自宅の屋根裏部屋で覚せい剤を密造したとして、警視庁組織犯罪対策5課が、相模原市に住む40代の男らイラン人2人を覚せい剤取締法違反(製造)容疑で逮捕していたことが分かった。覚せい剤製造の摘発は極めて異例。警視庁は男の自宅から製造マニュアルや多種の薬品、製造器具などを押収し、男らが製造した覚せい剤を密売したとみて捜査するとともに背後関係を調べている。【町田徳丈】

 捜査関係者によると警視庁は今春、別の窃盗事件に絡み、日本人の妻を持つ40代のイラン人の自宅を家宅捜索した。相模原市の住宅街にある3階建ての民家で、3階の屋根裏部屋からビーカーやフラスコ、コンロなどの器具、覚せい剤原料のエフェドリンを含む数百箱の風邪薬などの薬品、外国語で書かれた製造のマニュアルが見つかった。

 警視庁が科学捜査研究所でマニュアルを分析したところ、記載された手順通りに薬品類を合成すれば覚せい剤を製造できることが確認されたという。男らは容疑を否認しているが、押収した器具から純度の高い覚せい剤が検出され、警視庁は製造の物証とみている。

 エフェドリンはせき止めなどの風邪薬に使われる一方、化学構造が覚せい剤と似ているため、含有量が10%を超えると覚せい剤原料とみなされ、輸入や所持が禁止されている。警視庁は押収した薬品の入手ルートも捜査している。覚せい剤取締法は、製造の罰則を1年以上の有期懲役、営利目的製造を無期または3年以上の懲役と規定するなど、所持や使用より重い罰則を設けている。

 ◇まるで理科の実験室、マニュアルも発見

 「まるで学校の理科の実験室だ」。捜査員が踏み込んだ相模原市の3階建て住宅の屋根裏部屋には換気扇まで設置され、マニュアルも見つかった。「このマニュアルがあれば高校生でも覚せい剤が作れてしまう」。捜査関係者は顔色を変えた。

 捜査関係者らによると「イラン人が国内で薬物を密造している」「小規模施設で製造している」などの未確認情報はあった。しかし、覚せい剤は製造過程で強烈なにおいが発生するため発覚しやすい。また、設備が整った施設でなければ純度の高い覚せい剤は合成できないため、国内での密造は困難とみられていた。

 ある捜査関係者は「密輸量は減少傾向にあるのに末端価格は上がっていないため、国内で一定量の覚せい剤が製造されているのではと懸念していたが、今回の摘発がその裏付けになるかもしれない」と話した。

【関連ニュース】
覚せい剤所持:元バレー全日本の高橋容疑者逮捕 大阪
覚せい剤取締法違反:川崎信金の秘書室長を逮捕 所持容疑
覚せい剤:のみ込んで密輸、成田で摘発…容疑者を起訴
指定薬物販売容疑:ラッシュ9千本密売か、警視庁が男逮捕
大麻所持容疑:26キロ押収 ネット通販の2人逮捕

「犯情は悪質。懲役2年を…」検察官の言葉に表情変えぬベスーン被告(産経新聞)
W杯日本戦の視聴率、終了間際49・1%に(読売新聞)
進次郎氏「とことんやってほしい」…荒井氏事務所費問題(スポーツ報知)
「自殺の道連れ忍びない」 海岸に2歳男児置き去り、母と祖母逮捕(産経新聞)
<町村元官房長官>衆院北海道5区補選に出馬へ(毎日新聞)
AD