テーマ:

映画侍さん のところで、「夢の映画バトン」をわたされましたので、トライです。


Q1. 希代の名優である貴方。熱々のラブロマンス大作で、ある俳優と激越なベッドシーンを演じる事に!その相手役とは、誰?



微妙だな、、、、自分がが、女優と設定するわけでしょう?。うーむ。。。抱かれるならば、やっぱ超スキ

なブラッド・ピットかな。彼なら、抱かれてもいい!(笑)。

ブラピ0503

・・・・ちなみに、実は、僕は、俳優、女優には、まったく興味がないようなのだ(笑)。


僕は、完璧な作家主義、監督至上主義で、映画を鑑賞するので、その俳優が、監督の指し示す世界の記号になれることを要求しているし、そうあれる俳優が名優だと思っている。だから、俳優を個人認識ほとんどしていないようなんです。


というかできないのだ、、、監督やプロデューサーはいくらでも覚えられるのに、相当のメジャーな俳優でも名前が覚えられない。興味がない、ともいう。


・・・・・だからこういう質問は、すごくすごく困る。


自分が、映画を、全体像としか・・・・作家主義の視点でしか、眺められないという欠点を抱える、という

か非常に偏った見方をしていることを、感じるからだ。アニメやマンガではそうではない。個々のキャラに

、萌え、はまれる。ゆえ命!とか叫んでいるわけだから(笑)。


つまり、リアルな人間の世界を、僕は、上から作家主義の世界でしか眺められない気がするのだ。実は、だ

から現実もそうだ。シゴトも学校生活も、、、、すべてだ。すべてを、フィルターで眺めているような気が

するのだ、子供の頃から。


だから、個々の俳優、女優にはまれる人が、羨ましい、といつも思っている。


具体性の世界にいるほうが、しあわせだし、豊かだからね。


----------------------------------------


Q2. 貴方はハリウッドでも凄腕と評判される名プロデューサー。ついに問題作「フーテンの寅vsサザエさん」を製作する事に!さて、主演の二人は誰にする?


寅さん・・・・は、ジャック・ニコルソンかなぁ。


サザエさんは、スーザン・サランドンかなぁ。


・・・・・『億万長者と結婚する方法』のローレンバコールなんかも、いいかも。

ローレンバコール0603

寅さんとサザエさんの織り成す、ハルマゲドン!か。


すごいSFになりそうだ。


この凄まじいミスマッチは、すごいねぇ。



----------------------------------------

Q3. あの名子役ダコタ・ファニングが、なんと、貴方の粗末なお宅にショート・スティする事に!貴方との二人きりの今晩の夕飯は、どんな献立?


正座して和食。


子供だからとて、異文化の家に遊びに来ているのだ、正しい作法で、その国の食べ物を。


はしを教えてあげたいね。



----------------------------------------

Q4. 車でアメリカ横断の旅に出る貴方。一緒に同行してくれる俳優(同性)を一人選ぶとしたら誰?で、絶対に“お断り”なのは誰?


やっぱ、エドワード・ノートンかなぁ。

エドワードノートン0603
もしくは、Xファイルのモルダー(ディヴィッド・デゥカヴニー)。学問的に話せる人がいい。学歴に弱いのかなー(笑)。モルダーはたしか、ハーバードでしょう?。実際にも、イェールで教鞭もとっていたし。


あとは、トムクルーズかなぁ。趣味が一緒なのでねー。


・・・一応、飛行機の操縦(笑)。


だから、車だけでなく、飛行機がいいなぁ。トムの持っている複葉機はカッコいいんだよ。



絶対イヤなのは、アーノルド・シュワルツネッガー。基本的に上昇志向の強い筋肉バカは、大嫌い。僕は文系硬派を地で行くのが理想なので、筋肉と汗を使って世にでようとする人は、根本的に相容れない。そもそも話が合わないのだよ。太宰が三島を嫌ったのと同じようなもの。


----------------------------------------

Q5. あの俳優が貴方の素敵な叔父(叔母)様になってくれるそうな!さて、その俳優とは誰?


クリント・イーストウッドモーガン・フリーマンだなぁ、叔父は。


叔母は、、、、、オードリー・ヘップバーンかな。


もしくは、全然違うけど「ハンサムな女」マレーネ・ディートリッヒもいいかもとか。

マレーネ0603

ああ・・・・うっとりする。


ヘップバーン叔母だなんて・・・


基本的には、僕は、近しい人には、「知的な人」を求めるなぁ。

かといって、ジョディーフォスターみたいに自意識バリバリではなくて、等身大に、世界を分析してしまいそうな人。

さらっと、会話できると、しあわせかも、そういうのを。


----------------------------------------
Q6. 次に回す人(三人)を俳優に例えると誰?


難しくて回せないです(笑)


お好きな方もっていってください。そして、書いたらぜひ知らせて欲しいなぁ、、、とか(笑)

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

いつもよだれが出るグルメ生活を送るchokuさん からの『すきなものバトン』の形式を勝手に変えさせてもらい(笑)バトンを受け取ってみる。


【Q1】 2005年に読了したマンガの中で印象に残ったものを教えてください。本の刊行年度は問いません。これらの作品について簡単に解説してください。


【第1位】魔法先生ネギま! 赤松健 講談社

http://ameblo.jp/petronius/entry-10005849574.html

ひさしぶりにリアルタイムで、連載を追う悦びを体験させてもらっているマンガ。エンターテイメントのおもしろさは、どれだけ感情移入を深くできるか、で決まる。そして、感情移入の理由は、偶然だと思う。シンクロさえできてしまえば、どんなものでも物凄い感動を与える。他人には、ゴミでも、ダイヤモンドに見えるものなのだ。もともと萌えの文脈から生まれてきている作品だけに、好き嫌いは別れると思うが、その意匠を飛び越えることができれば、僕は相当の名作だと思っている。





【第1位】唄う骨/化けの皮 戸田誠二 ぶんか社
http://ameblo.jp/petronius/entry-10003235034.html
http://ameblo.jp/petronius/entry-10003235080.html
今年度ダントツの一位。今年された全ての作品が該当する。帯びに「感性のない奴は読むな」というコピーがあったが、同感。この深さを感じられないヤツとは、友達になりたくないな(笑)。ほとんどすべて一番上にあるWEBCOMICSで読めるので、ぜひ体験を!!。ほんの数ページに、僕が文章で物凄い文字数を必要とする絶望の感覚を見事に再現しています。しかも、見事に落ちがつく。これは天才のなせる業だ。 あんなほんの10分、数ページで、何故あそこまで心が震えるのだろう。



【第1位】蟲師 漆原友樹 講談社

http://ameblo.jp/petronius/entry-10003111820.html

やはり同率1位の傑作。たった1話に、信じられないほどの情報量と、圧倒的な濃密な時間感覚を感じる。過去の偉大な昔話の語り部たちが、夜更けに語った民話の深い機能が、まるで現代に甦ったかのような質量感。まるで柳田國男の「遠野物語」や南方熊楠フォークロアに出会ったようだ。この作品に出会えないのは、とても不幸だと思う。 マンガに、これほどのフォークロアとまったく同じ機能を持たせることができるのか、と驚嘆する。







【第4位】デスノート 大場 つぐみ, 小畑 健  集英社

本当は、ほとんどすべて1位なんだよな、このへんわ(笑)。デスノートのすごさは語るまでもない。が、唯一素晴らしいと僕が思う点は、善と悪を単純に割り切らず、純粋な悪というのが実は神の視点であり真の善かもしれないという、善悪の彼岸の感覚をエンターテイメントで、少年誌で再現している点だ。これは、すごい。








【第5位】VINLAND SAGA 幸村誠 講談社
http://ameblo.jp/petronius/entry-10003234572.html
『プラネテス』の幸村誠作品。もうそれだけで、かなりの傑作だというのがわかるだろう。とにかくかっこいい。この人は、抽象的なテーマを抱えるくせに、見事なまでにエンターテイメントが描けており、その戦闘シーンの躍動感などは素晴らしい。




【第6位】サオリ 松本光司

自意識から脱出の話を、見事にまとめている。自意識からの解放は、女性が描く場合の方が多いが珍しく男性。が、それ故にホラーのような暗さだ。こわいぞぉ(笑)。







【第7位】MOONLIGHT MILE 大田垣康男 小学館
http://ameblo.jp/petronius/entry-10002472336.html

近未来の宇宙開発を、とても見事に描いている。かならずしも、資源争奪をめぐって米中の冷戦時代が到来するなどの意見は、正しいとはいえないが・・・しかし、作者が政治をよくわかっているところは、すごく好感がもてる。宇宙開発が、権力と軍事とは切り離せない現実の中での夢を、よく描いている。まさに、高みへ登ろうとする男性的原理の権化を描いているのに、ちゃんと女性が大きな意味をもって登場してくる様も、なかなか見事。





【第8位】新暗行御史  尹 仁完, 梁 慶一

http://ameblo.jp/petronius/entry-10004704548.html

http://ameblo.jp/petronius/entry-10004588985.html

いいね。05年は、チャングム・冬のソナタなどと並んで、やはり韓国のレベルの高いエンターテイメント抜きには語れない。何度も云うが、最高レベルのエンターテイメントの物語を作り出せ、消費できるのが、一流の国家である、と僕は認識している。韓流の中には、売るためだけのクソも多いが、しかし、アーカイブに残る珠玉の作品も多数ある。これも、相当の作品だ。


【第9位】ガールフレンド 外薗 昌也:著/別天 荒人:画

http://ameblo.jp/petronius/entry-10007236944.html

SEXと自意識を描くのはよくあるが、SEXがちゃんと描けているのは、めずらしい。その珍しい作品。SEXをただの欲望ではなく、自意識の関連付けて考えるのは、そしてそれをエンターテイメントにするのは、とても難しくそして、おもしろい。


【第10位】聖☆高校生 小池田マヤ

つーか、吐くよ(笑)。すげー気持ちわるい。人の心をこれだけ逆撫でして、追い詰めるのは、まさに見事としかいいようがないね。たぶん、この話は、作者の集大成ですね。ここまで確信犯的なエグイ話を連載で描けるまで、彼女も相当のキャリアを要したであろう。見事です。しかも、すごくおもしろく、これほどエグイ話を書くのに自意識の解放を感じさせるのは、女性作家らしい。



【第11位】嫌韓流 山野車輪 普通舎

http://ameblo.jp/petronius/entry-10003719214.html

あまりの韓国エンターテイメントの素晴らしさに、いいたくはないが(苦笑)・・・・存在感が増すことは、よさと同時にそのだめさっぷりも世界中に宣伝する効果を持つものだ。僕が偉そうに言うことではないが、やはり自身のダメなところをこそ、認められるのが本物であり一流だと僕は思う。相当のバッシングを喰らう毒のある話題作だが、原理的なことにこそ踏み込んでいない弱さはあるものの、まさに事実をついている作品だと思う。まぁ隣国として、友邦として、相手の素晴らしいところと同時に、だめっぷりの酷さもちゃんと直視するべきだと思う。そういう意味では、この出版は勇気ある行為であったと思う。あとは、これがおバカな勢力に利用されたり、相互憎悪や政治の毒義にされないことを祈る(それは無理だろうがね)。ひさしぶりに、ゴーマニズム宣言の最初の頃のような言論機能を果たすマンガを見た。



【第12位】ルサンチマン 花沢健吾 小学館

結末は、少し弱い気がするが、その物語の世界観は、すごかった。何がすごいかといえば、なによりも、ダメ男ぶりの、余りに悲しいまでのダメさかげんに、僕は涙が出た。ああ・・・そう、男性は、ああいう苦しさと戦いながら、どんどんドロップアウトしていくのだ(笑)。見ていると苦しくなるよ。本田透さんの意見が、身に染みる作品だ。


【第13位】センゴク 宮下英樹 講談社

織田信長の家臣羽柴秀吉の家臣の話。なによりも、いいなーと思うのは、戦闘における馬上槍の意味や、槍の長さが戦闘にどういう影響を与えたかというような、詳細な描写が戦闘シーンいい生かされている所。最近の日本史の研究の成果がとても活かされていて、見応えがある。



【第14位】EDEN 遠藤浩輝 講談社

EDEN 1―It’s an Endless World (1)

一番最近気に入っているのは、ウイグル独立の女性テロリストの話。9巻ぐらいだっけ。あれはぐっと来たなー。これからは、中国が大国化して豊かになればなるほど、独立運動とテロは活発化するだろうね。そして、そのとき一番大きいのは、やはりウイグル、回教だもんね。まるでマルシアガルケスとか南米の文学を読んでいるような、匂いがする。そんでもって、ちゃんとエンターテイメントのSFしているところとかは、いいねぇ。


【第15位】PET 三宅乱丈 小学館

超能力のシーンの描写が、特筆。


【第16位】7SEED 田村由美

http://ameblo.jp/petronius/entry-10006579275.html

世界が滅びた後の世界というのは、大好き。生き残ることが正しいシンプルな世界は、残酷だけれども美しい。



【第17位】医龍  乃木坂 太郎, 永井 明

http://ameblo.jp/petronius/entry-10001790979.html

医龍―Team Medical Dragon (9)

まるで踊る大捜査線。現場という最前線と、政治。加藤助教授、惚れるぜ!。


【第18位】つゆだく 朔ユキ蔵

http://ameblo.jp/petronius/entry-10005231737.html

こんなおバカな作品を近年見たことがない(笑)。Hマンガなのだが、なぜか女性ファンが多いのも特徴。


【第19位】放浪息子 志村貴子

いいねぇ。こういう少年少女の繊細な心の動きを見ると、なんか胸にぐっとくる。この人は、何気ない世界のだるさが上手いなー。


【第20位】西洋骨董洋菓子店 よしながふみ

これは、早く評論書きたいんだよなー。でも、まだかけない。一回書いたのをけしちゃったんだよー(TmT)ウゥゥ・・・。よしながふみさんは、凄くいいねぇ。


【第21位】ラブロマ とよ田みのる

http://ameblo.jp/petronius/entry-10001679245.html

胸が、甘酸っぱくドキドキになる。すごいよ、麻薬みたいだよ(笑)。

*********************

選択の根拠は、あまりありません(笑)。HUNTER×HUNTERとか、本来はここで僕的ダントツ1位になる作品もなんとなく入れなかったし。ただ本棚を見ただけ。


ただし、ネギまと戸田誠二さんは、大収穫だった。これは、一位と二位は確実だな。


なぜならば、ネギま週刊誌を追いリアルタイムではまる作品というのは、僕の中でここ10数年なかった現象だからだ。作品の質や出版界における意義とかは抜いて、個人的に、もうダントツの作品である。何かの客観的基準に照らし合わせて優れているということと、自分自身の主観の中で、絶対性を獲得するものはまったく別物である、と僕は考えています。いや何がいいたいかというと、ネギまはななかなか見事な作品ですが、しかし萌え系エンターテイメントの王道として入り口の間口を狭めてしまうところなど、万人受けするわけではないので、その言い訳です(笑)。


それと戸田誠二さんに出会えたのも、よかった。本屋で、おもわず買ってみた作品だが、自分の選択眼のよさに惚れる(笑)。WEBComicsもほんといい。世界の残酷な美しさ、生と死を短い紙面で描ききってしまう構成力の見事さ。見事だ。この作品は、あきらかに誰が読んでも、素晴らしい。今年度の収穫だ。



【Q2】いま妄想している「本屋さんor本」

GOSICK』に出てくる16世紀につくらたという聖マルグリッド学園の大図書館の塔の最上階にある植物園。



とらさんの紹介による桜庭一樹さんの『GOSICK』に出てくる16世紀につくらたという聖マルグリッド学園の大図書館の塔の最上階にある植物園。

桜庭 一樹
GOSICK―ゴシック

ああ、思い出しただけでも、胸が高鳴る。


建築でゴシック様式は重く重厚なものが多いが、中世に作られたヨーロッパの宗教建築は、ステンドグラスによる光の調和や音の音響(パイプオルガンや聖歌など)が設計されていて、人を聖なる敬虔な感覚に誘い込むのように設計されている。ラテン語の世界は、中国の偏執狂的な書の世界と並ぶ、ユニバーサルな人類の大図書館を連想させる世界観なので、そういった雰囲気は大好き。本好きとしては、図書館という世界には、限りない憧憬がある。ほんとは、アレクサンドリアにあったという大図書館やバチカンの書庫とか、そういうところで、本に囲まれて過ごせたら最高だなーと思う。



【Q3】最初に出会った「本屋さんor本(マンガ)」


ドラえもんの映画版のマンガのび太の恐竜かな?。それと、火の鳥、ブラックジャック、小さな恋のものがたり、鳥人体系、奇子を、幼稚園から小学生の頃によく読んだ覚えがある。つーか、子供にこんな本読ませんな、と思う(笑)。だいたい鳥人体系奇子なんか、小学低学年で読むから、僕みたいな性格歪むんだよ(笑)。



【Q4】特別な思いいれのある「本屋さんor本(マンガ)」


コリンウィルソンの『アウトサイダー』とウィアムジェイムスの『宗教的経験の諸相』かなぁ。これを読んで、実存主義や人間存在を考える時の基礎を学んだような気がした。どちらも、読み終えるのに数年かけているし、繰り返し読んでいることも重要かなぁ。読むに足る本は、スゴイ時間と集中力をかけないと、読みきれないと思うのだ。


あっと、マンガか?(笑)忘れていた。


えっと、『め組の大吾』『シャカリキ』曽田正人著・・・かなぁ。あげればきりがなさ過ぎるので、あげられないなぁ。いまパッと思いつくのだと、神坂知子さん『蒼のマハラジャ』とか、『サイファ』『エイリアン通り』成田美奈子さんとか、樹なつみさんの『花咲ける青少年』『八雲立つ』、猫山宮緒『フライングドラゴン』なんかもよかった。すごく笑えたのは、『御石神落とし』とか。漆原友樹の『蟲師』とか。。。あー特別はあげられないや。本だと割りと簡単なのだが。。。


多分僕の中では、本は、抽象性を尊ぶ意識があり、マンガには具体性を求めているのだと思う。だから、本には、時間を越える真理や超越性を求めていて、マンガや映画には共時性を求めているのだと思う。


つまり、本は真理で評価する。けれども小説や映画、マンガは、その『時』自分の年齢や体験や出会いがセットとなるので、たとえレベルが低くとも出会いがよければ、関係なくなってしまうのだ。



【Q5】バトンを回したい5人&お題


これは、すみません。僕のところは止めます。欲しい人は、ぜひ持っていってください。


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

ブログ三兄妹の妹である『日常&読んだ本log』のつなさん からのご指名。



思いっきり内輪ネタなので、普段コメントをやり取りしない人は、読んでもわからないかもしれませんので、あしからず(笑)。はっきりいって私信です(笑)。



Q1.まわしてくれた人への印象は?


安定感包容力


ブログから受ける印象は、まさにこれ。


しかし同時に僕には、とても生真面目な印象を受ける。


しかし、その生真面目さの部分を、自分で少しつまらないと思っているような印象がある(←どう?(笑))。そのあたりがとてもかわいくて、とてもいじめたくなる(笑)。


この「いじめたい」というのが、僕的に多分ほぼ同い年(かもしれない)にもかかわらず「妹」というイメージを強く持たせる。背伸びしてがんばろうとしている妹。


とら兄貴が「年のはなれた妹イメージ」で猫かわいがりするのと比較すると、実は挑発したり痛い所をついたりしようとしているのは、「年が近い妹」・・・下手をすると同じ土俵に乗っている同い年のイメージがあるゆえかもしれない(二卵性の双子の妹(笑)とか?)。


なぜならば、いかに兄貴ぶってみても、同じレベルの悩みに遭遇している可能性が強いから(笑)。実は、個人的な背景も、同世代の夫婦のようだし、似ている気がするなぁ。自意識系の痛い話が好きなところも、なんかおもわず共感(笑)。僕も強気の割りに、小心なところがあるので、このネタは、ぐっとくるんだよー。


・・・・そして、もともと真面目そうに見える中にも遊び心があり、かなり幅の広いエネルギーの持ち主であるにもかかわらず、そのエネルギーの振り向け先を上手く見出していない焦燥感と寂寥感を感じるな~(←ちょっといじめ)。


それは、ブログを初めてからのしなやかで継続的な読書量、その書評の的確さ、記事の多さからして、彼女の表現のエネルギーが非常に高く鋭いレベルにあることからも感じる。実際に、あのレベルの量を書き続けるのは、なかなかにしんどいことだ。継続的に、質の高い長文を書き続けるというのは、それだけで相当の表現衝動と知的好奇心が満ちていなければできないことだからだ。


個人的には、彼女のような安定・的確で継続的な仕事がこなせ、柔らかそうに見えても実は結構強情で負けん気が強そう(笑)な人材は、部下に欲しい(笑)。多分一緒に仕事すれば、ケンカしそうな気がプンプンする(笑)が、、、ここぞ、というときに逃げないプライドを感じる。理系というのもいい。




Q2.周りから見られている自分はどんな人だと思われている?


「周り」をどこと定義するのかは、難しい。


会社の同僚と取引先


これは、はっきりしている。第一印象と外からシゴト振りを見ると、非常に冷酷で平気で人を切り捨てられる論理だけのスクエアな人間に見えるらしい(ひっヒドイ・・・)。裏で計算して、取引とか陰謀をしそうに見える(笑)らしい。これは、取引先、同僚とりわけ後輩たちから何度も同じ意見を聞いたので、まじでそう見えるのだと思う。(←かなり悲しい・・・(泣))


しかし、これが実際にシゴトをした人や飲みに行く友人からは、180度逆の意見に変わる。



「お前がそんなに熱くて・・・・そして人情と仁義でシゴトをするとはおもわなかった!!」



これも、いく人から聞いたかわからないセリフ(笑)。


シゴトをした人からは、おっちょこちょいで、本質は抑えるものの結構雑で細かいところがヌケている(笑)と、これもよく言われる。(←なんかダメなやつみたいだ・・・(苦笑))。


頭良さそうに見えるけど、実は、当たってくだけろタイプなんだねー(笑)ともよく言われる・・・って、頭悪いってことか?(笑)。


・・・・うれしかったのは、会議で結構キツイ意見を行った後に、ある部長から『我々とは感覚が違うんだよ~』と皮肉られた時、関係会社の取締役から『こいつは違いますよ。ちゃんと分かってるやつですから信頼できますよ』とさらっと何気なく言われたとき。こういうのって、ぐっときますね~(笑)。



ちなみに、ブログでは、ほとんどイメージ誘導を行わない。ほとんど素でホンネをしゃべっている。それ故に、多少、言葉を選んでいない気がするな~。まぁいっかぁ(笑)




Q3.自分の好きな人間性について5つ述べて下さい


・フェアであること


・自分が受け入れられない価値観に対してもオープンマインドであること


・自分自身の信じるところを貫ける絶対的な価値観・志・夢があること


・自分の弱さダメさを直視できること


・複雑さの奥にある本質を見抜こう調べようとする知的好奇心があること


かな?


あと座右の銘的なのは、高杉晋作の時世の句かな・・・・



おもしろきこともなき世をおもしろく



・・・・長州藩士は、我が一族の敵ではあるが・・・(笑)




Q4.反対に嫌いなタイプは?


基本的には、Q3の逆なのだが、、、、、


シゴトで思うのは、例えば上にへつらって、下に厳しいやつ。


こういうヤツは八つ裂きにしたいほどムカつく。サラリーマンだから上にへつらうのはわかる。が、なら下には優しくしろ!、と思う。なんかフェアではない。上役におもねって自分が得をするならば、その分、苦しむ部下や仲間のためになんかしろ!って思う。人間弱いから、上に逆らえ、とはまでは言わない。が、それは、フェアではない。つーか、かっこよくねーだろ、それ。


それと、肩書きや地位・年収さまざまなラベルで人を区別するヤツ。こういうのも嫌い。人間は、スキか嫌いか、もしくは本物か偽者か?それだけだ。




Q5.自分がこうなりたいという理想像は?


ものごとの本質が見抜ける人間


栗本薫の描く名探偵伊集院大介のような人にあこがれる。普通の人には見えないような、背後で絡まって複雑にもつれ合っているものを、解きほぐし人にわかるようにすることができる能力が欲しい、といつも切に願っている。


そのためには、もっともっと勉強して、いろんな経験積まなきゃな~・・・・


まだまだ、小さいよ、オレ。。。




Q6.自分の事を慕ってくれる人に一言



一緒に楽しもう!(でも、いなかったりして(笑))


NO ENTERTAIMENT NO LIFEだぜ。


僕のブログ『物語三昧』も、とら兄貴と同じく横やり大歓迎です。みんなで楽しくやろうという気持ちさえあれば、どんな些細なことでも、コメントくれるとうれしいです。


ちなみ、そうはいってもブログは個人の王国でもあるので、僕の美意識にあわなければ、削除は勝手にいきなりします。アバウトなので、まずないと思うけど。



Q7.そんな大好きな人にバトンタッチ!



これは悩んだ。


実は、すぐにtujigiriさん が浮かんだのだが・・・


tujigiriさんはバトンは好きではない、と書いてあったし、、、、


だめ?(←かわいくねだる(笑))

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

歴史バトン

pico3298さん から、バトン無理やり奪いました(笑)


1.Number of your book about history
(歴史に関係する本の所持数)


うーん、数十冊くらいかな?。
 


2.People who patronizes it now
(今イチオシの人物)


うーん、歴史で?。


歴史というならば・・・・・ナポレオン・ボナパルドかな。



3.The battle I remained
(印象に残っている戦い) 


アウステルリッツの三帝会戦(Schlacht von Austerlitz)。

ナポレオンの天才的な戦術が発揮された見事な大会戦で、その芸術のような指揮能力に惚れ込みました。
僕はゲリラ戦ではなく、指揮官の戦術・戦略が生かされる中世から近代初期の戦いが好みのようです。

まだ戦争が、個人の力量と誇りによって行われた最後の時代。

現代は、物量と経済力による、総力戦ですから。それは、なんだか戦いではない感じがする。


それと、


ミッドウェー海戦


近代史上、空母及び艦載機による3次元の戦争は、有史以来これが初めて。
いまだ国力の総力を挙げて、近代軍事技術の総力を上げた戦争は、これ以外ない。
もっとも、核がある今日は、こういった形態の戦争はありえないとは思うが。


4.Five person favorite of me, or that mean a lot to me
(好きな、若しくは特別な思い入れのある人物5人)


①ナポレオン・ボナパルド
②孫子
③源義経
④モルトケ
⑤ウィストン・チャーチル
⑥ビスマルク
⑦織田信長


・・・・・こうしてみると、僕は、前線に出る戦術系に強い指揮官が好きなようだな。
でも、後方の政治謀略が得意な人も好きだけど。。。


おもわず、ヤン・ウェンリーとか書きそうになった(笑)


あと、坂井三郎さんかな。


いちおう戦記縛りという形で書きました。


5.One-Five people to whom I'm passing the baton
(バトンを回す人1~5人)


すみません、これはまわしません。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

Q1 今コンピュータの入ってる音楽ファイルの容量は?
Total volume of music films on may conputer

たぶん、入ってません(あるかもしれないが)。
PCで音楽は聴きません。

***************

Q2 今聞いている曲は?
Song playing right now


①『魔法先生ネギま! 1月度OPテーマ ハッピー☆マテリアル [MAXI]』
 麻帆良学園中等部2-A(相坂さよ 明石裕奈 朝倉和美 綾瀬夕映 和泉亜子 大河内アキラ)

ええ、僕は逃げません。だって妻が怒っても聞いているんですから(笑)

(爆)!!

②The Piano songs elegant and gentle sound shower

Chicago/Saturday in the parkなど

これオムニバスだけど、好きな曲が多くて、よく聞いている。


③Portrait in Jazz selected Makoto Wada and Hruki Murakami

Nat King Cole/Sometimes I'm happyがスキ。
Nat King Coleは、はまってアルバムを聞きまくっている時にHarryPotterを読んでいたのでBarとかで流れると、一瞬でHarryの世界に引き込まれて困る(笑)。


最近一番聞いているという意味では、①です(爆)。
いつも家で流れているのは、②か③(もしくは好きなJazzのアルバムをいくつか)

***************
Q3 最後に買ったCD
The last CD I bought

『魔法先生ネギま! 1月度OPテーマ ハッピー☆マテリアル [MAXI]』です(笑)



***************
Q4 よく聞く、または思い入れのある曲5曲は?
Five song (tunes) I listen to a lot, or that mean a lot to me


思いつくままに

洋楽なら
①THE BEATLES/LET IT BE

②Phill Corins/Another Day In Paradaise

③Alanis Morissette/You learn from jagged little bill

④Chicago/Saturday in the park

⑤Van Halen/Can't Stop Lovin' you

⑥Vanessa Carlton/A Thousand Miles

あとアバとかメイヤーにエアロスミスやジェネシス、ローリングストーンズ・・・うーんスキなのはきりがない。


邦楽なら

①Mr.Childoren/CROSS ROAD

②チェッカーズ/素直にI'm Sorry

③上々タイ風/・・・名前忘れ高畑勲監督の映画の主題歌

④The Boom/島唄か星のラブレター

⑤KinkiKIDS/恋はジェットコースター

⑥堀内孝雄/愛しき日々

⑦吉幾三/酒よ

⑧軍歌(笑)。ラ・マルセイエーズとかスターズアンドストライプスもスキ。


あと、中村雅俊や山口百恵さん、松田聖子それに、少年隊、光ゲンジ(笑)やオフコース、ボウイとかとか。

⑦と⑧は、なんといってもジジ殺しのカラオケソング(笑)


***************

Q5バトンを渡す5人は?
Five people to whom I'm passing the baton


そんなに友達はいません(笑)。
ただ、どうしても聞きたい人からは、逆にリクエストを受けましたので、もう回す相手はいません。


ああ、直接に要請していただいた23mitekiyaさん、それに暗黙にプレッシャーかけていただいた(笑)つなさん、moguさんへありがとうございました。

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。