ペットカイロがワンちゃんを救う!手術も薬も使わない自然で安全なペット理学療法

ペットカイロマスターとげぬき(東京巣鴨)・ペットカイロマスター宝塚(兵庫県宝塚市)スタッフの私がペットカイロ施術のレポートなどを通して、ペットカイロの素晴らしさをお伝えします!


テーマ:
千葉県木更津市にお住まいのミニチュアシュナウザーのルークくん(7才)とクレアちゃん(4才)。
「ペットカイロのおかげで様々な変化がありました!」と、二頭のお父さんとお母さんがお話ししてくださったので、ご紹介させていただきたいと思います!
 
ルークくんとクレアちゃんは、一年半ほど前から月に一度必ずペットカイロを受けています。
初めは不調な箇所を触られるのが嫌で少し抵抗していましたが、今では余裕たっぷりですっかりベテラン、貫禄さえ感じるほどです(笑)
 
↑リラックスした表情のルークくん♪
 
《ルークくんの変化》
 
①首の可動域が広がった。
以前は顔を上げにくそうにしていて、アイコンタクトも取りにくかったのが、しっかりと上を向けるようになった。振り向くのもつらそうだったのが、すんなり振り向けるようになった。
→項靭帯(首の後ろ部分)の圧迫が改善し、首の動きがスムーズになった。
 
     下矢印下矢印下矢印
 
②水をゴクゴク飲めるようになった。
以前は加減するように少量ずつペロペロと飲んでいたのが、ゴクゴクと勢いよく飲めるようになった。
→項靭帯が柔らかくなり、気管虚脱が改善。水を飲みやすくなった。
 
③後ろ脚を擦るような歩き方が改善した。
→側弯、左右股関節の亜脱臼、膝の変形、飛節(踵部分)の捻挫が改善。お尻が上がって後肢が真っ直ぐになり歩きやすくなった。
 
④春先になると花粉などのせいか、皮膚の状態が悪くなり顔を痒がっていたのがなくなった。
酷い時は血が出てしまう程掻いていたので、毎年同じような所に湿疹ができて、その部分が剥げてしまっていた。
→背骨と股関節の歪みを整えたことで内臓が正常な位置に戻り、免疫に重要な腸の動きが活性化。また、カラダ全体のリンパの流れが良くなり、ルークくん自身の免疫力がアップした。
 
⑤嘔吐する回数が減った。
6才を過ぎてから、食後6時間くらいすると消化途中のフードを少し吐くようになった。酷い時は週2~3回も吐いていたが、今は月2回程度か全く嘔吐しない月もある。
→気管虚脱が改善。また背骨と股関節の歪みが改善されたことで内臓が正常に動くようになった。
 
 
ルークくんだけでも、これだけの変化があったそうです!
 
中でも興味深いのが、④の皮膚のトラブルが無くなった点です。
 
腸はカラダの免疫において非常に重要な器官です。ペットカイロで内臓を本来の正常な状態に戻してあげれば、腸の機能も活性化!カラダ全体のリンパの流れも良くなります。それによって免疫力が高まり、アレルギーなどの皮膚のトラブルにも効果が期待できるんですね。
皮膚トラブルに悩んでいるワンコとその飼い主さん、必見です!
 
 
次回は、妹犬のクレアちゃんの変化についてご紹介します!
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ペットカイロマスターズ協会staffさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。