テーマ:
藤枝 雅
いおの様ファナティクス (1) (Dengeki comics EX)

評価:★★☆星2つ半

(僕的主観:★★★星3つ)


**********


「見た目理系の女子が時に失敗などして頬を染める



この妙な味わいがよいのではないか」


by いおの様

**********


ああ、それは同感です。いおの様。頭のよさそうな女の子が、ボケる瞬間ほど、最高な瞬間はありません。萌えの瞬間です。死にます。


*************
女王×側女というのは少々イレギュラーな関係かもしれませんし、冒頭街頭で側女を辺り構わず募集するいおの様はちょっと変質者入ってますが、それを除けば女性しか出てこないし皆女の子ラブな女の子ばかりだし百合好きにとってまさに理想的な百合作品といえるでしょう。


百合な日々
http://blog.livedoor.jp/yuri_amagasa/archives/30862046.html
*************



僕も百合モノは好きなんだけれども、悪くはないが、普通の作品だったなー。まぁ深読みするといろいろ思わせるところは万歳だったし、「ぞよー」と連発するいおの様の懐の深さは、なかなか(笑)。しかも、側女という存在を、契約で縛ろうとするのもなかなか笑ってしまった。職業ではないんじゃないかな?って思う。だって文化コードが違うんだからさ。



*************
しかし、これも何度も指摘していますが、なにより心理描写を重要視する私にとっては、家臣が多い分だけ、「百合」としては薄く感じてしまうのです。


百合(ガールズラブ)総合blogを目指します。
http://yuri.cocolog-nifty.com/ycoco/2005/10/1_e199.html

*************


この人の意見には、同感。


僕は別に、百合(女×女)でも、BL(男×男)でもどっちでもよくて、関係性の妙(=詳細な心理描写)みたいなものが見たいのです。


たしかに、これを同性同士にすると、微妙に異性愛や普通の関係性とのずれが出てくるのですが、個人的にずれは、ずれ(=差異)にすぎんと思うのですよね。だって、少なくともエンタメの部分では、同性同士の愛や感覚の極限までを、異性愛と差別化して表に暴露しようというような文学的意図があるわけではないんだもの。それはやはり関係性への偏愛やキャラクター萌えなんだよなー。


それが多人数になりすぎると、そもそもその作者の力量で群像劇で動かすといった荒技が必要になってしまうし、関係性の深いものっては、恋愛でいうとやっぱり1対1・・・がんばって3人ぐらいが限界なんではないかなーと思う。群像劇にしたり、ストーリ-をもっと重厚に描ければ別だが、この作品はネタだけのノリマンガなので、やっぱり多人数はきついのかもあなぁ。


おもしろかった、、、けど、なんというか同人誌レベルの作品なんだよなー。それが悪いとは云わないが、関係性のみで戯れているので終わってしまっている。物語が動かないのならば、むしろ4コマとかの方が良かったのかもしれないなーいおのと側女の日常みたいな。



■ポリガミーを肯定させるような懐の広さと男気


ちなみに、すっごく懐の深い昔の王さまなんかには、別に男性でもこういう人っていた気がするなー。他人数を愛せる人は確かにいるんだよ。それが生活や日常の関係までには、ロマンティックラブの概念が西洋から広がったせいで、失われつつあるけれどもね。まぁ人類学でいうポリガミー※1のことですよね。


※1:polygamy。一夫多妻制。(但し稀にポリアンドリー〈polyandry〉=一妻多夫制の意味も。)⇔モノガミー(monogamy)=一夫一婦制。また、女性側から見た「一夫制」のことを「モナンドリー」(monandry)という。

岡田 斗司夫
30独身女、どうよ!?

**************

ポリガミー志向の人間は相手を独占したり、嫉妬することが少ない。モノガミー志向の人間にとっては、独占欲や嫉妬こそが相手に対する情熱であり、セクシュアリティを豊かにするものだ。一人の相手を特別に扱って、その相手に徹することをよしとするか、そもそも特別な相手を一人に限定しない、ゆるやかなつきあいをよしとするか。

モノガミーとポリガミーはお互いに相容れない立場だが、どちらが正しいとか間違っているとかは言えないように思う。むしろ間違いといわれるべきなのは、自覚のない人である。


「ポリガミー」というセクシュアリティ
http://blog.livedoor.jp/open_eyes/archives/10857776.html
OPEN-EYES ジェンダーとセクシュアリティを考える

**************


ちなみに、こういうった概念に分ける二元論は、すぐに排他的な議論を巻き起こす。私ってどっち?みたいな。概念っていうのは尖鋭的で純粋にしているだけで、現実はだいたい概念間のグラデーションになっていたり、いろいろな条件付けが隠されているので、そういう二元的な二択思考は、常に戒めなければいけないよね。



えっと話がそれたのですが、こういったポリガミー的な一人の人がたくさんの愛人・恋人を所有する(所有は言い過ぎか…)シュチュエーションを描くときには、



1)西洋中心に発達してきた近代の核家族観念の中心であるロマンティツクラブ(要はモノガミーね)をどうやって解体するか?



言い換えると、モノガミーが常識で生きている現代人に読ませた時に、どういう納得性をもたらすことができるか?ってのが、重要ですよね。だって、不思議ですもん。そのへんが、僕なんかには・・・僕は思考的にはどうなのだろう?、たぶんモノガミーだと思うが、そういう人にとぅてはセンスオブワンダーになるんですよね。



2)多数の人を愛しきる度量とそれを認める制度とはなに?



このへんは、僕は、ル・グィンの『闇の左手』なんかすぐ連想してしまうのだが、このマンガはただの関係性のキャラクターを楽しむ様式なのだが、、、、いおの様が、別の国の女王(=統治者)であるということや、あきらかに、多人数をかしずかせる度量のある男っぷりなんかは、なかなか興味深い。




つまりね、多数を愛すなんてことは本当に具体的に、どういう感覚なの?ってこと。それを描くからには、愛する方の意識や愛される方の意識をちゃんと納得あるように描写してほしいよねーと思うのだ。


また、そうなるからには制度はどうなっているの?ってさらに思う。


ってのは、SF的な発想なのかなー。まぁ今の時代は関係性偏愛の時代なので、そういうレイヤーを掘り尽くして理解しようという欲求は弱いかもしれないですがね。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

神のみぞ「見る」/ピアノ・ファイア
http://d.hatena.ne.jp/izumino/20070910/p1

三人称の不思議/ピアノ・ファイア
http://d.hatena.ne.jp/izumino/20070913/p2

三人称視点の語り手は誰?/三軒茶屋 別館
http://d.hatena.ne.jp/sangencyaya/20070913/1189610005

続・三人称視点の語り手は誰?/三軒茶屋 別館
http://d.hatena.ne.jp/sangencyaya/20070915/1189848748

銀英伝とライトノベル/三軒茶屋 別館
http://d.hatena.ne.jp/sangencyaya/20070820/1187614665

仮説:メタ=メタフィクション+超虚構/三軒茶屋 別館
http://d.hatena.ne.jp/sangencyaya/20070711/1184080885


いずみのさんから講義を受けている身として、読んでいなかったので(申し訳ない!)読んでみたのですが、凄いですねー。なんなんだこの濃さは。うーむ素晴らしい。ちょっと感動しちゃった。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
太田垣 康男
MOON LIGHT MILE 15 (15) (ビッグコミックス)

評価:★★★★星4つ

(僕的主観:★★★★星4つ


**************


「一刻も早く次世代エネルギーに移行しなきゃ人類は自らの重みで潰れちまう・・・・。


月開発が遅れれば・・・・


世界で何億って人間が余計に死ぬんだぜ。


誰かが上手に「夜の世界」を管理し、急ピッチで月開発を推し進めなきゃならん・・・・


たとえどれだけの人間を敵に回そうと、


どれだけの宿命を背負いこもうと・・・・


俺の進んだこの道こそ・・・


闇夜を照らす月光のように・・・・・


百年、二百年先の人類を照らす唯一の光となるのさ。」


ウッドブリッジ・アメリカ合衆国大統領補佐官

**************


ウッドブリッジのセリフに燃えたー。


軍事の道で、宇宙への階段を駆け上ったロストマンことウッドブリッジ。


うーん、彼の真意・動機が初めてここで聞けたわけだが、かっこいいなー。虐げられる人にとっては、許せない米国の暴挙だろうが、それでもある思想に基づいた覚悟があることは十分に感じる。


今回は、ずっと対立してきた吾朗と、一瞬でも腹を割った、男同士の対等な友人のとしての瞬間を、見れてなんかぐっときた。




■関連記事


『MOONLIGHTMILE』太田垣康男著 極地を目指すものたち/物語と文学の差
http://ameblo.jp/petronius/entry-10022500608.html


『MOONLIGHTMILE』太田垣康男著 日本人はめぐまれているんだよ
http://ameblo.jp/petronius/entry-10002472336.html



塩野 七生
ローマ人の物語 (1) ― ローマは一日にして成らず(上) 新潮文庫

■統治という技術を歴史と理論から考えてみると


こういう本で、ヨーロッパ史のスタート地点の一つであるローマやギリシアの歴史を読むと、権力が分散してバラバラになることは、最終的にはその民族や権力を崩壊と滅亡に追い詰めることがわかっている。


古代共和制ローマには、独裁官(ディクタトール)という制度があった。6ヶ月間だけ、絶対指揮権(インペリウム)をたった一人の人間が引き受けて、危機を回避するという制度です。ちなみに通常の共和制のローマは、リーダーは執政官が二人います。この二人いることによる指揮系統の混乱と並列状況を、危機に際して一本化するという非常に合理的な制度です。


つまりね、ある種の大きな危機に対しては、たとえ期限付きでも、独裁的な権力の集中がなされないと、なかなか危機は回避できないということなのだ。指揮系統の概念を考えればこれは非常にわかりやすい。


いつも思うのだが、大きな危機や崩壊を回避するために、大きな権力で、分散しているものを力で抑え込むことが、本当に悪なのか?ってのは、広く歴史と世界を眺めると、非常に考えこまされてしまう。


ローマの属州の直接統治は、中近東やガリア(現フランス)で行われたのだが、ほとんどの独立国との自治を認めた同盟を選択したパクスロマーナシステムを採用した国際秩序の形成で、なぜ中近東などオリエントやガリアを軍隊の派遣によって武力統治し、直接統治下に置いたのか?


それは、それらの地域が政治的に一本化して、権力を一本にまとめることができない地域だったから、その地域の政治権力と「交渉」することができなかったんだよね。


キケロは、ここでのローマの直接統治を批判した、いまでいうのならばナショナリスト民族自決主義者のミトリダテス王に、そこで支払うローマへの税は、もしローマが介入してこなければ、再現なく部族に分裂して殺しあう無秩序の地帯になるはずで、それを避けるためのコストに過ぎないといいきっている。


これについて、どう反論する?と、僕は悩んでしまう。


それは、パクスアメリカーナと同じ考え方だからね。


いつも思うのだけれども、アメリカの正義って、稚拙で、単純で、それでいて骨太なんだよなー。分散しているものを、力で抑え込むことが、そのやり方さえもっと合理的でスマートになされるのであれば、、、、、、と、リアルに物事を考える人であれば、十分に思いつくことだと思うのだよなー。


僕は、ブッシュJr大統領を中心に起きたネオリベラリズムと呼ばれる政策群について、いつも思うことがある。


不思議なくらい無能で稚拙な方策の実施方法を行うために、ボコボコ矛盾が出て崩壊しつつあるネオリベの政策だが、圧倒的な力で紛争を抑えこんで、その地域で起きる前近代的な分裂による暴力連鎖を抑え込むという国際紛争の解決方法が、本当にダメなのか?ってことだ。田中宇氏は、アメリカが孤立主義に帰りたいがために、わざと無能な手法でこの施策を骨抜きにいているのでは?というような妄想をいつも書いているが、僕はそれに凄く信憑性を感じてしまうのだよねー。この辺は、もう少しゆっくり考えてみたい。


■中国と米国による冷戦はあり得るのか?

ちなみに超大国アメリカと中華人民共和国による、2元的冷戦という政治のカテゴライズは、それがほんとらしいものなのか、何とも言えないなーと思う。そんな単純ではない気がするし、ソビエト連邦のような共産主義による妥協なき、デッドオアアライブではないのだから、このイメージでいいかは疑問だなー。


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:



ちなみに私は、ヒナギクはこの類いの表情が一番好きだったり。
何と言いましょうか……肉食動物系の目付き?


ハヤテのごとく! 第26話/方丈にて徒然なるままに
http://blog.goo.ne.jp/hazukist/e/2668cee9ba4ffaf0e5a1048e1c7f1d49
**************


ああ、同感です。


これはいいっすねー。


ちなみに当家のテレビチャンネル得権利は、妻の独占所有物です。ですから、アニメは夜中に隠れて見る以外には、たいてい筈木さんのところで、毎週楽しみに堪能させてもらっております。最近は、面白いアニメには、こういうふうにブログの記事が出るので、楽しいですよねー。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
永野 護
ファイブスター物語 (12)

評価:★★★★★星5つのマスターピース

(僕的主観:★★★★★星5つ)


素晴らしすぎてコメントすらできない偉大な物語というのはあるものだ。この作品の素晴らしさを語ると、日が暮れるまで語り続けても時間が足りないと思う。奇跡のような物語ですよね。だから全体を語るのは、また次の機会に譲ろう。


なんとなく読み返したくなって読んでみたのだが、この物語はすげぇーなー。ほんとすげぇよ。国家間のマクロと個人の物語が同時に存在し、しかも神話まで同時に存在するし、時間や次元の観念はめちゃくちゃだし、なおかつ塩野七生著『ローマ人の物語』や田中芳樹さんの『銀河英雄伝説』『三国志』『水滸伝』のような戦記ものダイナミックな大河ドラマですらある。ある意味、僕がテーマにあげる物語の読み方を完璧に超越して止揚している。それでいて見事な物語でエンターテイメントなんだもの怪物じみてるよ。本当に素晴らしい。読まないと人生損をしていると思えるほどの物語です。

田中 芳樹
銀河英雄伝説 1 黎明編
塩野 七生
ローマ人の物語 (1) ― ローマは一日にして成らず(上) 新潮文庫


この巻の主軸の一つは、若かき美少年のフィルモア皇帝ダイ・グのハスハへの侵略お話です。


もの凄いネタばれですが、どうせ巻末の歴史年表見ればわかるので書いてしまいますが、フィルモア帝国のある地は、将来、星の寿命を迎えて崩壊する予測が立てられています。(実際、星は滅亡します)。


ハスハ連合共和国へ侵略を開始したボスフォスヤートに乗じ、侵略を開始したフィルモア帝国の若き皇帝は、将来、難民となって全世界を混乱に落としいれる可能性のある3億人の国民の移住先を確保するため、侵略という手段に訴え出ました。



「あなたなら国を失う全国民をどうやって救いますか? 天照陛下・・・」



そのダイ・グの呟きです。


たとえ100年かかろうと、星団中で起こる戦乱を裏から助長し、その混乱に乗じ、他星への足掛かりをつくり出し、植民し国民をなじませる・・・・。大戦略です。ああ・・・・なんというクラクラするような、指導者の独白だろう。マクロの制限に規定された悠久なる歴史の中を、なんとか国家と国民を守ると生きる若き指導者の、深い悩みと偉大なる戦略。


侵略は、そう罪だ。しかし、何もしなければ、3億人以上の国民の過半が死ぬ。仮に死ななくても、億単位の人間が、それも超大国フィルモアの資産と力を持った国民が、難民となり星団中にあふれ出れば、全世界は混乱のるつぼと化す。それを見通し、一番秩序ある形で、解決を100年以上前から戦略的に侵略を開始する。指導者の描くグランドデザインというやつだ。


「僕は…悪の皇帝として…ボォス星の歴史に名を残すのでしょうか…」


いつも思うのだが、この作品の素晴らしさは、すべての基準で善悪が超越していることだ。


この若き皇帝ダイ・グは、愛しているクリスティン・Vとほとんど個人的会話をする時間もない。侵略地に帝国の中枢の戦時議会と、近衛の主力を送り込んで、大戦争を遂行中の皇帝には時間的余裕などないのだ。ましてや超大国フィルモアには、さまざまな利権や権力が裏でひしめき、皇帝といえども、一つの機能であり駒にすぎない。


クリスティンは、幼少時に騎士の力を使い同級生を殴り殺した罪で、生涯を国家の道具、戦争の駒として仕える立場に追い込まれている。皇帝が起こす戦争の最前線に国家の駒として、彼女クリスティンは、捨て駒のように毎回投入される。その彼は、法を守る立場として、彼女を守ることすらできない。


個人としても、公の皇帝としても、ダイ・グの立場は、厳しい。


自由になるものすらほとんどない追い込まれた立場で、彼は、帝国の未来を見据える大きな戦略に手を染める。そして、、、、自分の行為が正しいことではありえないことも、それが悪と呼ばれる行為であることも、彼は心底知った上で、事を為している。


こういうのを、マクロの指導者と僕は思う。

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。