3人一緒が合い言葉!

中2とパパくん、ママくんの3人家族


テーマ:

2000年8月の出来事

 

手術は無事終わったらしい。

よく覚えてない。

 

麻酔が切れてから辛かった・・・。

余りに苦しくて、ナースコール押しまくり!!!

 

夜中、看護婦さん達もきっと忙しかったと思う。

入院は産科だから、出産とかあったと思う。

でもそんな余裕はなかったよ。

辛かった。

 

痛み止めの注射を打ってくれたけど、収まらない。

またナースコール!

「○○さん、我慢してください。赤ちゃんの為に強い薬は打てないのよ!」

「はっはい・・・」

厳しいお言葉。

正直赤ちゃんのこと考える余裕はないかったわ。

(この看護婦さんにぶぶくんは出産の時取り上げられた。)

ゴメンね、ぶぶくん。

 

どうにかこうにか辛い夜は終わり、普通の入院生活へ。

もちろん、妊婦の気にする体重は激減!

 

入院生活は3週間にわたりました。

普通、虫垂炎は5日くらいらしい。

術後暫くは外科の先生と産科の先生が回診してくれました。

 

外科執刀医に

「ゴメンね、ちょっとずれてしまって切り口大きくなったわ。」

「はぁ。」

妊婦だからずれたらしい。

今も、10cmの傷跡とドレーンの穴の跡が身体に残ってます。

 

ドレーンってよくわからないけど、術後のお腹のなかを診るために、管を通してました。抜いた後、その穴がなかなかふさがらなかったの。

 

妊娠6ヶ月、お腹はどんどん大きくなる。

縫ったところも開いてくるよね。

 

入院生活でよかったこと、

毎日、赤ちゃんの心音が聞けたことかな。

エコー写真も普通の妊婦より多くもっていると思う。

入院中に男の子と判明!

 

辛かったことは、点滴!

1日1回切迫早産対策の点滴をうたれるんだけど、私は採血も嫌がられる血管がでていない腕なんです。

血管という血管全部打たれたわ。看護婦さんも上手下手があって、失敗する人もいるの。そうすると打つところがなくなってくる。手の甲や手首とか打たれたわ。かなりヤバイ腕してました。

 

退院すれば普通の妊婦生活に戻れると思っていたけど・・・。

 

まだ続く。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

2000年8月の出来事

続きです。

入院することが決まってから、
私の腕には「切迫早産対策の点滴」の針が刺されていました。
この点滴と長く付き合うことになるとは思ってなかったよ。

個室に入院し、夕飯も出てきたけどもちろん食べられる状態ではなく、
パパくんが食べてました。
そのうち、完全看護だからといわれパパくんは自宅に帰らされ、
一人で初めて入院生活に入りました。

個室でゲロゲロ・・・。
喉が渇くのに氷の水でもダメ・・・。
死にそうでした。

夜中11時頃、看護婦さん(藤原ちゃん)が余りに辛そうな私のために、
先生を呼んできてくれた。
もうすでに8人ぐらい先生には見て貰っていた。
大学病院だから、研修医とかたくさんいるからね。

夜中に呼んでくれた先生は私がこの病院を紹介してもらうときに、
この先生宛の紹介状を書いてもらった良い先生でした。

診てもらうと「血液検査の結果は?」と看護婦さんにデータを確認して、
「虫垂炎かもしれないですね。」
と意外なお言葉。
「もう一度血液検査しましょ」
「つわり以外で嘔吐は考えられない」
「朝のデータではまだハッキリとしなかったのかもしれない」
とか言われてました。

外科の先生が2名入ってこられ、
血液検査の結果、「虫垂炎(盲腸)」と診断。

その頃パパくんは自宅から呼び出されていました。

「2000人に一人ぐらい、あるんです。この病院でも2.3年前に・・・」と言っていたような・・・。

「盲腸?どうなるの?赤ちゃんは?」と意識もうろうの私。

産科の先生と外科の先生で協議の結果、
「薬で散らす」ことに決定。

薬を飲んだか、注射をされたか定かではないけど、なんかされました。

でも、収まらない・・・。
苦しかった。

で、翌朝もう一度外科で診てもらうことになった。
呼ばれるまで病室で待つことに。

もう既に朝。
実家から母も駆けつけてくれた。

ようやく外科の外来へ。
すでに11時頃。
車いすに乗せられフラフラの私

先生が「手術しようか!」
「安定期だから赤ちゃんは大丈夫でしょう。」とのこと。

それから、なんか検査準備でどこかに車いすで行ったような記憶も・・・。

緊急手術といっても夕方の4時まで待たされましたが手術室へ。
不安そうに見守るパパくんと母。

麻酔医の先生から説明があり、
下半身麻酔で腰に打つとのこと。
よくわからないままというか、どうでもしてって感じで手術開始。

頭はボーっとしていて、
先生達の雑談が聞こえてきていたよ。
胸を圧迫される感じで苦しかった。


もう少し続く

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
あの辛い夏の体験を書いておこうと思います。
長編になると思う・・・。

働いていた私は8月1日から夏休みの休暇を1週間取ることになってました。
仕事の段取りも終わらせて、帰宅。
明日からの蒜山キャンプに向けて準備し、寝ました。

朝方、お腹が痛くて目が覚めた。

もともと子宮筋腫があり、5ヶ月のときにお腹が痛くなり、
安静を言い渡されていたので、また子宮筋腫の仕業かと思ってました。

6時頃、どうにもこらえきれない痛みとなってきたので、
パパくんを起こして、大学病院へ行きました。

産科で当直の先生を呼んで貰い、診察。
「大丈夫ですよ。異常ないです」と言われた。
「でも、痛いんですが・・・」
「帰ってもいいよ」
「えっ、そうなんですか」
と産科を後にする。
元々その日に皮膚科に予約があり、その脚で旅行しようと思ってたんです。
9時の予約には充分時間があったので、
売店でパンを購入して朝食。
何か食べれば、痛みも治まるかなと思ってね。

で、皮膚科に移動したものの、座っていられないくらいになった。
診察の順番が回ってきて、
今日は前回の発疹が治っているかどうかの確認だけだったので、
先生に腹痛の方を心配された。

後はお金を払って帰るだけ・・・。

「帰れない~」

かなり苦しくてこの状態で家に帰るのなんて信じられないと思った。
パパくんに頼んで、産科に連れて行って貰った。

もう一度、器具などつけてお腹の赤ちゃんの状態を見て貰ったけど、
大丈夫とのこと。
しかし、かなり苦しんでいる私をみて、
「一泊する?」とやっと入院させてくれた。

苦しくて・・・
そこから嘔吐が始まった。
さっき食べなければよかったとかなり後悔。
個室に入院。
口が渇くので、氷を貰っても吐いてしまう。

続く・・・。


AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。