嚙み犬と言うレッテル貼り。

テーマ:

私の元に来る多くの問題行動犬。

そのほとんどが、飼い主などを噛みついた噛み犬。

   

  

犬は噛みつく事は実は最終手段。

それが解っている人がどれだけいるか?

 

  

噛むことを覚えた犬の取り扱いが厄介なのは、飼い主との信頼関係が壊れてしまっているのに他ならないのだが、それを自覚している飼い主が居ない事。

  

壊れた噛み犬の心の闇がどれだけ深いか?その飼い主には理解できないのでしょう。

  

理解しない飼い主は、あるものは獣医と結託(笑)してその牙を抜く方策を取る、一番多いのが犬歯を切除。

噛まれても、ある程度のけがで済むが(笑)犬の心の傷は大きくなる。

 

繰り返し言うが、問題行動の殆どが飼い主が作った犬の心の闇。

社会化不足などはきっかけにしか過ぎないと思っている私。

  

吠えなければ飼い主が解ってくれない。

噛まなければ飼い主が解ってくれない。

いたずらをしなければ飼い主は解ってくれない。

  

そう言う事の積み重ねで犬の心の闇は深くなる。 

  

どうしたら問題行動を治せるのか?とよく聞かれる。

  

また良く言われるのが、犬を治してくれ。

 

犬が言う事を聞くようにしてくれ。

  

どうしたらお宅の犬のような利口な犬が出来るんだ?

  

などなど(笑)

  

実は私は世間様で言う、犬の躾と言う物を自分の子達には、ほとんど行わない。

まあ必要が無いからね。

  

自分で考え行動させるように持って行くと、教えなくとも自分で行動するようになって来るものです。

私の良く言う、放置プレイ。

  

実はね、こう言う心の闇を持った子以外にはほとんど効果は無い(笑)

放置じゃあないしね(笑)

  

そう言う子達に私を見せている訳ですからね。

犬の良い行動を認め、悪い行動には罰としての無視と言う行動。

実際にはかなり繊細な方法で犬を導かなければならない、ぐちゃぐちゃにこんぐらかった(スクランブル状態)犬の心の糸を、ゆっくりと解きほぐして行く。 

 

そんな気の遠くなるような作業なんですよ、放置プレイは。 

  

こんな気の遠くなるような作業を、多くの人は簡単にこなせると思っているようですね。

多くの訓練士が噛み犬を矯正するときに、飼い主には見せない暴力的な事をして居ることを最近知った。

まあ今の方法を知らない頃は、私も大して違わない方法ではあったが。

噛みに来る子、その子たちの闇を知らなかった時代、実はかなり暴力的な手法だったが、結局はいつの間にか元通りに飼い主の元ではなってしまう。

或いはもっと難しい状態の子になる(ある意味野獣の様になり何度も噛まれた)

  

最近まで、実はそんな子に悩まされていた、数か月前に引き取った子だったのだが、先天的な異常のある子、耳は聞こえない、嗅覚もほとんどない、視力もかなり弱い。体に感じる振動と弱いながらも動きが見えるのだろう。

訓練士にある程度の躾は入れてもらっていたのだろうが、コマンドもほとんど噛まれる寸前の距離まで近づかないと効果は無かった。

動くもの=自分の敵。

だったのか?特にフードアタックはすざまじかった。

    

食事を与えたのならすぐさま安全距離まで離れないと、えさを守るために襲ってくる。

その距離はだんだんと近づく事は出来るようにはなっていたのだが!。

 

そんな中で色々な訓練士を探していたのだが、噛み犬矯正訓練を生業にしている訓練士で

非暴力の訓練士を見つけることはかなわなかった。

  

その子も、疾患を持っていたが為なのか?突然と虹の橋の向こうへ旅立っていった。

心の闇を持ったまま、飼い主に見捨てられた子達を救うのは難しい気がする。

         

飼い主と共に努力した子は、ほんの数ヶ月で劇的に変わって行く。

      

    

だが放置プレイも行えないほどの見捨てられた子達、この子達を救う道を模索している毎日なのです。

 

 

にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村
AD

リードワーク

テーマ:
私の場合、リードワークは訓練じゃあないと思っている(笑)
訓練でも使用できるけど、それよりもワンコとのコミュニケーションツールだと思う。
 
首輪だろうが、ハーネスだろうが、はたまた使いたくないチョークチェーンだろうが(笑)、それに繋ぐリードはコミュニケーションを取るツールだと思っている。
 
まあチョークチェーン(チェーンチョーク?と言ういい方の方が私は理解しやすいが!)は使い方を間違うと虐待道具に成り下がるので、飼い主さんには外すように指導している。
  
私の場合、めちゃくちゃ長い6mほどのロングリードでの散歩を行う。
保護初期の犬の性格診断には非常に便利なためなのでね。
  
それまでの飼い主などとの生活さえ私には見えてくる、どう言うトレーニングや扱い、ワンコ達との共同生活を選択するか否か?、意外と簡単に見えてくる物ですよ。
 
        一年前噛みが酷く保護時みんなでどうしようか?途方に暮れた子。
  
今は普通の老柴君(笑)
リードは短くしています、ロングリードは伸ばしぱなしじゃあないからね(笑)
適時こういう風にしてほしいです。
後リードは引っ張るものじゃあない!、必要な時に固定するが本当の使い方!。
  
ティーノ君の散歩、割と自由です(笑)
リード手から離しちゃってるし(笑)
 
こういう風に色々試してみるのも方法の一つ、でもねすぐに脱走する子もいるから見極めが出来ない人は絶対にリードを離さないでね。
  
私には、この子が酷い問題行動犬と言う事がいまいち理解できていない、真面目な話全く問題と言う問題が見つけられない、あえて言うなら要求と甘えの吠え程度。
この子のストレス抜きと、要求に対する反応を間違えなければ全く問題の無い子に育っていたはずだ!。
  
タップ君の時と同じような考えの訓練士、犬を壊すことに関しては天才的な事をする訓練士たちだという思いは強くなってきた。
実際問題、私の所のみならず、多くの訓練士たちが悲鳴を上げるほど多くなりつつあるのが現状だろうね。
  
ポチット応援ヨロシクm(__)m
 
AD

強制訓練の中で使うアイコンタクト。

まあ私も今でも使うけれど、訓練士たちの物はまた違うだろうね。

 

だって、わんこの顔はほとんど見ないし、わんこも私に顔の正面は見せない。

 

良くあるのが、座らせ、見上げさせて、じっと見させる動作。

私に言わせればアイコンタクトじゃあない、人間の欲求を特化させたものじゃあないのかな?。

 

都会で有ればこそなんだろうか?そういう動作をさせるのは?

野生のフィールドであれば犬を危険な状況に持ち込んでいる、犬と言うか動物の警戒網は目視、嗅覚、聴覚、五感(第六感も含めるか?)をすべて使っている、特に目視は重要な部分で、飼い主に集中していると警戒はおろそかになってくる。

野生のフィールドではその一瞬でさえ命取りになるかも。

 

まあ普通の飼い主さんであればそこまで気を張り詰めることは無いでしょうけれどもね。

我が家の子達、家の中以外ではアイコンタクトは一瞬しかしない、まあ私もさせてはいないしね!。横目でちらり(笑)が殆ど、それだけでかなりの意思疎通ができる。

 

良い悪いは別にして、こういう方法があると言う事も覚えていてほしい、犬同士のアイコンタクトは本当に一瞬でしかない事を。

 

にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 

AD

不思議な?

タップ君(笑)

  
良く解らない子だ!。
威嚇しながらも、喜んでいるシグナルが(笑)
この動画は私の元へ来て二日目だったかな?
保護団体のサンタの家ほぼ全員に(2名ほど全くのスルーされた人が居る)威嚇行動、私もガチに威嚇されていた(笑)
臆病な部分が特出してしまっているのでしょうね、初めて目の前に来るとやはり怖いのか?


どうしてこう言うワンコにしてしまうか私には理解できないが、もしかすると過度の訓練か?
嫌悪刺激を使い続けるとこのような子は出来やすい。



この時にはもう私には、ストーカー状態なんだよね。
こう言う威嚇行動も時間と共に薄らいで往かせるのはそれ程難しい事ではないよ。

無理な訓練をして、精神をスクランブル状態にするようなへまはダメだけど、落ち着かせ人が好きになるようなトレーニングを行って行けば立ち直るのは若いから早いと思う。

  
それがどんなアプローチであっても、犬と対話しながらであればね。
対話の無い訓練は訓練じゃあないと思っていますから。
  
ちょっと長い動画ですが(笑)今のタップ君を上総湊の海岸へ連れて行った時の無編集動画。


スタンプーらしい性格、そして動き、これだけ見ていたらなんの問題も元々無かったかの様子!。

問題をこじらせてしまったパターンなんだろうね!、訓練士や獣医師の指示が的確ではなかったが為と私は感じています。
  
強制することを嫌う犬種が多く存在することを多くの人間が知って欲しい、また威嚇するようになった子は訓練できない!と言う訓練士は私に言わせれば似非だと言わざるを得ない。

直接は知らない訓練士ですが、多くの問題行動犬を鮮やかに更生していく女性訓練士を知人が知って居る!。
どんな方法であっても、犬との対話無くして更生はあり得ないと思っている私。

我が家にはまだまだいばらの道を歩いている子は居る。

だが!5年の歳月を私と共に過ごした老柴犬チャッピー君!我が家に来た当時誰も触れず、保護依頼された多くの人たちが噛まれていた。
今はグルーミングにも嫌な顔をせず、散歩にも甘えてついてくる。

私の場合、時間がかかってしまうのが難点(笑)
スクランブルのかかった子たちの心をもみほぐし、一度ゼロまで引き上げてからの訓練に入るからね。

人間だって嫌々練習と!喜びながらの練習では大きな違いがあると思う。
実際私達が仕事を行っていても同じだと思う、喜びの待っている仕事は捗るからね。
要は飴とムチ(笑)
  
タップ君は本当に不思議な子!、スタンプーを熟知した人が育てたのならすごく頭の良い色々な事が出来る子に今頃育っていたのかも。
師匠のEggiさん曰く、頭を使わせるトレーニングした子で問題行動は起きない!。

それに尽きると思う!。
タップ君の幸せを願っている人はポチッとね!。


にほんブログ村

待つ

テーマ:

友人の末っ子君、実はある障害を持っている。

人間とのコミュニケーション能力の障害。

  

が!しかし対動物となると全く違う。

数年前母親と共に私たちの元を訪れた、にこにこ笑って居るだけでなんの言葉(人間のね)も発しない子だな?と思っていたが、ボデイシグナルにはすぐに反応(笑)

 

ワンコ達のシグナルをよく読んでいる!(笑)

ナチュラルに犬語が解るのだろうね、実は犬語は人間のような文法は無いと思う、脈絡のない言葉の連続でしかなくて、私たちが目で見てわかるのはごく一部だけかもしれない。

 

末っ子君は、ナチュラルに見て取れるから、意外と深いところまで理解している。

  

   

不思議に思うかもしれないけれど、ボデイシグナルと俗に言うアニマルコミュニケーションでは、若干違ったニュアンスになってくる、私が動画を録画してボデイシグナルを観察するのはそういう理由もある。

  

末っ子君の対応で一番良く解るのは、何と言っても犬の行動が変わるのを待つことが上手い!。

 

交感と言う言葉を使うと良く解るけれど、何度もボデイシグナルのやり取りをしているのが動物!その間は待ってあげるのが一番。

  

待つことの出来ない飼い主や訓練士が多い世の中!犬たちにとっては嫌なご時世なのかも(笑)

にしぐちかずみさんのブログに末っ子君が紹介されています!。

               

                 

                

 

犬はコミュニケーション取りながら待ってあげようね!

にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村