ペットカイロがワンちゃんを救う!手術も薬も使わない自然で安全なペット理学療法

ペットカイロマスターとげぬき(東京巣鴨)・ペットカイロマスター宝塚(兵庫県宝塚市)スタッフの私がペットカイロ施術のレポートなどを通して、ペットカイロの素晴らしさをお伝えします!



関東本部:ペットカイロマスターとげぬき(東京都豊島区巣鴨)
関西本部:ペットカイロマスター宝塚(兵庫県宝塚市)
広島:ペットカイロマスター福山城(広島県福山市)
福岡:ペットカイロマスター福岡(福岡市城南区)
大分:ペットカイロマスター大分ワンラブ(大分市葛木)

東京・神奈川・千葉・埼玉および群馬など北関東
札幌・新潟・岩手
岡山・広島・山口・福岡・長崎・徳島・香川・高知
など、全国にサポートセンターの輪が広がっています。

ペットカイロマスター HP:
http://petchiro-takarazuka.com



■ペットカイロで改善実績のある犬猫の症状
具合が悪い高齢犬・老犬・老猫、歩けない、走れない、立てない、歩き方がおかしい、ヘルニア、脊髄梗塞、カウホック(後足の変形)、O脚、ガニマタ、背骨の湾曲、脱臼捻挫、テンカン、白内障、内臓疾患による食欲不振、嘔吐、下痢、便秘、その他不定愁訴(元気が無い、散歩をいやがる、落ち着きが無いなど動物には自覚があるが、検査等で客観的に判断がしづらい症状)




テーマ:
千葉県にお住まいのミニチュアシュナウザー兄妹のお話、続きです。
 
妹のクレアちゃん(4才)も、ペットカイロを受けはじめてから様々な変化があったそうです!
 
↑カイロを受ける姿もベテランなクレアちゃん
 
《クレアちゃんの変化》
①歩き方が変わった!
まるでモンローウォークのように、お尻を振りながら歩いていたのが改善!
→背骨と股関節の歪みが改善したことで、膝や飛節(踵部分)の捻挫・変形も改善。お尻が上がって後肢が真っ直ぐになり歩きやすくなった!
 
②お腹を壊すことが減った!
子犬の頃から下痢をして血便になることが多かったが、軟便程度でおさまるように!
→股関節の歪みを整えたことで、内臓も元の正常な位置に戻って働きが活性化した!
 
③水を飲んでむせることが減った!
→股関節の歪みを整えたことで、前重心だった姿勢が改善。これにより頭を支える項靭帯(首の後ろ)の圧迫も減ったので、気管虚脱の症状も改善した!
 
 
さらにクレアちゃんはディスクドッグとしてもデビュー予定!定期的にペットカイロでカラダのメンテナンスを行いながら、日々練習に励んでいます。カイロ後はカラダが軽いようで走るのがとても楽しそうなのだとか♪
先日の大会ではボールをレトリーブする競技で初参加にして入賞キラキラなんとメダルをゲットしたそうです!
 
 
お母さんとお父さんからも『クレアはディスクやボール遊びが大好きなので、何かあってもカイロでメンテナンスしてもらえるので安心できます』と嬉しいお言葉を頂きました❗
 
さらに『ルークもクレアも、ペットカイロを受けた後は尻尾が伸びて脚は真っ直ぐに、首回りもスッキリとして首輪が緩くなる!』と嬉しそうに話してくださいました♪
 
 
しかし!
 
ここで大切なのはルークくんもクレアちゃんも、ペットカイロだけでここまで改善できたわけではないということです!
 
二頭のお父さんとお母さんが、良質なたんぱく質(肉など)を主とした食事を用意し、日々の運動を忘れずに行なってきたからこそ、二頭のカラダはこれだけ改善できたのです❗
 
自宅でのケア(正しい食事、運動)があって初めて、ペットカイロの効果がしっかりと表れるんですね❗
 
まさに「継続は力なり!」だなぁと、ルークくんとクレアちゃんの変化を見て強く感じました。
 
ルークくん、クレアちゃん、来月も院長とスタッフ一同お待ちしてます♪
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
千葉県木更津市にお住まいのミニチュアシュナウザーのルークくん(7才)とクレアちゃん(4才)。
「ペットカイロのおかげで様々な変化がありました!」と、二頭のお父さんとお母さんがお話ししてくださったので、ご紹介させていただきたいと思います!
 
ルークくんとクレアちゃんは、一年半ほど前から月に一度必ずペットカイロを受けています。
初めは不調な箇所を触られるのが嫌で少し抵抗していましたが、今では余裕たっぷりですっかりベテラン、貫禄さえ感じるほどです(笑)
 
↑リラックスした表情のルークくん♪
 
《ルークくんの変化》
 
①首の可動域が広がった。
以前は顔を上げにくそうにしていて、アイコンタクトも取りにくかったのが、しっかりと上を向けるようになった。振り向くのもつらそうだったのが、すんなり振り向けるようになった。
→項靭帯(首の後ろ部分)の圧迫が改善し、首の動きがスムーズになった。
 
     下矢印下矢印下矢印
 
②水をゴクゴク飲めるようになった。
以前は加減するように少量ずつペロペロと飲んでいたのが、ゴクゴクと勢いよく飲めるようになった。
→項靭帯が柔らかくなり、気管虚脱が改善。水を飲みやすくなった。
 
③後ろ脚を擦るような歩き方が改善した。
→側弯、左右股関節の亜脱臼、膝の変形、飛節(踵部分)の捻挫が改善。お尻が上がって後肢が真っ直ぐになり歩きやすくなった。
 
④春先になると花粉などのせいか、皮膚の状態が悪くなり顔を痒がっていたのがなくなった。
酷い時は血が出てしまう程掻いていたので、毎年同じような所に湿疹ができて、その部分が剥げてしまっていた。
→背骨と股関節の歪みを整えたことで内臓が正常な位置に戻り、免疫に重要な腸の動きが活性化。また、カラダ全体のリンパの流れが良くなり、ルークくん自身の免疫力がアップした。
 
⑤嘔吐する回数が減った。
6才を過ぎてから、食後6時間くらいすると消化途中のフードを少し吐くようになった。酷い時は週2~3回も吐いていたが、今は月2回程度か全く嘔吐しない月もある。
→気管虚脱が改善。また背骨と股関節の歪みが改善されたことで内臓が正常に動くようになった。
 
 
ルークくんだけでも、これだけの変化があったそうです!
 
中でも興味深いのが、④の皮膚のトラブルが無くなった点です。
 
腸はカラダの免疫において非常に重要な器官です。ペットカイロで内臓を本来の正常な状態に戻してあげれば、腸の機能も活性化!カラダ全体のリンパの流れも良くなります。それによって免疫力が高まり、アレルギーなどの皮膚のトラブルにも効果が期待できるんですね。
皮膚トラブルに悩んでいるワンコとその飼い主さん、必見です!
 
 
次回は、妹犬のクレアちゃんの変化についてご紹介します!
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
先日TOMOドッグスクール出張の際、そこの先生から院長にこんなお話があったそうです。
 
「ペットカイロを受けた子は、亡くなる際でもとても穏やかな最後を迎えますね。」
 
今までTOMOドッグスクールで、先生のワンコ含め高齢犬のペットカイロもしてきましたが、その子達の最後が共通して皆穏やかで潔かったそうです。
 
たくさんお水を飲み、排便をして腸の中の物を出しきり、静かに眠りについたとのこと。
 
確かに、寝たきりの高齢ワンコでも、ペットカイロで背骨や内臓の歪みを正してあげると、その場でずっと出なかった尿が大量に出たり、目に生気が出たり、寝る姿も楽そうになります。
 
ふと、院長が以前言っていた『イヌ達の死生観』の話を思い出しました。
 
通常イヌ達は、自身の判断でカラダの機能、特に四肢が低下し修復不可能と感じた場合、筋肉や関節~最後には呼吸器や心臓、循環器系統の機能が弱まり、カラダ全体が硬直、そしておそらくはさほどの苦しみもなく、静かに静かに眠りにつく…というもの。
人間が薬の投薬などで無理に寿命を延ばすのは、やはり自然な事ではないよね、と。
 
さらに、イヌ達は死に対して恐怖心も執着も無く、人間が考えるような悲しいものではないそうです。
 
そして、ワンコが穏やかで潔く最後を迎えた場合、立ち合った飼い主さん側も必要以上に悲しみを引きずらず、ペットロスになりにくいね。と院長は言います。
 
そもそも、自然界の動物達は皆死に方を知っているのかもしれないですね。亡くなる直前になるとフラリと姿を消す動物もいると聞きます。
かわいいかわいい我が子同然のワンコを看取る時…私も何度も経験しましたが、やはり穏やかに虹の橋を渡って欲しいものですよね。
健康で元気に長生きし、穏やかに逝く…ペットカイロがそのお手伝いを出来るのであれば、本当に嬉しく思います。
 
{0D4D5B26-4FC7-47A8-8753-75640B765F26}









ホームページもぜひご覧ください
→ http://petchiro-takarazuka.com/

ペタしてねペタしてね
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
突然ですが、みなさんの愛犬にこんな症状はありませんか?
 
・呼吸音が大きくなった
・イビキをよくかく
・水を飲むとむせる
・涼しい場所なのに口を開けてハァハァしている
・ガーガー、またはカッカッと乾いた咳をする
・よだれを垂らす
 
 
どれか一つでも当てはまる場合は注意!気管虚脱の可能性が高いです!!
 
 
気管虚脱とは、項靭帯(首の後ろ)が凝り固まってしまうことで気管が圧迫され、本来よりも細くなってしまうことです。
 
そして気管虚脱の大元の原因は、股関節の歪み。股関節の脱臼などで下半身が不安定になれば、犬のカラダはバランスを取るために前傾姿勢になります。前に重心がくるため、頭を支えようとして項靭帯(首の後ろ)が固くなってしまうんですね。
 
犬は皮膚から発汗しての体温調節の代わりに、気管がその役割を担っています。
犬にとって気管は、呼吸するためだけでなく、体温を調節をする上でも非常に大切な器官。それが細くなったり、つぶれてしまったら…!
 
つまり、気管虚脱は命に関わるほど危険なものなんです!
特にこれから暑くなってくる季節は要注意!気管虚脱で体温調節がうまくできず、熱中症になる犬達が増えるのもこの時期です。
また、以前その様な症状があったが今は落ち着いている、という場合も、気温が上がってくると再発の恐れがありますので油断は禁物です。
 
 
こちらのトイプードルちゃんも重度の気管虚脱で乾いた咳をしており、呼吸が苦しそうな状態で来院されました。
 
 
ペットカイロを受けたところ、その症状は改善されて穏やかな呼吸になりました!
 
 
 
気管虚脱はぜひペットカイロマスターへ!
冒頭に挙げた症状に一つでも心当たりがある飼い主さん、ぜひ一度ご相談くださいね。
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ピースワンコ・ジャパンさんへの出張カイロレポート!①からの続きです。

★アルファ
大型犬のアルファ。後肢が不安定でしっかりと踏ん張れず、歩くのもフラフラ…。



左右股関節の脱臼、左肩脱臼によるもので、このままだと歩けなくなり寝たきりになってしまう状態でした。2日間にわたってペットカイロを受けた後は、股関節がだいぶ安定し、以前よりもちゃんと踏ん張って立ったり歩いたりできるようになりました!




大型犬にとって歩けなくなることは命に関わります。寝たきりになることで内臓が正常に動かなくなってしまうため、消化と吸収ができなくなってしまうのです。


★桃
ピースワンコジャパンで働くスタッフさんの愛犬、柴犬のモモ。走る時に左後肢を上げてケンケンしていることがあったそうです。カラダを触ってみると、左股関節脱臼、左膝脱臼と変形、左肩脱臼、側弯であることが分かりました。
施術後は側弯していた背骨も真っ直ぐになり、股関節の歪みも改善したためお尻も上向きに!その変化に「凄い!」とママさんも感激されてしました。

↓背骨 before


↓背骨 after 真っ直ぐになりました!



↓股関節 before


↓股関節 after お尻が上向きに!


さらに最初の施術から2日後に会った時には、毛並みが艶々で張りのあるものに改善していました。カラダ全体が軽くなったようで、ママさんのソフトカイロ施術中にピョンと施術ベッドに飛び乗る程でした(笑)。




★パズー
シェパード、10歳。
たまたま訓練のために神奈川から広島に来ていたパズー。院長がピースワンコジャパンに来ていると聞いて、飼い主さんが急いで連れてきてくれました!
少し前からヒョコヒョコと不自然な歩き方をするようになったとのこと。早速、院長が触診したところ、左右股関節脱臼、左右膝関節脱臼、左右飛節脱臼、左右手根関節捻挫、気管虚脱、側弯(背骨の歪み)と、かなり悪い部分があることが分かりました。初めてのペットカイロだったにも関わらず、とても落ち着いていたパズーくん。気持ちいいのか、施術中も余裕の表情!



カイロ後、ヒョコヒョコとびっこを引くような歩き方は改善し、スタスタと自然な歩き方になっていました!「良かった~」と嬉しそうな飼い主さんを見て、私達まで嬉しくなりました♪


ピースワンコ・ジャパンさんは、殺処分ゼロを目標に、日々、保護犬達のために活動されています。
院長と私達もペットカイロを通して、今後もその活動を全力で応援していきます!

みなさんもぜひ一度、ピースワンコ・ジャパンさんのホームページなど見てみてくださいね♪
http://peace-wanko.jp/

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

入学式やお花見シーズンで春の訪れを感じる今日この頃…

院長とスタッフが訪れたのはなんと……雪国!!!???



ここは広島県の神石高原、ピースウィンズ・ジャパンさんが運営する保護犬達のための施設「ピースワンコ・ジャパン」。私達が訪れた3月31日の天気はまさかの雪!!!小型犬なら普通に埋まってしまいそうな程の積雪で驚きました!


ピースワンコ・ジャパンには飼育放棄や迷子など、さまざまな理由で保護された犬達が暮らしています。その数は神石高原だけでも1000頭以上!子犬から成犬、小型犬から大型犬まで種類も年齢もさまざまです。



院長と私達スタッフは施設を定期的に訪問し、その活動をペットカイロでお手伝いしています。


★ロンド
今回が4回目のペットカイロ。初めて受けた時は怯えてビクビクしていましたが、今ではだいぶ慣れてきたようで表情も落ち着いてきました。



猪狩りの罠にはまっていたところを保護されたロンド。前肢はその時の怪我が原因で、右側は根元から、左側は手根関節から先がありません。右前肢が無い分、カラダがバランスをとろうとして右側の項靭帯(首の後ろ部分)がかなり圧迫されていました。院長に項靭帯をほぐしてもらってとても気持ち良さそうにしていたロンドです。
今では左前肢に義足を着け、器用に3足で歩いているそうです。しっかりと立って動けるようになれば、筋肉も使え、骨格も安定します。内臓も正常に動くようになったため、ロンドの毛並みは見違えるように艶々になっていました!「立つ」ということは、やはり犬にとって大切なんですね!



★幸龍
推定15歳。今回が4回目のペットカイロ。


ペットカイロを受ける前は歩くこともままならない程弱っていた幸龍ですが、カイロを受け初めてからはゆっくりでも自力で歩けるようになっていました!ただ、まだ足腰が不安定で歩き方もヨロヨロとしており、一度座るとなかなか立ち上がれなかったそうです。院長によると、左右股関節脱臼、左右肩脱臼によるものとのこと。カイロを受けた後は表情も穏やかになり、少しずつでも地面を踏みしめて歩けるようになりました!





★ジュリー
推定17歳。股関節や肩関節などカラダ中の関節が脱臼してしまっていて、立つのがやっと。一歩も自力で踏み出せない状態でした。さらに背骨の歪みが酷く、背中が丸くなってしまっています。



ペットカイロを受けた後は、ヨロヨロしながらも少しずつ自力で歩けるように!床におやつを置いてあげると、一生懸命おやつを探して歩いてくれました。




レポート②へ続く!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ペットカイロマスターワンLOVE(大分)にて。


ダックスは『ヘルニア』と診断されることが多い犬種ですよね。
今回来院したダックスも13歳でヘルニアと診断され、悩み、ペットカイロマスターへたどり着いたワンコの体験談です。
でもこの子は、13歳にしてはとても優秀なカラダつきでしたよ❗️なぜかというと…

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



 ワンコのママさんは、いつまでも元気に歩いて、走ってができることを願って来院しました。

 
今年の1月に軽度のヘルニアになって、歩き方がおかしい時があったとのことです。

 
実際今は歩けてはいるけど、高齢だし、またいつその症状がでるのかと思うと・・・ガーン

 
それで、はじめてペットカイロを受けることにビックリマーク


{7FBC6C0B-BFE1-4DD7-9E0B-62235E22CEB4}


『13才でこのカラダつきは、いいよ~』と、院長からお褒めの言葉が✨


『この子はカラダが柔らかいから、丈夫なんだよビックリマーク


・右股関節脱臼
・両膝変形
・側弯
・仙骨形成不全
・項じん帯圧迫
・右肩亜脱臼


の診断が。
それでも、13歳のダックスで今の状態を保っていられたのは、この子の持って生まれた質が良かったからとのことでした。それは『カラダが柔らかい』こと‼️



【施術前】
{5F2B02A0-F7BD-466B-9BF6-77B8655C434F}
↑お尻が下がって、背中が丸くなってますね。

 


施術中は、なんとも気持ちよさそうにニコニコニコニコ
{D4C931E2-1A72-4B10-A517-4CC88E70F7D5}
↑院長の膝の上で音譜音譜音譜

 



施術が終わり、ママさん

『うわぁびっくり、いつぶりかしら、こんなに背中が真っ直ぐになってるの!!!!


【施術後】
{5B1F333D-D94C-4385-BC84-189FD57EAD7E}

{72B50AAF-1642-4F32-8BC8-F82F042F171F}
↑『嬉しい~ラブラブ』とママに甘え中ニコニコ
ママも喜んで背中をさするさする音譜

『ママ!先生!ありがと〜音譜音譜音譜



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

この子はカラダの柔らかさゆえに、この症状で、しかも13歳でも歩いていられたんですね!

ただし、あれだけお尻が下がっていたという事は股関節、膝関節の問題&内臓の位置もズレていたという事。そして、背中が使えていなかったという事です。ヘルニアよりそこが問題なんですね。


ただ長生きするのではなく、
『元気で長生き!』
するために、これからも定期的にペットカイロマスターでカラダのメンテナンスをオススメいたしますニコニコ

 
 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
{F3C4B572-F18F-4686-BF4A-6E7BCCFE3695}

本日滋賀県ドラゴンハット、アジリティ競技会に出展しております!!

{D5E2E2E0-D6B2-43E7-BF2D-75072A424E7B}

パトラも看板犬として頑張っておりますよー!

{971CD413-2950-46BB-BE9A-5C7973A4D877}

{2606D7CE-A217-423D-AA97-68A01D18AEF4}


院長の周りには今日もわんこで賑わっております!

お近くのかたは、夕方までおりますので、ぜひ、お散歩がてら、いらしてくださいねラブ


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
本日と明日の2日間、院長は滋賀県竜王町総合運動公園ドラゴンハットにて開催中の『アジリティー競技会』に出張ですビックリマーク

{844F5421-5439-4175-947E-0F8C4562AA7F}
競技に参加するワンコも、参加しないワンコも施術にお越しいただいております。(ペットカイロマスターズ協会カウンターにて、先着順で予約受付中!)


{C0C6FE04-DAD5-49BF-9F25-31EAF39848C5}
競技に参加するワンコは、出場前の最終調整や出場後のメンテナンスをお勧めします❗️

バーを上手く飛べない、いつも決まった脚が引っかかる、右回りは得意だけど左回りは苦手(またはその逆)、何回練習してもスラロームで小回り出来ない、Aフレームのタッチゾーンで止まるのを嫌がるようになった、最近以前ほど走りたがらない…等々は練習不足や年齢のせいではなく、捻挫や股関節、膝関節、肩関節、背骨の問題である事がよくあります。
実際競技会会場に行くと、あちこちにカイロを受けた方がいいワンコを見かけます。
アスリート犬は日々のメンテナンスがいかに大切なことかをぜひ体験しに来てください❗️
カイロ後は筋力アップアップし、走りが変わりますよ音譜
そしてメンテナンスをしていると、より長く元気にアスリート犬として活躍出来るようになりますニコニコ
あなたのワンコの能力は、まだまだ伸びるかも!!


{1F79995F-55ED-409D-BAA0-E47802CF7AB5}
そして、大会出場しないワンコもぜひぜひ❗️
アスリート犬を引退した、怪我で今回の出場を見送った、家庭犬だけどメンテナンスしたいというワンコも、カイロを受けると改善点が見つかりますよグッド!
引退を考えていたけど、カイロで元気になり競技復活!!というのもよく聞く話です。


クローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバー

さらに、今回イベント価格にて施術致しますアップアップ

通常 小型・中型犬/10,000円以上
→小型犬 6,000円    
    中型犬8,500円

通常 大型犬/16,000円以上
→大型犬10,000円

競技会の2日間は、既存の患者様もイベント価格にて施術致します!


その他健康診断も受付中。詳しくはペットカイロマスターズ協会受付カウンターへビックリマーク

クローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバー


また、競技に参加しているワンコだけでなく、ワンコのパパさんママさんも身体の悩みを抱えている方がとても多いです。
足腰が痛くて早く走れない、膝の踏ん張りがきかない、ワンコに置いていかれる、もっと身体が動けばともどかしく思う、いろいろな治療を試したけど良くならない、いつも先生に「ワンコはいいんだけどねー。」と言われる笑…等々

今回ヒトの施術は出来ませんが、「これって良くなるの?」などのご相談にお気軽にお越しくださいませビックリマーク


明日も来ます‼︎
普段ペットカイロが気になっていたけど、遠くて行けない…と思っていた滋賀県近隣の方も、この機会にぜひぜひぜひビックリマークビックリマークビックリマークビックリマークビックリマーク
院長、スタッフ一同心よりお待ち申し上げますニコニコ音譜音譜音譜



竜王町総合運動公園アクセス↓
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

少し前のblogでご紹介させていただいた、バーニーズマウンテンドッグのラッキーちゃん、その後のお話です。

ラッキーちゃんは、2016年8月に肺がんで余命1ヶ月と動物病院で診断されたものの、ご家族の頑張りと定期的なペットカイロでその余命宣告を覆しています!

先日、千葉県にある「犬の学校エコールおゆみ野店」で行われた出張ペットカイロに、お母さんと一緒に来てくれました。

下半身の筋力が落ちて自力で立ち上がるのは難しくなっているものの、少しずつご飯を食べ、排泄も自力で行なっているそうです。
前肢はよく動いて元気らしく、施術中、側にいた仲良しのドッグトレーナーさんに前肢でちょっかいをかけている姿が可愛らしかったです。

院長の見解によると、「背骨が側弯してるし、仙骨が下がってる。矯正して内臓を元の位置に戻すことが大事。そうすれば内臓が動くようになる。寝たきりになることがダメなんじゃなくて、寝たきりになって内臓が正常に動かなくなるがダメ!」なのだそうです!

背骨と仙骨の歪みを整え、支えながら立たせてあげると、いつもよりすんなりと排泄したラッキーちゃん。スッキリしたのか、施術前よりも呼吸が深く、穏やかな表情になりました。


↑しっかりカメラ目線のラッキーちゃん

「今月の私の誕生日も一緒に過ごすことができて幸せです」とラッキーちゃんのお母さんも仰っていて私も嬉しかったです!

ラッキーちゃん&お母さん、また院長とスタッフ一同でお待ちしてますね❗

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。