テーマ:


So you think you can dance

アメリカンダンスアイドル・シーズン3! 


10月28日 19:55からFOXチャンネルでスタートしました。


HDDに録画して、何度かに分けてやっとみました。いやーやはりいいなぁ。ぜひ皆さん見てみてくださいよ。素晴らしいですよ。待ちに待っていたんです。


アメリカンアイドルとはまた違った感動がるんだよね。シーズン2の優勝者ベンジーの妹や、前回ビザがなくて途中棄権なってしまった韓国系?のヒップホッパーやどうみても見事なコンテポラリーのダンサーにしか見えない身体のラインが伸びて見事に優雅なダンサーが義手!だった(あれは驚いた)りと、既に第一回目にして注目のダンサー目白押し。たまらない。


来週が楽しみです。



□アメリカで最も愛されるダンサー ベンジーシュマイヤー! アメリカンダンスアイドル~シーズン2より

So you think you can danceのシーズン2ファイナル!。

http://ameblo.jp/petronius/entry-10025375452.html

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:


So you think you can dance

アメリカンダンスアイドル・シーズン3! 


10月28日 19:55からFOXチャンネルでスタートです!


待ってました!!



□アメリカで最も愛されるダンサー ベンジーシュマイヤー! アメリカンダンスアイドル~シーズン2より

So you think you can danceのシーズン2ファイナル!。

http://ameblo.jp/petronius/entry-10025375452.html


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
Paris Bennett Princess P


>伝統的なソウル・ゴスペル的深さとキャピキャピ女の子の若々しい感受性を併せ持ったこの独特の個性に、無限の可能性を感じてしまいます。

http://american-idol.seesaa.net/article/41903121.html

アメリカン・アイドルについてダラダラ語ろうか


パリスベネット。この子、かわいーんだよねー。愛されて育ちました!って言う感じが、ビシバシ伝わってくる。持てるものを、子供のころからもっている天真爛漫さ。


パリスベネット

この子もデヴューしたんですね。シーズン5は物凄い粒ぞろい。TOP12のほとんどがデヴューしている。すごいねー。いやーケリーもかわいいんだけれども、パリスも、かわいいんだよねー。外国人にときめくのは、まずないのだが・・・この番組は、感情移入しやすいのかもしれないなー。これ、買わないとなー。彼女は、母も祖母も歌手というサラブレッドで、しかも祖母はあの伝説のシンガー。しかも、アフリカ系アメリカ人を何としても番組上最後まで残したいというたぶん製作者用の意図もあり、、、なんというか、とてもいい流れにいるはずなんですが・・・どんどん上に上がるほど、悪くなるんだよなー。おしい・・・おしいのだよ。ただ、最初の登場の頃は、感動した。だって、かわいいんだもんっ。もともとぼくは外国人を見ても、同じ人間には見えない気がする人なので、あまり外人を可愛いとか思ったことないんだけれども、、、、。ましてや、なんというか深南部(ディープサウス)とでもいうのかなぁ、、、たぶん全然混血していないだろうなーというまさに黒人っ!って感じのする容姿は、かわいいという感じの人をあまり見たことがないのだが・・・。


パリスベネット2

僕の超好きなハルベリー とかも、たぶん混血なんじゃないかなーって思う。人種のことは全然わからないし、その辺の感じは、PCで書いていいかわからないしね。そういうのが全くいない純血の黒人って感じなのに、すげーーーーーかわいいの。こういう感じで、こんなにかわいい子を見たことねーって思っていたんだけれども、、、、、これは、ケリー・ピックラーもそうなんだけれども、やっぱなんというか、、、自己主張が強いアメリカの芸能界やショービジネスの世界に、田舎から出てきたスレていない素直な人格を見せてもらえ、、、その子が成長する過程を・・・そのビルドゥングスロマン(旅を通した人格の成長物語)を見せてもらえるからこそ、強い感情移入が発生して、その人を人間と自覚するのだろうなー。とかとか。普通の映画やテレビで出てくる人には、あまり感情移入できないもの。あっ、ちなみに髪をおろしたストレートヘアーのリサ・タッカーも美人だよなー。まだふたりとも、17歳と16歳。いやーそれでこのレベルかよっ。すげーかわいい。いやー目の保養だ。


***************

ちなみに、


■アメリカン・アイドル シーズン6 勘違いの王国アメリカ!~そこまで客観性がないのもすごい
http://ameblo.jp/petronius/entry-10026012796.html


前にこのアメリカンアイドルおい怪物番組の魅力を総評して、こう書いた。この番組の全体のスキームをよく説明している記事って、なかなかなかったのだが・・・・この猫の夜会ライブラリー映画部さんの記事は、あー全体をよく説明しているなーと楽しかったのでちょっと紹介です。


■アメリカン・アイドル シーズン5(FOX)August 19, 2006
猫の夜会ライブラリー(night clowder library)映画部
http://library.cocolog-nifty.com/movie/2006/08/_5fox_00e5.html

>アメリカでは2002年に始まったアイドルオーディション番組、日本では今年の1月から始まったシーズン5がFOX で放映され、私も見てたわけですが、「スタ誕」と似たようなもんでしょ?と思ったら大間違い。アレサ・フランクリンばりのアマチュアたちがどんどん落とされ、ゲストには毎回スティービー・ワンダーとかロッド・スチュワートとか、クイーンとか、大物たちがガンガン出てきてアマチュアたちの指導はやるわ、ライブはやるわで、1時間の番組が日本の年末大特番並みの内容で毎週つづくわけです。


あーこの表現うまいです。まさにこの番組は、日本で言うならば最盛期のNHKの紅白歌合戦(いまのしょぼものではない)みたいな国民的な盛り上がりと、アメリカン・ショービジネスの粋を結集した質の舞台がミックスされているような番組なのだ。アメリカンショービジネスとは、ラスベガスのショーとか、アメリカのブロードウェーのようなエンターテイメントの世界最高峰のレベルであって、日本のしょぼいバライエティ番組とかを思い浮かべないでほしい。まったくレベルが違うのだ。ちなみに、この版食いを見た後・・・つまり、全米の素人の歌を聴いた後、、、日本の歌番組を見ると、そのプロと呼ばれる人々のあまりのレベルの低さ、舞台のショーマンシップのレベルの低さに感動すらします(笑)。素人と比べてこの差かよって・・・驚きます。


>私がもった感想はふたつ。


ひとつ、エンターテイン、という点では日本はまったくアメリカにはかなわない。テレビ番組ひとつを作るパワーのかけ方、才能の集め方、層の厚さ、お話にならない。


ふたつ、アメリカ人にとって世界はアメリカだけで十分だ。だってアラバマってだけでカリフォルニアの人には異世界。ふつうの人にはアメリカの国内だけでいっぱいいっぱいだろう。それ以上は必要無い。
アメリカン・アイドル シーズン5(FOX)August 19, 2006
猫の夜会ライブラリー(night clowder library)映画部
http://library.cocolog-nifty.com/movie/2006/08/_5fox_00e5.html


この番組は、まさに、ああ・・・アメリカ的なもの、アメリカの中のアメリカっていう、かの国の粋を集めあような番組だ。この作品を見ると、アメリカという国の雰囲気、行動・思想様式、文化的地域的多様性と広大な国土などの、アメリカ的なるものの全てが分かってしまう。いやー凄い番組だ。


■関連記事

Amazon.co.jp: Rayさんのプロフィール: レビュー
http://www.amazon.co.jp/gp/cdp/member-reviews/A1XWL19F5ASG56

PUPPU
http://puppuringo.blog69.fc2.com/blog-entry-22.html

猫の夜会ライブラリー(night clowder library)映画部
http://library.cocolog-nifty.com/movie/2006/08/_5fox_00e5.html

NYテレビ日記
http://nydiary.exblog.jp/3604380/

ケリー・ピックラー、今度はシットコム?
http://blog.so-net.ne.jp/jts/2006-11-10

日常あるいは平穏な日々
http://kazehito.seesaa.net/article/45119422.html

紫陽花日記
http://blog.goo.ne.jp/ajisai-color/e/810c09bac941537764e27fdabfa2a55b

New York Music Club by Mitsuru Kosaka
http://blog.livedoor.jp/mitsurukosaka/archives/cat_50008017.html


【YouTube】動画とソウル音楽!<Soul Night>
http://blog.goo.ne.jp/charedogawa




AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:


ai

ケリー・ピックラー デビュー!
http://blog.so-net.ne.jp/jts/2006-07-25


ai

シーズン5のファイナリストの「Kellie Pickler 」ケリー・ピックラーが、お気に入り。いまさらなんだけどさ記事にするには。いーじゃないですかいま見ているんだから(笑)。いやー「イカは…もういいかな?」ってインタヴューはサイモンのいうように、全米を虜だね。かわいすぎる。まだ19歳なんだよねこの時点で。


でも、バッキーだっけ?。南部の代表みたいな、カントリーとロックテイストの感じの歌を歌う人。ピックラーもそうなんだけれども、、、、全米の素人を集めるだけあって、なんというか、とんでもない信じられないレベルの田舎者が続出するんだよね。そのなんというか、田舎っぽさというか、すれてなさは殺人的と思うぐらい、田舎者(笑)。



ai

日本人は、全国あるレベルの水準が維持されているけれども、アメリカは州によってかなり雰囲気も違うし、なんというか、内陸部の田舎は、もうとんでもない田舎の。日本で言えば、失礼だがたとえば青森の奥地で人里離れた村みたいな感じのところがゴロゴロあるの。というよりも、スティーブンキングの小説やアメリカの小説を読んでみると、そもそも「海を見たことがある」って人の方が少数派なんですよアメリカは。自分の村を出たことがありませんという田舎者の集団がアメリカという国なんです。この辺日本人は、アメリカを、NYとか西海岸をイメージしている人が多くて、それはとんでもない勘違い。


ai

そんなド田舎オブ田舎のたとえば、ケリーピックラーなんて母親はいないし(出ていった)、父親は薬中で刑務所に入っている!なんていう経歴はざら。田舎は貧乏だからね。いわゆるプワホワイト層ってやつだ。いやーーーだけど田舎者なのか、祖母の教育がいいのか、アメリカの自然が美しいのか・・・・心がきれいなのがわかるんだよねー。まぁ綺麗というか、なにも知らないというか(笑)。こういう素朴さというのは、とっても心癒されます。といっても、これが都市に出てくると、本物かどうか試されちゃうんだけれどもねー。人間なんて環境の生き物だから。


■関連記事


NYテレビ日記
http://nydiary.exblog.jp/3604380/


ケリー・ピックラー、今度はシットコム?
http://blog.so-net.ne.jp/jts/2006-11-10


日常あるいは平穏な日々
http://kazehito.seesaa.net/article/45119422.html

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

ai

友人がシーズン5のすべての録画を貸してくれた(感涙)。ありがとうございます。死ぬほど楽しませていただいております。とりわけこの連休は、台風直撃ということもあり、妻も喜んでいます。やっとハリウッドウィークが終わり、TOP24へ。貸してくれた彼曰く、シーズン6よりも面白いんですよ!ということで見ていたが、、、うぉぉ・・・そうかも。シーズン6は圧倒的に女性ヴォーカリストのレベルが高かったのだが、シーズン5は男性のほうがいい。というか、目が思わずいつてしまうような魅力がある。シーズンによって違うんだなー。形式は全く同じで、メンバーが違うだけなのに全然異なって見える。さすがに一日中見ていたので妻と疲れ切ってしまったが、、、いやー感動。TOP24のラストは、テイラーヒックス。いやー確かに個性的だわ。つーか動きが面白すぎる。


ai

うわーーーこの人、好きかも。凄い魅力的。こういうのが投票で生き残るというのは、なかなかおもしろいなー。これって、カントリーでしょう?ジャンル的には・・・・。不思議な存在だ。なんか、どっかの田舎の高校の先生って感じが凄く面白い。たしかに歌は圧倒的にクリス・ドートリーの方が、上手いように感じるが、それだけではない魅力がある。こういう存在感というのは不思議だなー。そうえいば、エリオット・ヤミンもデビューしたんだよね。インディーズだけれども最近。個人的には、エース・ヤングの選曲が、よかった。ジョージマイケルのFATHER FIGUREは感動。うまかったのもあるが、アルバムFaithが死ぬほど好きだったのだ。中学生の時死ぬほど繰り返して聞いてたので感動したなぁ。こういうのって、選曲で評価は凄い変わるんだろうなー。ちなみに、シーズン6よりもサイモンがとても厳しい感じがしたのはなぜであろう?。でも彼の意見は的確だと思うよ。


テイラー・ヒックス
テイラー・ヒックス
Elliott Yamin
Elliott Yamin
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。