子育ては親育て❤

テーマ:
先週、小学校で、臨床心理士の方のセミナーがあり、参加してきました。

なんだかね、このセミナーをうけて、なんだろ、すんごく楽になって、1本の筋が自分のなかに通った感じです。

『こどものストレスと向き合う』
っていうお話だったんですが。

小学生のストレスは、7~8割は、親だと言われてるそうで、これは、精神的に8割親に依存しているってことらしいです。



【小学校時代は、『子どもっぽさ』を認めてあげて、こどもの感じてることに『共感』し、人間にとって基本的にことを疎かにしない。】



主張して、没頭して、空想して、怒って、泣いて、遊んで、甘えて。


自分がMAXに怒ったらどうなるのかを経験するから、のちのちコントロールできるようになる。


遊ぶときに遊んでないから、大きくなったときに非現実的な遊びをしてしまう。


時間の感覚は、大人と子どもは違う。
大好きなゲームを3時間やっても、こどもにとったら、30分。事実と現実は違う。


食べる、寝る、排泄する、好きなことをして過ごす。人間にとって、基本的なこと。


カウンセリングして、心がゆるんでくると、眠たくなる、トイレにいきたくなる。これは、日頃できてないことがしたくなる傾向がある。


子どもは、答えがほしいわけじゃない。迅速に対応してほしいわけではない。一緒に悩んでほしいだけなんです。



私は、このセミナーをうけて、あれもやれ!これもやれ!これしなきゃいけない!これさせなきゃいけない!

そんな思いが、スパーン!となくなりました。



友達といっぱい遊んで、ケンカもして、好きなことに没頭して、自分の世界に浸って、ちゃんと食べて、きちんと寝る!



ゲームばっかりして…
ひとの話きかないでまた自分の世界にはいってる…
するまでに時間がかかる…
またぼーとしてる…
泣いてたと思ったら、怒ってるし…



マイナスにしかとらえられなかったことが、ほんとは、本来の子どもっぽさで、認めるどころか、非難ばかりしてたことに気がつきました。


それでいいんだ。

それでいいんです。


そう思ったら、一緒にひとつひとつ楽しくつきあえるようになりました。


また私自身浮き沈みはあるだろうけど、子育てって、親育てだなぁ~って、つくづく思います。




昨日の寝る前の本読みタイム❤
不思議だなぁ~まったく同じ爆笑
笑いがとまりませんでした音譜
AD