1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2012-04-25 00:43:55

頼朝と政子の幸せの陰で・・・ 悲劇の姫「八重姫」

テーマ:おでかけ 伊豆ドライブ


旅好き絵本屋の「えほんのあるせいかつ」    旅好き絵本屋の「えほんのあるせいかつ」



頼朝挙兵830年祭の旗がはためいていますが、ここは、頼朝の罪な男ぶりを示す史跡です。

八重姫入水の地「真珠院」です。



旅好き絵本屋の「えほんのあるせいかつ」


八重姫がどこで身を投げたのか、いつ身を投げたについては、諸説あるようですが、

この看板によると、


平重盛家臣である伊東祐親の娘である八重姫は、

父祐親が留守の間に、頼朝と恋仲となり、こどもももうけますが、

平家家臣である父の激しい怒りをかい、こどもは滝に投げ込まれ、命を落とします。

流人、しかも源氏の棟梁の血筋の頼朝と血縁を結んだとなれば、

謀反の疑いをかけられても仕方ないですものね。

そして、祐親により襲撃された頼朝は、韮山の北条家に逃げ込みます。


しばらく後、意を決し、6人の次女と家から抜け出し、頼朝が身を隠す北条家の門をたたくも、

そのころすでに、頼朝は政子と結ばれており、門前払い。



旅好き絵本屋の「えほんのあるせいかつ」

帰るところのなくなった八重姫は、川に身を投げたということです。。。





旅好き絵本屋の「えほんのあるせいかつ」   旅好き絵本屋の「えほんのあるせいかつ」   





情熱的な女性・政子、悲劇の姫・八重姫。。。。


旅好き絵本屋の「えほんのあるせいかつ」




シャンティcocoさんのブログで、頼朝と政子のロマンス記事を読み、、、、

うーん、頼朝、なんちゅー罪な男っ!!というわけで、

急ぎ記事をアップしました。

(シャンティcocoさんの記事はこちら → 『6 伊豆山神社(イズサンジンジャ)への道』 http://amba.to/I2yp5P  )




クルテク関連記事

『頼朝配流の地・蛭ヶ小島(伊豆韮山)』 http://amba.to/JnHJCC  (頼朝と政子の像)

『春の韮山散歩』 http://amba.to/Il2Ox9  (政子が婚約していた山木ゆかりの山木地区散策)



ペタしてね


AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2012-04-22 22:26:16

桜が満開♪ 北条早雲の居城だった韮山城 (追記あり)

テーマ:おでかけ 伊豆ドライブ

旅好き絵本屋の「えほんのあるせいかつ」


江川邸のすぐ近くは、韮山城跡。

桜が綺麗で、お花見宴会やお花見ピクニックを楽しむ方がたくさん♪


よくある、地方の小さなお城、、、くらいにしか思っていたなかったのですが、

帰宅してから調べてみてびっくり。。。


旅好き絵本屋の「えほんのあるせいかつ」


なんと、北条早雲が居城としていたところでした。

(私は不勉強で、てっきり小田原城が居城なんだと思ってました。

 だって、小田原駅には、早雲の大きな銅像があるんですもの~!!と言い訳(^_^.))



旅好き絵本屋の「えほんのあるせいかつ」

韮山城は、室町時代後期から戦国時代にかけてのお城。平山城です。

15世紀末に、北条早雲の関東計略の拠点として整備されました。

後北条氏(鎌倉時代の北条氏に対して戦国時代の北条氏を後北条と記します)の関東支配後も、

伊豆支配の拠点でした。


天正18年(1590年)の豊臣秀吉による小田原征伐(北条氏を滅ぼした戦い) の時には、

激しい攻防戦が行われたところなんだそうです・・。


今はこんなに、美しくてのどかなところなのに、過酷な歴史の舞台でもあったのですね。



旅好き絵本屋の「えほんのあるせいかつ」


現在は、こんもりとした丘のよう。

建物は残されていませんが、曲輪・土塁跡は残されています。




旅好き絵本屋の「えほんのあるせいかつ」 旅好き絵本屋の「えほんのあるせいかつ」

築城の時期は、はっきりとはわからないものの、

「北条五代記」によると、文明年間(1469年~1486年)に、

堀越公方の家臣外山氏がこの地に城をつくったのが始まりと記されています。

当初は、大規模なものではなかったのですが、

伊勢盛時(後の北条早雲)が、1491年に堀越公方足利茶々丸を攻め滅ぼした際に、

後北条氏の領有となり、早雲によって後北条氏の本拠地として本格的に造営されました。


旅好き絵本屋の「えほんのあるせいかつ」


早雲は、ここ韮山を拠点にして、伊豆の支配を進め、

後に、相模の国に領土を広げた後も、小田原城に移ることなく、

没するまでここを居城としたそうです。

(そうだとすると、あの小田原駅前の銅像はいったい・・・・!!!(^_^.) ←しつこい )




旅好き絵本屋の「えほんのあるせいかつ」

早雲亡き後も、小田原城を中心に関東を支配する後北条氏の重要拠点の一つであり、

伊豆支配の中心地たる役目を持っていました。



旅好き絵本屋の「えほんのあるせいかつ」


しかし、時代は戦国の世。

織田信長の後を受け、着々と天下を統一を推し進めていた豊臣秀吉の大攻勢を受けます。



旅好き絵本屋の「えほんのあるせいかつ」   旅好き絵本屋の「えほんのあるせいかつ」


韮山城にも、豊臣秀次の軍勢が迫ってきたため、韮山城では籠城戦となります。

その時、後北条方は総勢約3600、豊臣方はなんと総勢約44000と伝えられています。

10倍以上の軍勢に取り囲まれたのですね・・・。



旅好き絵本屋の「えほんのあるせいかつ」

そんな大きな戦力差のなかで、韮山城は約百日間も持ちこたえましたが、ついに開城しました。




旅好き絵本屋の「えほんのあるせいかつ」


北条氏の滅亡の後、秀吉の命により関東に入った徳川家康の家臣、内藤信成が居城としていた時期もありましたが、1601年には転封、廃城となりました。


現在は、その敷地のほとんどが

韮山代官江川太郎左衛門の子孫である江川家の持ち物となっています。
(現在の当主さんは、42代目太郎左衛門さんだそうです)。


旅好き絵本屋の「えほんのあるせいかつ」


平安末期の頼朝と北条氏、、、

戦国大名で有名な北条早雲の居城とその後北条氏の最後、、、、

幕末の江川太郎左衛門の活躍、、、、


韮山は、日本史の重要なポイントポイントでキーとなっていたんだなぁ・・・。

いやはや、恐れ入りました。



そんな韮山の位置はここ! ↓


旅好き絵本屋の「えほんのあるせいかつ」



戦国大名の争い―戦国時代 (小学館版学習まんが―少年少女日本の歴史)/あおむら 純

天下の統一―安土桃山時代 (小学館版 学習まんが―少年少女日本の歴史)/あおむら 純

追記 韮山城を本格調査 北条、豊臣の攻防解明 伊豆の国市

     http://www.at-s.com/news/detail/100110956.html


   静岡新聞の記事によると、韮山城の本格的調査が始まるようです。

   興味深いっ!!


(続く)



ペタしてね

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2012-04-13 21:23:40

江川邸 (追記あり)

テーマ:おでかけ 伊豆ドライブ



旅好き絵本屋の「えほんのあるせいかつ」


蛭ヶ小島 のすぐ近くにある、江川邸。


ここはとてもお勧めでありますっ!

我が家は何度か訪問しておりますので、今回はお外から眺めるのみ。


過去記事を探してみましたら、あらら、、、しっかり書こうと思って保留にしたままだったのでした。

『春の伊豆ドライブ② 韮山・江川邸は篤姫の・・・』 http://amba.to/Il2hva


 こういうことが結構多いです。書きたいと思った事柄ほど、アップできていなかったりする・・・。

 いつか、写真を発掘してまたちゃんと紹介したいなぁ。



旅好き絵本屋の「えほんのあるせいかつ」 旅好き絵本屋の「えほんのあるせいかつ」


立派な主屋は、単層入母屋造りの壮大な建物。
「小屋組づくり」と呼ばれる幾何学的な屋根裏の木組みは、
今日でいう、いわゆる「免震構造」になっています(すごい!一見の価値がありますよ~!)

三和土の土間には、立ち木をそのまま柱にしたと伝えられる「生き柱」や、
日蓮直筆の「比伏せの護符」を納めた棟札箱が見られます。
(日蓮直筆っっ!!すごい~!!)

これまで一度も火災にあっていないことから、文書類・書画・武具を始めとする様々な品が残っており、
その一部は屋内に展示されています。

旅好き絵本屋の「えほんのあるせいかつ」
                       (入口には、ロケの様子が紹介されています)


旅好き絵本屋の「えほんのあるせいかつ」

大河ドラマ「篤姫」や、「仁 Jin」の撮影に使われたそうですヨ。

旅好き絵本屋の「えほんのあるせいかつ」

この江川家は42代・900年続く大和源氏の末裔なんだそう。
江戸時代には旗本として11代273年間、天領伊豆の代官を務めました。


歴代の代官はいずれも治安維持と民政に意を注ぎ、
百姓一揆は一度も起きていないのだそう。

当主さんは、江川太郎左衛門の名をついでいました。
特に、幕末ごろの36代江川太郎左衛門(坦庵)は名代官として知られます。

海防の必要性から沿岸測量をしたり、
「韮山反射炉」や「お台場の建設」はよく知られた功績ですよね。

そして、わが国最初の洋式帆船建造や種痘の実施、パン製造など多大な業績を残しました。

習まんが―少年少女日本の歴史)/あおむら 純




今回、韮山にドライブに行こう!とリクエストしたのは、息子です。

そして、その理由は、日本発のパンを再現した「パン祖のパン」を買うため(^_^.)

この「パン祖のパン」については、また後ほど、記事にします(^o^)丿






旅好き絵本屋の「えほんのあるせいかつ」  旅好き絵本屋の「えほんのあるせいかつ」

春の日差しがきらきら。



少し、辺りを散歩してみることに。

(続き→『春の韮山散歩』 http://amba.to/Il2Ox9  )



ジャッキー追記


いつもおいしそうなお料理を紹介してくださっているストロベリーママ。さん から、

こんなコメントをいただきました!!



1 ■こんにちは

桜の季節の江川邸にも今度行ってみようと思います。

ここは私の曾祖母が生まれ育った家なんですよ。父は戦争中、ここへ疎開していたそうです。

正面玄関の左側は今も法事などで使ってる広間があり、そこから四季の樹木が植わってる立派な庭が見えます。
そこは一般開放されているのかしら?

お屋敷の裏手にあるお蔵には
物凄い数の書物や書簡、設計図が眠っています。
幕末の香りがぷんぷんしてますよ。

お願いすると学芸員さんが説明してくださいます。
良かったら是非ご利用なさってね。

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。