こんな記事を見つけた。

事の経緯は我が家に来る噛み犬達と何ら変わりがない事なんだけれどもね。

 

飼い主の無知が原因と言えば原因なんだが?

溢れるような情報の中から真実を見つけるのはやはり至難の業なんだろうね。

 

タマタマ近くにあった訓練所に預託訓練に出しちゃったのでしょう。

 

警察犬訓練所の中には日本犬に関してエキスパートも居るとは思う、だが悪くは言いたくはないけど、日本犬に対するスキルが無さすぎじゃあないのか?

訓練棒で殴っても実は一時的に治ったように見せるだけ!だと言うのを私は体験済み。

 

警察犬訓練所で壊されたり、動物愛護センターで噛むからと譲渡不可に判定されちゃった子を多く見ている私から見たら、あの訓練方法は虐待に通じると考える。

 

また多くの人が甘噛み(じゃれていて愛情表現の一つ)と噛みについての誤解が非常に多い。

社会性を構築していない個体では甘噛みでも力を入れすぎて流血する(笑)

 

そういう小さな問題もリハビリしながらのトレーニングを行って行くべきなのだが!

 

何故か力任せの訓練士が多い。

 

そう言う子は、訓練士の言う事は聴いても(へつらっているだけ!)飼い主の元に帰れば元の木阿弥(笑)

 

日本犬はある意味、表現は悪いが古のやくざ気質(笑)、義理人情が強く、一宿一飯の恩義を忘れないのです。

ですから逆に攻撃的な振る舞いをすればそれを許さず!。

 

昔から柴はオンリーワンだと言われる事がそこに通じているのだと私は考える。

 

犬は飼い主の心の鏡!

忘れてはいけないと思う。

 

にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

路を極める。

テーマ:

簡単ではない事なんだけれどもね、その道を極めて行くのは!

友人の中には世界一にまで上り詰めた人もいる。

 

私自身?とんでもねえです(笑)

 

地道に努力していればまあ世界ランキングに入ったかどうか(笑)

日本国内でも100人の指に入ったら凄かったんだろうけれど、とんでもねえです。

 

でもね、目指す心は必要だと私は考える、最初から諦めていたなら何の技術の向上なんて無いのだからね。

 

犬の訓練の世界にもあるとは思う、Facebookには世界中の色々な映像を見せてくれる、YouTubeもそうだしね、望めば一杯動画が出て来る。

 

自分の良いと思ったものを吸収するには過不足は無いと思うくらい沢山の動画を見ることが出来るからね。

 

ただね(笑)路を極めた人たちは、肝心なところをさらっと表現してしまう、初心者が混乱してしまうほどのあっさり感満載(笑)

 

良く私がイイトコドリと言う表現を使うけれど、本質を理解しないで、上っ面だけを真似する行為、要は肝心なことをある意味師匠とも言えるそういう人達から盗んでいない事。

 

私だって、シザーミランや日本に居るカリスマドッグトレーナーの真似事だけなら出来るだろうが、本質の極意?を盗んでいない(ああいう事は真似したくないからあえてやりません!)から犬が頓珍漢な事をしだす(笑)。

 

まあある意味私とは真逆だしね、ただそういうトレーニングも過去のは学んでいたよ。

今のトレーニングとやり方が違うだけかもしれないけれどもね。

 

富士山の頂がその技能(スキルかな?)の頂点としたら私はまだ2合目ほどの裾の辺りをちょろちょろしているのかも?

 

道のりは楽ではないが、日々の修練、わんことのキャッチボール、そして犬の心を理解したトレーニング(私自身のね!)を続けて行けば自ずと路は開けてくると信じて居る。

 

師匠の後を暗中模索で追い続けている、頂は見えているのに、そこへの到達への道筋はまだ遠いような気がする。

 

昔競技会を追いかけていた時代と変わらないんだよね。

 

 

路はある、ただただ練習あるのみ!。

 

にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 

神犬

テーマ:

噛む犬の事なのだが、Facebook友人になっているトリマーのかおるさんから拝借している。

 

実はね、私は神犬とは対峙したくはない、可愛い子ばかり面倒を見たい!そんな欲求が最近大きくなっている(笑)。

 

神犬から発せられる大きな悲しみと絶望。

それは私の心をも傷つける!、悲しみが心をかきむしる。

何故私を解ってくれないの?なぜ私は此処に居るの?

飼い主にさえ見捨てられて、身の置き場の無い悲しみにくれている神犬達。

 

本当はね、そんな子達はね、飼い主と共にリハビリしたほうが何倍も速く立ち直ってくれる。

 

飼い主の心が変わってくれなければ、いくら我が家に来てトレーニングを行ってもその子の心の傷は中々治ってはくれない、その子にとってパートナーである飼い主がその子に対して愛情あふれる接し方をしない限り、その子が完全に立ち直ることは無い!と私は考える。

  

  

何度も書くが、そのようになった子を強制訓練などで完全に治すことはまず不可能だと思う。

 

一時的に効果が有ることは私も知って居るし経験済みな事、だが必ず破たんしてしまうのは今までの経験。

何故か?

 

  

それは飼い主が私達と同じレベルには出来ないことが大きい。

 

強制訓練しか知らない人には私の方法が解り難いようですけれどもね(笑)

だから、教えるのはその子にとって間違いない方法だけ。

基本的な物は、人間の言語ではない犬語を飼い主に解りやすく解説することから始まる、その子の行動から導きだすのだが、かなり飼い主さんが誤解釈してしまう事が多いのも犬語の特徴かもしれない。

 

後困るのは、解った!ふりをする飼い主さんが非常に多い、その行動に対して真逆の対応する人が多いのも困ったものです。

 

本やカリスマドッグトレーナーの動画を鵜呑みにしてしまう人も、神犬を作りやすい事を覚えて居て欲しい。

 

私はシザーミランは嫌いだが、あのスキルは常人には絶対真似は出来ないだろう。

見た通りの上っ面は確かに真似は出来るだろうけれどもね。

 

犬に対してやってはいけないのは猿真似(笑)イイトコドリの猿真似は非常に危険な神犬を作り出すことを覚えて居て欲しい。

 

こんな私とて、すべての神犬に対して対応できる自信は無い、魯山人ではないが、畑(犬)を見て今日の料理は決める!。

そんな感じで噛み犬に対して対応を決める毎日。

 

因みに強制系訓練士の下に居たさゆり、私の手の匂いを嗅いで舐めてくれるまで進捗してきましたよ、トラウマがまだ抜けている感じでは無いけれど、少なくとも良い方向です。

 

さゆりの後に4頭ほどの神犬を引き取っていますが、一頭を除いてかなり早くリハビリは終わりそうです。

 

神犬が世の中から居なくなります様に!。

 

にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

 

膠着状態(笑)

テーマ:

更新をあまりできない、ぶんたの家(笑)

複数のブログを毎日更新する気力は殆ど無い(笑)

Facebookばかりかまけているからね(^^;...

  

膠着状態は、ブログじゃあなくて、北海道犬のさゆりちゃん。

  

改善の兆しは出ているんだけれど、他の人が見たら全く変わらない様に感じるかも、威嚇は相変わらず、棒状の物には瞬間的に反応してくる。

   

   

訓練所から直接引き取ってきて、そこの主人とのやり取りでほぼどんな訓練を受けて来たか推察できている。

飼い主は全くの犬初心者。

  

3年間この子はどんな思いで生きて来たか?

そこに家庭崩壊が重なっていた、犬は人の感情変化を敏感に感じることが出来る、動物だと言う事をもっと多くの人に知って欲しい。

 

人間不信に陥る!王道なのかもしれない。

 

   

簡単に人は言う、短期間の決められた契約期間内に治さなければ訓練士失格だと(^^;... (笑)

  

無表情で感情を押し殺した犬との生活が、そういう人には良いのかな?

  

私は絶対に嫌だ!。

  

笑顔の観えない愛犬。

そんな子と暮らしていて楽しいはずがない。

訓練士の所に居る、俗にへつらうイヌ!

 

一見笑って居るようにも見えるが、それは愛想笑いでしかない事を理解しない人が殆ど。

 

飼い主だけにご機嫌伺い(笑)

そんな子が多数存在している。

  

さてと、さゆりちゃん、まだまだ先の長い放置プレイ。

だがいつまで放置もある意味不味い(笑)

対策をして行かないと別のストレスで問題が別の所に出てきそう(笑)

  

まあ、我が愛犬の一員になってしまったから、その寿命の尽きるまでに治ってくれればいいからね。

 

最後に私に抱っこされ、私は幸せでしたって言ってくれたらそれでいいからね。

  

ポチッと応援してね!。

 

にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

最強?

テーマ:

Facebookには書いているけれど、実は咬傷癖で相談のあった!、北海道犬の女の子を引き取った。

 

ソフトバンクのCMに出ている、湘南動物プロダクション所属のカイ君、海斗君たちを見て欲しくなってしまったと言う。

 

実は、こう言うメディアから露出している子達の処遇は多くの人達が知らないのだと思う。

 

保護団体等を通じて私の元には色々と情報がもたらされる。

人の事をとやかく言うのは私の本心じゃあないからこれ以上は控えますが、私の犬を思う気持ちとは裏腹の人達が関与していると言う事だけ伝えておきます。

彼らはそれでよいと思っているからね、私の出る幕じゃあない。

  

  

問題は、引き取った女の子、やはり顔は可愛いが(^^;...

今はどう言う訳か超ビビリ(笑)

私に対しての威嚇も止まらない(笑)

  

かわいそうなので、隔離犬舎に独りで入ってもらう事にした。

自分の置かれた処遇が理解できないのだと思う。

  

まだたった3歳程度だから十分可愛い子に変身するはずなのだが、友人や獣医師は注意喚起の言葉ばかり(笑)。

 

実は私の元に北海道犬は初めてではない(はず!)。

以前柴ミックスだと思って居た保護個体数頭がいて、獣医師に見せ、これアイヌだね!、性格きつくて他の犬と一緒だと危険だよ!と言われた子が数頭、一回の保護じゃあなかったからね。

避妊や去勢でお世話になってる先生がこの犬種に割と詳しかったので。

  

その子達は、特段の問題も無かったので、普通に今は暮らしています、私的には育て方の問題ではないのかとも思える。

  

確かにその子達、当初はほかの子達への威嚇は凄かったですけれどもね!。

我が家で避妊後は全く普通のオリジナルブレンド犬の様に過ごしていた。

 

かえって我が家に居る甲斐ミックスのようなオバサン犬(笑)の方がきつい(笑)、ちっこいオバサンだけどもね、我が家の教育係(笑)。

  

さてと...

慣れてくれるまで、しばらく静かなる格闘が続く、わんこの方から触れて来るまで待つしかない!、無理に嫌がる子を引き寄せる事は、私はレイプと同義だと思っているからね。

  

 

まさに心を蹂躙すると言う事。

  

訓練士などに言わせると、ガツンとやってしまえば大人しくなるって!

等と言われるが、私にへつらうイヌを作りたいわけではない!と言う事が最重要課題。

 

犬と言う動物が、心から安心して傍に居てくれない事には、里親さんや一時預かりさんにこの子を安心して任すことが出来ない。

そういう理念の下、今までやって来たからね。

  

自分の思う通りに犬を動かすだけでは、保護犬を救ったことにはならない、だったら自分で飼えばよいだけだしね。

 

自分で考え行動するような子を作らないと、何時かは問題行動の再燃で里親さんを苦しませてしまう事を経験で知って居るからね。

 

 

長い長い静かなる格闘(放置プレイ(笑)とも言う!)が終わった時にどんな子が出てくるのだろうか?

 

この子も、里親募集はしないよ(笑)

そんな訳で応援ポチッと宜しくです。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村