにはわからん。ごめんなさい。)

 

しかーし、私は痛いから嫌です。

噛まれたくありません。し、怖いし、、ねえ。

 

犬に毎回、「咬む経験」をさせることも

良くないことだと思っています。ので、

つける必要のある子は、普通につけます。

 

 

そして、なんで、

「口輪、エリカラ、アームは、優しくない」ってことに

なってるんだろと考えました。

 

もしかしたら、昔ながらの考えで、

口輪やエリカラ、アームを使ったらすき放題

犬が嫌がってもお構いなしで作業するトリマーさんを

知っていたのかもしれません。

 

でも、それは、道具のせいじゃなく

その心無いトリマーさんのせいですよね。

 

 

そして、犬に優しいセミナーなど開催してる

犬の扱いに技術のある人たちは、

まず、無理やりにトリミングしませんし、

 

理論であれ、経験であれ、犬の扱いをわかってるので、

犬のスイッチを入れないように、トリミングできるんです。

選択肢をたくさん持っているので、その子に合わせた

アプローチの仕方が無数にあるからです。

 

それを全く同じように、そのままマネしてしまうと、

自分が咬まれまくって終了。。

ということになってしまうんだけど、

 

応用が利かず、レベルが違う人と同じことを、

そのまま、してしまうことで、

そんなことになってしまってると思います。

 

そんな方法もあるんだな。自分の選択肢が増えたな。で

様々、今、目の前にいるワンコに工夫できたらいいんだと思います

 

口輪してもエリカラつけても、アームつけても

優しいトリミングは出来ます。

 

犬に優しくしようと思ったら、

自分も大切にしないといけません。

 

周りの人を幸せにしようと思ったら、

自分も幸せにならんとダメです。

 

だから、必要な時に、必要な道具を

ワンにも人間にも負担のないように、

使ってあげてくださいね。

 

 

そして、ここから別のお話、トリマーさんへ

 

作業を優先するあまり、

アーム、口輪、エリカラ、使い方を

間違ってる人は、すぐに改めてみましょう。

 

「咬めないようにする。人も犬も安全に」

これだけが口輪のメリットなのですが、

 

間違ってる人がまだまだいます。

 

「咬まれへんから、無理やりなんでもやっちゃおう」という

悪徳トリマーさんは、絶対にブーッ、ダメngです

 

咬まれないから、無理やりブラッシング

咬まれないから、無理やり抑えて爪きり、

咬まれないから、無理やり毛玉を引きちぎる

咬まれないから、無理やり何でもしちゃう

咬まれないから、我慢しときや。

 

これでは、ワンコは、何も学習できません

慣れもしないし、咬むこともやめない。

 

口輪を見せたら咬むようになる、

当たり前ですよね~。口輪したら

嫌なことが始まるって学習してるんですもの。

 

上手に出来れば、

段々、ワンコもトリミングにも慣れてきて、

口輪外しても大丈夫になる子いますよ。

 

また、あっちゃこっちゃ話が飛びましたが、

 

クッキーママは、

必要な時に、必要な道具を、必要な技術をもって

優しくトリミングしたいと思っています。

 

カラオケ人生色々~。ワンコも色々~。

  道具だ~って いろいろ使い分けるの~カラオケ

 

さあ、これ上矢印をさらっと歌えた人はアラフォー以上ですグラサン

 

 

またまた、長文読んで頂きありがとうございました

 

ラブラブクッキーは、心育む

  ハッピーケアサロンを目指していますラブラブ

 

by クッキーママ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。