155㎝以下 小柄でも存在感のあるファッション・在り方ヒント術 

小柄であることを楽しむために、そして大人可愛く美しく。
イマイチあか抜けない状態から、内面力と外見力を磨くヒントをお伝えしています。


テーマ:
こんにちは。

小柄 ファッション 美小柄プロデューサー廣瀬淑子です。

155㎝以下の低身長小柄さんを存在感のある「美」小柄に♪



美小柄に入って、皆さんイキイキと綺麗に変化しましたが、中でも

大きく変化したメンバーさんをインタビューし、生の声をぜひご一読ください^^


美小柄モデルとしてこれまで合計3回のショーに出演した大木理恵さん。


【なぜ、美小柄塾へ入ったのか】


当時お仕事先で、とてもお洒落な先輩がいて、その先輩はとにかくいろんなテイストのファッションを楽しんでいました。

いつも憧れで、先輩とは正反対に容姿にも自信がない、プライベートも順調とは言えなかった毎日。

偶然、淑子さんのブログを見て、「あと1名募集」「赤レンガでファッションショー」のワードを見て、


「もしかしたら私も美小柄塾に入れば、きっと何かが変わるんじゃないか。」

「変わりたい」


直感で感じ、すぐに申込みをしました。



【なにが一番よかったか】

人との出会い、関わりが刺激になりました。

それまで、私は、とにかく人に見られるのが苦手で、普段からサングラスをしたり、帽子を深々と被り、自分自身そのものを消すことをしていたので。


ショーでは、衣装協力先の代表(アートコネクト横浜 川久保悠里さん)との出会いもとても貴重。






【どう変化した?】



人と触れ合うことが好きになりました。


そして子育て中で、以前より息子との時間がとってもいとおしく感じられた。
自分の中で、心の余裕が出てきたんだと思います。


憧れのアパレルブランドの面接の時も山本寛斎さんに偶然遭遇したそうで、


「あ、きっと大丈夫」と根拠のない自信が湧いたそうです(笑)


こう思えるって大事だと思います。

美小柄に入るのも、迷って迷っての行動でもない。


上手くいくか、いかないかの判断は周りからの判断ではなく、環境でもなく、本人の思考次第なんですよね。


私からみて、まさえちゃんは、そこを押さえてるなと感じます。




今、彼女は前からチャレンジしてみたかったお仕事につき、とっても多忙な毎日を迎えているが、その眼は、前のまさえさんとは明らかに違う、輝きが見えました。




その輝きは、本人が創ったもので、今日も人生のランウェイを歩んでいます。



image
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

小柄 ファッション 美小柄プロデューサー廣瀬淑子(よしこ)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

同じテーマ 「┣美小柄塾生」 の記事