テーマ:
尹 仁完, 梁 慶一
新暗行御史 8 (8)

★★★★星4つ(まだ完結していないから最終評価は下せないが)

◆私有財産VSコミュニズム


■すべての人が平等に暮らせるユートピア
洪吉童伝(ホンギルドン伝説)は、韓国の歴史的に有名な義賊モノらしい。日本でいえば石川五右衛門伝説のようなものである。この義賊が持つ理想というのが、「人々が飢えることのない、本当にすべての人々が平等な世の中」というピュアで切ないほどに美しいイメージ。このイメージは、僕らの心をとらえてやまない社会改良の灯火だ。このユートピアのイメージは、時間と空間を越えて世界のすべての民族、歴史に見出される。


■日本の戦前の全体主義志向が持っていた切ない理想主義
ここで僕はなぜか、北一輝と226事件を思い出した。『裕仁天皇の昭和史』の書評 で、僕は、実は226事件や戦前の軍部の人々とりわけ狂信的な青年将校たちがらが、子供が売られてゆき、食べるものもない東北飢饉に代表される超貧困※1)という悲惨な環境で、全体主義的に問題を解決する啓蒙独裁君主(極端な中央集権と計画経済のこと)を望んでいたらしいと書いた。

http://ameblo.jp/petronius/entry-10001941342.html


しかし英米系のハイレベルな教育を受けた裕仁天皇は、アングロサクソン系の理想である議会制民主主義による憲法の統治を望んだというねじれが生じていた。ちなみに憲法による統治は、歴史的背景がありかつ激しい収奪による資本蓄積がない社会にはとても困難だと、僕は思う。だから裕仁天皇への評価は微妙だ。彼の持つ最高権力から言えば、戦争責任はあったといえる。それは、事態を収拾できる、厳然とした権力の持ち主であったからだ。しかし、その幼少期に叩き込まれた教育により、アジア唯一の憲法を持つ近代的理想を信じる意志の力は、独裁的に憲法を踏みにじる行為を自らに禁じた偉大な立憲君主でもあった。世界は難しい。


えっと、ずれましたが、つまりですね、あまりに激しい貧困や子供が人買いに売られてゆき、餓死者が続出する社会で、しかもそういう社会に限って一部の特権階級の富裕と腐敗は凄かったりする※2)。クーデターが続出するフィリピンや南米をみるとわかる。こうした悲惨な状況下で、一部の軍人が、クーデーターを起こし軍隊的な統制で、理想を追求しようとするのは、必然である。というのは、人類が生み出した組織の中で最も合理的効率的否組織は、軍隊であり、この効率性で社会を運営したら平等で理想的な社会が作れるのではないか?と、夢想するのは、わからないだろうか?。目の前で、家族や友人がバカスカ死んで行くのを止められない無力感と戦うとなれば、なおさらだ。


たとえばね、自分が、姉や妹が遊郭に売られていく、親は餓死する、弟は乞食になる、親友や友人が住む故郷が死の村になるというリアルな経験をしている、大日本帝国軍人だったとする。


たとえば、機動戦士ガンダムのシャア・アズナブルは大佐でしたが、大佐ってどれくらいの地位か知っています?。下手したら数千人近い部隊の最高司令官ですよ!!。絶対的に命令を聞く最高の人材と、国がバックにいる無尽蔵の設備と資金力に支えられた、ですよ。これは、たとえばちょっと昔の松下幸之助とか大企業のオーナーなんかよりはるかにすごい権力の持ち主なんです。そういう権力の持ち主をはるかに凌駕する実動力の権力者なんです。これほどの権力を持ちながら、自分の故郷が死の村になるのを、ただ座して眺めていられるだろうか?。ここに、クーデターの正統性が生まれるんです。


将官となった大将クラスが政治家になるのに比較して、尉官クラスなど実働部隊の前線指揮官であり、青年将校がクーデーターの指導者になったのはわかる。なぜなら、直接の部下たちの家族が、自分の家族がどんどん死んでいくのだ。それは、耐えられなかろう。226の青年将校らが信じた、ウルトラ右翼的思想と、戦前のラディカルな左翼共産主義思想は、非常に政策として類似性があり、北一輝など思想的バックボーンが重なってしまうのは、この「貧困に苦しむ人類に永遠の平和と平等を!」という目的が一致していたからだと思う。


義賊の意志というのは、このあまりにも悲惨な貧困や苦しみを、見るに見かねるという気持ちから生まれるんだと思います。理不尽に死に行く人々を、無視できないと思うのは、人間のやさしさでしょう。


そして、この感情が究極ので極まり理論化されたのが、コミュニズム(=共産主義)です。無産思想ですね。階級をなくし、生産設備を共有化して・・・・などどいう理論はどうでもよくて、ようは、理不尽死に逝く人をなくし、すべての人が平等で飢えたりしないユートピアを求める気持ちです。


この原初的な形が、全世界に広がる義賊の思想ではないでしょうか?。この10巻からのテーマである韓民族に伝わる活貧党(ファルビンダン)を組織した洪吉童伝(ホンギルドン伝説)もその一つです。この民話は、理想的社会主義の一形態で、いいかえればユートピア思想の一形態だと思うのです。



■私有財産VSコミュニズム

9巻で、活貧党(ファルビンダン)のリーダーである桂月香(ケウォルヒャン)という少女は、貧困で一家心中した家族を埋めながら(女の子が一人で腐った死体を埋めながら!)こうつぶやく


------------------------------------------------------------


「私は、貧しい人たち・・・・不幸な人たちがいない・・・・・・・・皆が平等な世の中を作りたい・・・・」


------------------------------------------------------------


涙が出ませんか?。僕は、この純粋な気持ちに、打たれる。そして、自分が戦前にたとえば尉官クラスのリーダー(陸軍大学校(いまの東大よりも最難関)出のスーパーエリートであっても、平等な日本の受験システムによりほとんどは、貧しい農民の出であった・・・・・)であったら、この言葉に賛同しないだろうか?。

そして、これだけの圧倒的に純粋な気持ちを持つ少女に向かって、主人公はつぶやく


------------------------------------------------------------


「他人の持っている・・・・・おのおのの事情・・・・・・・・他人が守ろうとしている何か・・・・・・・・・・


お前は・・・・・それをすべて無視してもかまわないほど・・・・・おまえ自身の考えが絶対に正しいと思っているのか・・・・・・


俺は違う・・・・・・・・俺は・・・・・・・暗行御史として・・・・・そんな考えで行う正義がどんなものになるか考えただけでもぞっとするぜ。


俺はこの世の理ってやつを、羅針盤代わりにしているだけだ・・・・」


------------------------------------------------------------


実は、あまりに悲惨な貧困と苦しみのために立ち上がった桂月香(ケウォルヒャン)という少女に比較して、一見この言葉は意味を為さないように見える。


この世の理?


それってなんだ?


これほどの純粋な弱者救済の思想に対抗できるものなのか?



昔は僕には、その答えが無く、なんとなく不満を抱えたままこういった無産思想のユートピアを叫ぶ活動家を前に、僕は沈黙していたが、この答えは分かってきた。この「この世の理」とは、近代啓蒙主義時代のフランスで皇帝ナポレオン・ボナパルドが体系化した、私有財産の絶対の思想なのだ。ともすれば、私有財産は、資本家や権力者の都合のいい道具とされるが、この思想の究極の起源は、国家や全体よりも、個人を重要視する!という宣言なのだ。


---------------------------------


「そんな考えで行う正義がどんなものになるか考えただけでもぞっとするぜ。」


---------------------------------


この主人公のセリフに、絶対的な弱者救済のコミュニズム思想が、収容所と大虐殺を生んだという歴史的結論に対する深い洞察をカンジさせる。



いやー久しぶりに、大人のファンタジーを堪能したぜっ!

■政治的背景

さすが、北朝鮮という共産主義思想とアジア的皇帝思想の権化と闘う資本主義国家・大韓民国を背景に持つ作者(二人とももちろん当然のように徴兵経験あり!)ならではの、素晴らしく練られた脚本だ。


■備考

※1)僕の書評を読んでいる人は、この日本人が飢え死にしている貧困(この時代は日本はまだまだ後進国)のなかで、領土拡張・資源獲得を目標とした侵略のためとはいえ、台湾・韓国・満州に大規模な投資を「自国に優先させて」実施している。なぜだろうか?。これも興味深いテーマだ。日本人が飛びぬけて、正義であったなんてまったく思わない。が、同時になぜ欧米のような後進国の人間を家畜や奴隷として扱おうとしなかったのだろうか?。もちろん、扱おうという思想もあった。しかし、同時に自国のこれだけ凄まじい貧困解決に優先させて、他国に大投資を実施している。台湾は、植民地から投資回収までに50年以上かかったし、韓・朝鮮半島、旧満州中国東北部は、物凄い巨額投資だけして結局一切回収できなかった。


※2)実は、開発経済学を学んだものとして、GNPが一万ドル以下のテイクオフ前の経済において軍事政権や独裁者による開発独裁を僕は否定しない。ある意味、資本主義のルールと近代主義が徹底されていない社会では、すぐに階層が二極分化して、富めるものと貧しいものの二極に分離し、他の大国からの支配を受けやすくなってしまう。この処方策は、アジアで唯一近代化を成し遂げた日本の判例と、その後成功した台湾、韓国をみれば、ある一定期間①軍事的に中央集権化したナショナルな社会による国家防衛と②外国資本を導入しながら傾斜配分方式による民族資本の確立が、絶対的に不可欠なことがわかる。このレベルの国家を、強制的に民主化させたり、人権をたてに先進国と同じ扱いをさせようとするアメリカの強制は、その国を長期的に破壊と混乱を導くことになる。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

新暗行御史①05.9 新暗行御史⑤05.9

★★★★☆星4つ半


■あらすじ(引用)

東方に”聚慎(ジュシン)”と言う国があり、そこには『暗行御史(アメンオサ)』と呼ばれる隠密がいた。暗行御史は王の特使として秘密裡に地方を巡り、悪政を絶弾し、庶民を救う聚慎の特殊官史であった。
しかし、その聚慎が滅んだ今・・・・。一人の暗行御史が浮き世をさすらっていた・・・・・・。

そのなかのワンストーリー。

文秀は、七甲山(チルカプサン)一帯を統べる領主の娘・平岡を幸せにするため、領主城へと潜入する。それは弥土によって提示された馬牌修復の条件であった。しかし平岡は、自らが創り出した幻想の男・温達に恋をし、心を閉ざしていた。そんな娘の症状や西洋人との外交に心労を重ねた領主が急逝。その隙をつき、西洋の軍勢が侵略を開始した。

------------------------------------------------------------------

この温達と平岡のストーリーは、高句麗(コグリョ)の平原(ピョンウォン)王の時代の『バカのオンダル(温達)』をヒントに書かれています。平原王の娘に、弱虫で泣き虫な女の子がいました。彼女は、ピュアンガン(平岡)といい、父王に「そんなに泣いてばかりいると、バカのオンダルのところに嫁に出してしまうぞ!」と叱られていた。オンダルとは、田舎で目の見えない母親を面倒を見る、不恰好な姿で物乞いをしていた男です。しかし、年頃になった平岡を貴族に嫁がせようとする父王に、「王たるものがウソをついてはいけません」と、本当に温達に嫁いでしまった。その献身的な支えで、温達は将帥まで出世することになる。


■アジアンファンタジーの傑作

これは、見事なアジアン・ファンタジー。なんと骨太で、オリジナルな、と感心しきり。ここの小さなストーリーが、韓国の古い風習や有名な民話がモチーフになっており、その深みも、それを面白く換骨奪胎する技術もうまい!。これだから最近の韓国社会の消費文化のレベルの高さは、侮れない。政治・文化の領域では、僕はかなり韓国にキツイ意見の持ち主だが、同時に、今が韓国社会の脱皮時期であり、最高に素晴らしい物語を排出し始めているので、注目しきり。この作品は、ずっと目をつけていたが、物凄い骨太で大風呂敷なので、おもしろいが、できればイッキに数巻以上見ないと、全体像がわからないだろうと思い、待っていた。


■Classica.12 : 温達と平岡(オンダルとピョンガン) Part1~8

物語がとても骨太で、大人なファンタジーのかなり作りこまれた話だ。


---------------------------------------------


①大国に侵略に脅え続けて自尊心を踏みにじられていた朝鮮・韓民族


②「逃げ込める幻想」と「逃げられない政治的現実」のどちらを選択するか?

---------------------------------------------


この二つが見事に織り込まれたストーリーで、ぐっときた。

「骨太の物語」と、僕はよく言うが、この解釈は、


A:個人の内面が描かれている(=キャラクターが立っている)


B:個人ではどうにもならない社会の現実・政治文化的構造、世界観が描かれている


そして、このAとBが、シンクロしていることです。たとえば、80年代以後日本の作品は、圧倒的にAに偏っています。


この話は、見事な形でのAとBがシンクロしている。


聚慎(ジュシン)とは、古い朝鮮半島の国家がモデルで、この国が滅びた(理由はまだわからない)以後、他の国々から狙われる危うい国となり、人心が荒廃している。その第二の都市の領主は、なんとかギリギリの交渉で、この都市を維持している。しかしその娘は、身体が弱く、幻想ばかりに逃げ込んでいる娘であった。身体が弱いがゆえの過酷な闘病生活と、父が背負うあまりに思い政治的現実からの逃避であった。


この彼女の心が幻想を否定する(=苦しい現実を受け入れる)ことと、この国が独立を守ることはワンセットになっており、彼女がもし苦しい現実を受け入れなければ(個人的には受け入れるのはあまりに可哀相で悲惨)この国は滅びてしまいます。


この個人の意志と社会の現実がシンクロするのは、とても骨太な物語だ。久しぶりに感動した。

新暗行御史④05.9



AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

【ヒューストン24日共同】

メキシコ湾を北上していたハリケーン「リタ」は、米中部時間24日午前2時半(日本時間同日午後4時半)ごろ、米ルイジアナ州とテキサス州の州境付近に上陸した。国有数の石油施設の集中地帯を直撃するのは必至で、「カトリーナ」に続く大きな被害が懸念される。カトリーナ対策の遅れを批判されたブッシュ大統領は、厳戒態勢で臨んだ。
 AP通信によると、両州で避難命令・勧告の対象となったのは計約300万人。カトリーナが直撃し壊滅的な被害が出たルイジアナ州ニューオーリンズでは23日、リタによる降雨で数カ所の堤防が決壊し市街地への浸水が始まった。

 石油精製施設の町として知られるテキサス州ボーモントや、1900年のハリケーンで米自然災害史上最悪の死者が出たガルベストンでは、23日夜から暴風雨となった。

 (了)


2005年09月24日17時24分 共同通信

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。