真っ青なストラスブール

テーマ:

こんにちは!木蓮です。

寒い毎日が続いていますが、なんと我が家!

昨日ガス欠を起こしまして(笑)。

掃除したばかりの薪オーブンフル稼働で晩御飯を作りました。

「ガスがなくても大丈夫」なんて、ほんと自分で言っておきながら、まるでコントみたい!!

 

それにしても、低温で野菜をじっくり調理すると、甘く美味しくなって、ちょっと得した気分。不幸中の幸い(笑)

 

さて、もう少しアルザスの景色にお付き合いください。

ストラスブールの写真があまりにもありすぎて(*^▽^*)

 

 

 

 

この道を右に下って行くと、BATORAMAというイル川をクルーズする遊覧船乗り場があります。この近辺の雰囲気がとても好きな私。

全然、ストラスブールチックな写真ではないですが、こんな風に空を見上げながら写真を撮るのが好き。

 

 

 

 

あと、私のお勧めは『Petite France(プティット フランス)』から、ゆっくり川沿いに大聖堂まで戻るコース。Barrage Vaubanから見えるLes Pont Couverts(クヴェール橋)を通って歩いていきます。

 

 

 

 

橋の途中にあるMaison Des Ponts Couverts。

 

 

 

 

クヴェール橋を超えたところで右に曲がり、川沿いを歩いていくと、船がゆっくりと進んでいくのが見えます。

 

 

 

 

 

最初にストラスブールに到着した日とはうってかわり、美しい青空が広がっていました。青空も素晴らしいけれど、今回はとにかく美しい樹氷の世界が心に残っています。

頂いた「Christian」のオーナメントショコラは、本当に美味しかったな~。

 

 

 

 

街中で売られている焼き栗も、こんな風に袋に入っているとなんか可愛い。

 

 

 

 

 

もちろん花いっぱいの美しい街並みです。

 

 

 

 

な~んて、こんな風に写真をアップしていると、とても静かな街に見えると思いますが!!実際は本当にすごい人、人、人!さすが、クリスマスマーケットだな~と感心してしまいました。

 

 

 

 

アルザスは、パリと比べそれほど観光客は減っていないと聞いていましたが、日本人の方も結構見かけたので、やはり人気があるのだな~と感心しました。

 

さて、今週の火曜日に次回のメルマガ発送となります。

現在準備していますので、楽しみにお待ちください!

AD