女神的ビジネス論
鉄則です。


「小さな好き」に打算で掛けない。
「大きな好き」に全部掛ける。



でもね、
だいたい自分の「好き」って分かってない人がおおい。

そして、その大きな好きって言葉じゃ到底表せないような
全部がごちゃまぜになったエネルギーなの。

「ハンドメイドが好き」
「人を癒すのが好き」


こんな言葉じゃない。
こういう「アクション」じゃない。「物」じゃない。

もっともっと、私の魂を全部掛けるような。
そしてその矛先も、ぐるぐると深い渦になってどこまでも果てしなく続くような、「これが好き!」とはとうてい言えない程の標的



そうなった時に全てが宇宙のバランス並みに完璧に循環する神がかり的な「天然の打算」が起こる。
理論なんだけど理論じゃない。


全てがホームラン!
何をやっても上手くいく、という言葉よりも
上手くいくことしかできなくなる。



はるちゃんは本当にお手本!
サゲサゲ↓
娼 婦 的 ビジネス論「Bitch Money」

(「子宮系」をバカにしたような起業女子の記事をたまに見ますが、これビジネスの根底ですよ素晴らしいビジネスは、お金もビジネスも「体感」ですから




もし「歪み」が起こるなら
「小さな好き」に打算で掛けた結果。


ビジネスでも、例えばビジネスじゃなくても
それが相手があることならば
どちらかが「小さな好き」に打算で掛けてたって事。


「大きな好き」に全部掛けてる人は、もう生き方全てがそうだから、こういう「小さな好き」に打算を掛けてくる人とは歪みが生じます。


自分が「大好きの世界」を生きている分、
「大好きの世界」に全部掛けている分、
しっかり傷付きます。
そして排除いたします。
その人に付き合っていた自分を排除です。


私が現在お付き合いしている方々は、現在最高の世界を共有させていただいております
みなさん、「自分の世界」をストイックに築き上げて、傷つきながらも「排除」し続けている方ばかり




「打算」は「思考(男性性)」だね
「好き」は「感覚(女性性)」だね



もちろん「打算」はとっても大事で愛すべきものだけれど


「小さな好き」に打算で掛けない。
「大きな好き」に全部掛ける。

打算はその後完璧に
天然で出てくるものなの

こちらの記事にもつながります
↓
アメーバ【成功の秘訣❤️】女性性を完璧に満たしながら、男性性を使って仕事をする
アメーバ『男は踏み台』という言葉には、限りない尊敬と愛と感謝がある話




「循環」×「循環」の繰り返しだね。

プラス×プラスでキラキラのお金が発生するね。
そのお金にくっついているのは「喜び」「大好き(愛)」「豊かさ」だね。
まさに公益



「大きな好き」って、ストイックにストイックに、
自分だけの世界を見つめてないと見出せないもの。

適当な世界で適当に合わせた人間関係の中で感じる程度の「好き」は違う。
だから、そもそも自分に向き合っていない人はビジネスなんかしないほうがいい。

周りの需要に合わせた苦しいビジネスしてればいい。




そしてよく聞くけど、ダサい起業家。
(私が思う、ね)


起業したいから講座を受けて商品をつくる?
起業コンサルにメニューを作ってもらう?
あなたにはこれが向いてるからこれを売りなさい?



あなたは何がしたいの?
何が好きなの?何で感じるの?何で気持ちいいの?
どうしてそんなに感覚がないの?


それで「苦しい」「やり方が合わない」だとか
当たり前です。


そんなの他人の世界で自分の体力・気力と引き換えにお金を得る「労働」と同じ。
気持ちよくない。
これが

「搾取×搾取」の繰り返し。

マイナス×マイナスで濁ったお金が発生するようなもの。
そのお金にくっついているのは「苦労」「責任」「罪悪感」
起業の意味ない。
その辺で時給制で働いたほうがずっとマシ。



今日3回目(笑)
↓↓
「小さな好き」に打算で掛けない。
「大きな好き」に全部掛ける。






リブログ(1)

  • ワリカンが嫌いな件。なんで嫌いなのか判明。

    最近、ワリカンについてすごく違和感があって、何でだろう??と考えていました。 今日、大好きな方ととても有意義な時間を過ごして、なのにワリカンをしてしまい、それに対して猛烈な違和感を覚え、(←何故自分が全部出さなかったのか) ずーーーっと考えてて、 ようやく自分なりのワリカン嫌い論に答えが出た…

    モテ写♡境みゆき

    2017-01-16 19:57:56

リブログ一覧を見る

コメント(2)