テーマ:



http://sankei.jp.msn.com/world/america/080209/amr0802091057008-n1.htm


8日の朝、米バトンルージュ(Baton Rouge)でルイジアナ工科大内で女子学生が銃を乱射、そして自らも自殺する事件がおきました。まだ詳細はわかりませんが「女生徒」というのが驚きました。


http://www.aruweb.net/blog/2008/02/09/post-254.php

********************


こういう報道に、慣れてしまっているというのは、凄いことですよね。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
アミューズ・ビデオ
アメリカン・ヒストリーX

評価:★★★★★星5つのマスターピース

(僕的主観:★★★★★星5つ)


掃除をしていたら見つけた。


あー見たくなった。素晴らしい物語です。


↓とか『フープドリーム』やサムメンデス監督の『アメリカンビューティー』とあわせてみると現代アメリカのことがよくわかっていいと思います。


『ハイヤーラーニング』(95米)ジョン・シングルトン監督
http://ameblo.jp/petronius/entry-10000673659.html


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:



<米水兵さん>「勝利のキス」身元判明…撮影から62年 (毎日新聞 - 08月04日 10:16)  

【ニューヨーク小倉孝保】第二次大戦の勝利を喜ぶ水兵と女性看護師がニューヨークのタイムズスクエアで熱烈なキスを交わす有名な写真で、長年の謎だった水兵の身元が撮影から62年の歳月を経て解き明かされた。地元警察のベテラン科学捜査官が写真を分析し、結論付けた。  水兵と判明したのはテキサス州ヒューストンのグレン・マクドゥフィーさん(80)。これまでに「水兵」として名乗り出ていた数十人のひとりだった。ヒューストン市警科学捜査課のルイス・ギブソンさんが、有力な数人に看護師の代わりに枕を抱かせ、写真と同じ姿勢を同じ角度から撮影し分析した。  その結果、耳の位置や顔の骨の形、手首や腕の位置関係などからマクドゥフィーさんと判明した。ギブソンさんは「あらゆる分析結果からマクドゥフィーさんだということがはっきりした」とAP通信に語った。  同通信によると、マクドゥフィーさんは恋人を訪ねる途中に日本が降伏したニュースを聞き、「うれしくて通りを走っていたら、看護師と目が合った。すぐに彼女のところに行きキスをした。言葉は一切交わさなかった」という。  写真は1945年8月15日(日本時間)の日本の降伏に歓喜するタイムズスクエアで、2人の様子をカメラマンのアルフレッド・アイゼンシュテット氏(95年に96歳で死去)が撮影。写真雑誌「ライフ」に掲載された。看護師は既に判明している。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
デスパレートな妻たち シーズン1 DVD Complete Box
評価:★★★★星4
(僕的主観:★★★★★5つ


なぜだろうと思っていたが、これは、「家庭」を、「家族」を真正面から描いているからだ。だから、子育ての話・・・・キャリアウーマンで夫よりも凄く優秀な女性が、子供を産むかどうかで悩むことや、産んだら産んだらで双子だったとかいって、子育てノイローゼーになったり、、、もう一度会社に復帰して、エリート街道まっしらとか、、、そしたら夫が自信喪失で失業して浮気・・・・。隠れた娘がいることが発覚したり・・・。娘が殺人犯の男と恋仲になったり、、、、賢いメイドが中国に強制送還されるのをなんとかくいとめるために、子供ができにくい体質だったので代理母になってもらったら、夫と浮気してしまったり・・・。夫が帰っこないのでさびしくて未成年と淫行してしまったり。養子をもらう手続きで大奮闘とか。。。。。


・・・・なんつーかアメリカでの市民生活ではあり得る選択肢を極限まで戯画化して物語にしているので、そんなに集中しねーだろーとは思うが、、、どれも確かにありえそうで、可能なことばかりで・・・・非常に考えさせられる。家族を持てば、必ず悩むようなテーマのオンパレード。それを、短いサイクルで、ぐっと圧縮して、最先進国で実験国家のアメリカでないとありえないような代理母や養子や奥さんのほうが仕事ができすぎるなどのなどの話が、みえるので、それも凄く感慨を生む。


かなり厳しい話ばかりなんだよね。これって、家庭生活を営んでいる人には、なんつーか、涙とは言わないが、、、、ぐっと・・・・感慨を深く思わせる脚本なんだよねー。だから、女性とか…家族を持っている人でないと、この脚本面白さは監督できないような気がする。たぶん独身の男性には、あまり理解ができないかもしれない。アメリカのある郊外の家族の姿を、ずっと長いスパンで追っている感じ。うーん、、、いい。所詮、独身貴族の男性には、自分の生活習慣の中に、他者が入ってくるということがリアリティをもたないからね。家庭生活は、ナルシシズムが維持できないから。


いやーぐっときました。いいですよおススメです。



『デスパレートな妻たち シーズン2』 アメリカの日常をよく描けている気がする
http://ameblo.jp/petronius/entry-10036873849.html


なんか、なんというか、、、凄い日常の話なんだが、ぐっとくる。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
デスパレートな妻たち シーズン2 COMPLETE BOX
評価:★★★★星4
(僕的主観:★★★★★5つ

いやーいいっすね。アメリカの生活の日常をかなりカリカチュウアーして描いていて・・・かなり厳しい話が多いのだが、、、、最後の最後でカタストロフにいかないところは、優しさに満ちた物語だなーと思う。


スーザンとイーディーの話とか、サイテーで、笑える。ここの娘のちなみに、ジュリーがかわいいんだよなー。この達観した冷静な態度がすげーかわいい。


赤毛のブリーとその息子の話は、いいなー。厳しいけれども。ジャスティンとの話は、00年代のアメリカの家庭状況をよくあらわしていて良かった。息子がゲイで、そのゲイの恋人に話しかけるところなんか、最高だよ。涙が出る。


いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。