ペットカイロがワンちゃんを救う!手術も薬も使わない自然で安全なペット理学療法

ペットカイロマスターとげぬき(東京巣鴨)・ペットカイロマスター宝塚(兵庫県宝塚市)スタッフの私がペットカイロ施術のレポートなどを通して、ペットカイロの素晴らしさをお伝えします!


テーマ:

入学式やお花見シーズンで春の訪れを感じる今日この頃…

院長とスタッフが訪れたのはなんと……雪国!!!???



ここは広島県の神石高原、ピースウィンズ・ジャパンさんが運営する保護犬達のための施設「ピースワンコ・ジャパン」。私達が訪れた3月31日の天気はまさかの雪!!!小型犬なら普通に埋まってしまいそうな程の積雪で驚きました!


ピースワンコ・ジャパンには飼育放棄や迷子など、さまざまな理由で保護された犬達が暮らしています。その数は神石高原だけでも1000頭以上!子犬から成犬、小型犬から大型犬まで種類も年齢もさまざまです。



院長と私達スタッフは施設を定期的に訪問し、その活動をペットカイロでお手伝いしています。


★ロンド
今回が4回目のペットカイロ。初めて受けた時は怯えてビクビクしていましたが、今ではだいぶ慣れてきたようで表情も落ち着いてきました。



猪狩りの罠にはまっていたところを保護されたロンド。前肢はその時の怪我が原因で、右側は根元から、左側は手根関節から先がありません。右前肢が無い分、カラダがバランスをとろうとして右側の項靭帯(首の後ろ部分)がかなり圧迫されていました。院長に項靭帯をほぐしてもらってとても気持ち良さそうにしていたロンドです。
今では左前肢に義足を着け、器用に3足で歩いているそうです。しっかりと立って動けるようになれば、筋肉も使え、骨格も安定します。内臓も正常に動くようになったため、ロンドの毛並みは見違えるように艶々になっていました!「立つ」ということは、やはり犬にとって大切なんですね!



★幸龍
推定15歳。今回が4回目のペットカイロ。


ペットカイロを受ける前は歩くこともままならない程弱っていた幸龍ですが、カイロを受け初めてからはゆっくりでも自力で歩けるようになっていました!ただ、まだ足腰が不安定で歩き方もヨロヨロとしており、一度座るとなかなか立ち上がれなかったそうです。院長によると、左右股関節脱臼、左右肩脱臼によるものとのこと。カイロを受けた後は表情も穏やかになり、少しずつでも地面を踏みしめて歩けるようになりました!





★ジュリー
推定17歳。股関節や肩関節などカラダ中の関節が脱臼してしまっていて、立つのがやっと。一歩も自力で踏み出せない状態でした。さらに背骨の歪みが酷く、背中が丸くなってしまっています。



ペットカイロを受けた後は、ヨロヨロしながらも少しずつ自力で歩けるように!床におやつを置いてあげると、一生懸命おやつを探して歩いてくれました。




レポート②へ続く!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ペットカイロマスターズ協会staffさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。