1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2010-06-09 08:17:06

かえるの絵本と雨の絵本

テーマ:雨の日の絵本

すっきりしない天気が続く梅雨の時期に、おうちでゆっくり読みたい

「かえる」がテーマの絵本と「雨」がテーマの絵本。


実際の「かえる」は大の苦手ですが、絵本の中の「かえる」は大好きなプチトランが、

かえるの絵本をちょっぴりご紹介します。



「かえる」と言えば、欠かせないのが、「がまくんとかえるくん」シリーズ。

ふたりの友情に、心が温かくなりますね。

ふたりはともだち (ミセスこどもの本)/アーノルド・ローベル
¥998
Amazon.co.jp

ふたりはいっしょ (ミセスこどもの本)/アーノルド・ローベル
¥998
Amazon.co.jp

ふたりはいつも (ミセスこどもの本)/アーノルド・ローベル
¥998
Amazon.co.jp

ふたりはきょうも (ミセスこどもの本)/アーノルド・ローベル
¥998
Amazon.co.jp

かえるのピータン/どい かや
¥1,365
Amazon.co.jp

がまくんとかえるくんシリーズが、かえるの本の定番なら、

新定番となりそうなのが、どいかやさんのこの絵本。

ほんわかとあたたかみのあるどいかやさんの絵は、

こどもだけでなく、大人にも大人気ですね。



ゆかいなかえる (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)/ジュリエット・キープス
¥945
Amazon.co.jp

元気でゆかいなかえるに、前向きパワーをもらえる絵本。

そういえば、カエルって、幸福の象徴として扱う国も多いんですよね。

世界的にみて、とっても「明るい存在」なんだな。

顔が脱力系でユニークだからかしら?



雨の風情も、素敵なものです。

あめがふるときちょうちょうはどこへ (世界の絵本ライブラリー)/メイ・ゲアリック
¥1,050
Amazon.co.jp

これも、お勧め。

画像が出ないのがとても残念ですが、

とても美しい絵本です。

雨が降るとちょうちょうはどうするのでしょう。

小鳥は翼の下に頭を入れて、

猫は玄関に駆け込みます。

めうしやあひるは雨なんてへっちゃら。

では、ちょうちょうは・・・・??

小さな疑問が繰り返し繰り返し詩のように綴られていて、

答えを告げずに、絵本は静かに終わります。


PETER SPIER’S RAIN (Reading Rainbow Book)/Peter Spier
¥667
Amazon.co.jp

日本語版は画像がなかったので、原書です。

女の子と男の子は傘をさして、

レインコートを着て、

雨の中に出かけます。

庭、歩道、公園、しずくのついたクモの巣、大きな水たまり。

いつも遊ぶところが、雨に日には特別なところに。

コマ割を用いた、言葉のない絵本です。

言葉以上に絵と絵本から立ち込める空気が、雄弁に物語りを語っています。

そして、その物語をふくらませ、創り出すのは、読み手である私たちでもあるのです。

ほら、雨音が聞こえてくるかのようですよ!



おじさんのかさ/佐野 洋子
¥1,470
Amazon.co.jp


傘を溺愛するおじさんは、

傘を濡らしたくないから、雨が降っても傘をさしません。

こどもたちが、「あめが ふったら ポロロン」と傘の中で楽しそうに歌っているのに誘われて、

傘をさしてみると・・・・

あれ、おじさん、どうやら雨の日の新しい楽しみを、みつけたようですよ!



あめの ひの ピクニック くまのアーネストおじさん/ガブリエル・バンサン
¥1,365
Amazon.co.jp


楽しみにしていたピクニックの日に、どしゃぶりの雨・・・・・。

悲しむセレスティーヌのためにアーネストは、

テントの中でのピクニックを思いつきます。

雨の森のなかで、サンドイッチと熱いお茶。

うふふ。なんだか楽しそう。





AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2010-05-26 09:05:52

雨の日の絵本

テーマ:雨の日の絵本
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2007-07-22 23:35:39

☆ かさ

テーマ:雨の日の絵本


kasa

太田 大八
かさ


モノクロで描かれた街の中を、赤い傘がてくてくと歩いていきます。
長く黒い傘をかかえた女の子が駅までお父さんを迎えにいくのです。
公園の前を通り、
歩道橋をわたり、

お友達親子に手を振り、
ケーキ屋さんのケーキをながめ
赤い傘は駅へと向かいます・・・・

この絵本には、文字はありません。
だからこそ、読み手はその赤い傘をじいっと見守り続けます。

女の子の心情が、伝わってきます。

モノクロに世界に、赤色の傘を描いたこの絵本は、

極彩色で描かれた絵よりも、うんと豊かな色彩を感じさせるから、不思議です。

無事にお父さんと出会えた後、赤い傘はお父さんの小脇にたたまれて、2人は相合傘。

そして、女の子の手には大きなケーキの箱が抱えられるのです・・・!

うふふ。雨の日のおむかえという大仕事!無事完了ですね。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。