テーマ:

私の愛した悪役たち VOL.1
http://www.websphinx.net/manken/labo/badd/bad01.html#NOROI


これ、面白です。


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
佐原 ミズ
マイガール 2 (2) (BUNCH COMICS)
評価:★★★3つ
(僕的主観:★★★★4つ


娘と毎日家に帰って、今日会ったことを話す・・・・それだけで、幸せだっていう正宗くんの話は、凄いよくわかる。



それは、、、同じ時を共有することのできる愛する人と出会った時の喜びだもんね。・・・・・ほんとうは、失って気づくのではなくて、今日この時を、愛する人と(もしいるならばね!)共有できることをいつも感謝していきなければ、もったいないんだけれどもね。



話を共有することは、一度しかない人生の貴重な「いまこの時」を共有することだから、意味はないけれども、価値があることなんだ。


『マイガール』 佐原ミズ著  喪失感の共有による絆は・・・・・
http://petronius.ameblo.jp/petronius/entry-10030255971.html
************************


ちなみに、以下の記事は、なんつーかマイナス的に書かれていますが、このマンガは、僕はとってもとっても好きです。


コハルちゃん、健気すぎっ!。コハルちゃんのような娘が欲しいです!(笑)。小学校に進学したコハルちゃんのワンピース姿に、やばいです。娘にも買おう!と心に誓いました。ちなみに、基本的には、コハルの正宗君への態度には、「少しの遠慮」があって、甘え切れていないんだよね、そのお互いの遠慮が微妙な距離感になって、優しさと寂しさを生み出している。こういう遠慮というか、なにか100%甘え切れない、という状況の方が、深く温かい愛のある関係が気づけるのだろうなーとか思います。


とはいえ・・・・まぁこんなに精神的なものを共有しあえる関係性は、僕はある種の欺瞞のような気はしないでもないですがね。物語の世界の。世界はもっと誤解と勘違いに満ちていて、だからこそ、面白いのだと僕は思うしね。調和が取れ過ぎるのも、ある種の嘘を見せられている気になる時もあります。



■世界観が完成していることの功罪


基本的にこの著者の作風は、すでに完成されているなーと思う。どれをとっても、同じ匂いがして、雰囲気・世界観が完成している。これは、ほめ言葉でもあると同時に、ある種のマイナスでもあります。それは、ある一定の水準を常に超えているレベルの物語世界を構築できるという部分と、同時に、ある関係性や感覚に「停滞」して抜け出さない、という意味でもあるからです。

佐原 ミズ
バス走る。 (BUNCH COMICS)

とりわけ、少女マンガに様に繊細な感情の機微を描写するのがうまい、このような作風うの人は、僕的な言葉でいうと「過去に拘泥する人」となりやすく、喪失感や生きることの痛みを、センシテイヴに「感じ続ける」日常を描き続ける傾向が強い。世界はどこまでいっても、そういった繊細さに満ちた優しく穏やかな空間でありつづける。それは、それで物凄く美しく、繊細にキラキラしていて、完成された美ではありますがね。


それは、作者その人が、そのものが、そういった「視点」で世界を眺めていることの証左なのでしょうが、それでは少しさびしい。「過去に拘泥する」というのは、ものごとの厳しさ残酷さ、死んでしまった人の喪失感などの「取り返しつかないこと」の重さをかみしめて生きるという意味ですが、この人生には、「成長」や「変化」「輝く未来」といった、時間感覚の先にある癒しや変わっていくことのワクワク感を描けなくなることが多いからです。


実際に、1巻で正宗君とコハルちゃんの喪失感は、見事に描けました。けれども、2巻目になると、僕はそれに不満を覚えてしまいます。なぜならば、同じところに踏みとどまっていても、だめじゃーないですか?。しかも、正宗君と陽子さんは、たしかに行き違いがあり、死別であったとしても、深く深く愛し愛されたカップルであったわけで、コハルちゃんに引き継ぐべきトラウマは存在しません。親から受け継ぐ負の連鎖がないのならば、僕は、真っ直ぐ前に向き成長を目指す姿勢を見たい、と思うのです。えっと、2巻に不満はないですよ。2巻は、1巻の延長線上として、よく良く描けていおるし、少しづつ成長へ前向きになる娘と父親の姿が繊細に描けており、十分すぎるほどの完成度です。


・・・・けれども、親の負の連鎖を引き継がないのならば、そこにドラマトゥルギーは発生しません。物語が、停滞してしまうのです。負の連鎖がないのならば、正の連鎖を目指す成長を描くべきで、そうでないと・・・・ずっと繊細に『世界を眺めつづける日常の話』、になってしまいます。・・・・それは、僕は、一話完結の物語で良く、連載にする必要性をあまり感じないんですよね。


せっかくこれだけのものが書けるのならば、「もう一歩」次のレベルの物語世界を構築してほしい気がします。



■幻想の父子関係~榛野なな恵のPapa told meを思いだす


なぜそういうのかといえば、この繊細で閉じた日常の行き着く果てが、『Papa told me』を思い出させるからなんですね。これって、先がない話なんですよねー。

榛野 なな恵
Papa told me (27) (ヤングユーコミックス)

まぁ『マイガール』ここまで永遠回帰の日常を描いていないので、こうはならないと思いますが、似た匂いを感じてしまうのです。


どうもねーこの父親と娘という関係性は、けっこう危険な関係性で、ある種の幻想による現実の拒否を肯定しやすい関係のようなんですね。


榛野さんが女性であるように、女性にとっては、いつまでも少女でいられるという特権を維持し続けるという幻想、父親の方である男性にとっては、「女」になって対等になってしまわない少女を上から目線で愛せる・・・・どっちにとっても、現実から逃げるのにとても都合のいい関係性のシステムになっているんですよねー。


だから、男性女性を問わず、この関係性を主題にした物語は多いんですよね。


前にも書いたのですが、この主題には、実は吸血鬼という主題ととても親和性がある、と僕は思っています。高野さんの『BLOODALONE』がまさにズバリですが、それは「永遠の命による現実の砂を噛むような不毛感」というテーマとの、この幻想の関係性の構造がリンクするからなんですねー。


ちなみに、このテーマには大きな分岐点があって、現実に強く踏み出すか、繊細な美しさの世界にとどまるか?っていう大きな世界観の態度があると思います。

高野 真之
BLOOD ALONE 3 (3) (電撃コミックス)
すたひろ
おたくの娘さん (第1集)
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
金田一 蓮十郎
ニコイチ 3 (3)
評価:★★★3つ
(僕的主観:★★★3つ


主人公の須田真琴は普段は普通のサラリーマンをしています。 しかし、血の繋がらない息子の崇くん(これがかわいーんだっ!)の前ではキレイな母親を演じています(笑)。 ようは、息子の前では、母親(女)を演じて、会社では男のまま、という二重生活をしているんですね。まぁ、コメディなのですが、、、、4巻まで読んでいると、なんというか、感情の描写がとても上手で、僕は好きなんだよなー。たぶん女性が読んでも、面白いと思う。


・・・・・・うーむ、何が面白い部分なのか?ということがうまく説明できないが、僕が「女性が読んでも面白い」と形容するときには、日常の心理描写のレベルが、ちょっとその他の少年少女マンガより、上と感じている気がするんだよね。それが何なのか、うまく説明できないが・・・。まぁ、おいおい考えていいますが。とにかく、スキなんですよ。この作者、その他に何を書いているかは知らないのですが、とっても感情の揺れ動きとかの描写の上手い人なんでその他の作品もぜひ読んでみたいなーと思います。


4巻(最新刊)を読む。3巻の終わりが、バレル寸前だったので、気になっていたのだが・・・はーそうきたかーと。いやーなかなかいいっす。

金田一 蓮十郎
ニコイチ 4 (ヤングガンガンコミックス)




AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

車田 正美 男坂 (上巻) (集英社文庫―コミック版)


わっ・・・わからねぇ(苦笑)。


何が面白いのか???。


偶然思い出して読み返したが・・・・このチープ感とオチのつかなさかげん・・・・いや打ち切られたのもよくわかる(笑)。なんなんだよ、これわ、って設定です。ちなみにこれを読むと星矢の世界観がなんで生まれたの一発でわかります。まったく同じですよね。


が、、、物凄く胸に残っている作品なんですよ。いまだよく思い出す。何か、圧倒的な胸の琴線に触れるパワーを感じます。



文庫のあとがきで車田先生も、打ち切られた面白くねぇ作品なのに、時間がたっても版を重ねて残るのか不思議だ、とおっしゃっていたのと同じように僕も思います。いや、たぶんこれ、熱く胸を燃やした小学生(僕は小学生だった)多かったんじゃないかなー。



車田 正美
男坂 (下巻) (集英社文庫―コミック版)


↓これとかもそう。


何がおもしろいのか、当時でさえさっぱりわからなかったが、ものすごく面白かった!。


島本 和彦
炎の転校生 2 (2)
島本 和彦
炎の転校生 3 (3)

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
曽田 正人
カペタ (12) (講談社コミックス―Monthly shonen magazine comics (KCDX2213))

ちょっとコンビニで、カペタを立ち読み。


おれって、一番ノブが好きなんです。


男の中の男!って思っている。


普通、身近にあんな物凄い天才がいたら、嫉妬やいろいろな自分が追いつけない不安とかで、おかしくなるだろう。


なのに、彼は一貫して、「天才カペタ」の育成とサポートに人生のすべてをかけている。



脇役だ。



けど、ほんとにただの脇役か???


カペタは、それこそ歴史に残るような天才だ(セナがモデルなくらいだし)。


それに、ついていくだけでも、、、なんの才能もないにも関わらず、それについていくだけでも、物凄い難しいことだ。


なのに、彼は、冷静にエージェントとしての自分を、徹底的に鍛えあげている。


この覚悟に、僕は惚れる。


天才が、天才たるには、天才を天才たらしめる制度やサポートが必要だ


本当の主人公は、もしかしたらそのサポーターなのかもしれないとさえ思う。


それを覚悟を持って、一時に行えるノブの男気に


その分をわきまえた、徹底したプロフェッショナルに、僕は惚れる。


漢は、そうありたいものだ!

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。